ロマンスの黙秘権3(表題作 you send me love)

romance no mokuhiken

ロマンスの黙秘権3(表題作 you send me love)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神11
  • 萌×21
  • 萌7
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
7
得点
80
評価数
19件
平均
4.2 / 5
神率
57.9%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
新書館
シリーズ
ディアプラス文庫(小説・新書館)
発売日
価格
¥560(税抜)  
ISBN
9784403521706

あらすじ

相変わらず貧乏暇なしながら公私ともに充実した日々を送る准己と啓。
ある日事務所に、典型的な多重債務者が相談に訪れる。
手間ばかりかかり回収の利きそうもない依頼を受けるか否か。
言い争いは口論になり、お互い決定的な一言を口にしてしまう。
先に惚れた弱みからこれまで常に折れてきた准己だが、今度ばかりは折れたくない。
啓の態度も頑なで初めての深刻な喧嘩は予想外に尾を引き…?弁護士シリーズ完結。


表題作ロマンスの黙秘権3(表題作 you send me love)

深見准己,リアリスト弁護士
早瀬啓,人情家弁護士

同時収録作品siesta

深見准己
早瀬啓

その他の収録作品

  • (表題作なし)
  • you send me love
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数7

うえだ先生を尊敬します

これだけ完成された作品を生み出すのに、先生がどれほど細心の注意をはらい、大変な努力をされたのかと想像すると、感謝と感動の気持ちでいっぱいになります。

文章でも内容でも、ひっかかったり、つまったりするところが全くなく、もちろん先生のご苦労のあとなど、どこにも表れていません。
読んでいる間中、心置きなく物語に没頭できました。

必ず楽しませてもらえるという安心感のもとでの読書は、とても幸せな経験でした。






1

3巻と同人誌もまとめた感想です

表紙の乙女チックな感じに敬遠して積んでました。
読んで見ると、弁護士ものとしても恋愛ものとしても読み応えあって、なんでもっと早く読んどかなかったか(よくある
傲岸不遜で合理主義の准己と、温厚篤実だけど頑固な啓。
二人のまったくタイプの違う弁護士が、下町の小さな事務所で様々な案件を扱う。
それだけでもかなり面白かったけど、反発しあう二人が互いに認め、歩み寄る流れも読んでいて楽しかった!
両者の視点で読ませてもらえるので、どれほど相手のことを想っているかがよくわかり、恋愛面でも大変おいしゅうございました。
准己は啓のことをよくわかっていながらも、惚れた弱みもあって不安に駆られるのに対し、ド天然な啓は相手の気持ちを考えずにぐるぐるしながら自己完結してしまうタイプ。
完璧に見える優秀弁護士の准己が、啓にはどこまでも弱いってのも、このお話の良いところでした。
3巻もあるのに、まったくだれることも飽きることもなく、いつまでもこの二人の仕事ぶりを見ていたかった。
というわけで、同人誌3冊も読ませていただいたのですが…こんな分厚いのなら4巻5巻と出せばよかったのに…。
商業誌では、続きここまで事件ガッツリなのはあまりウケないものなのかもしれませんね。
けっこう重たい内容で面白かったので、BLということを忘れそうになりながら、没頭して読みました。
…これ同人誌にしとくのもったいないなあ。

3巻の最後に、准己が啓のお母さんに「息子さんをください」と挨拶に行くだろうこれ絶対と思っていたのに、それはなく。
そこだけがとても残念だったのですが、同人誌でそれもちゃんと用意されていましたよヤター。
時々ありますよね。同人誌を読んでこその完結本。
もっと多くの方に、この素晴らしいラストを読んでいただきたいなあ。

2

『お仕事BL』でもここまで楽しめるんだ、というのを教えてもらったシリーズでした。

あ~、やっぱり好きだ、このシリーズ。私が珍しく、本来は苦手と言える『お仕事BL』でお気に入りの作品です。3部作通して、ホントにお仕事描写多いですね。

もうシリーズ開始から、メインの2人(准己×啓)は、『対立』と言って差し支えないほど、弁護士としてのスタンスも何もかもが違っているわけですが、それでもお互いを尊重して行こうとするところがいいなあ、と。実際には難しいと思いますよ。作中もかなり衝突してましたから。

終盤、准己が刺されて~のシーン、『瀕死の状態』だからこそのあの本音合戦(?)だったわけですが、あとになったら全然『瀕死』じゃなかった・・・という。我に返って思い出したら恥ずかしいよね、うん。

弁護士(法曹)ものって、BLに限ったことではないですが、どうしても派手な事件に偏りがちなんですよね。ストーリーを盛り上げるのにそれがふさわしいのはもちろんわかるし、別に否定する気もないですが、このシリーズで扱っているなんとも地味~な小さな案件でも、ここまで『ドラマ』になり得るんだ(しかもラブも忘れてないし!)と、目から鱗でしたよ。

ホントに、このシリーズ大好きです続き。今までに何回も読み返しましたが、これからもまた読むんだろうな~。

いやもう、これで終わりなのがもったいないくらいです。同人誌では続き(よくある『番外編』ではなく、まさに『続編』。分厚さに驚いた)は出てるんですが。この同人誌がすごく出来がいいです。十分、商業で出せるレベルだと思う(レベルの問題じゃなく、作家さんいわく最初から商業は3部作構想だったので、同人誌に回したそうですが)。

3

すごく面白い作品!もっとたくさんの人に読んで欲しい!

CD化されることをきっかけに1~3巻まで一気に読みました。
連続物って、途中で長いよ・・とくじけることもあるんですが、これは最後までスピード感を失わずに読めました。
弁護士で活躍する人間ドラマを中心にしながら、しっかりと恋愛の心情表現もなされていて、本当に良作!!もっとたくさんの人に読んで欲しいー!!

今回は、いまいち啓に対して自信が持てなかった准己がついにキレテ、でも事件を通してまた一歩近づく・・というもの。
視点が受けと攻め、交互に変わるので、お互いの心理がわかって楽しかったです。
いつもはクールに見せてる准己が、実は啓にだけは弱いという部分をさらけだすのも良かった~普段いい男が崩れる様は本当に読んでいて楽しい^^
ますますうえださんのファンになりました。

1

弁護士事務所BL

・シリーズ3作目
・多重債務者現る。
・この人物を巡って、2人の関係に少々変化が。
・意地っ張りにしか見えないが。
・多重債務者の責任能力のなさが、ものすごくよく書けてるw
・後半、まさかの事件に。
・なんとか関係修復。
・この巻で完結というのは惜しい。もう少し2人のお話が読みたかったなという
印象。

総評
1~3まで全く質が落ちていません。
じっくりしっかり読ませてくれる内容で、仕事をがんばる主役たちと
いうのは萌えますね。
そしてラブの方も十分に堪能できます。
お似合いな2人ですね。続編があったらまた読みたいくらいでした。

1

もったいない

これで終わりなんて、もったいない。
よくある2時間推理ドラマっぽいBLとしては、よくできてると思うので、もっと続けてほしかった。

1

シリーズ最終巻です

1巻は深見・2巻は早瀬視点で語られましたが。今回は二人視点です。
恋と仕事に充実した日々を送っている早瀬と深見の元に、
多重債務者が相談に現れます。

だらしない依頼者で報酬も見込めない可能性が高い依頼者。
この依頼を受けるか否か。早瀬と深見は当然の如く、ぶつかります。
この対立は二人の恋にも影を落とします。
今までの諍いでは、先に惚れた弱みで折れてきた深見が、
今度ばかりは折れたくない様子。
そんな深見に戸惑いつつも、頑なな態度を崩せない早瀬。
どんどん深刻化してゆく二人の対立に、ドキドキはらはらです。

早瀬と深見の長所と短所を指摘し、
二人が一緒に仕事をする事の良さを語った田上先生は、さすが年の功!
そんな田上の言葉に励まされ、早瀬は深見の関係をもう一歩進めようと思った矢先!
とんでもない事件が!
この辺りはもう、うえだ先生がやりたかったと仰る
『2時間サスペンスドラマ』っぽさが良く出ていると思いました(笑)
お互いに良い方向に成長し、それが仕事にも活かせる二人の恋が素敵です。

巻末の『siesta』では、やっと深見の喜ばせ方を理解してき続きた早瀬。
何だか早瀬の手のひらで転がされているような気もしない深見に萌えます(笑)

ちなみにこのシリーズの番外編が、ブ厚い同人誌で発売されています。
早瀬と深見の仕事と恋をガッツリ楽しめて、同人誌もオススメですよ。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ