KISS ME テニスボーイ

kiss me tennis boy

KISS ME テニスボーイ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神8
  • 萌×23
  • 萌5
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
9
得点
69
評価数
18件
平均
3.9 / 5
神率
44.4%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
徳間書店
シリーズ
Charaコミックス(キャラコミックス・徳間書店)
発売日
価格
¥533(税抜)  ¥576(税込)
ISBN
9784199603587

あらすじ

テニス留学中の寺門要にケンカを売ってきた金髪の美少年ダニエル。数年後ーー再会した彼は全米ジュニアチャンピオンになっていた。「仲直りしよう」と余裕の笑みで手を差し出すダニエルに、要はいきなり公衆の面前でキス!?その瞬間から、男のプライドと貞操をかけたふたりの動機不純な戦いがはじまった…!!

表題作KISS ME テニスボーイ

テニスプレーヤー 寺門要
テニスプレーヤー ダニエル・ロス

その他の収録作品

  • KISS ME テニスボーイ
  • KISS ME TOO テニスボーイ
  • Christmas cactus
  • ビューティフルライフ

評価・レビューする

レビュー投稿数9

「恋愛ありき」

「あさってのジジョウ」を読んで、あまりBLらしくないストーリーに魅力を感じ、著者のいくつかの作品を読んでみた。
う~ん、今作も同じようにスポーツを取り入れているのだけど、正直、期待していた雰囲気はない。

「あさってのジジョウ」はボクシングをからませ、何となく枯れた香りがする絵と話が著者の作風に合っていた。
今作はテニス。
テニスを扱った漫画は多いので先入観があるのか、どうもピンとこない。

そうか、「あさってのジジョウ」は恋愛の前に、人間と人間とがガチに向き合い、コミュニケーションすることの意味を考えさせられる作品だった。
でも今作は、「恋愛ありき」だったせいなのかもしれない。

公衆の面前でのキスから始まり、それがエスカレートしていくと同時に、恋愛になっていく。
ボーイズラブなのだからこういう「恋愛ありき」「エロありき」で何が悪いのって感じなのだけど、私は著者にそれ以上のものを期待してしまっていたのでしょうね。

ところで、今作を読んでから、ヘンな弊害が出てきた。
ここ最近、テニスで結果を残す日本人男性が増えてきている。
そういう方々を「腐」として見て続きしまいたい衝動に駆られるのだ。

とりわけ、あの有名選手のおかげで、試合がTVで直に見ることができる。
海外選手は背が高い人が多く、彼らが握手している姿なんてもう……
って、妄想はここらへんで止めておこう。

1

ヘンタイ<一途

「聞こえない声」からさかのぼって拝読中の京山氏。
どの作品も好きですが これも大好きです。


この作家さんには「ヘンタイ」というフレーズがついて回るようですが
そうかな?
私はあまりそこは気になりません。

いつも着眼点が独特で 一途な思いに胸が熱くなります。

この作品も確かにアクションはヘンタイでも
一途な思いがあってこそ・・・・

「ステキなオレ」を好きになって欲しい!

というね。

もしかして買いかぶり過ぎているのかもしれませんが
他の作家さんとは一味違うなぁ~・・・と感心しました。


1

バカップル

ラブラブっ意味ではなく、本当にバカなカップルという意味です(^^)笑

テニス留学でダニエルにおちょくられ、ムカつきながらもドキドキして日本に帰った要。
数年後、2人は再会。要はたぶん何かを確認したかったんだと思うんだけどいきなりダニエルにキスしてしまう。
その後、ダニエルのホテル部屋に忍び込んで、またキスをし満足して帰って行く要。

身の危険?を感じたダニエルは、要が試合に負けたらキス禁止と提案。
要も承諾し、キスをかけた試合が始まる。

試合中は要の変態目線が面白すぎる(^^)!!
サーブを打つ時にお腹が見えたり、おしりをプリっとするダニエルに終始興奮している要が面白すぎてかわいい笑

結果負けるがそれが火種となって1年後要は成長してリベンジを果たす!!
この成長もはたからみるとダニエルがいいライバルになってるように見えるが、要はダニエルとのキスの為に1年間猛特訓をしたのである!!!笑

この勝負に勝利した要は、次は乳首なめを提案!
次は乳首をかけた戦いへ入るw

乳首への執念wで1発勝ちした要。
2人は会うたびキス、ちくびというそれなりの関係続きだが、なぜか要は先へ進めない。
勝負に勝たなきゃ進められない変なこだわりのせいで混乱なダニエル。
ダニエルも変態要から貞操の危機を守らなければと頑張っていたが次第に要を求める様になり、勝負をして要を勝たし先へ進めようとするが勝ってしまって落ち込んだりとこの子もおバカ笑


もう、諦めて先を許すダニエルに何故か勝ってから!とこだわる要のバカップルは、駆け引きもなく終始ちちくりあって、悩んでます。笑


スポ根マンガの様に試合に勝ったらとかではなく、カッコ悪い?最後だったのですが、それはそれでこの2人らしいと思います。

0

少女漫画系

これはすごく面白かったと思う。((´∀`+*))
少女漫画よりは、ぜんぜんエッチだけど、
そういう感覚で楽しめるお話とキャラクターでした。

大きくなった寺門要くんは、行動が奇想天外的でおもしろくて笑えた。
ハチャメチャ(←死語かな)なのに誠実さと愛はしっかり伝わってくる。
面白くて良いキャラクターだった。

そんな彼に振り回されぎみの
ダニエルは可愛いかった。二人のやりとりは可笑しいし
適度にエチで読みやすい。おすすめ。

0

結構、一途です

「勝ったら、キスをさせてくれ」
子供のころにイジラレた相手に何故かドキドキし、そのまま高校生になってしまった要。
そんなことになるとはつゆ知らぬ、イジッたダニエル。
時を経て対戦することになったとき、要は上記の言葉をダニエルに伝え、結果は要の勝ち!
それ以降、ダニエルも要を意識するようになるわけですが、要求もキスの次は”乳首を舐めたい”に… 

ダニエルがそれ以上の行為・関係に進むことを了解しているのに、要には要なりの拘りがあって、頑として関係が進まないのですが、要の拘りが何なのかそれをダニエルが理解するまで、読んでいる自分も非常にやきもきしました。
無事に最終段階まで進むのですが、そのあとのオチに意外性があり、笑ってしまいました。

要がダニエルに対して結構ねっちりと絡んでいるのに、読後感は非常に気持ちのいい清涼感に溢れていました^^b

1

変態スポ根コメディ

「見えない星」からのシリーズが、リリカルでシリアスだったのに対し、
この作品は、コミカルでシュール?

試合に勝てたらキスしてもいい。
試合に勝ったら、今度は乳首を舐めたい
寺門要17歳、彼には彼なりの、矜持や信念があるようですが、
自分だけの行動原理で動いているので、ダニエルは翻弄されっぱなしです。
試合に勝つまでは、絶対に、キスと、乳首を舐めるところまで、
こんな関係が続いているうちに、ダニエルの方は、試合の勝ち負けはもう関係無しに、どうにかして欲しいと、切れてしまうのですが

京山さんの絵は、すっきりと省略が効き過ぎて、かなりエロいことをしていても、ちっとも汁っぽくならないのですが、この、ざっくりした、細いからだが、エロく見えないこともない。
無茶でシュールなストーリー、たまにはこんなのも楽しいかも。

1

KISS ME ヘンタイボーイに爆笑

萌萌萌。(MAX:萌萌萌:神に近い)
日本人テニスプレイヤーで純情変態・要×全米ジュニアチャンピオン美形天才プレイヤー・ダニエル
愛してやまないマンガです。
主人公二人のおかしなやり取りが、こっちの変なツボを押してきます。笑いたい時にそっとお勧めしたいそんな1冊です。

ナチュラルに変態、純情で一途で律儀で頑固で真面目な変態、そんな素敵な(?)テニスボーイ要(かなめ)が、12歳の時に出会ったテニス界の若手スター選手のダニエルに再会、そして恋の相手にロックオン。
テニスの試合に勝ったらキスぷりーず!とアタック開始です。

なにが面白いって、要の変態さと律儀さの妙が奏でるおかしなキャラクターです。
見事勝利を収めてキスを獲得、次の要求は「乳首をなめさせてくれ」ですからね。大真面目です。真剣なんですいつでも彼は。
そして乳首舐め権利をゲットする頃にはダニエルもなんだかんだで要に惹かれていてくっつくのも秒読み段階…な筈が要の律儀さ故に乳首までの関係。
どんなに盛り上がっても約束通り乳首を舐めて去っていく要…もはやどっちが我慢してるのか分からない状況にダニエル君は疲労困憊…続き
だー、もう面白すぎます京山さん!
ヘンな子を描かせたらうまいなあ~愛しいよ。

これだけフェチ臭濃厚なのに、青春してるんです二人とも。
笑いの中に、甘酸っぱい切なさも注入してきて侮るなかれの京山テクニック。
(恋愛以外にも)一生懸命になれるモノがあるっているっていうのは素敵ですし、全力を尽くす頑張りや時には悩む姿さえ格好良いですよね。
そこに恋愛をきちんと絡めてて……そしてなにゆえヘンタイラブコメディが出来上がるのかは謎ですが。笑

野球少年の先輩&ゲジ眉の本だけしか読んだことのない方!
こっちも面白いですよ~読んじゃえばいいと思う。

2

焦らして焦らして焦らしまくる

絵的に苦手だな~と思ってたんですが、完全に読まず嫌いでした。
最終的には、コレまでに無い読後感が味わえます。
コミカルなタッチで、笑いを含め色んな気持ちにさせて頂きました。

今回の話は、テニスプレーヤーな二人の関係を描きます。

攻は、小さい頃に出会って、イタズラされた記憶が未だ忘れられません。
ずっと彼のことを追っていたんです。
そんな折、成長した攻の前にあのときの少年が現れます。
どうにかして彼に触れたい・・・
賭けに出た攻は・・・!?

という感じですね。

好きな相手に興奮しまくり、強引に唇を奪い。
アタックする攻。
でも、「勝ったら、触らせてやる」と条件をつけられます。

次第に、お互いに勝負にムキになっていきます。
しかし、許されてるところまでしか触れてこない攻。
触れろといっても触れてこない。
触れてくれ!と言っても触れてこない。

この作品はとにかく【 焦らし 】な作品です。
読者としても、「もういいだろ!」「そろそろだろ!」「まだか!」
この、なんともいえない焦らしかんが楽しかったです。
いい加減、焦らされすぎて笑続きえてくるくらいに。

アタックされつづけて、こんどは受の方が本気になってしまうという流れもいいです。
攻が無自覚なのもまた良し゚+。:.゚(*´I`*)゚.:。+゚
「チクビ」
読み終わってから暫らく頭を離れませんでしたww
チクビ(笑

3

笑える

ミリオンの時の「聞こえない声」のイメージと最初の出だしの雰囲気で、ライバルに負けたくなくてテニスをすんごい頑張って公私ともどもライバルみたいになる、ちょっとシリアステイストのスポコン漫画的なものを想像して読んだのですが思ったものと全く違っていて笑えました(笑)

面白かったけど、正直言ってなんて書いていいかわからん……と言うのが嘘いつわりの無い気持ちです…みたいな?

子供の頃テニス留学をしていたときの相手と再会してからの話が主流なんですが、ココでまず、子供の頃の要と高校生になってからの要から受ける印象にかなりのギャップがあるのがおかしい。

最初に出てくる12歳の頃の要はマジメそうな普通の男の子って感じなのに、高校生の要はどこか一本ねじ外れた変人さんみたいなんですよね(笑)

要の方は留学中のたった一度だけのかかわりがダニエルと会わなかった5年の間にも忘れられない事で、いつかダニエルをテニスで打ち負かしてやろうと思ってずっと頑張ってきたんだと思うんですけれど、で…なんで再会していきなりキスなんだい?要??^^;)

その後もあまりしつこく迫ってくるもので、ダニエ続きルは「テニスに勝ったら俺にキスしてもいい」なんて言っちゃうんですよね(笑)

そんなんだから要はダニエルと純粋にテニスの試合がしたいようにはとても見えなくてもろ不純な動機でダニエルと戦っているものだから強いのは強いのだろけど隙だらけなんだろうな~(笑)

試合最中に鬼気迫るものがあっても、ある意味すっごい頑張っているんですけど、その意気込みの向け先はちょっと間違ってません?ってな感じでなんす(笑)

動機が不純でかつ理由がそれなのに、ダニエルが次第にその気になって要に迫りだすと、とたんに逃げ腰になっちゃったり。勝たないでするのは要にとっては反則なんでしょうね、ダニエルが積極的になればなるほど、今度は要が引いちゃったりしてなかなか先にすすまないんですよ(笑)

どうしてそんなに勝ちに拘るのかって言うのが、ラストの方でわかるんですけどそれもまたちょっとおかしくて笑ってしまいました、見かけだけは大人の大きな子どもみたいな要。そんな要に振り回されるダニエル、ペースを狂わされてイライラしてもその一本気なところに時に何かを気付かされたりもして……。

結局のところ2人にとって、一番重要なのは勝ち負けじゃないって事なんでしょうね~。

それにしても、この人の絵で外人さんとかハンサムボーイはかなり無理がある~

過去3年間BL作品を読んで偏りがあるとは言えイロイロな漫画を見てきましたが、これだけ色っぽくないエロシーン始めてみたかもしれんです… (≧∀≦)

…それがまたいいのかもしれないけどね(笑)

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ