scarlet

scarlet

scarlet
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神23
  • 萌×27
  • 萌16
  • 中立2
  • しゅみじゃない5

--

レビュー数
19
得点
193
評価数
53件
平均
3.8 / 5
神率
43.4%
著者
 
媒体
コミック
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
バーズコミックス・リンクスコレクション(コミック・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥590(税抜)  ¥637(税込)
ISBN
9784344810686

あらすじ

殺してでも すべてを僕のものに―――
大学生のアキオは、美形な同級生・亮とつきあっていた。
でも寂しがり屋で押しに弱い亮は、女性から誘われる度、断りきれずつきあってしまう。
ある日アキオは、亮から結婚を考えている女性を紹介され、身を引く決心をするのだが―――。
心震える衝撃のラブストーリー登場!!

表題作scarlet

極度な寂しんぼうの大バカワンコ
極度な世話焼き体質さん

同時収録作品ワンナイト スタンド/時貴の本音

藤倉時貴 会社員
千場晴巳 会社員

同時収録作品俺の恋人/ナオキ改造計画

ケイト
ナオキ

同時収録作品夢の料理大会

この本の主人公たち
この本の主人公たち

その他の収録作品

  • scarred

評価・レビューする

レビュー投稿数19

作者の伝統芸パターンだけどクセになる

「scarlet」「scarred」
ハーフでイケメンの亮は女にはモテるけど、周囲に遠慮されて友達ができない寂しがり屋。自分の不器用さに気づいてくれたアキオに惹かれるのはわかるけど、晴れて恋人になったのに、アキオと一緒にいても女と消える、女と結婚すると言い出す、別れを切りだしたあともアキオに執着するなど、亮の自分勝手さには共感できません。
でも心の暗部をえぐり出す絵の巧さでなんだかクセになる話でした。
「scarred」は後日譚、この話を読んで亮の行動理由が少し理解できました。元サヤに戻った後の亮の執着攻めは狂気を感じます。

「ワンナイトスタンド」「ワンナイトスタンドmore」
地味で臆病な晴巳とイケメン花形部署の時貴。見るだけで精いっぱいだった晴巳が動揺を隠して時貴を誘い、念願叶って時貴に抱かれる姿は幸せそうでもあり一度きりなのが切なくもあり…
結局、時貴も晴巳のことを忘れられず二人の関係が始まっていくのですが、ゲイバーで晴巳をかばってタンカをきる時貴はかっこいい!そしてかっこいいだけじゃなくてS気質な時貴はさらに魅力的!
晴巳はカラダは男だけど乙女で、王子様が哀れ続きな女の子に手を差し伸べるのは少女漫画の定番な気もするけれど、絵が綺麗だからこれも後に残る話なんですよね。

「俺の恋人」「ナオキ改造計画」
イケメンモテ男のケイトと地味オタクのナオキ。
違う話だけど、悪魔シリーズといい格差が対照的な二人って作者の伝統芸すぎる気も…
絵は綺麗だし、なんだかんだいって面白いし、またかと思っても読んでハマっちゃうんですけどね。

1

これは許せる浮気攻め

収録されている3作のうち、2作が浮気攻め。
私は基本、浮気攻めはイヤなんです。
だって受けがかわいそう。あんま泣かせんなよって感じなんですが、ある一部の浮気攻めは、イヤだな~→でもまあ、許してやるか…→神!となるパターンもあるので地雷とは言えないんですよね。
たぶん、攻めの受けへの気持ちがあまりにも強ければ、(もしくはなにかしら納得できる展開であれば)苦手意識を通り越して大いに萌えることができるってことなんです。攻めが悔い改めてくれればなお良し。
この作品は、許さざるをえない浮気攻めでした。

3作の中で個人的に好きな順で↓
【俺の恋人】
神!です。いやあ、萌えました。
内容らしい内容はあんまりなく、派手なイケメンでモテ男な攻めが、地味で根暗な受けをいかにメタメタに愛しちゃってるかをえんえん聞かされるってだけなんですけど(笑)
受けはず~っと寝てるだけで、あとは攻めがツンツンしたりデレデレデレとしたり、寝てる受けにイタズラ(?)したりと、テンション高く楽しませてくれます。
浮気もしちゃってたみたいですけど、もう他には興味ないってことなんで、ノープログレム。
糖度続きが高くて読んでいて幸せになりました。続編も可愛いw


【scarlet】
表題作。
初読でモヤモヤし、2回目でいろいろ考え、3回目で好きな作品になりました。
表紙も綺麗でscarlet(緋色)って綺麗なタイトル♪と思ってたらいきなり受け(アキオ)が攻め(亮)に刺されて流血沙汰になってまして……ああ、そういう意味でscarletかあ、と深く納得。
この亮は、とんでもなく優柔不断な浮気攻めです。ワンコ攻めでもあります。
アキオのことが大大大大大好きなのに、異様に女にだらしない。断れない。
最悪なことに、アキオと一緒の時でも女に強く誘われればついて行っちゃう。そして後で泣いて謝る。
アキオはアキオで最初から諦めてるところがあって、浮気にも傷つきながらもなにも言わず、なんでも許してしまいます。
状況はどんどん悪化し、亮は浮気の中でも本命的存在の多恵という女性と同棲を始めてしまう。
多恵がアキオに酷いこと言ってるのを目の前で見ていてもなんにも言えない亮。
多恵の言いなりのくせに、後からアキオの家の前で別れたくないと泣く亮。
正直、このあたりの亮にはイライラして、こんな奴さっさと粗大ごみで捨ててしまえ!と思って読んでいました。
かわいそうなのはアキオで、亮に捨てられ(アキオ視点ではそうなります)、多恵からは嫌がらせのような脅しのような心ない言葉の数々を電話や直接ぶつけられて。
とうとう亮の顔を見るのも避けるようになります。
自業自得の亮は、なんとかアキオに許してもらいたいのに許されず、会ってももらえなくなって次第に狂気にとらわれていき、誰かにとられてしまうくらいならと、アキオを刺してしまうのでした。
このようにビターな読み応えの本編と、ひたすら甘々な続編。
続編読まないと、亮の気持ちの描写がなく、消化不良でした。続編あってよかった!
続編読んで、行間読んで、亮の寂しさを読み取って初めて、このどうしようもないバカワンコをアキオ同様許せるし、可愛いやつめとも思えました。
これからはいっぱいコミュニケーションとって、幸せにくらしてくださいねって感じです。くれぐれも流血沙汰にならないように…。

【ワンナイト・スタンド】
イケメンノンケ×地味メンゲイ。
王道で甘めの作品。攻めがかっこいいです。

CDの予習のために読んだのですが、私が一番気に入った『俺の恋人』は未収録らしいことをさっき知りました(笑)ざ、残念。。

本編も抜群に素敵だったし、巻末の各カップルがお料理を作るオマケ漫画やカバー裏など、細部にわたってとても楽しめたので神評価です♪

3

デビュー作

「かわいい悪魔」で気になったら止まらずデビュー作に手を出してみました。

「scarlet」「scarred」
奥深い内容で心の闇がチラチラ見え隠れしているのに見えない。
自分の感受性の無さにヘコみながらも、鈍感さに安心したりもします。
続編では大分スイートになっているので、表紙裏の山本と同じ気持ちです。
微笑ましくて何より。

「ワンナイトスタンド」
初めてねっとりとしたHシーンが見られました。
時貴がよく分かりません。
偶然、たまたま出会って興味が湧いたのか。偶然、たまたま、自分の事をよく見てる人に出会って興味が湧いたのか。
書き下ろしでもやっぱり分かりません。
策士っぽさが余計疑惑を呼び、それぞれのバージョンで勝手に楽しみました。

「俺の恋人」
結局ただの惚気じゃーん。と気づかされる。
書き下ろしではまともな恋愛してこなかったケイトのツケか?憧れが一つ無に帰す事になりました。うっかり期待した自分も恥ずかしい。
そんなナオキのブレない姿に拍手してしまいます。

0

甘い痛み

王道と言えば王道、個性的と言えば個性的な世界を
美しい絵で甘く切なく描かれる作家さんだなぁ……という感想。
そしてそこに散りばめられたギャグコマが、いい味。

3つのカップルの話だが、3つとも攻めは長身のキラキラしい王子さまキャラ。
そして受けは黒髪の、地味目キャラ。
そこは共通なのだが、3つの話は面白いくらいにそれぞれが違うところがミソ。

表題作は、ハーフで美形実は寂しがりやの亮と、彼の面倒をみちゃうアキオ。
男女の三角関係ってBLではありそうで案外少ないのかな?
まぁ、苦笑する程鬱陶しい女だし、流血有り、
ワンコ執着攻めは好みじゃないし、しょうもない話なんだけれど、
不思議とサラリとしたおとぎ話のような読後感なのは、この絵の持つ魔力なのか。

二つ目の、トキとハルミのお話は、憧れのトキを密かに見つめていたハルミが、
一度だけと身体の関係を求めて……という、王道な話ながら、
健気で可愛くてキュンキュンしました。
Hシーンも、エロ可愛い。ツボ。

三つ目は、オタクでいけてないナオキに実は夢中のケイトが可愛い。
ケイトプロデュースで実はカッコいい続き男の子に変身!…とならないところがいい(笑)。

最後は、『夢の料理大会』。
3カップル達が全員登場登場する楽しいショート。
それぞれの個性が料理を作るということにも現れていて、ほのぼの面白い。

5

ふたりにしか理解できない愛のカタチ

「かわいい悪魔」が面白かったため、購入しました。

表題作は何というか、凄まじいお話でした。
かなり気分が参ったため、この作品を読んだ後、コメディタッチのBL作品をお口直しに読みました(笑)

とにかく攻めの亮が自分勝手すぎるし、亮の婚約者の女の人も性格ひん曲がっているし・・・。
何があっても耐えるだけのアキオにも同情ではなく疑問しか浮かばなかったです。

とりあえず、本人同士が幸せなら問題ないのですが。
こういう愛のカタチはふたりにしか理解できないのかな~と思いました。

同時収録作品は、表題作と打って変わってかわいらしいお話でした。
こちらは万人受けする作品だと思います。

3

やっぱCDより分かりやすい

表題作他2作プラスオマケも入ってる短編集。
CDを先に聞いてて、表題作はあと味悪くて、正直その時点ではあんま好みじゃなかったんですが原作読んでみたら痛いけど可愛いという、痛可愛い話でした。
やっぱ原作を読んでみないと分からないなあと再確認。
音だけ聞いてると、攻にひたすらムカつくんだけど漫画で読むと可愛いんだなあこれが、イラッとくるんだけど可愛いからこれはこれで許しちゃう。

「ワンナイトスタンド」
これはCDでも気に入ってた話なので、読んでも予想通りに面白かった。
王道っちゃ王道だけど、受が可愛くて健気だし、攻も普通にかっちょいい。

「俺の恋人」よくある地味受を変身させたら可愛い受だった!ってパターンじゃないのかおもろい。
王道を逆手にとってて好き。

0

1冊の中に、痛くて愛すべき3カプがいる!

斑目ヒロ先生のカップルって、何でこう痛いんだろう?
必ず苦笑や同情が入るんだよね~?
傍から「しようがないなぁ~」と諦めて見守るしかないようなカップルが上手いんだよな~^^

表題作【scarlet】は特にそう。
誰もが「山本」でしかなくて、例えこの後に「最悪」な事があろうとこの執着しあう2人を責める事はできない。
いや~偏執狂!Hシーンもちゃんとエロいし!
いっそ清々しいっ!

【ワンナイト スタンド】
王子×卑屈
受けの変身前後の描き分けが素晴らしくて、見入ちゃった!
コマや見開きがすごく雰囲気があって、セリフもきゅんとくるし、
ビデオカメラの通しそのまま、スティルカメラのコマ飛ばし風とかあったりのHシーンも絶品!どこもすごくイケてる!
攻めの時貴(とき)に、遊び心や庇護欲がある限り、このマンガは続いて欲しいです!

【俺の恋人】
天然ワンコ×引き籠り
すごく好みのコメディ♪
神コマばかりなので、短編なのに充実感あります!
ナオキが寝てばっかりのページだけど、ナオキの左手を借りた自慰もくっつくだけのも、ホント可愛い×無限大!
起きているナオ続きキとケイトのズレッ振りも楽しいです~!

【夢の料理大会】
3カプの夢のコラボ!
アキオ→ケイト→時貴→ハルミの順で料理が上手そう。
亮はヤル気が空回りしまくりで、ケイトに至ってはヤル気って何?って感じだから、戦力外通告は早いです^^

苦手なキラキラの絵だけど話と合っているし、話の灰汁や遊びに相乗効果を感じます!
斑目先生、才能ある人だなぁ~って思います!
大好きな1冊ですv

3

私の最もリピート率が高い1冊

きっかけは表紙でした。なんだか懐かしい感じの色使いをする人だなぁ、と思って。
そして作品を読んでファンになってしまいました。
表題作もとても切なくて、心が痛いほどだったんですが、文句なく魅せられたのは「ワンナイト スタンド」とその続編。
もう、攻めはカッコよくて性格も男前で優しいし(理想の恋人)、受けは臆病で劣等感を抱えてて、一途で健気で控えめで(あーもう、すごく可愛い!!)。
そして台詞もだけど、特にモノローグが詩的なんです。これも私のツボ。無駄な台詞がなくてリズムがよくて音も綺麗。
こういう漫画、もっとたくさん読みたいです。

1

ワンコ好きにはたまらない

美形すぎて、近付き難い雰囲気を持っていた亮。
アキオも遠巻きに見ていた一人だったがふとしたきっかけから鈍臭い亮の面倒をみるように。

亮はアキオに好意を持ち、二人は付き合うように。しかし寂しがり屋で押しに弱い亮は女の子に迫られると断れない。
それでも付き合い続けたアキオ。しかしある日、結婚を考えているという女性を紹介されて…

1話はちょっと痛いお話でしたね。アキオのことが好きで好きだから不安で、寂しくて。だからといって他で埋めるのは理解できないですがね。
そのくせアキオが離れていくと狂っていきます。

どうなることかと思いましたが2話目では打って変わって最高のワンコ攻めになった亮にかなり萌えさせていただきました。これぞワンコって感じででしたね。
もしかしたらストーカーとワンコって紙一重なのかもしれませんw

かわいい悪魔のシリーズが面白かったので、他作品もと思い探してみたらまだ三冊しかコミックス出していないんですね!

そしてこれが初コミックス。いやぁとても初とは思えません。雰囲気のある絵柄で、キャラも魅力的でおもしろい。

これからも注目の漫画家さんです。

0

私もこんなの待ってた!

ドラマCDを聴いて、即座に注文しました。
舐めるように、一ページ一ページを読みました。
なにもかもがツボでした。

『scarlet』
『scarred』
ろくでなしの亮が大好きです。調教したくなるw
ドラマCDだと病んでるっぽかったけど、コミック読むとそうでもない気がしました。とことんアホなだけなんだなって思いました。
あと私、多恵も好きです。多恵視点だとかなり切ないぞーこれ、と思いました。
結局のところ亮がアキオに惚れてるのを多恵は知ってたんだろうな。で、捨て身のメガンテ。
相手にダメージを与えることに成功はしたけど、自分はさらに重症を負った。しかもダメージ負った相手は絆を深めて。不本意な黒キューピッド多恵。
アキオは多恵を見習えばいいんだよ!

『ワンナイトスタンド』
『ワンナイトスタンドmore』
『時貴の本音』
きゅううううううん。
表題作でねじくれたものを読んでクラクラしたあとのこのお話、清涼剤のようでした。順番GJと思いました。
素直な気持ちでキュンキュンし、素直な気持ちで二人を応援できるのが嬉しい。(でも表題作のほうが私は好きです)
この受けくん、本当に可愛い。

『俺続きの恋人』
『ナオキ改造計画』
攻め様がステキww
派手で遊び人でモテモテのイケメンくんの正体、実はオカン?
ギャップ萌え。
斑目さんはギャップ萌えなお話を描く天才だと思います。

『夢の料理大会』
ニヤニヤが止まりませんでした。
俺の恋人チームが一番好きかな。攻め様が最高。

1

こんなの待ってた!!

最初は、「かわいい悪魔」から入った私で
斑目さん目的でこの本を購入しました。

ですが。。。
神がつくほど面白かったです!!!!!
個人の好みですが変態大好きな私には
この本は今まで何故読まなかった!と
思ってしまうほどに!!

scarletは
最初あらすじを読んだ際に
切ない話なのかなと思っていましたが
もぉ、このぐらいの愛でなきゃ満足できません!!
切ないというよりヤンデレな彼の当然な愛!
そして、2話目はちょっと面白可笑しくかかれています。

ワンナイトスタンドは
変態ものではなかったのですが、
凄く好みでした!!
受けの切ない恋心を書いた作品で
この作品中では最もラブラブでイチャイチャだった気がw

俺の恋人。。。。
これはまたもや神ですね!!
根暗なイケてない受けを
ツンデレながらも愛しまくっちゃっている
攻めにキュンキュンです∑d(´∀`d)
ツンデレな攻めというカテゴリーに
萌えを覚えたのもこの作品のおかげですw

とにかく斑目さんは絵がお上手なので安心して見られます!!
そしてそれとのギャップがあるこの変態続きストーリー!!
変態大好き私には酸素のような存在です^^

1

切ない・・・

この作品は3つの話に分かれていますが、一貫して誰かを想う切ない気持ちが描かれています。

はじめはヘタレ攻めの亮とアキオの話。正直ヘタレは好きではなく、さらに亮は孤独ゆえに女性関係もだらしない男だったので、どうしてアキオもすぐに別れないんだろうとやきもきしていました。案の定仲もこじれていき、ついには亮が事件沙汰を起こしてしまいますがそれでもお互いを必要としあう二人にとても感動しました。

二つ目はひそかに攻め男を想う受けの話。臆病でも、勇気を振り絞って行動する姿に応援したくなります。

最後はほんの数十ページの短いオタクとイケメンの話。ただ短編ですがイケメン攻めの心境が書かれていて、なんだかんだべたぼれなところに萌えます!!!

エッチ:★★☆☆☆  シーンは少ないですが、切なく心がキュっとなる素敵な作品です。

1

今更のような気もしますが…

ドラマCDの方はレビュー済みなんですが、こちらはまだだったなぁと思い…^^;
あらすじと概要は皆さんの的確かつ分かり易いレビュで既に紹介されてますので割愛させて頂きます。

まず最初に、表題作の「scarlet」は皆さんも書かれてるようにテーマがやや重め(流血を含め)な内容になってるので、かなり読み手を選ぶ作品だと言えるかもしれません。事実私も一つの作品として読むのなら大好きなお話なのですが、共感できるかとなったらまた答えは別なんですよね~(苦笑

本来私はNOヘタレ攻め主義で、亮のような女にだらしがない優柔不断タイプは好みじゃないんですよ…でも話を読み進めてくうち亮の優柔不断の原因が寂しさからきてると分かって少し見方が変わってきました。
アキオと付き合ってても女の子からの誘いを断れない亮。そんな亮を責めるでなく自分を優先しなくてもいいからと全てを許してきたアキオ。そもそもこれが大きな間違いだったと私は思うんですよ。
アキオは亮の為を思って身を引いた訳ですが、その自己犠牲を厭わない優しさがかえって亮を不安にさせ結果最悪の事態を招いてしまった。よくよく考えてみれば、最終的に亮を追続きい詰めたのはアキオ自身だったのかなぁ~と。

2人が元サヤに収まってからも益々ヘタレ具合に拍車のかかる亮。私もアキオがそんな彼のどこを好きになったのか未だに全く理解出来ません(笑
でもだからこそ恋は理屈でするものじゃないんだよなぁって事を改めて思い知らされた作品でもありました。そうゆう意味も込めての神評価です^^


次のお話、「ワンナイト・スタンド」は↑とは全く正反対でまさしく王道をゆく甘くて胸きゅんなお話でした。
こちらはとにかく攻めの時貴が良かった~(≧∇≦)特にベッドの中でのセリフや行動がね「本当にノンケか?」と疑いたくなるくらい甘くてエロくて…!!!
ドラマCDでもレビューしましたが、これを耳元で囁かれた日にゃマジ鳥肌ものですよ~(笑
こちらもオススメですっ!!


只今「かわいい悪魔」などで人気沸騰の斑目さん。勿論私も大好きで購入しましたが個人的な好みで言うなら絵はこちらのコミックスの方が好きですね~^^;
最初の頃とだいぶイメージが変わってきてるような感じがするのは…気のせい?

1

ハードだなぁ…

こ、怖っ…(゜д゜)流血沙汰はちょっとヤダったけど、素晴らしい作品だったと思います。帯の「殺してでもすべてを僕のものに」っていうのが全部を語ってたような気がします。亮…ホントどうしようもないやつだな…。

ハーフで美形で寂しがりやな亮×面倒見のいいアキオ。二人は付き合っていますが、押しに弱い亮は女性に誘われるとアキオがいてもその女性と一緒に行ってしまうという…なんて設定だよ。いかんだろそれはと何度亮に突っ込んだことか…。アキオが不憫すぎる。っていうかアキオもその時その場ではっきり怒るべきだったんだよ…。だからあんか流血沙汰に…(´Д`)

この作品、なんだかあまり女性が良いようには描かれてなかったなぁ。いやストーリーの展開上そうでなければならなかったのかもだけど。特に多恵さんは怖かった…。読んでてあまりいい気分ではなかったかな。同時収録されてる他作品に登場する女の子たちもあんまり…。

さて、問題の流血シーン。…こういうBL読んだのは初めてかな。殺してでも全部を自分のものにだとか、ハードですねぇ。っていうか病んでるよね…。私はこれをどうしても愛ゆえの行動だとは思えない…。
続き
本当にアキオの友人・山本が来てくれてよかった~。山本は密かに好きなキャラです。彼が一番まともかもしれない。彼の言ってることは真っ当だよ。「死んだら会えなくなる」んだよ亮!このバカ!(>д<)


他の作品もよかったです。時貴×ハルミは最後はラブラブになっててよかった。ケイト×ナオキも面白かった(笑)
『いとしい悪魔』と『かわいい悪魔』を買ったのでこれも読み返して見たんですが、なかなかハードでした。でもシリアスの中にもコメディな部分もあって読みやすかったです。また新刊に期待。

0

クセになる絵とシナリオ

こっちが斑目さんの初コミックスだったんですね~。
先に2作目を読んでこっちに戻ったんですが。。。こりゃクセになるw
絵が苦手とか言ってた自分が恥ずかしいくらい
ちょっと暗い表情や、逆にあのうるうる瞳が良くなってきましたよ^^;

表題作の「scarlet」の、究極のヤンデレはゾッとするほどで
ヤンデレの発想は、最終的にはそうなっちゃうのか、と怖ろしくなるほど。
でも、そんな大型ワンコ攻めにほだされる受けもたいがいいかれてて
そんな二人を見守る常識人・山本の苦労が窺えます(カバー裏参照w)

私が好きだったのは「ワンナイト・スタンド」。
さえないリーマン・晴巳の自信なさ気な感じについ共感しちゃって
だから、エリートで容姿端麗、しかもノンケの時貴が
「一夜限りの相手」のはずだった晴巳を覚えていただけでなく
忘れられないでいたってことがすごく嬉しかったりしました。
描き下ろしの「時貴の本音」で
時貴が晴巳にすっかりメロメロになってるのも良かった~w

「俺の恋人」だけは
どーしてもあのヲタな受けに惹かれる気持ちがわからなくて
萌えられなかった。。。
続きそして、ヲタは
外見だけ変えても中身が変わらなきゃ意味ない、との教訓をもらいましたw

これもドラマCDになってるんですが
(これを書いてる時点ではまだ聴いてない。積んではあるw)
「やさしい悪魔」と逆の順番で楽しむ事になりそう。
印象変わるかなぁ。。。

1

scarletレビュー。

3つの話が入っていますが、どれもモテ美形王子だけどへタレ×攻にベタ惚れの一般人の恋です。

表題作は、この耽美系の絵柄の特徴をとてもよく活かした病んでる系の話。流血ばっちこーい!ドS鬼畜トルネード!かなりシリアス。
美形すぎて他人から遠巻きにされていた亮と、優しくした事から付き合うようになったアキオ。アキオのことを依存するほど強く愛しながらも亮は女性の誘いを断りきれず浮気を重ねていて何も言えないまま傷つくアキオ。
「殺してでもすべてを僕のものに-」という帯からどんな昼ドラ展開かとドキドキしていたんですが、結構今時の恋愛って雰囲気でした。
男同士なんて些細な問題で、スレ違いや誤解に心痛めつつも、結局はバカップルでした。ベタ惚れな甘い雰囲気が、シリアス調の中で良いオアシス的存在になっていました。

他、ノンケ美形×隠れゲイの話。
攻に片思いしていた受が興味本位だった攻を誘って一晩だけ抱き合う。1回きりで自分の心にケリをつけるつもりだったのに…という話。濡れ場シーンが凄く丁寧でドキドキしました。人肌、体温とか、そういう表現が上手だった。

ラスト、美形×ベタボレオタク続き
ギャグです。シリアス→ギャグまでテンポ良くて読み易かったです。
初コミックスでこのレベル…今後が凄く楽しみな作家さんです。
そういえばかわいい悪魔に「1」って付くって事は続くんですよね?わくわく。

1

確かに修羅場でしたが…

「scarlet」「scarred」⇒亮(大学生 美形 アキオになつく バカ犬)×アキオ(大学生 世話焼き 飼い主)
「ワンナイトスタンド」「ワンナイトスタンドmore」「時貴の本音」(描き下ろし)⇒時貴(会社員)×ハルミ(会社員 時貴に片思い)
「俺の恋人」「ナオキ改造計画」(描き下ろし)⇒ケイト(派手 遊び人)×ナオキ(暗い)
「夢の料理大会」(描き下ろし)≪各シリーズの3カップルが料理大会をしている設定≫

“殺してでもすべてを僕のものに-”という帯の文句と、耽美系!?と思わせるような表紙の絵柄にどんな重い話なのかと思いきや……。確かに表題作の「scarlet」は泥沼の人間関係や流血沙汰なんかがあったりするので読んでて楽しい展開ではないのですが、途中でたびたび出てくるコミカルで可愛らしい絵柄や(ギャップあり過ぎ!(笑))、二人のその後を描いた「scarred」がむしろギャグ!?という程の亮のヘタレっぷりだったりするので、(いい意味で)「scarlet」の修羅場シーンが霞んでしまい、むしろ「あ~面白かった」と後味よく読み終えた感じでした。

初コミックスらしいのですが続き、全くそんな感じはせず充実した内容だったと思います。表題作以外の「ワンナイトスタンド」「俺の恋人」のシリーズもすごく楽しめました。最後の「夢の料理大会」は各シリーズに出てきたカップルが料理をするという設定の描き下ろしだったのですが、それぞれのカップルの特徴が出ていてすごく良かったです。

1

カバー裏を見ろ!

斑目ヒロのデビューコミックス。
雑誌で「ワンナイト スタンド」を読んだ時にとても気になっていた作家だったが、新人だったとは知らなかった。
見るからに耽美だが、内容は結構イマドキである。
また絵は一見緻密で非常にクドいのだが、所々に挟まれる意外なギャグ絵が印象的でもある。
ただあまりにも落差があり過ぎて、少々脱力してしまうかもしれない。
このノリは好き嫌いが分かれるところだと思う。
私は嫌いじゃないけども。

表題作は美大生同士のカップル。
読めば読むほど攻めの勝手具合に納得がいかなかった。
攻めの亮は人目を引く美形な顔だちを持つ男だが、情緒的に未成熟な男。
自分の気持ちにばかり正直で、暴走するだけ暴走して相手に愛想を尽かされる際まで来ると、急にしんなりしてしまう。
受けのアキオはそれに絆されて甘やかせる事を良しとしているので、それはそれでいいんだけども。
私としてはアキオの友人である山本と同じ気持ちなので、なかなか相容れないものはあるが・・・(山本の気持ちを知りたければカバー裏を!)

その他収録分である「ワンナイト スタンド」は表題作よりもお気に入り。
続き
地味なサラリーマンであるゲイのハルミと、同じ会社の花形部署で活躍しまくっているノンケのトキのお話。
普段は自分をひた隠しにしながら生きているハルミだが、憧れの人であるトキをゲイバーで偶然見かけてしまう。
そこで一世一代の大勝負に出るのだが、その健気さには胸が痛くなる。
また翌朝のエレベーターでトキに声を掛けられてしまい、身を竦ませ否定してしまうハルミ。
しかしそれでもやはり彼が好きだという気持ちは日増しに大きくなってしまい、どんどん落ち込んでいくハルミの様子には、読者も感情移入してしまうことだろう。
晴れて両想いになった後も、なかなか素直なれないハルミもかなりの意地っ張りだが、その様子が愛おし過ぎて意地悪を仕掛けてしまうトキもなかなかの性格である。
まあお似合いということで、末永く幸せにイチャついてほしいなと( ´∀`)

4

ドラマCDを聴いて、原作を購入。

アキオという恋人がいても、誘われたら女性とだらしなく関係を持ってしまう。
そのくせ、アキオが身を引こうとすると、泣きながら『捨てないで』と縋りつく亮。
そんなどーしようもない男を許し、受け入れるアキオも、本当にどーしようもない。
流されやすいヘタレ同士の恋愛は、ドロドロの鬱展開へ……?なのですが。
ところどころに出てくる気の抜けたギャグ描写が、良い具合にガス抜きになるというか。
どうしようもない二人なのに、どこかほのぼのさも感じさせる不思議な表題作【scarlet】。

表題作とは打って変わってBLの王道というか、あまあまな【ワンナイトスタンド】。
ずっと片思いだったノンケの男を、遊び慣れた風を装い、決死の覚悟でホテルに誘ったハルミ。
このハルミが健気過ぎて……名前を聞かれて本名を教えるくだりが、いじらしくて!
ドラマCDでも表題作よりこの作品の方が萌えて、好きだったのですが。原作もやはり、
こちらの方が好みでした。

そしてこれも、やはりあまあま風味な【俺の恋人】。
お互いにメロメロ・ラブラブなのに、両片思いっぽい二人が可愛いお話しでした。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ