シンクロハート

synchro heart

シンクロハート
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
1
評価数
1件
平均
2 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
徳間書店
シリーズ
キャラ文庫(小説・徳間書店)
発売日
価格
¥514(税抜)  ¥555(税込)
ISBN
9784199004568

あらすじ

事件を推理し始めると、犯人の意識と同調してしまう―。
特殊な能力を持つ犯罪心理分析官・藤丸空也の今回の任務は、薬物連続殺人犯の捜査だ。
現場で指揮を執るのは、警視庁のエリート警部・陵知義。
ところが調査中、空也が犯人とシンクロしてしまった!いつもの優しく内気な空也が一変、別人のように妖艶に陵を誘惑する…。
翻弄された陵は、欲望に負けて空也を抱いてしまうが―。

表題作シンクロハート

陵知義,エリート警部,32歳
藤丸空也,心理分析官,26歳

評価・レビューする

レビュー投稿数1

あと一捻りが欲しい

主役の二人はエリート警部の陵知義と、心理分析官の藤丸空也。このふたりの視点が入れ替わりながら物語は進んでいきます。
心理分析官の空也は、事件を推理しはじめると、犯人の意識と同調(シンクロ)してしまうという特殊能力を持っています。犯人の意識を取り込み、まるで二重人格のような行動をしてしまう。
新しい任務の犯人が、「ゲイで男を誘惑するタイプ」だったもんで、そういうタイプに豹変した空也は、近くにいた陵を誘惑してしまうんです。陵はその誘惑に負けて、空也を抱いてしまう──みたいな話です。

全体的にイマイチでした。
もっとヒリヒリドキドキするような心理戦を期待してたんですが、あっさりしすぎてる気がしました。あっさり結ばれて、誤解しあうこともなく、犯人逮捕もあっさり。
もう一捻り欲しかったです。

0
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ