吸血鬼には向いてる職業

吸血鬼には向いてる職業
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神16
  • 萌×29
  • 萌16
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
17
得点
166
評価数
43件
平均
3.9 / 5
神率
37.2%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイノベルズ(小説・リブレ)
発売日
価格
¥850(税抜)  ¥918(税込)
ISBN
9784862632449

あらすじ

幼い頃から「マンガは友達」、マンガのためならなんでもできちゃう筋金入りのオタクの藍。念願が叶いマンガ編集部の配属となった早々、大ヒット作 「ゴスちゅる」を連載中で、問題ありまくりのマンガ家・黒田瑞祥の担当をすることに。超遅筆なうえに性格がねじ曲がってるのはまだしも、「マンガを描くのはヒマつぶし」と言い切る瑞祥に、藍は内心怒り狂うが──。
大人気マンガ家シリーズ最新作!今度のマンガ家は吸血鬼

表題作吸血鬼には向いてる職業

自らをネタにヒット作を描く漫画家/吸血鬼・黒田瑞祥
漫画が大好きな攻様の担当編集者・野迫川藍

評価・レビューする

レビュー投稿数17

吸血鬼には愛

「お前がそのナイフを得たか。。。そうか。。。」

(祖母のシーン以外は)ここまでコミカルに来たのに、もう!!ここでウルっとこさせられるとは。

0

面白い!

表題作、続編「吸血鬼には銀のナイフを」の2作品が収録されています。

漫画家シリーズ4冊目ということですが、私はバラバラの順番で読んでいますが、それぞれリンクはしていない印象で、支障はありません。面白そうなものを読んでいけば良いシリーズです。

全体の3分の2をしめる表題作では、無敵のオタク編集者・藍(受け)が、暇つぶしに漫画を描く吸血鬼・黒田(攻め)の存在を認め、原稿と引き換えに血を与えることを約束する話です。その恋愛過程に、吸血鬼まがいの連続傷害事件が絡んで、ストーリーを面白くさせています。藍が行った警察官を撃退方法とか、読んでいてビックリしました。

続編では、ダムピール薔薇原が、黒田を退治するために藍を利用するのですが、それがきっかけで二人の気持ちが通じ合い、絆も強まったという話でした。黒田は孤独でしたが、藍がよぼよぼになるまで一緒にすごしたら、きっと藍がいなくなっても楽しめる思考や環境を藍から与えられるんじゃないかなって思ったりしています。

え、あ、う?!とあっという間に読み終えてしまう面白さです。
藍のおばあさんが亡くなってしまったり、吸血鬼黒田の孤独の続き話はありますが、全体的には明るく楽しく前向きなハッピーエンドな作品です。なんていったって、主人公・藍のキャラがいいです!端々に有名な漫画がちらほら登場するのも嬉しかったです。なお、冒頭で編集部の面々が紹介されますが、そちらはそんなに気合入れなくて覚えなくても良いです。たいして登場しません(笑)

ちょっと変わった吸血鬼の話が読みたい方にお勧めです!佐々木様のイラストもすごく良かったです。チュル女装した藍も可愛かったですが、表紙とその次の困った様子のカラーイラストは秀逸でしたよ。

2

誰のためのハッピーエンド

吸血鬼とか人外のラブストーリーって結末が一番気になります。
時間に限りのある人間と、時間の概念がない吸血鬼と、そこの差が埋まらないと寂しさとか切なさが残ってしまうからです。(だがそこがいいとも言えますが)
要はどう共存していくかですよね。

私が一番気になったのは、人間である野迫川が吸血鬼になるのかどうかでした。
やっぱり受けと攻めには永遠にラブラブでいてほしいですし、良い意味でも悪い意味でもオタクで無粋なほど漫画が恋人な野迫川が、自分で吸血鬼になることを選択するくらい黒田のことを好きになったらいいなと密かに期待していました。
(途中で天涯孤独になったのもフラグかと思った)
吸血鬼が持つ疎外感とか閉塞感はある種の甘美性もありますし。

しかし黒田が欲しいのは仲間ではなく、死という旅の終わりなんですよね。
野迫川もしっかり自分を確立している人物なので、黒田を好きということと吸血鬼になることは全くの別問題で考える人なんだと思います。
そして自分の目の黒いうちは黒田に消えてほしくないし原稿がほしい(笑)
読者(というか私)と野迫川と黒田のハッピーエンドの形が異なってい続きるというのが凄く面白かったです。
そしてうまい具合に落とし所がつけられていると思います。
旅の終わりって寂しいけど、ホッとすることでもあると思います。
黒田は野迫川というごちそうを得たと同時に、安らぎも手に入れたんですね。
まだ可能性にすぎませんが、自分が待ち望んでいた最期を愛する人の手でなされることほど幸福なことってあるでしょうか。
あて馬君GJとしか言えないです。

誰のためのハッピーエンドか、みんなのためのハッピーエンド=大団円で大満足でした。

1

シリーズですが

漫画家シリーズらしいですが、繋がってないみたいなので
そして、佐々木久美子先生のイラストが好きなのでこちらを購入しました。

吸血鬼コメディ!
表紙からコメディ感が現れてる気がします。
吸血鬼ならシリアス物とか恋愛物が良いな。
トワイライトとかフライトナイトとかね(*^^*)

読みやすくて、面白さもあるのだけれど……
私には漫画家の黒田と担当の藍に恋愛要素を見いだせなかったです。
黒田のファンだった藍ですが、
原稿のためなら何でもするのはわかるんですが、芝居でキスしたりもあるんですが、二人がお互いに思いあってる感じしません。

血が欲しくなった黒田に流されてセックス。
それも、原稿のため(-_-;)

血飛沫、プシャアァとかふなっしーかと思いましたよ!
榎田尤理先生、最先端でしたね(笑)

1

盛りだくさんのコメディ

ほのぼのからはじまったこのシリーズ、今度はコメディ色が強いものでした。
非日常な設定はコメディと相性がいいようで、もういっそのことラブシーンなしで最後まで行ってくれてもいいんじゃないかと思ってしまいました。
ちゃんとあるし、雰囲気もいいんですけどね。

感心するのが場面ごとにがらりと雰囲気を変えてめりはりがあるのに、流れが自然なんですよね。テンポもよいし、読みやすい。明るいエンタメ作品がうまい人なんでしょうか?(よく知らないので)

吸血鬼・漫画家・編集者・オタクなど、書きつくされた感のある設定を、コメディにして無理なく読める作品にしているのはさすがです。ところどころにオタク心をくすぐるようなものも散りばめつつ、かと言ってそっちにどっぷりはまるわけでもなく、最後には年を重ねた姿まで盛り込んでくるし、バラエティ豊かな作品で楽しめました。
このはずれの少なそうな優等生感は、夏目イサクさんのようだと思いました。
まだまだ読んでいない作品がたくさんあるので、榎田作品をもっと読んでみたいです。

1

ほのぼの

久しぶりにコメディを読んだ。
カワイイ主人公でした。
見た目はあまり言及されておらず、そのせいか、顔でなく性格で惚れてる感じがいい。
吸血鬼は面食いが相場だけど、この人は食事だからあまりこだわらない感じもいい。
美食家ですらない。
不老不死についても適度に解決法が出てる、吸血鬼と人間のカップルって、
物語としてまったく続かないわけだけど、
そこらへんの悩むポイントを全部捨てて気楽に書いてる感じも好きだ。
さらっと読めて後味すっきり。

1

世を忍ばない吸血鬼

『吸血鬼には向いてる職業』ってタイトル、うまいですよね。榎田さんらしいです。
吸血鬼といえば、夜に強い。夜に強いといえば、漫画家だ!という(笑)

売れっ子漫画家、黒田瑞祥の正体は吸血鬼。
黒ネコのケイトをアシスタントに、けっこう堂々と現代日本で生活しています。

遅筆で性格に難あり、しかもセクハラもするという噂の問題児な黒田から原稿をもぎ取るべく、漫画を愛する情熱を持ったオタク編集者の藍が新しい担当となります。
真面目天然で現実的な藍は、黒田に自分は吸血鬼で・・・と言われても、思い込みの激しい人なんだなで済ませる、なかなかのナイスキャラ。
二人のやり取りが、丁々発止でおもしろいです。

基本、コメディタッチですが、普段飄々としている黒田の、永遠を生きるゆえの寂しさ、切なさも語られて、ただのコメディには留まりません。

読みやすくて、楽しい会話や言い回しにクスッと笑って、ラブなシーンでニヤッとできる。ちょっとだけ切ない。
気軽に読める、良作だと思います。
そのわりに評価が低めなのは(萌萌でもいいんだけど・・・)、私のなかの榎田さんへの期待度が高すぎるのかも。

1

血 吸うたろか~

CDからの~小説です。
CD面白かった!!黒田の声 最高! セクシー ブラボー
聞き惚れてしまったよ!このCDは お勧め!

で 小説。
原作になりますね。
こちらも楽しかったです。
ひまつぶしで漫画家!
うらやましいぜ。
そんな簡単に漫画家にはなれないよ。
担当者もそうとう変わり者じゃないと吸血鬼とはやっていけません。
二人の相性がピッタリ合っていて良かったです。
次々と会話が飛び交って飽きさせないので面白かった。
忙しい時 猫の手をどうどうと借りてるよ!!この人!

1

「さあ早く、マーキングしてしまわなければ」

漫画家シリーズで唯一未読になっていたこの作品、やっと読めました。
とても切なくてかつ面白かった!
ルコちゃんに匹敵するほどの、ある意味最強の藍とエキセントリックな黒田との会話のやり取りに笑い、「永遠の孤独」を生きなければならない吸血鬼の運命に涙しました。
私は萩尾望都さんの「ポーの一族」を読んでから、永遠の孤独を生きるヴァンパイアの悲しみというものに弱いんです・・・その設定だけで泣けちゃう。
作中で、昔の漫画がたくさん出てきたのにもムフフ。「ポーの一族」もちょこっと出てきました^-^。
私の萌えツボを抑える台詞もたくさんありましたね。タイトルに挙げてるのもその一つです。
読んでて思ったのが、女性漫画ですが、大海とむさんの「ミッドナイト・セクレタリ」にも似たような設定が出てました。
こういう作品がお好きな方には特にお勧めです。

2

まさかの人外

漫画家シリーズ、第四弾にしてまさかの人外。
本当に、本当に吸血鬼なの?って思ってたらホントに吸血鬼だったとはー!しかも人化出来る黒猫もいるし!!
今までの漫画家シリーズと全く違う思い切った設定にびっくりしました。

でも読んでみると不思議な位に違和感が無い。
吸血鬼が漫画家ってかなりトンチキ設定だと思うんだけど、するするっと受け入れてしまえるから不思議だー。
瑞祥[攻]が最初はただからかってただけの藍[受]に次第にペースを狂わせられて行き、魅かれていく過程が可愛くて微笑ましい。
あと藍のオタクっぷりが良いんだなー。
凄くいいキャラ感出てる、何という前向きなふっきったオタク!
漫画を愛しまくる藍に、瑞祥が少しずつ影響を受けて行くのがまた面白いんだ、これが!
冷凍血液はチンしてはいけないとかクスッと笑わせるシーンがあったり、作中で一度ラストと思わせて、もう一捻りあったりとエンターテイメント的楽しさも満点。

1

ゴスチュル

イマまで読んだ、漫画家シリーズでこれが一番好き。
ちゅぅか、これを読んで、榎田さんの作品が読みたくてしょうがなくなってしまったのだよ(ノω`*)んふ
たまらなくなって積本の中から榎田作品を掘り起こしてきた。
山ほどでてきて驚いたっちゅー話。
お話は、オタクで漫画が大っ好きな編集さんが、なんと大好きな作家さんの担当に就任した。ところがその漫画家さん、編集部内でも有名な問題児。
締め切りは守らないどころか、数々の編集マンを病院送りに。
はてさて、熱血オタクな新編集は対抗できるのか!?
そんなところからな一冊であります。
もちろんオタクな編集くんの奮闘振りも今回面白かったひとつではある。
あるのですが、一番は言葉の選び方と、“吸血鬼”の存在と孤独。
吸血鬼である自分が描く吸血鬼漫画のヒロインと自分の気持ちとのリンク。
これが絶妙なバランスで描かれておりまして
思わずキューーーーーーーーーーンっっつ
久々に気持ちよく悶絶させていただきました。

吸血鬼な少女の唯一の親友を失ってしまうシーン。
死んでしまうなんて・・・~のエピソード。続き
孤独に気づくシーンが好きです。
長い間一人だったために忘れてしまった気持ち。
弱いくせに、その言葉が好き。

献血wwwwww
よもやまさかのエロが凄くエロかった!
榎田さんの作品ってあんまりこれまでエロなイメージなかったんですが
これは生唾モノですなwwwジュルリ
特殊な吸血鬼の能力~などうしようもない快楽。
ただエロエロに転じてしまうのではないエロさがたまらんとです。

ラストに向けて、解き明かされていく事
失うことの恐怖と、安堵
最後、受に向けて向けられる言葉の一つ一つが心に染みるのです。
なんかこぉな、しんみりしてしまう。

二人してヴァンパイアとして生きることを最後までしなかったのが
また良いところでもあるのではないでしょうか。
たとえ永遠を生きるヴァンパイアには一時の幸せだとしても・・・・

2

マンガ愛

ドラマCDを先に聞いてから原作を読んだのですが、どちらも良かった。
CDの方は、黒田さんの声に惑乱しながら、結構ウルウルして聞いたのですが、対して原作の方は、野迫川のマンガへのオタクっぷりが、マンガの古典の小ネタが随所にはいることでより強調されていて(CDでは細かいくすぐりは、結構ざっくり省かれていた)、より笑い所が多くてコメディ色を強く感じました。
あと、意外なことに、ドラマCDの黒田を演じる黒田崇矢さんの声って、元々とても色っぽいって言うか、フェロモン系なんですが、この作品、崇矢さんのそのお声のCDより、文字と挿絵だけの原作小説の方がエロは直接的で強く感じました。
多分、崇矢さんの腰に来るエロオーラ満載のお声の力が、全部、「吸血鬼としての圧倒的なオーラ」に換算されてしまったみたい。

とにかく、この作品、原作もCDも、とてもオススメなので、ぜひ、両方ともにお楽しみ頂きたい。


1

漫画家BL

・漫画家シリーズ第4弾!
・今度は漫画家×編集者
・攻めは吸血鬼。
・しかし受けは信じてないどころか、コスプレ趣味のなりきりで思いこみの
激しい人と見てしまう。
・シリアスというよりコメディタッチ。
・随所随所にちりばめられる、懐かしい漫画のワンシーンとか台詞とかが
世の漫画好きを唸らせるw
・アシスタントは黒猫w
・気むずかしい攻めと、超漫画オタクな受け。
・ある事件をきっかけに吸血鬼だとばれるが…。
・それでも扱いが以前とほとんど変わってないあたりwww
・うまく受けの手のひらで転がされてる感は否めない。
・2編収録。
・後半はダムピール登場。
・受けくん狙われる。
・こちらの事件もなんとか解決。
・大団円…となるはずが!?

総評
最後までホントに楽しく読めました。たいくつしのぎの漫画描きだった
黒田さんが、受けにうまく扱われつつ、ラブも育んでゆく図が
とても巧く描かれていて満足でしたw
人外ラブも意外と楽しんで読めることができたのが何よりの収穫ですw

1

すごく大げさな泣きどころとかエロどころはないのに 非常にいい気分で最後まで楽しめる心地よさ!

漫画家シリーズは、なんでもアリだな!
漫画家シリーズ初の漫画家攻め。
そんで今回は、漫画家が吸血鬼なんですw
永遠の時間を彷徨う吸血鬼が暇つぶしで日本で
漫画家やってるなんてwww
アシスタントは、化け猫。
なんという設定・:*:・:(*゚Д゚*)キタコレ:・:*:・

吸血鬼の好物は処女の生き血ですから
受けは、オタクの担当編集者で処女・・・もとい童貞w

すばらしきかな!すばらしきかな!

ものすごく真面目に自分のことを
吸血鬼だと語る黒田を、オタクの藍は
キャラなりきりぐらいにしか思ってなくてw
たしかにそういう対応しちゃうよなぁと思った。
黒田と藍のセリフのやりとりなんかもテンポいいし
藍はオタクだけあって、吸血鬼を受け入れる度量があるのも自然。

化け猫のケイトも、かわいかったv
ケイトのお話も読んでみたい!

吸血鬼とオタクと漫画非常にバランスよく
コミカルに描かれていて娯楽作品として◎
佐々木久美子さんの挿絵も◎

なんだろう・・・
このすごく大げさな泣きどころとかエロどころはないのに
非常にいい気分で最後まで楽し続きめる心地よさ!
榎田さんの作品って、神々しい感じはしないけど
親しみやすさというか読みやすさは天下一品だなぁと思う。

1

吸血鬼マンガ家×オタク編集者

榎田さんの作品はたいがいシリーズって言っても縛りが緩いから、順番を気にせず読めるのが好きです。
このシリーズもまだ一巻しか読んでません。
家にはあるんですが、未だ積み本の山に埋もれております。
いいかげんなんとかせねば。

というわけで?吸血鬼マンガ家×オタク編集者です。
全体的にコメディトーン。所々にシリアスも入っててそこには萌えるっちゃ萌えるんですが、ちょっとどっち着かずな印象かも。

しかし、藍ががんばればがんばるほど(作品について熱く語ったり、女装&コスで奔走したり)、微妙にいたたまれない気分になるのは私がオタクだからでしょうか。

黒田の使い魔兼アシスタントの黒猫(時々人間)のケイトがかわいかったな。
うちにも一匹欲しいです。
笹かまあげるからうちにおいで!!

1

シリーズ四作目

漫画家シリーズの四作目です。
ついに人外モノが登場しました。
漫画オタクで、漫画のためなら何でもできちゃう藍は、人気漫画家の黒田瑞祥の担当になります。
その黒田瑞祥は実は吸血鬼である、という設定。
黒田瑞祥は暇つぶしに漫画を書いている。担当をいじめるのも暇つぶし。
暇つぶしで黒田にいじめられる藍は、何されようがメゲナイ。漫画のためならたとえ火の中でも水の中でも、コスプレでもセックスでも。
ただし藍はただ健気なだけじゃなく、黒田のお尻をひっぱたきながら無理やり漫画を書かせる怖い担当です。
そんな藍に少しずつ惹かれてしまう黒田。

面白かったです。
掛け合い漫才みたいな会話、テンポのいいストーリー、さすが榎田尤利さんでした。

1

センスいいタイトルと表紙絵に乾杯☆ ってカンジです。

タイトルの文字だけでも(何か面白そうなことが始まってんな~)ってカンジしますもん。
コミカルな表紙絵(ついでに私的には眼鏡もポインツ) と両者とも実に内容に合ってました。

吸血鬼な人気漫画家×その編集者です。

コミカルなだけでなくて、でも、吸血鬼独自のシニカルで退廃したようなカンジとか・・・せつなさとか。
はっきり言って、悲劇な所と喜劇な部分の配合がものすごくいいです。
って言うか、一番私がこの本でツボにはまったのって、吸血とか全体のストーリーの中での下半身エロへの持って行き方ってか繋げ方です。なんつーか・・・・・BLだから下半身エロはなくてはならなかった・・・にしろ、何かミョウに自然で、そこはかとなく吸血鬼だからこその特質と必然性と説得力まで感じちまいました☆

受けのオタクさふてぶてしさと、攻めの尊大加減がミョーにマッチしてて、キャラ的な会話とかのテンポもすごく好きです。脇のネコもグッド♪

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ