SEX PISTOLS(新装版)4

SEX PISTOLS(新装版)4
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神13
  • 萌×24
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
7
得点
87
評価数
19件
平均
4.6 / 5
神率
68.4%
著者
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
スーパービーボーイコミックス(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥590(税抜)  ¥637(税込)
ISBN
9784862632548

あらすじ

マクシミリアンが完璧に整えた真っ白な部屋を、居候のジンジャーは、あっけなくメチャクチャにする。マクシミリアンの心をかき乱すのと同じように。潔癖症と天才芸術家の大恋愛…実は国政パパ×米国パパ!?そして本編では…ノリ夫の悲しい決意に国政が揺れはじめる。ついに国政は本気の恋に落ちる…??
新装版第4弾!

(出版社より)

表題作SEX PISTOLS(新装版)4

斑類・猫又 斑目国政
斑類・先祖返り 円谷ノリ夫

評価・レビューする

レビュー投稿数7

やっと言った~(泣)

ファンブックまで買ってしまった、このシリーズ。不思議な世界観に引き込まれます。

◎国政×ノリ夫
母親に種馬のように扱われる国政。皆が諦めムードの中で、ノリ夫は一人憤慨します。そして、まさにエッチを強要されようとしている国政の元に、ノリ夫は乗り込みます。そこで、危機に陥った時に、ノリ夫の本能が覚醒されます。
なんとか、無事だった国政。猫用ドラッグでフラフラになりながらも、母親に自分の思いをぶつけます。ノリ夫が他の雄のものになるのはこらえられないと。そして、ノリ夫の告白に、やっと、やっと「好きだ」と言うのです。ほんと、ここまで長い道のりでした。

斑目家の複雑な婚姻関係に、頭の中がごちゃごちゃして、混乱します(笑)同性婚も2組いて、何が何だか…。米国パパと国政パパのなれそめ話も収録されています。
そんなこんなで5巻に続きます。

1

洋風溢るる四巻


二世代に渡るとは…楽しめすぎですか…。

巻尾の目は怖すぎるけれどリチャードの実は、も想いも良かった。そこの三つ巴?笑 な関係が不思議で面白い。
綺麗なカラー絵ではあったジンジャーの毛が作中少し消えたのは残念。
最後の頁で言いたいのは、米国の方が年上ということはマクが先、で巻尾が勝手に生んでジンジャーとして、気付いた…?に謎を感じるということ。色々と凄い。巻尾がどんな手を使ったのか考えるとギャグでは収まらない気がして震えます。巻尾が女性というのがまた…。
やっぱりこの中では男×男にときめいて仕方ない。
米国が愛するマクに似てきたことに微笑むジンジャーが心底いとおしいです。想いが溢れている感じがして。
米国もどんどん可愛いキャラになりますね…

しかし改めて米国、マクに似てきたとか!もう!
何て萌えだ!!

0

微笑ましい

ページを開くと大きなジャガーと寝ているノリ夫。

ケンカした後の仲直り。一緒に寝ているなんて可愛い。
でも、ジャガーの腕がノリ夫のお腹に乗ってたりするけど、
かなり、重いと思う(^^;

国政の母ちゃんがホラーです(*_*)
あの、目……怖くないですか?怖いですよね?
こういう人って、目は笑っていても……腹の中はドス黒いんですよね。
(リアルでも……(^^;

そして、デイビッドとマクシミリアン!かっこいい!美しい!
この二人の阿井で英国が生まれたの~。
良い意味で罪だと思います。

0

か…家系図…!

後半のデイビッドとマクシミリアンのインパクトが強すぎて忘れそうだけど、
ようやく国政とノリりんの想いが通じ合いました。よかったねノリりん。
あの国政が流した涙にグッときましたよ。思わずもらい泣きしちゃった。ノリりんが強くなったというか、あの子はずっと変わらないんですよね。単純でバカで明るくて強い子。ノリりん好きだ!


デイビッド達の登場により、ますます頭がこんがらがってきたところで、待ってましたの家系図!家系図っていうか相関図?かなり助かりました(笑)やっと理解できたぁ。
しかし、斑類は性に奔放とはいえ、これは酷すぎないか?自分以外の男に抱かれるのは我慢ならん!とか言っといて、お互い巻尾と関係を持ってるし(笑)女ならいいのか?

若い頃のデイビッドとマクシミリアンも綺麗で素敵ですが、今のおじさまな2人も捨てがたい!

1

斑目家の混乱しまくり家系相関図

シリーズ4作目は、いよいよ斑目の母=父が登場致しますです。
この辺になるとややこしいなんてもんじゃないですよ~~~
斑目巻尾さんは、性別♀で、国政君と米国君の母親になります。
そしてかなりクレイジーなお人で、国政君の歪みは全てこの人が原因
実の息子を使って種馬状態の売春商売を画策していますからね。

そして円谷君は4作目にして初めてかなりの技を発現させるのですが
これは全て愛する人を守る為の火事場の馬鹿力みたいでした。
巻尾さんは、同性で妻のカレンさん(料亭の女将さん)にみつかり
かなりのお仕置きをされることになるのです・・・

4作目は斑目家の複雑な家系相関図が頭に入ってないと混乱の極みかも(笑)
そして円谷君の斑類の試験もいよいよ結果発表です。

そして、円谷君が好きだった国政君の弟で、英国君の父と母のなれ初め
loveなんかが展開されてます。
ほんと斑類って性に奔放な種なんですねぇ~って感じるお話です。
英国君の母が米国君の父で、国政君の父が英国君の父なんてどこまでも
混乱しちゃうような設定ですが・・・
英国君の両親のラブは5作目まで続きます続き

0

ノリ夫覚醒!

斑目の家の複雑さが、やっと判明しましたの4巻。
3巻のラストが一体どうなっちゃうのー!って国政とノリ夫の恋の行方が気になる終わりでしたので、ここで少し一段落というところでしょうか?

米国と国政のお母ちゃんはとんでもない人だったんですね!
売春あっせん業をしているというその職業にもびっくりでしたが、彼女は志信と愛美のお父さんでもあると、女同士でも妊娠できるという(そりゃ、男同士もあれば女同士もあるわね~)
国政の執着と歪んだ愛はお母さん譲りだったんだ、ということが分かりましたが、国政の無器用な愛にちょっと今回は感動した!!
国政が母親に拉致られて危機に陥ったところをノリ夫が助けるのですが、そこでプレミアの能力を発揮!
目から何か出てましたけど、何だったのかしら?
お互いの危機にお互いを助けようとするその気持ち。
優しくないからノリ夫を手放せないという国政の涙は、感動のヤマでした。
その後のノリ夫の告白もまた、こちらがテレを感じてしまうほどに、ああー、やっと二人は素直になったんだとこのシーンまで来るのが長かった。。
ヒドい奴だけど、お母ちゃんサマサマだったのですね。続き
もう、早くノリ夫は子供を産んでください!

そして後半、米国と国政のお父ちゃんズが登場です!!
うわー!何かこの二人のキャラってすごくツボです♪
きっちりした英国人の米国のお父さん。
自由奔放でまるでイタリア人みたいなアメリカ人の国政のお父さん。
この二人には、斑類という部分は余り関係なさそうに展開するのですが、正反対の二人が、互いのないものを補う形で惹かれあう。
しかも、それに英国人は早くから気が付いていたのに心を隠し、
米国人は、ストレートだと思いこんでいて気づくのが遅れ、
エチの表現はないけれど、この二人が余りに魅力的で、その恋愛過程もお洒落すぎますっ!!
まるで、本編と別の話みたいでしたが、オチが(爆!)

ちょっと本編カプが一段落し、5巻は・・・?

1

ここまでホント長い道のりだった!!

またまた読者泣かせのラストで終了した前回。でも!ようやくこれで国ノリ編に決着がつきます!国政(と米国)の母親登場で思わぬ事態にお話は急展開を呈しますが、勿論最後は感動のクライマックスが2人を待ち受けております!!
思えばホント長かったっ(>_<)
それだけに感慨もひとしおです~

国政が人としてどこか感情が欠落しているのは彼がまだ幼少の頃、斑目家のしがらみの中で母親に逆らえないよう教育され育ったという複雑な生い立ちが関係しているため。子供さえ生めばいいと口で言いつつもノリ夫に対して執拗な程の執着を見せる国政。その執着がどういう意味を持つのか、愛情を知らず育った彼にはまだ理解出来てなかったのかもしれません。
しかし我が子を政略結婚の道具として売買しようと企む巻緒に軟禁された国政は、そこで生まれて初めて自分から欲しいと思ったものが何か、に気付き始める。
ホテルでノリ夫が捕まった時、絶対的な巻緒の言葉に真正面から逆らった国政。そう、これこそが理性よりも本能が上回った決定的瞬間であり、国政が愛の存在を認めた瞬間でもあると思うんです!
ノリ夫が他の雄のモノになるのがこらえられない、巻緒とノリ夫の続き前でそう言い切った国政には本当ゾクゾクさせられました。
そしてお話は佳境へ…
オレと居たら幸せになれない、でも手放せない…涙を零し切々と話す国政を抱きしめながら、その先の言葉を促すノリ夫。ずっと待ちわびた、かけがえのない一言を彼の口から聞く為に…

もう感無量です…。
国政の涙も、幸せそうな2人も、優しいキスも…全てに魂が震わされましたっ!!
胸きゅん通り越して、張り裂けそうな位の勢いです~国ノリ好きでホント良かった!
とは言え2人はまだまだスタートラインに立ったばかり^^これからも一筋縄ではいかなそうな今後の展開に期待は膨らむばかりです~

そして後半は国政父×米国父(英国の両親)による馴れ初め話(笑
この関係は相関図見ないと絶対に混乱します。つか私はしました!(爆)そして、その凄まじさに圧倒されること間違いナシw
内容としてはどこか外国の映画を思わせる切なく美しいラブロマンスでした^^
現在の2人からは到底想像つかない!!(笑
そして、このお話で米国の男嫌いの原因が判明するのですが…あまりにアホらしくて超ウケますww…というか米国が不憫でなりませんでした(笑

とりあえず作品を通じて言えるのは皆キャラが濃すぎるって事ですねw

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ