セカンドライン

セカンドライン
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×21
  • 萌4
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
23
評価数
8件
平均
3.1 / 5
神率
12.5%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
幻冬舎ルチル文庫(小説・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥533(税抜)  ¥576(税込)
ISBN
9784344811072

あらすじ

架田未波は期待と不安に揺れていた。
ずっと淡い恋心を抱き続けている相手、日比野亨がアメリカから帰ってくる―しかも一緒に暮らすことになったからだ。
五年前中学生のとき、両親をなくした未波は、初対面の日比野を後見人として指名した。
その突飛な希望はなぜか受け入れられ、以来、保護者と被保護者という関係だったのだが…。

表題作セカンドライン

日比野亨 有名作曲家 30代
架田未波 18歳

その他の収録作品

  • プライオリティ

評価・レビューする

レビュー投稿数3

「少しずつ失っていくことと、ある日すぱんと失ってしまうこと、いったいどちらが哀しいんだろう」

本編はずっと未波(受)視点で描かれているので、亨(攻)が何を考え思い悩んでいるのか、本人以外誰もわかりません。

あたま約1/4が、同居に至るまでの回想や未波のとまどいに費やされています。フツーここまで長いと飽きちゃいそうなもんですが、「少しずつ失っていくことと~」はおいらも考えてたことがあるので興味を持って読めました。
心理描写が秀逸です。作者もそういう経験があるのかな? 取材したのかな? もし想像だけで描いたとしたらすごいな。。。とか、いらんことまで考えちゃった。
ときどきしんどくなって、休憩いれましたけどねw

未波は両親を喪ったとき、2ヶ月間亨につきっきりで面倒をみてもらいました。
それから5年後、突然の亨の帰国と同居。そしてワーカホリックな亨の休業宣言。
未波も和彦(亨の親友+未波の実質的保護者)も、「何があったのか」と心配しますが、過去のキズをえぐることになると知っているので、聞き出すことはしません。
未波は「可愛いクソガキ」を演じることで亨の気を紛らわせようとし、和彦はそんな二人を見守っています。

愛するものを突然に失った二人が、生きてゆくためにお続き互いを求めたお話です。
キズのなめあいといったらそれまでなのかもしれませんが、ハッピーエンドでよかった。シアワセになってください☆

続編『プライオリティ』は 後日談
亨と和彦のじゃれあい+亨と未波のおのろけ話♪

0

受けのぐるぐるが可愛い

ぐるぐる悩みすぎる受けというのはあまり好きではないんですが、この小説に登場するぐるぐる受けは、めちゃくちゃ可愛かったです。
自意識過剰なところが皆無で、本気で「攻めのためにどう振る舞うのがいいか」を考えて、常に一生懸命なのが良かった。

両親を事故でなくし、その後見人となった男に惚れてしまった受け。
長い長い片思いの末に結ばれる話です。
受けは、だからといって品行方正に暮らしてるわけじゃなく、攻めへの恋心が満たされないぶん、ヨソで遊びまくってます。
勢いだけでそうなってしまったかのような最初のえっちが、切なくてキュンキュンしました。
躊躇いがちな攻めを誘導し、煽ってセックスに持ち込む受け。必死なんですよ。誘い受けともまた違うんだけど、「受けが経験豊富だったからこそ越えることができたライン」なんだよなァと。そうじゃなきゃこの理性的な攻めは、受けに手出しできなかったのだ。
受けが「イヤ…ダメ…」とか言ってたら、勝手に攻めがアレコレやってくれるセックスもいいけど、こっちのほうが私は好きですw

0

たった一人の大切な人

保護者(後見人)×被保護者のお話です。
両親の死後、自分の後見人となってくれた亨に、密かな思いを寄せている未波。
未波は寮生活、亨は海外生活と、離れて暮らしていた二人ですが、
未波の高校卒業と、亨の帰国をきっかけに、同居生活をスタートさせることになって―。

主人公・未波の一途さというか健気さに泣けました。
亨の前では、彼の望む無邪気で可愛いままの子供でいようと努力し、
それだけではなく、さりげない気遣いすら見せます。
一方亨も、子供だとばかり思っていた未波が、すっかり大人になっていたことに気付き、
その存在に、癒されている自分を自覚し、意識するようになっていきます。

事故で両親を失った未波と、海外の事件で恋人を失った亨。
お互いに必要とし、必要とされることが、生きる糧になっているような部分のある
歪な二人ですが、相手を大切に思うあまりに、臆病になる姿には
共感できる部分もあり、胸を打たれました。

それにしても、無事に気持ちが通じ合った後の
亨の激甘エロっぷりには、笑ってしまいました。
もともと、「ウチの子は可愛い!」と、親バカに近い感情を持って続きいた人だとは
思いますが、溺愛っぷりに拍車がかかっています。

脇キャラとして登場した、後見人代理(亨の友人)である和彦も、
未波に、冷静で的確なアドバイスをくれる良い兄貴分って感じで、
良い味出してます。個人的に、お気に入りのキャラです。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ