四号×警備 シングル・マインド

yongou keibi single mind

四号×警備 シングル・マインド
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×24
  • 萌9
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
7
得点
49
評価数
15件
平均
3.3 / 5
神率
6.7%
著者
 
媒体
コミック
出版社
海王社
シリーズ
GUSH COMICS ~ガッシュコミックス~(コミック・海王社)
発売日
価格
¥581(税抜)  ¥627(税込)
ISBN
9784877248246

あらすじ

容姿端麗、文武両道のスペシャリストが集う、S&Dセキュリティ・四号警備部門。
その情報管理室長・滝圭一を、無謀にもつけ狙う少年がいた――。
極道に一目置かれる滝を組に引き入れるため、極道見習いの勇希が日参してくるのだ。
「アンタが俺と来るまで、殺されても帰らない」
一途な懇願を面白く感じて、滝は専属ボディーカードという口実で勇希を傍におくことにした。
だが、無体な命令にも素直に従う勇希に嗜虐心をそそられていき…。

表題作四号×警備 シングル・マインド

S&Dセキュリティ情報管理室室長・滝圭一(32)
滝の犬・桐野勇希(榊組準構成員・19)

その他の収録作品

  • エピローグ
  • フリートーク

評価・レビューする

レビュー投稿数7

安定感

ものすごーく衝撃を受けるような面白さではなんです。
でも王道で心地よい安心感、安定感があります。
最近は王道より作家の個性の強いものが目立ちますがこういう作品は雑誌に1つはあってほしいものです。

エロもそんなにエロくはないのですが、逆にそこがこの作品をよりよくしていると思います。エロエロな作品だとエロにドキドキできなくなると王道作品は特にストーリーに面白味がなくなってしまう場合が多いいのでこのくらいが調度いいです。

ストーリーはよくある話だけどキャラが上手いんでしょう。
受けが天然系ワンコで読者は見た目とのギャップに驚きます。
攻めが実に攻めらしいキャラにむずがゆいけど待ってました!という
好みのピッタリ合う読者にはたまりません。

1

全体的にバランスとれたエンターテイメント王道BL発見(うれしい)

シリーズものというのは、ある程度のクオリティの保証だと思っているので、これも気になってはいたものの、ボディガードにヤクザがらみに、という設定と絵柄からあまり期待はせず。ただ押さえておくべき?と思って読んでみました。
ヤクザと言ってもあまり任侠・ドロドロといったものではなく、メインはボディガード側。普通に王道BL。よかった~。

そうとわかれば楽しく読めます(笑)

桐野の犬っぷりはかわいく、それにいじわるする室長も大人の貫録。これだけでもおもしろいのですが、特筆すべきは仕事の部分。設定がしっかりしていて、シチュエーションのためのただの添え物にはなっていません。仕事できる設定に説得力がありました。職場での人間関係も仲良くて大人ないい感じ。ご都合主義が透けて見えないので、しらけることなく読めました。王道では必須のこういう要素をきちんと書いてくれる作家さんは大好きです。さすがの地力でした。

シリーズ全部読もうと思います♪

1

この巻好き。

額が狭いのかな、オールバックになんだかなじめずにいるものの、
読んでしまえばそんなに気にならなくなる。

今回は組長の誘いを断った滝をどうにか組長の元に。と必死にくらいつく勇希の巻です。

まっすぐに、ひたすら一直線にむかってくる勇希に滝じゃなくても、心ひかれるだろう。

役に立ちたい、必要だと思われたい。逆にいえば、いつも不安
何をして良いかわからない。

このシリーズなんだかんだで
ホモカップル満載。
誰とだれがカップルだっけ?
ってなことによくなります。
滝と勇希は覚えられました。

0

職業萌えw

丸ごと一冊がひとつのストーリーです。

なのに!
満足感がちょっと足りない感じ・・・と言うのが感想です。

もちろん面白かったです!
が、どうしても・・・他の葛井美鳥さん作品と比べて
しまっているのかなぁ。。。。。それでかもしれないですが
内容がちょっと薄いような気がしました。

この「四号×警備」シリーズの登場人物が
葛井美鳥さんの他作品に出てきたり・・・と
色々絡んでくるので、
読んでおくと他作品も、より一層楽しめることは
間違いないです^^

0

ワンコというか忠犬。

以前から気になっていた作品をようやく読みました。

勇希は極道の見習い。
組長に拾われ、その恩義に報いたいと、組長が欲しがっていた滝をなんとか組に連れて行こうとする。
滝は四号警備の一員で、決して組へ行くとは言わない。
そんな中、滝は勇希を自分の専属ボディガードにすると言い出し…。

物語的には馴れ初めな感じなのかしら。
それほどラブラブした印象はなかったです。
いや、滝が楽しんでいるのは充分わかったのですが(笑)
滝はどちらかといえば気に入った子は苛めたくなるタイプというか、作者さま曰く鬼畜攻めらしいのですが。
それほど鬼畜には感じられませんでしたけどね。
ま、有無を言わさぬ感じの命令を出したりはしてましたが。
それよりも、勇希の方が恋愛面で疎いというか。
そういう感情をよくわかっていないようにも見えて。
ちょっとフツーの感覚とはズレてるように感じられる部分もありました。
なので、最初は組長のためを思って滝を組に連れて行こうとしてたのが、だんだん滝のセクハラなどによって意識させられるような感じになって。
どこか人間らしくなってきたなーという感じも。
続き
最終的にとりあえずはくっついた感じの2人。
でも、滝はハッキリ「好き」と言葉では告げていないんだよなー。
それらしい「一生飼ってやる」とかは言ってるんだけども。
飼い主と犬という関係なのでそれでいいのかなとも思うけど、いつかちゃんとした言葉で言ってくれたらいいな、とも思う。

個人的には最後、勇希が髪切ってたのがちょっと残念。
元のままの方がかわいかったのにー。
ケジメなのかな?
あとは、この方の描かれる身体のラインきれいだなーと。

0

わんこ受け決定版。

美人でわんこ受けは卑怯です!(いろんな意味で)
個人的にごちそうさまでした。

あと、体のラインが好きです。
そして攻めの言葉攻めにキュンとした私はMかしら。

0

忠犬桐野誕生(笑)

忠犬もので一番好きな作品です(´∀`)も~桐野が愛しすぎる。滝が好きで好きで仕方ないようです。

S&Dセキュリティ四号警備部門の情報管理室長・滝圭一×極道見習い・桐野勇希。まさに飼い主と犬の関係です。

桐野は初め榊組の極道見習いだったのですが、榊組が狙われた事件の警備担当をした滝に出会い、その優秀さを目の当たりにしたことで、滝を榊組に引き抜こうとします。

しかし滝はまったく取り合わないので、桐野は会社にまで乗り込んで来ちゃいました。そんな桐野を面白く思った滝はしばらく自分の所に置くことに。桐野に首輪なんかもつけたりしてます。ええ~?(´Д`)でも桐野は嬉しそうだし良いのかなぁ。

滝の家に転がり込むようになった桐野は、何かしなければと滝の背中を流そうと一緒にお風呂へ。あーあ…(-_-)案の定そこで面白がった滝に「一度犬を洗ってみたかった」と言われて洗って握ってしごかれてしまいました(笑)桐野は意外に初で快感に耐えてるのが可愛かった…(´Д`)

それから滝を意識するようになってしまった桐野。一緒のベッドで寝るように言われ、ついでに(?)自慰を見せろとまたまた悪続き戯されてしまいました。

そんなこんなで滝のもとで過ごしていた桐野ですが、そんな中事件が発生。警備に向かう滝を拳銃で狙う男・秋月が!秋月と揉み合い、咄嗟に滝を庇おうとした桐野は足を撃たれてしまいました。

病院で横になる桐野の頭を撫でてやる滝の手にすりすりと顔を擦り付けて「俺は滝の役に立ったか…?」と訊く桐野が忠犬すぎて可愛すぎ…(´Д`)

怪我が治った桐野は再び秋月と顔を合わせることとなり「滝のもとに戻れば滝を殺す」と秋月に脅迫され、もう滝の所には戻れないと榊組に帰ってしまいました。

それを知った滝は、榊組に手土産(榊組にいる裏切り者の資料)を携え、「引き換えに桐野勇希を頂きたい。指一本欠けない状態で」と自分の犬を引き取りに来ました。しかし踏ん切りがつかない桐野。そんな桐野に「ここに残るのか、それとも自分だけの犬になるのか」と榊組長の目の前でキスを。

滝にそこまでさせておいて、桐野がついていかないわけがない。桐野は名実共に(笑)滝室長の愛犬になりましたとさ☆
そしてようやく滝との初H。そうか、挿入はまだだったのか…。滝も桐野も色っぽくて大満足でした。「言っておくが、他の人間にこんなことをさせるなよ」と、しつけだけは忘れません(笑)

4ヶ月後、滝の勤める警備会社に桐野も入社。制服姿もバッチリです。よかったね桐野☆

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ