官能小説家の猫

官能小説家の猫
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌8
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
7
得点
24
評価数
8件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
バーズコミックス・リンクスコレクション(コミック・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥590(税抜)  ¥637(税込)
ISBN
9784344811287

あらすじ

親とケンカし、家を飛び出した影山陽は、下品で自分勝手な小説家の八雲薫に拾われた。だが陽は居候させてもらう代わりに、身体を差し出すことになって――!?

表題作官能小説家の猫

矢雲薫,官能小説家,29歳
影山陽,学生

同時収録作品エピキュリアンカフェにようこそ

桃地,チーフギャルソン
快晴,祖父のカフェを継いでオーナー

同時収録作品年上の彼の落とし方

榎本晶,兄の友人で弁護士,35歳
斉藤道隆,弁護士志望,25歳

同時収録作品レスキューミー1・2・3

南,不眠症の小説家
佐倉,南担当の編集者

その他の収録作品

  • 恋愛小説家は猫

評価・レビューする

レビュー投稿数7

猫はどっち?

3カップルの5作品が収録されています。

「官能小説家の猫」「恋愛小説家は猫」
陽(受け)は家出して倒れていたのを、八雲(攻め)に拾ってもらいます。八雲の家には猫がたくさんいますが、「出てきたければ出て行くヤツらだ」と猫を可愛がっている様子はありません。陽も猫と同じセリフを言われ、ショックで家を飛び出しますが…。

陽は、自分は猫じゃない、と八雲に文句を言いますが、八雲こそが気まぐれで気分屋、そのくせ寂しがりと猫っぽいと思いました。キスの後の舌が色っぽかったです。

「エピキュリアンカフェにようこそ」
カッコイイかと思ったら実は残念な年上ギャルソンと、ワガママ坊ちゃんかと思ったら意外と面白い年下受けの話でした。

「年上の彼の落とし方」
普段は強気なのに押しに弱い年上弁護士と、押せ押せの年下弁護士志望生の話です。エッチのとき、落としたメガネが途中でかけていたのは気にしてはいけないと思っています。

「レスキューミー」全3話
不眠症の小説家を、担当編集者が助けてあげる話です。男の膝枕って固そうで寝にくそうだなぁと思いました。もっとシリアスにもめるかと思ったら意続き外とそうでもなかったです。

年上攻めの作品郡でした。
私は長髪が髪をまとめている髪型が好きなので、薫と道隆の外見は好みだったので読んでいて楽しかったです。
表紙折り返しにある作者近影のイラストに大爆笑でした。
軽い雰囲気なので、さっくり読むのに良い作品だと思います。

0

和服が素敵

懲りずに猫という文字が入っているだけで
買ってしまう作品の1つです

小説家が住んでいる家は
日本和風家で、先生は和服を着ている

これだけで結構そそります。
雨の日に番傘
素敵です

猫をひろうがごとく雨の日に
青年をひろいます
体の関係を先にもちながら生活をしていくなかで

恋していることに気がつく
結果はハッピーエンドでした

猫と俺はおなじかよ!的な葛藤がありますが
先生は猫を大切にしているのはわかりますし
大事だからこそ束縛をしないのだと
思います
怖いということでもありますが

表題の作品はとても良かったです
猫というタイトルがついてなければ
出会えなかったので
ラッキーでした

他の作品はの1つ
レスキューミーは、全く好みじゃなく
何度読んでもだめでした
見方をかえれば、違うのかもしれませんが
タイトルだけでかなり読む気をなくしました

0

俺様デレ?

フェア中で帯コピーはありませんでした、くすん……。

表題作他短編集。

表題作は家出をした陽〔受〕は小説家の八雲に拾われ、そして半年。
身勝手で俺様な八雲と、猫屋敷とも呼ばれる程に居ついている猫の世話が陽の仕事。
時折、八雲に好き勝手に抱かれながらも何となく彼の元に居る陽。
この八雲がですね、俺様で身勝手なんですがちょこっとだけ見せるデレがたまらなく可愛いのです。
ツンデレとも違う、えーと俺様デレ??
「出て行きたかったら出て行けばいい」はつまり居たかったら居てもいいって事なんですよねー、んもう素直にそう言えばいいのにって感じです。
自分をモデルに官能小説を書かれてプンスカしてる陽も可愛い。

「レスキューミー」この連作は表題作でちらっと登場した編集者佐倉と、小説家・南。
南は極度の不眠症で他人が傍に居ないと寝られない。
そのせいで佐倉は南に付き合って、添い寝する羽目になるのですが仕事の事もありますがそれとは別にどこかで彼を突き放せないでいる。
しかしこれ、佐倉受だったのはちと意外でした。これは嬉しいサプライズ。

1

ツンデレが一杯

表題作の攻めが超オレ様、我侭、気分屋、いじわるで全然好きになれなかったんですが、これって受けにそれだけ甘えてるってことだよね?ということに気づいてからは可愛く見えてしまった。
天邪鬼なところが不器用で意地っ張りな性格をよく表してる。
苦労しそうな受けに同情してしまいました(笑)。

あと気に入ったのは年下攻めの「年上の彼の落とし方」。
これも受けがなかなか落ちそうにないツンデレなんですが、攻めの一途さを拒否できない。
可愛いワンコ攻めがよかったです。

1

これはいいツンデレ

表題作の攻めがツンデレです。これがいいツンデレってもんだー!と思いました。デレてるとき以外は殺したいほど憎らしい、でも憎めない。俺様男のめったにないデレに萌え。「おまえ俺がうんこ食えっつったら食うのかよ?」からはじまる攻めの言動が可愛すぎる。
受けも難儀な男に惚れたもんだ。
ちなみにこれ、どっちも猫なんだね。猫な性格の攻めと、攻めの飼い猫みたいな受けと。

『エピキュリアンカフェにようこそ』
こちらも攻めがすさまじいツンデレ!
「酔ったら男を襲い、襲った男と寝てしまう、そして寝た男を好きになってしまう」という性癖の攻めです。
受けがまたいい性格してるんだわ。それまで厳しくてウザかった相手が自分に惚れたとわかって、からかいにかかる。まあ最終的に返り討ちにあうわけですが、そこも「まあそうなるわな!」とニヤニヤしちゃう。
ユーモアがあって萌えもある。ツンとデレに落差があるのがいい。

『年上の彼の落とし方』
受けがこれまたいいツンデレ。
もう陥落してる!と思いました。

『レスキューミー』
これは受けがツンデレかな。
編集者受けが文句を言いながら作家攻めの面倒を見るうちに好きになったパターン続き
キス萌えな作品でもありました。

どの作品も面白かったです。

1

読み応え○

収録されてるお話が半分リンクしていることもあって読み応えも○
この人の作品って長髪が良く出てくるけど、嫌いじゃないです。
耳の後ろで髪を結わいてる姿って好きです。

「エピキュリアンカフェにようこそ」
ヘタレなギャルソン兼教育係の攻が一生懸命で可愛いです!

「レスキューミー」
添い寝がないと眠れない作家と担当編集のお話。
これまた甘えるオヤジ(でもないのかな?)が可愛い。
ダメダメなくせに以外と策略家!?
いたした後日、「今度僕がやらしたげるから」って言ってます。
そっち(リバ)も読んでみたかったですー。

1

性悪攻め

表題作は、家を飛び出した主人公が官能小説家に拾われるという話。
でも家に置いてやる代わりに主人公は小説家にエッチなことをされてしまいます。
最初、主人公は'官能'小説家と知らず、たまたま見た原稿にはなんと自分としたエチのことが書かれていましたwそれがバレても動じない攻め。というかむしろ小説のネタが増えて喜んでますw
攻めが勝手というか俺様というかw
「出て行きたきゃ出てけ」と受けに言ってしまい、本当に受けが出て行こうとしたとき「出て行きたきゃ」を強調して言っていて、ほんとは出ていってほしくないんだなあと微笑ましくなりましたw実はツンデレな攻め?w
描き下ろしで、攻めが受けを抱きしめて寝てるのには萌えました!気まぐれで、でも甘えていて猫みたいだなあと思いましたw相変わらず性格は勝手ですがw

表題作以外には『レスキューミー』がよかったです!
表題作で攻めの原稿を取りにきた編集者の佐倉さんのお話し。
佐倉さんが担当する南先生は不眠症で佐倉さんがいないと眠れない体質です。
佐倉さんより年上なのに1人じゃなにもできず佐倉さんに甘えてばかりの南先生が可愛かったですwそんな南先続き生は攻めでしたがw

全体的にはツンデレが多かったかなあと思いましたw

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ