桃色男子 林檎編

momoiro danshi ringohen

桃色男子 林檎編
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌7
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
7
得点
27
評価数
10件
平均
2.9 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
マガジン・マガジン(ジュネット~JUNET~)
シリーズ
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784896441284

あらすじ

高木林檎は、ある日突然『男を惹き付けるフェロモン』を放つ特異体質になってしまった。まともな恋愛を諦め、ケダモノのような男達と肌を重ねる虚しい日々…。そんな中、林檎はフェロモンの効かない男・宇田川に出会う。明るく優しい宇田川に林檎は気を許すが、なんとホテルに監禁されてしまい…。

表題作桃色男子 林檎編

宇田川冴香,京都老舗お香店の跡取り,20才
高木林檎,リンゴの香りのフェロモンの持ち主

同時収録作品桃色男子 番外編

津森,モモの恋人
高木モモ,桃の香りのフェロモンの持ち主

同時収録作品桃色男子 番外編

村岡,柔道の師範
高木蜜柑,モモの父親,蜜柑の香りフェロモンの持ち主

同時収録作品右手に拳銃、左手に愛を

オウル,殺し屋
カイリ,身売りをしている青年

その他の収録作品

  • ケータイ♥エッチ

評価・レビューする

レビュー投稿数7

攻め様がだんだんオヤジに…

初読み作家さんです。
流石ジュネットらしい、ほぼHを楽しむ本と言ってもいいのではないかと思います。
無理やりの体関係から始まって、徐々に心を通わせていくという展開は王道だと思うのですが、主人公2人の設定が面白かったというか、色物では時々見る設定ですが、まぁ、Hをするための設定と言うか、そんな感じでした。
萌としては微妙だったのですが、2人が心を通わせてからは甘々でしたし、おまけで萌評価にしました。
攻め様が20才で京都出身なのですが、最初はいいところのお坊ちゃん(?)という雰囲気が少しあったのですが、お話が進むにつれてオヤジ化して(特に言葉遣いが)、Hシーンではもはや大学生とは思えない位に変貌してました(笑)。
番外編には林檎の叔父や従兄弟、その恋人達も登場しているのですが、このシリーズの他の本をまだ読んでいないので、背景がちょっと分かりにくかったです。

同時収録には外国ものの殺し屋と身売りの青年とのお話が収録されています。
ちょっと切ないお話ですが、Hは恥しいほど甘々でした。

0

これまたすごい設定www

体からフェロモンが出る家計の主人公。
その精液から採った液で廃業寸前の老舗を立て直すー・・・!?

これまたブッ飛んだ設定ですwww
だがしかし攻めが関西弁なとこが(・∀・)イイ!!←

関西弁×標準語ってこんなに萌えるんですねー・・・
最近気づきましたよ・・・これはもうカテゴリ化してもいいと思います(笑)

えっろえっろえろです!
そらもうどこのページも肌色まみれw
萌一つなのは、やっぱエロが重視されすぎてるところもそうなんですが、
修正の入れ方がちょっとね・・・んー・・・なんでこのシリーズだけこんなモザイクの淹れ方なの!?って思うほどちょっとヒドイ。
行き過ぎてる気がします。

なんやかんやキャラが愛おしいので『萌』評価です(笑)

0

「らめぇ」

主人公[林檎]は、男性を惹き付ける、フェロモンの香りを
持つという特異体質。シンプルな設定で、
内容的に、非常に軽いお話でした。絡みは官能的で
攻めの関西弁も良かった。ただ、絡み中の林檎くんは、
女性に見える時が多いのと、女の子が使うような語尾や、
「らめぇ」など、苦手なところもあった。
メインのやりとりは、笑えてくるし、
宇田川が話していた父親の話は、親子愛を感じたりと、
思いのほか、予想外のいいところがあって、楽しかった。

0

関西弁攻めを楽しむため(だけ)の漫画

関西弁攻め×標準語受けって意外とたくさんあるようでないんですよ

絵柄は少女漫画っぽい可愛い感じで、内容はTHEピアスって感じのドエロです
攻めが受けを強姦する理由が身勝手すぎるだろ!
若い男の顔に髭と皺の線だけつけたような顔のオヤジと、恋人を「津守ん」と呼ぶ高校生は受け付けなかったです

0

う~ん、エロ(笑)

設定が良いですね。男を惹き付けるフェロモンを持つ林檎。
その特異体質のせいでまともな恋愛を諦めてしまった林檎の前に、香の店の跡取り・宇田川が現れます。

宇田川には何故かフェロモンが効かない!そのせいで林檎はいいようにされちゃうんですね~。う~ん、まさにBL。

この作品はストーリーより、やっぱりエロが頭に残っちゃいます。いや、ストーリーもちゃんとある作品だと思うんですけど。

しかしなんか林檎は女の人に見える…髪が長いからかな?この作者さんは男性向けの作品も描いてるからそう見えるのか…

私はどっちかと言うと、桃色男子・林檎編よりモモ&蜜柑編が好きです。
コミックスにはなってませんが、檸檬編もあるようなので早く続きがないかな~。無理かな~。

しかしエロは素晴らしかったです。(そればっか…)

1

ピンクなそーゆー本のご紹介パート1

果物の匂いがするフェロモンで、無差別に男たちを惹き付け野獣化させてしまうという特異体質の高木家。こんな荒唐無稽な設定がよく思い付くもんだと感心しますし、エロを引き立ててますし!ホントか?笑

高校生の林檎は親友に強姦されて以来、開き直って自ら男を誘い体を売る日々を送る。ある日、フェロモンが通じない冴という男に出会うが、優しげだった態度は豹変。なぜか林檎の体質の秘密を知るその男による、監禁の日々が待っていた…。

……ってなにやらシリアスですが、あんまし考えなくてもいいです。考えちゃダメです。ダメったらダメ。笑
話の内容は色々思うところはあれどそんな思いは脇にでも置いといて、月曜日の資源ゴミにでもだしときます。

とりあえず、適度に鬼畜で、適度にシリアスで、適度にコメディで、適度に下品で、適度に甘いかんじに仕上がってますので読みやすい…か……な………?
ピアス入門者にはオススメしません、ちょっと免疫ついてきたゼ、えっへん!という中堅者からどうぞ。
BL初心者でも自分の間口の広さに自信がある方は、止めませんよ。笑

3

とにかくエロい

代々受け継がれる、フェロモン体質を持った林檎。
名前の通り、林檎の甘い香りが男達をケダモノにします。
そんなフェロモンを持った林檎と、それに関わる男達の話。

フェロモン体質という設定が、まずは面白いです。
林檎は、もうそのことを受け入れて、男をくわえ込みまくっているわけですが、一人だけ、フェロモンに頭を犯されない人間があらわれた・・・!?

とにかくエロシーンが多いです。
くわえ込んでいる部位の表現が上手いので、凄く興奮します(*>ω<*)w
アングルだったり、汁の具合が丁度良い。
とにかくエッチなBLが読みたいのであれば、まずオススメしますbb

1つ贅沢をいうなら、もう少し抵抗するなり、抗うシーンがあればもっと萌える。
あまりに全てに感じすぎるというかんじがします。
シリーズを通していえることですが。
モロ感も悪くないですが、もう少し喘ぎにレパートリーつけるのもありだと思いました。
(↑余計なお世話)

ただ、陵辱的な表現もありますが、結論はラブエンドで終わっているので安心して読める作品ではありますね( ´∀`)

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ