相続人の招待状

相続人の招待状
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
11
評価数
3件
平均
3.7 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイノベルズ(小説・リブレ)
発売日
価格
¥850(税抜)  ¥918(税込)
ISBN
9784862632043

あらすじ

『お前は私に絶対の忠誠を誓うか?』世界有数の名門世尊寺家の「お館さま」の相続人&伴侶候補として招かれた幹。だが訪れた大邸宅に現れた「お館さま」は、幹の実家を窮地に追いやった男だった。犯しがたい威厳、圧倒的な存在感。高貴と傲慢を併せ持ったお館さまは幹に告げる。「今夜、呼ぶ」と…。華やかな大邸宅での相続人選び、月下のバラ園でひめやかなキス。そして邸宅の奥深く、秘密の扉からお館さまの寝室へ―。究極のシンデレララブ。

表題作相続人の招待状

世尊寺(糀谷)篤紘(世尊寺当主)
新城幹(東葉ホテル人事部門)25歳

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数2

ちょっと変わった花嫁もの

ある種の花嫁もののような設定なのですが、面白かったです。
花嫁もの自体は正直言うとそれほど好きという分野ではないのですが、これは一見しただけでは花嫁ものなのかどうか分からない凝った設定がよ楽しめました。

夢乃さんの作品は社会的地位の高い王道のハイスペックセレブものが多い気がするのですが、その王道がとても好み。
スタンダードな王道の組み合わせが好きという方にオススメな作家さんだと思いますが、これも例に漏れず良かったです。

父親の経営するホテルを継ぐはずだった幹ですが、ホテルは乗っ取りにあい、夢をなくして傷心していたときに遠縁から後継者選びの招待状が届きます。
そこで待ち構えていた館の主人はホテルを乗っ取った篤紘・・・というお話です。

篤紘は館の主人であるという意味で「お館さま」と呼ばれています。
女性はお館さまの配偶者候補として金の招待状をもらい、男性は後見人候補として銀の招待状をもらうのですが、幹に贈られてきたのはなぜかお嫁さん候補である金の招待状。
最初は他の候補者と競り合い、試験などを乗り越えて後継者争いに残っていくお話しなのかと思ったらそんなこともなく続き

意外なほど早く幹と篤紘は両思いになり、大きな確執などはなく、篤紘は全面的に幹の見方になってくれるので甘いお話だと思います。
周りの候補者から幹は嫌がらせやいびりを受けるのですが、篤紘が全面的に見方になってくれているのであまり怖いこともなく痛々しくもなく幸せなお話でした。
欲をいうとあまりに万事うまくいって、ホテルも返してくれるというし、ちょっと物足りないかな?

最初は篤紘が幹を「花嫁候補」として幹の意思に関係なく女扱いしていて失礼だなあと思ったんですが、最後まで読んだらかなり納得がいくお話だったので良かったです。おまけにえろシーンも多くて満足でした。
幹が初々しくてほんとに25歳なのかと思うのですが、キスも初めてという幹が初めて篤紘と抱き合ったときに、触りあう意外にもっと何か方法があるはずだとわからないなりに必死に「男性同士でどうやるか」を考える様子が新鮮に見えました。

ホテルをこうしたい、ああしたいと思いながら、何もしてこなかった自分を反省するなど、甘いお話だけどホテルの経営のこと、仕事のことまできちんと書かれていたのも良かったです。


しかし、幹も含め、皆攻めのことを「お館さま」と呼ぶのはちょっと古めかしい感じですね^^;
この呼び方はあとがきを見る限り作者さんは気に入ってるようだけど、私は時代物ならまだしも、現代社会で受けが攻めを「お館さま」と呼ぶのにはレトロすぎて違和感を感じました。
幹が少々女性ぽいところがあるなあと思ったので、あまり女の人ぽい受けが苦手な人は気になるかもしれません。

0

口絵のお館さまがカッコイイのvv

夢乃さんの作品を読んで萌か?中立か?なのは
読むタイミングもあるけど挿絵次第なのかなぁ。

この前に「お嫁さまのしきたり」読んだばかりだけど
何か物足りないって思ったのに、こっちは楽しめるvv

こちらもお家のためにと出向く事から始まります。
そして「お館さま」の相続人候補となるべく向かったはずが
手違いで伴侶候補として試される事に!!

沢山の相続人候補と伴侶候補の中で
嫌味をいわれたり、からかわれたりもしますが
「お嫁さま~」と同じように
攻めさまのプライベートな部分を癒してやあげれる存在なのが受けキャラ。

でもそこからトントン拍子にラブラブになる訳でなく
お館さまに気に入られている幹を貶めてくるキャラも出てくるわけで
お館さまがいない間に追い出されてしまいます。

その後はまぁお察しの通り、幹を貶めた人物にはそれなりの罰が。
そして改めて伴侶として認められ、めでたし、めでたしvv

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ