悪態は吐息とまざりあう (新装版)

akutai wa toiki to mazariau

恶言随香而响

悪態は吐息とまざりあう (新装版)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×22
  • 萌9
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
8
得点
45
評価数
13件
平均
3.5 / 5
神率
15.4%
著者
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイコミックス~BE×BOYCOMICS~(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥571(税抜)  ¥617(税込)
ISBN
9784862632678

あらすじ

「騙すな。脅かすな。手錠でつなげるな。犯罪行為は全般禁止。」営業マンの夏目と大学生の冬時を結ぶのはそんな契約。ストーキング&手錠による拘束という犯罪まがいな行為からスタートした恋の行方は!? 夏目と冬時のスペシャル番外描き下ろしもアリ!

表題作悪態は吐息とまざりあう (新装版)

ワンコなストーカー大学生 吉武冬時
強気なオレ様リーマン 夏目洸佑

その他の収録作品

  • 来訪者は悪態にまみれる
  • 悪態は渇望をまぎらわす
  • 誕生日は悪態に彩られる
  • 悪態は耳もとをかすめる
  • 冬時と蒼夜
  • 俺んちの合鍵
  • 夏目と冬時

評価・レビューする

レビュー投稿数8

ストーカー物だけど、大丈夫!戦慄系では全くありません!

富士山先生の作品の中で、まだ読んでいない作品の1つでした。
あらすじも何も知らなかった時には、「悪態・・・」というタイトルから、なんとなくシリアスとかバイオレンスな話・・・と勝手に思い込んでいて、なんとなく敬遠してしまい機会を逸していたんです。
でも、先日ようやく読むに至りました。

ページを開いてみて、どうやらノリは重くなさそう・・・と感じ、でも、「え?ストーカー?」と一瞬戸惑いつつも、深刻さや怖さ、犯罪感はなくて、(むしろ、夏目さん(受け様)、結構な状況だけどこんなにほのぼのしてていいの?!なんて、突っ込みを入れてしまうぐらい)、一気にお話に引き込まれていきました。
夏目さんが他の人を部屋に入れると聞いて嫉妬した時の冬時はまあ若干常軌を逸した感じはあるのですが、いわゆる本気のストーカー物のような怖さはないので、戦慄系が苦手な人(まさに私は戦慄系が苦手)でも大丈夫だと思います。

謎の多い冬時だし、夏目さんの切ない過去のお話なんかもあって、ただただ面白コメディーっていうわけでもないのですが、当の2人がお約束的なノリツッコミを展開してくれるので、暗い気持ちにならずに読み終続きえられます。

0

うゎ…気づけば流されてたよ…

汚部屋住人の普通にサエないリーマンが、
汚部屋掃除をきっかけに、とあるヘンな大学生にストーキングされ…
なんだかんだで、付き合うことになるというお話。
でもね…いくらなんでも最初が悪すぎるでしょ!
掃除を頼んだ掃除屋さんの中に、ストーカー大学生が混じってて、
「仕事時に携帯を置き忘れた」みたいな理由で、易々と自宅に侵入して(怖)
手錠をかけて自宅監禁して、脅して強引に交際を迫るって…。
世の中、危険に満ちてるなぁ~と、読者までもが改めて思う。
危険どころじゃなく、立派に犯罪なんだけどね。
でもね…いくらなんでも、これってアリなのか?!
そのストーカー学生と、極限状態でなんとか冷静に交渉するのは、まだわかるけど、
条件呑んで「おつきあいの契約書」なんぞに真面目にサインして、
そのまま出入りを許したあげく、ついには肉体関係まで。。。
一般人とストーカー、これって完全にストーカーの勝利…ってことだよね。
人間として、こういう展開ってどうなのよ???
別にストックホルム症候群というわけでもなく、
受様・リーマンも、しっかりほだされているらしい。
と…ここまで聞続きけば、ドロドロのヤンデレ系の愛憎劇を想像するでしょ?
でも、そうはならないのが富士山マジックなんである。
実は展開は非常に不自然なのに、描写が自然すぎるからどうしようもない(驚)
とにかく、ふとした場面の描写が、これでもかというほど丁寧なんである。
だから不自然なはずのお話が、ものすご~くナチュラルに読めてしまう。
だって絵柄も情景も、ほのぼのとした日常感に満ちているから。
一生懸命相手の事思ってたら、いつかは好きになってくれる…ってのは、
いつの世もストーカー達の言い分です。
で…結局、心もカラダも手に入れて、ストーカーが勝利しちゃった。
これでいいのか?と、やっぱり思う。
でも読んでるうちに、ま…これでもいいよね、本人達が良ければ…と思ってしまう。
眼が慣れてくるって、改めてコワいと思った。
このもやもやっとした読後感、続編で回収してくれるよね?


1

悪態シリーズ!

いきなり、ストーキング&手錠で拘束!
その上の監禁⁉
余りにも意表をつく始まり方に、ひょうた先生どうしちゃったんですか???と思ったものです(笑)
でも、さすがはひょうた作品‼
恋心に揺れる心情を描かせたらピカイチ♡
どう見ても非日常的な展開のお話なのに、普通に馴染んでいってしまうひょうたマジックにはあっぱれです。
驚きのスタートから、キャラがどんどん互いを理解していく様子、惹かれあっていく様子にドキドキさせられました。

ワンコな大学生•冬時 × ツンツンなサラリーマン•夏目の年の差&年下攻もの。

便利屋のバイトをしてた大学生の冬時と、部屋の掃除を依頼した夏目。
なぜか冬時に気に入られ、一目惚れしたんだと、犯罪まがいの強引さで口説かれてしまいます。
ストーキング&手錠による拘束という犯罪まがいな行為からスタートした恋の行方は!?

冬時は、強引で一途で甘ったれな年下くんで…
夏目は、嫌々いいながらも、結局振り回されて、冬時が気になってしまう年上さんと‼
BL年下攻めの醍醐味のポイントを押さえられているから面白いんです。

冬時は
『夏目さんは絶続き対オレのことが必要になるハズ』
と、根拠もない自信を見せつけて…
夏目は、取り乱して、警察に突き出してもおかしくない展開なのに、冷静に対処して、何故か冬時の訳の分からない、恋人ごっこのような契約書にサインしてしまい…契約上の恋人として付き合い始める2人‼

人が良過ぎ…寛大過ぎでしょう夏目さんって感じなんですけど‼
振り回されてそうで、結構自分を見失わないで、いいたい放題、やりたい放題の夏目。
結構冷静なツンツンタイプ‼
でも、ワンコのような冬時にお願いされてしまうと、ほんの少し流されちゃったりもして…
色気がなさ過ぎる受様っぽいのに、どんどん冬時に絆されて色っぽくなって見えてくるところが萌でした♡

冬時は、強引でずる賢くて抜け目がないタイプ。
夏目の都合お構いなしで、夏目の部屋に通うわ、同僚に従兄弟にまで嫉妬心剥き出しにするわ…好きという気持ちだけで突っ走ってきます。
でも、逆に夏目の態度一つで、落ち込んだり、喜んだりと、そんなところは、年下ワンコらしさが現れていて可愛くみえてきます。

前の会社の同僚に恋心を感じてた夏目ってゲイだったのか⁉
冬時が、一目惚れする程に夏目に惹かれ理由となにかを隠していそうな影⁉
冬時に執着気味な従兄弟•蒼夜の訳とは⁉
気になる部分はたくさんあるんですけど…

とりあえず、押したり引いたりと駆け引きまがいな、2人の日常場面のやり取りが、とてもコミカルで楽しめます。

じりじり一筋縄ではいかない二人の恋‼
続編『悪態は腕の中でふたたび』
に続きます。
気になる方は、このお話だけだと、腑に落ちない所だらけだと思うので(笑)
一緒に読まれる事をお勧めします。

0

年下ワンコが可愛いv

冬時は夏目にグイグイせまる理由を「俺勘が良いから、この人にすごく
必要とされる!って思ったんだよね」って言うんですが、私的には
そう言いつつも本当はもっとちゃんとした理由あるんだろうな、って
思いながら読んでたら、本当にそれだけでした。マジでか。

1話だけだったら別にこういう理由で迫ってきてもいいんですけど、
1巻全てが二人の話だと、そんな漠然とした理由で攻めたの?って
いうのがずっと残っちゃうんですよね…。冬時の執着心や束縛が
異常なところも、続刊では回収してくれるのかな…。
冬時と夏目のキャラや関係性が好みだっただけに、最初の部分が
引っかかってしまうのがすごく残念です。

しかしそこを気にしなければ、懐っこい冬時やそれをあしらう夏目、
あしらわれても何回もアタックしていく冬時には萌えられると思います。
夏目が冬時を受け入れそうでなかなか受け入れないので、上手く最後まで
持って行ける機会はあんまりなかったけれど、全体的にほのぼのしている
というか、途中から既にもうお前らは立派なカップルだ、というか…。
読んでいて幸せな気持ちになれました。

続きところどころに笑いも散りばめられているのも良かったです。
続刊も是非読んでみたいと思います。

1

微妙ながら

いろいろ突っ込みどころはあって、年下ワンコ攻めは好きなんですが、なんで攻めを好きになったのか、まるでわからないところとか、最初の手錠とか、すごく微妙。

ついでに、おっさん受け、地味受けの萌えツボがないので、この受けそのものが微妙。

それでも、なんとなくおもしろく読んでしまったのは、富士山さんのファンだからなのか、作家さんの腕なのか?

もっと、こうだったら、と思わないこともないんですが、とりあえず、楽しく読みました。でも、やっぱり、いろいろ微妙かも。

0

BLはファンタジーとは言え、このきっかけはアリなのだろうか?!

と思うけど、それだけ冬時は一生懸命だったというコトで。。。

契約を結んだお付き合いをしながら、仲良くなっていく二人や
夏目のカッコよさと冬時の強引で愛のある行動が可愛くて
大好きな1冊になりました☆

唇ペロペロされたら、誰だってオッケイしちゃう気がするーーーー!!!
やっぱヤリたいもんだもんねーーー♪

1

悪態は吐息とまざりあうレビュー。 

ストーカーな年下攻です。しかもワンコ系です、どうしよう凄く可愛い!
犯罪ギリギリの行為だけど愛があるので片目瞑って読んでやって下さい。

何でも屋でバイトして、清掃員として主人公の部屋に入る。その後、清掃の際にこの部屋でケータイを無くしたと言って主人公の部屋に再び上がりこみ…手錠で受を拘束して「側において、付き合って」とオネダリ。
と、犯罪チックなやり口で近寄り、拘束して交際を申し込む危ないストーカー大学生・冬時(攻)。そんな危ないヤツに好かれ、脅しもあり成り行きで条件付きの契約交際をする事になったサラリーマン・夏目(受)の物語。

年下攻、ストーカー、犯罪ギリギリの手口、手錠拘束プレイ…!
受が男らしくて本当にごくごく普通のサラリーマンなので可愛い系を求めている人には向かないかも。サラリーマンと学生、ストーカーと被害者、ワンコ系だけど嫉妬と執着は凄い。
お調子者の攻が、ふと真剣な顔を見せるので胸にドキュンとくる。脅して、拘束して、どうしても鍵が欲しくて、器用なのか不器用なのか判らないトコが良い。年下攻っぽくて良い。
恋愛だけではなく主人公の社会人としての苦悩とかもシ続きッカリと描かれているので、リーマンモノがお好きな人には堪らないと思う。ひょうたさんの描くリーマンモノに弱いです。仕事に一生懸命な男の人はカッコ良いよね。

どうやらコレ、「悪態」シリーズとして続くそうです。
ストーカー大学生よりももっとヤバめな冬時の従兄・蒼夜が今後どう絡んでくるか楽しみです。

0

犯罪行為スレスレストーカー

突然マンションに現れた大学生・冬時に手錠で拘束され、
「側において・付き合って」と迫られるサラリーマン・夏目。
こうあらすじを書くと、鬼畜監禁系の作品かと思いきや。
作者は富士山ひょうたさん。ドロドロ鬼畜監禁とは、微妙に違う路線へ(笑)

犯罪行為スレスレで迫るわりには、攻の冬時の押しが弱い。
普段は強引なくせに、夏目からの拒絶の言葉にはすぐ凹む。
本当に夏目の嫌がることはできないと……微妙にヘタレています。
この強引さとヘタレ具合が絶妙なバランスで、ときめきます。

しかしとんでもないストーカー野郎と成り行きとはいえ、
付き合ってしまう夏目も流されやすいというか、普通じゃない気がしますが。
このストーカー野郎に絆されていく夏目がまた、萌えるのです。

犯罪まがいな行為からスタートした二人の恋は、意外と亀の歩みで。
じりじりとゆっくりと距離と詰めていく様子が、ドキドキです。

そして終盤には、冬時の従兄・蒼夜が夏目に急接近。
冬時よりもっとイっちゃってる様な蒼夜が、今後どう絡んでくるのか。
続きが気になります。

1

藤棚

>高坂さん
コメントありがとうございます。
ひょうたさんの受けは流され系が多いですよね。
そして攻めはヘタレが多いような気がします。

私もこのお話、大好きなので。早く続きを読みたいのですが。
なかなか続きが出なくて、じりじりしています。

高坂ミキ

ひょうたさんの作品は流され系受けって結構多いような気がします。
でも、この話好きなので続き早く出て欲しいですね。

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ