情熱革命

jounetsu kakumei

情熱革命
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌4
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
16
評価数
5件
平均
3.2 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
コアマガジン
シリーズ
drapコミックス(ドラコミックス・コアマガジン)
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784862522184

あらすじ

豪徳寺の悩みは、興奮すると暴走してしまう事。Hしようものなら、愛する恋人・喜多見を壊しかねない! 欲情する心を必死に自制していたが、ある晩、喜多見からHしたいと告白されて!? モテリーマンに愛の緊急事態発生!!!

表題作情熱革命

豪徳寺篤 会社員 27
喜多見爽市 会社員 28

同時収録作品虹色レコード

山本健太郎 フリーター 19才
桜井隆 CDショップ販売員 26才

同時収録作品はじまりの詩

村上基 作家 28才
本間栄治 大学生 21才

同時収録作品マユツバ AFTER SCHOOL 前編/後編

右左優作 塾長
阿相國光 高校生 17才

その他の収録作品

  • 続・情熱革命
  • おまけ4コマ
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数3

この作品の破壊力w


強すぎでしょ!ギャップありすぎてびっくりしました(笑)

数ページ目で表紙とあらすじを何度も見返しちゃいました(^ω^;ゞ
少年漫画のような、破壊力のあるギャグでしたw

アングルとかの位置も面白いです!
そしてね。逸物が黒々していてかなり立派です(笑)
陰毛をちゃんとあります!

いや、本当に色んな意味で破壊力ハンパないです!
表紙からは想像出来ない。
あっ、その笑顔に裏があるよ~って、事でしょうか(^^;)(;^^)

緑山ヨウコ先生の作品、初読みですけど、この絵で雄っぱいと乳首責を読んでみたいです!

0

やりすぎ感が多少無きにしも非ずのような気はしますが

初読み作家さんです。
この単行本が初コミックスだそうです。
表題作が面白かったので、評価迷ったんですがおまけで萌にしました。
表題作はリーマンもので、攻め様が普段は男前で仕事も出来る男なんですが、Hになると暴走が止まらないという設定。
その暴走ぶりがかなり極端で、ちょっと私にとってはやりすぎかな~?という感じがしなくはなかったんですが、完全なギャグ物として読むなら面白かったです。

他に同時収録作品で3組のカップルの作品が収録されているのですが、この同時収録作品はどれもいま一つでした。
キャラが好きになれなかった作品ばかりで、表題作以外は「中立」位の萌え度でした。
お話のテーマがちょっと地味に感じたのもあるかな…。

ラストに収録されている、各お話のそれぞれのキャラの4コマ漫画は面白かったです。

0

暴走がとまらない表題作ほか、テーマはまさに情熱。

情熱革命
豪徳寺は一見クールに見えるが実はリミッター壊れるといきなり暴走を始める危ないリーマン。
どちらかというと大人しい目の同僚、喜多見に萌える度に鼻血は吹くわ後ろに炎は上がるわのとんでもない愛情表現を見せるのに逐一笑わされました。
最後に物凄く暑苦しいエロシーンがあるのにエロさを感じなかったのは何故なんだろう。

虹色レコード
山本健太郎(アルバイト)×桜井隆(販売員の社員)
好きなバンドのことになると暴走する熱い子、隆が目をかけてるアルバイトとはすでに恋人同士。
社員になってほしいということで教育とか同じところで働きたいとかそういう意味合いで熱く愛を語っていくと逆に嫉妬されて・・・という感じ。

はじめての詩
クーデレな作家、村上×大学の同級生(とはいえ7つも離れてる)本間
いっしょに暮らしてたのに振り向いてもくれない村上に絶望して家を飛び出した・・・
から始まるストーリー。
結論はおそらく誰にでも予想できる流れなので余りインパクトはなかったかな。

マユツバAFTERSCHOOL
劣等生ばっかりいる学習塾の右左優作×サッカーバカの高校生、阿相国続き
攻めがツンデレで不真面目、受けが意地っ張りでよく最終的にゴールできたなと思わされました。
それがゆえにストーリーの展開としてはなかなか面白いものが。
強姦まがいにやられちゃったのにそこから変に負けん気を出して課題にまじめに取り組むことによりデレを引っ張り出し、そこからほれ込んでいく・・・とは見事な雪だるま式のラブ成立だなと思いました。

総評としては短編もとにかく愛し方の熱量が非常に高い!(怒りスタートもありますが)
あと、全般的にかなりご立派なモノの書き方をしているのにもかかわらず
エロ箇所の修正がまったくと言っていいほどないんですよね。
ピアスのような「エロありき」のシリーズでない割にはなかなか大胆な表現です。

のんびり読む本じゃあないと思います。
表紙の美麗さのイメージから出てくる萌える、というより燃える本かもなー。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ