ホネヌキにされたい

honenuki ni saretai

爱犬调教计画

ホネヌキにされたい
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神4
  • 萌×213
  • 萌18
  • 中立4
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
19
得点
130
評価数
40件
平均
3.4 / 5
神率
10%
著者
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイコミックス~BE×BOYCOMICS~(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥571(税抜)  ¥617(税込)
ISBN
9784862632609

あらすじ

保科は篤史という「わんこ」のご主人様。家事機能搭載・居候大学生で売れ筋モデル、Hも上手♪なアホ可愛い仔♪しかし蜜月主従関係に突然「おあずけ」が訪れた!?渾身の愛を捧げるわんこ×飼い主他、学園、医者ナド、甘々で癒しの作品集☆描き下ろし付!

表題作ホネヌキにされたい

受様宅のわんこな居候/大学生でモデル・神倉篤史
友人の弟である攻様の宿主/できる会社員・保科真宏

同時収録作品俺が好きだと言ってみせてよ

級友の受様の事が気になっている高校生・長谷川
担任教師に懐きまくりの高校生・橋本

同時収録作品感染感情

で弾みから受様と関係を持つ担当指導医・佐久間
飲んで潰れた結果攻様と関係を持った研修医・石黒

同時収録作品リフレインスマイル

よく校内で人混みをスケッチをしている美大生・嶋
よく目にした受様が気になっていた会社員・相沢

評価・レビューする

レビュー投稿数19

大型わんこー▼・ω・▼な攻め

年下デカわんこ攻め♪
耳とかしっぽとかぶんぶか振りまくる勢いで真宏に懐いている篤史が可愛い!
モデルのお仕事中とのギャップが凄いw
めちゃくちゃアホでよく泣く子ですーw
可愛いなぁ~もぉw

『シグナルレッドベイビー』でも思ったんですが、北上さんの「うちの子」という表現好きですっ!!!
表題作以外には高校生カプ・医者×研修医・美大生×リーマンもありました。
表題作が一番好き。
高校生カプの方は…佐和先生へのフォローを後でしなくて良いのだろうか?( ̄▽ ̄;)

1

大型わんこ

◆ホネヌキにされたい・うちの子について◆
飼い主ラブ!な大型わんこと、躾は命!な飼い主のお話。
ウザいぐらいのわんこ・篤史くん。
保科の一挙一動に呆れるくらい喜び凹む。
分かりやすすぎる篤史に保科は冷たくあしらったりもするんですが…何だかんだ言っても甘やかしてるところがなんだかカワイイです。
忠犬っぷりと仕事のギャップは王道の萌えでした。
家事機能搭載ヒト型愛玩犬。わたしも欲しいなぁ(笑)
結局ホネヌキなのはどっちなんでしょうねー。ムフフ。

◆俺が好きだと言ってみせてよ◆
高校生同士のピュアラブ。
お互いが勘違いしてぐるぐるしてる様がほっこりします。
かわいいなぁ……。

◆感染感情◆
俺様指導医×強気研修医。
指導医佐久間のがいい味出してます。
そして石黒のほだされ感もナイス。
院内で声を殺してとかもうエロいっすねー。
短編なのにすっごい印象に残りました。

◆リフレインスマイル◆
キッチンのボードに座らせて下からキスをしかける、というシチュエーションに激しく萌えた。笑
デビュー作というのもあって、作品が初々しかったです。

0

割と嫌な男だけどそれもご愛嬌

保科の飴と鞭の使い分けが絶妙なのか家事機能が追加登録された篤史。
やることはやっちゃってるとあっさりと暴露しつつも、飼い主のスタンスは崩さない保科。
待てが苦戦中の篤史を躾ているつもりで馬鹿な子程かわいい親心?
すっかり慣らされてる姿が彼女の買い物に渋々付き合う彼氏の図でくすぐったくて見てられない、そんな気分にさせられます。

同時収録。
「俺が好きだと言ってみせてよ」
間の悪さでお互い勘違いしていまう恋心が、長谷川の一人称によって橋本側を妄想する楽しさに溢れてついにんまりしてしまいます。

「感染感情」
ラブの一歩手前ですが、うっかりから始まった(?)体の関係に意味が付いたら。
そんな駆け引きめいたアダルトチックなやっぱりかわいい大人のお話です。

「リフレインスマイル」
内容に少し物足りなさを感じつつもデビュー作と言われれば採点も甘くなるファン心。

1

ウザワンコvv

とにかくワンコ!!

会社員の保科は犬を飼っている。
といっても人間で、友人の従弟(篤史)なんですがとにかくワンコ。
何もできない篤史を一から仕付け、今では掃除洗濯なんでもOK!
そんな篤史とは身体の関係もあっていい感じで暮らしてる。
だけど、かまってオーラが毎日健在でとにかくウザイ(笑)
(いや可愛いんですよ)

そんな日常の中で保科が出張(それも1ヶ月)
我慢できない篤史は会いに行くのですが、「帰れ!!」と怒られ会えずじまい。
そして仕事を頑張って1ヶ月より早く帰ってきた保科を待っていたのは
家を出て行こうとしてる篤史。
「帰れ!!」と怒られた篤史は実家に帰れと勘違いして出て行こうとしてたらしい
とってもおバカなワンコなのでした。
保科さんの躾はまだまだ必要なようです。

とにかくモデルの時とワンコの時のギャップが良くて○マル~ッvv

途中にある4コマも可愛いvv
あのガタイで耳と尻尾は反則だーっ!(笑)

0

普通です

男前の大型ワンコが嫌いなわけがないので、そりゃ単純にワンコいいよなと思いながら読み終えました

外ではモデルで男前だが、実は天然甘えっ子だなんて
まさに漫画の中の王子だなという感じです

作品のはじまりから一緒に暮らしており、好き好き攻撃なので
それが普通で終始すすみますが

どこが好きになったのかなど
悩む部分がみたかった

ワンコは元々そういう気質なのか含め知りたかったないう感想でした

おまけなのか、四コマ漫画があるのですが
そちらの方が面白かった

1

ワンコより飼い主に萌え♡

「よそはよそ、ウチはウチ」に付いてた小冊子を読んで、久しぶりに再読♪
北上さんの本の中で「ホネヌキにされたい」はかなり好きな作品です。
でもこれ、こんなに短かったんですね。
1冊の半分くらしかなかったのか☆
印象的だったから、そんな気がしていなかったな。
もっと読みたかったよ~~という声が多くあって、
「よそはよそ~」は、長く描くためにあんなにスローペースになったのか??と思ったり・・・


さてコチラ、家事機能搭載ヒト型愛玩犬の方が人気があるのかな?と思うのですが、
わたしは正直、あんなの居たら・・・可愛いよりもウザイが勝ってしまいそう…
楽そうでイイナ♪とは思いますけども(鬼?)。
飼い主(?)の保科さんは優しいなぁ~って思ってしまうw

というか、保科さんこそが可愛いよ!!!
「ウザイ」と言い放ち足蹴にしつつも、
しっかりほだされて、やることやっちゃって(H)、
出張の前には、髪の毛にキスしながら「ほら・・・もっかいしようか」なんて♪
そして、触れなくて寂しくなっても、理性を保とうと・・・するけど我慢しきれなかったり♪

このふたり、はじめ続きてが描かれてなくて、見てみたい気がするけれど、
それがなくていつの間にか・・・って感じだからまたいいのかな。

「うちはうち~」とちょっと似た感じだけど(これは言っちゃダメか?)、
やっぱりこっちの方が好きだな~~~
(この本の続きを小冊子にして付けられたら、どうしても比べちゃうよーーー)

1

わんこ飼いたい

北上れん先生2冊目のコミックスです。

『ホネヌキにされたい』
年下ヘタレわんこ攻めは定番ですけどいいですね。わんこ篤史が可愛いです。飼い主の保科さんが出張で1ヶ月離ればなれに。一晩中寝ずに電話を待ってたり、二日に一度電話するという約束に「一回一分以上ね!!」パァァとか、堪らん可愛さです。1分でいいのかオマエww健気だな。
書き下ろしの四コマなんて完全にわんこ化してるし。


『俺が好きだと言ってみせてよ』
高校生カップルのお話。お互いの勘違いっぷりが可愛いを通り越して鬱陶しいです(笑)会話の合間に心理描写を入れるのやめてほしいな。読みづらいのよ。


『感染感情』
医者×研修医というおいしいカップリング。1ページ目にカラーあり。白衣が美しいです。表紙イラストといい、北上れん先生のカラーは美しくて大好きです。


『リフレインスマイル』
デビュー作だそうです。にしては上手くまとまってるかな?多分キス止まりだから良かったんだと思う。短編にエッチを盛り込むと、どうしても展開が唐突になっちゃうからねぇ。まぁキス止まりでも充分に唐突でしたけどね!

唐突感も物足りなさもなく短編を描くってものす続きごく難しいんだなぁと最近思う。

3

温もりとチラ見せと

タイトルに少し赤面。
きっと中身も、照れたり恥ずかしくなったり顔真っ赤っかになるんだろうなとか思ってしまうムズムズ感がありました。

結果、ムッズムズ(褒めてます、かなり・笑)

サラリーマンの保科と、友人の弟で同居人のモデル兼大学生の篤史、のお話。
とあるキッカケで同居を始めるけれど、いつしか体の関係も持つように。
きっともう最初から篤史の方が保科を好きで、それに流されるようにして始まった関係だったんでしょうけど、篤史に負けない位、保科も嵌るようになったんだと思う。
年上だからか、いーっつも上から目線で篤史に厳しい保科。
そして、いーっつも上目遣いでワホワホしてるクセに、急に男らしくもなる篤史。
たまーに見せる保科の優しさに愛を感じるだろうし、時折グッと力強さを見せる篤史にキュンと来るでしょうね。
お互い様です、甘い甘い。

相変わらず北上さんはデフォルメ具合が上手で可愛らしい。
ほっと癒される事が多々あるんですけど、今回はちょっと多用し過ぎてませんか?
(可愛いからイイんですが、多すぎると「逃げ」に見えてしまう…)

あと、致すシーンは色気あるなと続き思ってましたが、今回も裏切りません。
特に、保科に「もう抜けよ」と言われて篤史が抜くシーン。
篤史が揺するから声が漏れた、と保科は言うんですけどね。
……そんな所より、避妊具の具合の方が、私的には相当エロさ感じたんですけどっ…!!
何だろう…生モノより覆われてる方が、すっごくエロく見える…(ドキドキ)
というか今回の1番の萌えポイントはそこだった(と云いたかった・笑)

途中で保科の弟が出て来て、2人の生活を少しだけ邪魔するんだけれど、それが返ってお互いの温もりを大事に思えるようになるのがいい(特に保科)。
それで、いつもは自分が好き好き言ってるクセに、その時ばかりは篤史が保科を、言葉の通り「攻め」る!!
「俺の事好き?ねえ、好き?」なんて。
この時ばかりは、篤史の成すがままの保科でした。

表題作の他に、学生同士、医者と研修医、大学生とサラリーマンのお話が収録されています。
うーん、医者と研修医も中々でしたよ。設定最高。

ただ贅沢を言うと、もう少し背景とか入るといいなーとか思っちゃいます。
全体的に白っぽいイメージが。
あ、贅沢でした、すいませんこの口が(笑)

2

家事機能搭載ヒト型愛玩犬

 いやー、「家事機能搭載ヒト型愛玩犬」なんて、北上先生またまた上手いことを(笑)
 
 ツンとしている保科と同居する大学生モデルの篤史。篤史も本当に保科のことが大好きなんですね。もうそれだけも十分萌えます。しかし!攻めはわんこの篤史で受けは保科って、なかなかにおいしいカップリング。ちゃんとできるのかななんて思っていたのですが、意外や意外。保科も結構楽しんでいるじゃないですか!

 実は私あまりHシーンが得意ではないのですが、北上先生がきれいに描いてしまうと、ほとんど抵抗なく読めてしまうから不思議です。

 この本はほかに、高校生同士のカップル、医者同士のカップル、美大生、リーマンの恋(これは先生のデビュー作だそうです。)などが収録されていて、お得です。

1

ワンコっていいかも

大型ワンコーォ!!いいね、いいね、大型ワンコ。
おあずけ食らってるのとか最高です。

飼い主のほうも「ひっぱたいて 締め上げて なでまわしたい」って思ってんだから、うらやましぃ。
アテクシ、ワンコに目覚めた瞬間でした。

入ってるの抜くだけなのに、感じちゃう保科さん。肩と背中のラインがたまんねー。
一見、篤史の方が保科さん好きすぎに見えるけど、実は、保科さんのほうが篤史ナシではいられませんでした。
弟くんのいない間に欲情っちゃって、「もっと」って求めちゃう、そんなキャラだと思わなかったのになー。
そのギャップがよかったよ。

そして、保科さんの弟くんがとってもいい人。

《俺が好きだと言ってくれ》同級生×同級生。
これはあんまり好みじゃなかったんだけど、
《感染感情》担当指導医×研修医の病院で見つからないようにエチするのって萌えるよね。
声漏れないように口押さえられて、立ちバック。
個人的にはもっとやれ、もっとやれー。
だけども!先生が求めてるのは研修医くんの気持ちなんスよね。
お互いの気持ちを確認し合えば、気持ち良さもひとしお!?
だったら、そ続きういうエチも見たかった。

2

年下ヘタレワンコ攻め

保科さんの飼っている家事機能搭載ヒト型愛玩犬「篤史」。大学に通いながらモデルをやるくらいカッコいいのに・・保科さんの前ではただのワンコ。
出張中の保科さんからの連絡をまってめそめそしたり・・・可愛いです。

って、クールそうな保科さんも実は篤史の掲載された雑誌に付箋貼ってたりしてどっちもお互い様って感じなんですが。

私的には途中から出てくる保科さんの弟君に興味津々・・・。二人の関係にしっかり気づいてるようなのにオトナの対応素敵です。

しかし北上さんのリーマンって素敵ですね。ちょっとネクタイを緩めてネームプレートをぶら下げてる保科さんに萌え・・・です。

0

リーマン受けだなんてっ!!超萌えるっ!!

[ホネヌキにされたい]
内容はありがちでしたが、私をワンコ好きにしたのは、この作品です(笑)
篤史も保科も可愛いんですよ。ていうかリーマン受けというだけで、萌える
たしかに記念日バカは疲れますね・・・。しかも全然分かってもらえないし・・・
保科は保科でモデル雑誌をファイリングしているし!もう愛されてますよね
でもぶっちゃけ、なんで付き合うようになったのかもきになるし、初チュー&初エッチの話が読みたかったです。
[俺が好きだと言ってみせてよ]
短編集の高校生×高校生の話。同級生の話で、わりと普通な話でした・・・
[感染感情]
医者×研修医。病院ものだーい好きです。短編集なのが残念・・・研修医はやっぱり受けじゃないとね☆
でもうっかり抱かれたのは、ちょっとかわいそうですね
[リフレインスマイル ]
美大生×リーマンです。
リーマン受け大好きです。北上さんは私の萌えポイントを突いてきますねぇ

0

コミックスなら普通に面白かったのに

この本、随分前に読んで、内容とか、絵柄をすっかり忘れた頃にドラマCDを聞いたんだけど、、、、
CDの方は、、、あれっ?、、、って感じで
原因は何処に有りやと思って、引っ張り出してみた。

真宏も篤史も普通にカッコイイ。
お話の展開も普通にほのぼの。
真宏の弟、真咲も特にイヤな奴って程でもない。

原作マンガで読む限り、特にどうと言うことはない、普通に萌えられる、年下ヘタレワンコ攻め。
っていうか、この絵柄は、コミックスをちゃんと買うくらいに好きなタイプ。
ワンコの4コマもかわいい。

これのCD、もっと普通に、真宏にヒロC、篤史にオノDとか、真宏にひらりん、篤史にわちゃのキャスティングだったら、、、、、、、
ま、あくまでの私の好みとしては、って事だけどね。

0

ヘタレな大型ワンコ攻め

ワンコ攻めがいるという評判を前から聞いていて、ワンコ攻め大好きなので購入しました。
外ではきりっとしているのに、受けの前でだけ、すっかり躾されている大型犬なヘタレワンコが最高でした♪
絵も綺麗で、カッコイイモードの時にはほんとにカッコよく、ワンコモードの時には、可愛くて、ワンコ攻め愛好家には、お勧めの話です。

大学生兼モデルな篤史(おバカでヘタレな大型ワンコ攻め)×仕事も出来る年上美人な保科(ツンデレ受け)
受けの方は仕事も出来るツンデレ受けと言った感じで、口は悪めなんだけれども、きちんとワンコに対する愛情があるというのもよかったです。
篤史はモデルをしているんですが、篤史が出ているページに付箋を貼って、スクラップしたり、篤史に接触を禁じていながら自分もその事でじれじれしてしまったりと、カッコイイのに可愛さがある方で、ギャップのバランスが抜群でした。

相思相愛なカップルで、甘々な話です。ワンコ話の4コマも楽しかったです。
他にも話が載っていましたが、ワンコ攻めな話が一番萌えました。
エロもありますがさらりとした綺麗な描写なので、あまりエロい雰囲気が伝わってくる感続きじではなく、総じて爽やかでした。
絵がうまいので、肉体美はしっかりと満喫できます。

1

これぞ年下わんこの鏡w

とにかく年下わんこ攻めが可愛かった…!
篤史はわんこの中のわんこだと思いますw
いつも「保科さん保科さんっ」と言ってる姿はまさに尻尾を振った大型犬w
保科さんが出張に行ったとき、じっと電話の前で待ってるのは可愛かったw
モデルやってて背も高いしかっこいいけど、保科さん相手だとたちまちわんこになる篤史が好きですw
おまけにやたら記念日を作りたがりますからねw初H記念日とか初チュー記念日とかw

そして飼い主保科さんについてw
記念日にはうんざりしてますが、篤史が自分しか見えてないのはまんざらでもない様子w
保科さんの弟が家にくることになって、篤史にいちゃいちゃを一切禁止しますが、自分がおあずけくらったみたいになってるしw
保科さんも篤史大好きなんだなあと!
いい飼い主さんです(笑)

1

ヘタレ年下わんことクールな年上飼い主の「おあずけ」に萌え

年下攻め、年上はクールで余裕がありそう、に見えて……!?
という展開が私は大好物です。
出張やお邪魔虫出現などでの「おあずけ」、そしていつもクールな年上の方が…耐え切れなくて爆発(笑)という展開は最早BL王道ですが、やっぱり大好きなんです!

年下のヘタレわんこくんは記念日だの一晩中連絡を待っていたりだの、「会いたい」といっていきなり押しかけてくるだの、現実にされたら結構うざいと思うんですが…飼い主はほとんど気にならない様子。
そのばかっぷるぶりもかわいいです!
表題作「ホネヌキにされたい」は2本+おまけ漫画で、たっぷり2パターンのおあずけを見れます(笑)

個人的には「感情感染」もよかったです。
「女でも男でも抱かれる方ってのは 相手を好きだとか受け入れてやろうって気がなけりゃそう気持ちよくはなれないもんなんだろ?」
という色っぽいセリフにどきどき…。

最後の「リフレインスマイル」は作者さんのデビュー作。
こちらも年下攻めで、年下攻めスキーにはおいしい1冊です!

深く考えてしまうと、いろいろと設定に「?」と思ってしまうこともありますが、
「まぁこれ続きはBLだし~!」と全く気にせず楽しめば、好きな人は好きな作品だと思います。
とはいえ、「シグナルレッドベイビー」でも思ったことだけど、とっても男の裸が綺麗です(笑)足とか腕の、筋肉のつき方が…
視線にもなんだか色気がある!
イラスト重視の方にもオススメできる絵かなと思います。

2

ワンコ攻

ワンコが攻めていると、ココロから沸き立つ何かを感じます。
含みとしては、ワンコは、ご主人が大好き。
大好きで大好きで。甘えたくて。かまってもらいたくて仕方なくて。
ご主人は「よしよし」してやって。
普段は、ご主人の方が優位に居るのに、イザとなったときには、ワンコが攻める!!
この、逆転の発想がとてつもなく萌です゚+。:.゚(嬉´Д`嬉)゚.:。+゚
ご奉仕するワンコ。
そのワンコを受け入れてやるご主人。タマランなwwハァハァww

今回は、そんなワンコな話。
シッポが見えます。
見た目は、めちゃくちゃかわいいのに、二人になるとベタベタアマアマになってしまう。
記念日とか、すぐウルウルするとか、若干ウザ・・な部分はなきにしもあらずと思いますが、それもまたカワイイと思えてしまうから不思議。
話云々は、これといって・・・という感じですが、設定。
キャラクターの配置的にはすごくスキな作品です。

他短編がいくつか。
4コマは可愛くてよかったでしw

1

劇的な展開があるわけではないですが

ヘタレワンコ好き。年下攻めなら最高!な私は、日々そういうお話を探しています。

この作品は、こちらのレビューでワンコ年下攻めと知り、購入しました。

大きな事件もなく、カップルの同居生活が描かれているだけですが。
年下の大型ワンコがバカで可愛くて、萌えました……

特に強烈な当て馬・悪人が登場する訳でもなく。
攻と受の気持ちもラブラブでしっかりしている。
だから恋に落ちる過程のときめきを求める方は、この作品は物足りないかもしれません。

出来上がったカップルのほのぼの・ゆるゆるというか。
ぬるま湯のような雰囲気が好きな方に向いている作品かも。

1

かおる

たしかに…
「ぬるま湯」っていう言葉はすごいです。
これから湯加減で作品評価すると面白いですね。

同人的なギャグ絵に、う~mm

「家事機能搭載ヒト型愛玩犬」と呼ばれる神倉くん。本作は彼のヘタレっぷりが見所となっています。
やはりヘタレワンコが登場する作品は、どれだけワンコにお預けをさせて、じらしプレイをするかが重要かと思うのですが、保科さんは簡単にエサをあげすぎだよぉ。
まぁかわいいからやっちゃうのはしょうがないけどね。
保科さんの弟が転がり込んできて、ベタベタできないときも、もう少しじらし感を演出してもよかったのでは…
ちなみに3人でいっしょに食べていたぎょうざは、最初青魚のおすしかと思ってしまいました。すみません。
ラブラブでもいいんですが、私的は趣味じゃないかもしれません。
表題作以外では
「俺が好きだといってみせてよ」
が印象に残りました。高校生ものですが、ベストを着た2人は中学生っぽいような雰囲気。
冴えなさそうな先生への思いを絡めて、最後は結ばれるという展開です。
この本を見る限り、北上先生は萌えアイテムを描くのが達者と思います。ただ、ただ…
よい意味でも、悪い意味でも同人的な名残があるというか。特にギャグ絵を多用しすぎは、どうかと思います。
絵のセンスがよいだけに、そこだけ続き私はひっかかりました。

1

藤棚

ぬるま湯レビューにコメント、ありがとうございました。

>最初青魚のおすしかと思ってしまいました。
私もちょっと「ぎょうざ」には見えなかったです。
あとかおるさんが仰っているように、
同人的なノリは確かに感じますね。

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ