幾千の好きと嫌いを繰り返し~身代わり花嫁の恋~

ikusen no suki to kirai wo kurikaeshi

幾千の好きと嫌いを繰り返し~身代わり花嫁の恋~
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌3
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
10
評価数
4件
平均
2.8 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
二見書房
シリーズ
シャレードパール文庫(小説・二見書房)
発売日
価格
¥476(税抜)  ¥514(税込)
ISBN
9784576071909

あらすじ

「俺と一緒に暮らしてほしい」----十五歳の時、母をモデルにデザインされたウェディングドレスを着てステージモデルを務めた縁で、若くして世界で成功を収めているデザイナーの弦馬に引き取られ、育てられた和依。次第に彼への恋心を自覚していくものの、弦馬が酔っぱらって仕掛けてくる抱擁もキスも、本当は亡くなった母に向けられるべきものと知っている和依は気持ちを抑えてきた。しかし、二十歳の誕生日についに一線を越えかけるという出来事が起こり...。

表題作幾千の好きと嫌いを繰り返し~身代わり花嫁の恋~

新進気鋭のファッションデザイナー33・谷平弦馬
亡き母に似た容貌から攻様に引取られる19・水梨和依

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数3

身代わり??

 十五歳の時に、母と死別し、そりの合わない叔母と生活していた和依。
 そこに、和依を引き取りたいと、母の生前、援助を受けていたという男・弦馬が現れる。
 当然、和依は戸惑うけれど、母に対して思うところのあった叔母とうまくいってなかったことや、デザイナーである弦馬がスランプに陥り、母に似た和依の力を必要としていたことから、その条件を受け入れる。
 それから弦馬と共に暮らしていた和依だったが、次第に弦馬への恋心を自覚していく。
 弦馬は、酔って和依にキスを仕掛けてくるが、その後に呟かれるのが母の名前であることを知っている和依は、自分の気持ちを抑え込んでいた。
 ところが、和依が二十歳の誕生日を迎えた夜。
 最後の一線を越える出来事が起こり……

 という話でした。
 和依は、自分に口づけた後に母の名前を呼ぶ、という和依にとってはとっても酷なことを仕掛けてくる弦馬に心を奪われているけれども、所詮は母の身代わりに過ぎない、と思い自分の気持ちを一生口に出せないと考えていて。
 それでも少しでも弦馬の役に立ちたくて、弦馬の身の回りの世話を焼いたり、料理を作ったりしている。
 続きところが、二十歳の誕生日を機に、今度は和依が酔ってしまい、勢いで一線を越えかける。
 そこでやっぱり「母の身代わりはいやだ!」と和依が逃げ出して、でもやっぱり弦馬の傍を離れたくなくて、戻ってきた和依に、弦馬が自分の気持ちを告げてハッピーエンドでした。

 薄めの本なので、割と読みやすいかと思います。
 自分を身代わりだと思っている和依の切ない話ですが。
 ネタバレしてしまえば、弦馬のなんてずるいことよ……と考えてしまう悪い大人の話でもあったように思います。
 身代わりの切ない話が大丈夫の方はどうぞ。

0

一途な想い

受けも攻めもしっかりとお互いを一途に思い合ってるお話でなんだか心温まる、っかんじです。

0

ある意味純愛!!

柊平ハルモ/幾千の好きと嫌いを繰り返し―身代わり花嫁の恋 (シャレードパール文庫 ク 1-1)
純愛:☆☆☆
H度:☆☆
オススメ:☆☆☆
登場人物:和依(受 大学生)、弦馬(攻め デザイナー)
年の差カップルですが、15才から20才の5年間同棲していて、手を出さなかった弦馬はすごいです。
話的ににはYAOI系ですが、実はプラトニックではないかと思います。
20歳なのに、和依くんのひたむきな純愛がかわいい~~
ほのぼのラブです

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ