大阪ラプソディ

大阪ラプソディ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
4
評価数
1件
平均
4 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
白泉社
シリーズ
花丸ノベルズ(小説・白泉社)
発売日
価格
¥602(税抜)  ¥650(税込)
ISBN
9784592861997

あらすじ

入社早々、大阪へ行くことになった俺・井上貴雄だが、そこで待っていた直属の先輩・河野光司は、およそ見たことのない根性悪。けれど社会人一年目。見知らぬ土地での初めての一人暮し。五月病…。ハードな営業マンの日々を通して見えてきたもの。その痛み、優しさ…。自分でも気づかぬうちに、俺は彼に惹かれていて…?花丸新人賞・佳作受賞作。

表題作大阪ラプソディ

新入社員・井上貴雄
性格の悪い営業の先輩・河野光司

評価・レビューする

レビュー投稿数1

かなりクセはあるんだけど…。

やっぱりなんだか海賀作品はいいですね。
このお話は海賀さんのデビュー作だそうです。
もう14年も前の作品になりますが、なかなかステキな作品でした。

入社してすぐ、大阪支社のデキる先輩・河野の下に就くことになった井上。
デキる先輩だと聞いていたのでどんな人だろうと憧れを持ちながら対面した相手はなんととんでもない人物で。
自己中心的というか周りを気にしない、でも仕事のデキる河野。
最初はなかなかそんな河野についていけない井上だったが、次第に河野をわかりたいと思い始め…。

最初は本当にこの河野のキャラの強さにどうしたものか…と頭を痛める勢いなんですが。
それでも、次第にかわいい部分が見えてくると、もうかわいい人にしか見えなくなってくるんで不思議ですよね(笑)
いや、それでも最後までここまで個性強くしなくてもいいのに、とは思ったりもしたのですが。
まず、大阪人なんですが一人称が「わし」なんですよ。
言葉が全体的荒い人ってことみたいなんですが、普通の関西弁だったらもっとかわいかっただろうに。
あと、休みの日とか予定があって、でもその予定やその友人は言えない的な理由続きが、同人だとか。
河野、同人イベントで売り子してるらしいです…。
いわゆる、腐男子なのか?(いや、でもBLとは明記されてなかったからNLな可能性もあるよね)
何も知らない井上が「俺も連れてって下さい!」ってついて行ってゲンナリする的なエピソードが軽く語られてるんですが、この同人関係のエピソードって必要だったのかなぁと思わないでも。
ま、河野の方が井上に先に目を付けていたとしたら、そこで同性との恋愛についての反応を見るというのはあるかもしれませんが。
こういうエピソードはない方があっさりと読みやすかったかも。
とにかく、井上はそんなキテレツな先輩の意外にあどけない笑顔とかを見たせいで胸キュンな感じになって、どんどん恋に落ちていくことになるんですが。
相手が相手なもんだから、一筋縄では行かない。
告げたところで反応がなかったり。
河野に彼氏有り疑惑が浮上したり。
河野の方もその関係を認めてしまうから…。
せつないです。
井上ではなく、なんとなく河野の方が。
で、なんか河野がとりあえずかわいいんですよ。
ああ、うまく伝えられない…。
意地っ張りなところと素直な部分が共存してて。
最終的にはちょっとベッドに誘うようなところもあって、もうギュッてしたくなっちゃうくらいにかわいく感じられました。

0
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ