ハート・ストリングス

heart strings

ハート・ストリングス
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神6
  • 萌×26
  • 萌7
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
7
得点
76
評価数
21件
平均
3.7 / 5
神率
28.6%
著者
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイコミックス~BE×BOYCOMICS~(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥571(税抜)  ¥617(税込)
ISBN
9784862632401

あらすじ

危険な香り放つ本物の男――ヤクザ幹部の榊VS(受)モテ系男気ホスト・ユキ! 思わぬ展開で“客”となった榊の言動に心揺さぶられるが、不意の甘いキスが“遊び”と知って…ユキは!? 怯まず、強気で、信念を!! 超人気sexy極妻ラブバトル☆描き下ろし付♪

表題作ハート・ストリングス

自身もホストクラブをもつ筋の通ったヤクザ・榊一彦
男気があって配慮ができるモテ系ホスト・篠原裄也

同時収録作品love go-round

受様の恋人でホストクラブの経営者/早坂凛
攻様の恋人で同居人・コンビニ店員/奥沢歩

同時収録作品love go-round

受様の恋人でホストクラブの経営者/早坂蓮
攻様の恋人でクラブのバーテンダー/浅田史生

その他の収録作品

  • heart throb
  • ホストでござる
  • その後の凛さん
  • その後の蓮さん

評価・レビューする

レビュー投稿数7

極妻

『ツインズ・ラビリンス』のスピンオフです。ヤクザ幹部とモテ系ホストのお話です。相変わらず絵が綺麗で、主役の二人が高身長でカッコイイです。

受けのユキがすごく好きなタイプです。ホストをしてるけど、胸を張って生きてるし。お世話になった凛への恩を大切にしてるし。ヤクザ相手でも、真っ直ぐに自分の意見が言えるし。後輩の面倒見もいいし。そして、ビジュアルも素敵で、着物姿にはウットリします。姐さんと呼ばれるのも納得です(笑)

攻めの榊も、大人の男の色気が凄くてやられます。覚悟を決めて、ユキを組長に紹介する男意気に萌えます。

二人のエッチシーンでは、艶っぽくて大人の色気ムンムンで割れた腹筋にニヤニヤします。

他は、凛と歩のカップルも登場します。この二人は、相変わらず可愛いカップルです。

1

お口直し

甘いホワホワした作品を連続して読んでいると
濃厚で大人なお話・攻め様を拝んでみたくなるので
こちらの作品を手に取りました

画や内容も含めて濃いしドラマCDも出ていて声優さんも濃いw
脳内再生して読めるのでめちゃめちゃ楽しめた作品でした

攻め様はオスの匂いぷんぷんですし
受け様も健気ではありますがオス受け・・・だと
日々、キャンキャン可愛い受けばかり読んでいると
こちらの受け様がオトコ前過ぎてびっくりでしが
読んでいて飽きることなく、最後まで堪能で来て満足です!

時たま、甘い後のお口直しに重宝しそうな1冊でした

0

大人

あとがきで作者さんが書いてましたが、主人公のホスト・裄也は攻めっぽい受けキャラを意識して作ったそうです。
その通りで高身長男前でした。
そんな裄也の相手はさらにガタイが良いヤクザ・榊。
助けられた事がきっかけでホストクラブに度々榊が来店し、裄也を指名する。
最初は構えていたが、話すうちに距離が縮まっていく2人だが…という話。
男らしい裄也が着物着せられてHしてるんですが、
ガタイが良い身体で女物なのにそんなに違和感ありませんでした。
とにかく榊が男前で大人の余裕があって格好良いです。
守る攻め守られる受けというより、大人の男の対等な関係で良かったです。

1

男前同士のカップル

この作品も私の中ではリピート率が高いんですよね。
男前で任侠モノ、大好きです。
特に榊が気に入っているのですが、一見強面のヤクザがユキには優しい眼差しを向けるところなんか、もう、ちょーーーー!!!って感じですよ。
このカプのあまあまさ加減が好きです。なんか大人って感じ。
榊の硬派な雰囲気が特にそう思わさせているのかもしれません。
ユキは男らしいところも、乙女らしいところも持ち合わせている受けです。
榊のために身を引こうとするところはとても切なくて健気でした。

2

うーむ、190cmと177cm、か・・・

改めて設定見るとでけぇな、ユキ。

そんなホストのユキ(裄也)は元スポーツマンだけあって腹筋がきれいに8パックに割れていて肩幅だって広く、つまりごつい。
なのに顔つきはまさに美人系。性格にも一本筋が通っていて相手がヤクザの榊であろうが言うべきことはバシッという。そりゃぁ榊も惚れるわ。

その榊もヤクザの若頭補佐という強面な役どころでありながら筋を通すということに関してはユキ以上に男らしい面があるし、体格も堂々としているし、要するに「一級品の雄」。そりゃぁユキが嫁になろうとするわ。

そんなユキだからこそ榊の政略結婚のために身を引こうとするし、
榊は組長の御前に強行してまで二人の愛を公然のものにしてしまおうとする。
いやぁ・・・熱いねぇ。

そんなユキの着物姿は明らかに男の女装ではあるものの「極道の妻」というフレーズならありなきがする感じ。そもそも着物って胸ない方が似合うものね。

オマケの4コマ漫画でツインズラビリンスの2カップルも榊さんと同じように
「受けの子に着物を買おう」
とするのですが、着るのはなぜか攻め側です。色っぽいけど・・・うん。

って続きいうか、これCDあるんですか? OK、何とか手に入れようと思う。

1

カッコいい男。

CDを聞いたけど、何か満足出来ず、もう一度読み返してみることにした。
やっぱり原作の方がおもしろい。
CDだとギャグが全然分からず。

ホストのユキは同僚が別のホストクラブのホストに絡まれていた所を助けに入った。
そこへヤクザの幹部、榊が現れその場は収まった。
その後ユキの店へ客として榊が来店し始めた。

いやぁ、榊カッコいいですね。
(*´▽`*)
ガタイもイイし。
とはいえ、ホストであるユキの頬を打ったのはいただけませんでしたけど。
ユキも榊の為にと一度別れようとしたところ、健気で胸がキュンとしました。
二人のエッチは、男×男って感じでこれまた良かったです。
ユキは華奢な身体でなくて、思いっきり男なのんで着物姿にはちょっと違和感があった…。
凛×歩カプは相変わらずあまあまカプで微笑ましい。
(*´∀`*)
ストーリーもキャラも私好みでした。

1

漢(おとこ)の仁義愛

うひゃーっデカップル!受けは一般的な攻めサイズ。だけど攻めはもっと大きいです。懐も仁義も大きいです(^^)

榊さんはユキの筋の通った男気を気に入り、客として(!)ホストクラブへ指名しに行くように。ユキも彼と過ごす温かい時間に心地良さを感じるように。
そして、襲われたところを榊さんに助けられ、姫抱っこではこばれ、看病されキスします。そのガタイの良さでそのくだりは反則っすよも~♪
しかも腹割れてるのに抱かれるんです!抱くほうも割れてます!!なのに暑苦しさはないのが不思議。

榊さんって結構モテモテで、毎回違う女と歩いている情報もあり、ユキを襲わせたのも榊さん狙いのホストで、さらには親分の娘にベタ惚れされたり・・・(と言っても女性キャラは名前しか出ない程度)。ユキも身を引くように言われた時はさすがに凹んでました。
でも親分に認めてもらえてからは姐さんに昇格!きっちり着付けした着物もいいけど、最初のイメージの腕出しも似合ってました。

二人は男同士で、ユキは義兄弟にも女房にもなりえる存在って事で「義兄弟」が入ったのは萌えました。

『ホストでござる』にて、榊さん来店の際続き、女子達萌えてましたね。これから腐女子客増えるんだろうな・・・(*´`*)

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ