限定版 恋愛至難!

gewnteiban renai shinan

限定版 恋愛至難!
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
9
評価数
3件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
フロンティアワークス
シリーズ
Dariaコミックス(ダリアコミックス・フロンティアワークス)
発売日
価格
¥1,333(税抜)  ¥1,440(税込)
ISBN
9784861342189

あらすじ

ミニドラマCD付き限定版! 書き下ろしストーリーに出演声優さんのトークも収録! タカツキノボル初コミックス!!
"デザイン会社に勤める秦野は、仕事は出来るが冴えない上司・本城に「どうしたら女の子にモテるか」と相談を受ける。仕方なく改造計画を試みる秦野だが、フタをあけてみれば本城はめちゃくちゃ良い男に変身! しかも揶揄うつもりでキスをした秦野は、逆に本城の真っ直ぐな気持ちにときめいてしまい……。タカツキノボル初コミックスがいよいよ登場? 描き下ろし+読み切り2編も同時収録!
(出版社より)

表題作限定版 恋愛至難!

元はもっさりオタク系デザイナー(上司)本城
いかにもモテそなイケメンデザイナー(部下)秦野

同時収録作品trial love

なぜか受様に懐いている今年の新入社員・日浦爽太
見た目だけは好みの攻様に迫られる先輩社員・霧谷

同時収録作品恋情スケッチ

受様が噛みついてしまった大学教授・間宮圭吾
家の事情で大学進学できなかったバイト・芳野

その他の収録作品

  • 情事は家で

評価・レビューする

レビュー投稿数3

モテるのに恋愛下手な秦野

タカツキさんで初読みのコミックです。
絵は綺麗でカッコイイと思うのですが、気になったのがコマ割り。
場面の切り替えが唐突だったり。
もしかして漫画は描きなれてらっしゃらないのかな、と読みながら思っていたのですが、他の方のレビューを見ると挿絵とかゲームの原画が多い作家さんだったんですね。
でも、お話は楽しかったです。
都会に住んでるのにダサダサ男の本城は、性格は全くスレてなくて純粋。まるで田舎から出てきた世間知らずのお坊ちゃまという印象でした。
対するオシャレでモテる秦野は意外に恋愛下手で。結構本城を好きだと自覚があるのに、その気持ちをちゃんと伝えてなかったり。
その不器用さが可愛かったですね。

0

鬼畜は…花を丹精するように才能を慈しむ

「恋愛至難!」の、おまけ付き限定版です。
(おまけ欲しさに、こちらも購入…ばかだなぁ、私。)
同時収録の短編「恋情スケッチ」これがなかなか、クセものです☆
そう、これは鬼畜の鬼畜による鬼畜発想から始まる、援助交際のお話です。
美大に主席合格しながらも、経済的事情で進学を諦めた芳野君ですが、貧乏暇なしの毎日で…
泣く泣く(合格したはずの美大で)絵のモデルバイトをするハメになります。
雇い主は美大の教員・間宮先生で、眼鏡の似合う理知的な、色素の薄い美形で…
…なのに、とびきりエキセントリックで鬼畜な男!
ただのヌードモデルのはずが、2万円の上乗せ料金で、強引に抱かれてしまった日には…!?
気まずい、実に気まずい…。(それは、そうでしょうねぇ。)
紆余曲折の末に判ったことは、間宮先生…実は芳野君の才能に投資するつもりだったのだとか。
「学費援助を先に申し出た後、モノにしようとしたら、
 援助の見返りみたいに思うから…
 だから先にモノにしてから援助を申し出た」のだとか???
唯我独尊・鬼畜な彼一流の理論です☆
鬼畜は鬼畜なりに、(それこそ綺麗な花を丹精するように続き!)芳野君の才能を愛しています。
才能だって…お花と同じで、水と光がないと育ちません、。
ちゃんと学校に通って、それこそ出るところに出ないとダメなんですねぇ。
今の時代、なんといっても最初に光! …なわけで、
一にも二にも、まずはチャンスのスポットライトを浴びないと、芽が出ませんからねっ。
まあ、間宮先生のインパクトは強烈すぎですがwww
(絵の才能だけじゃなく、カラダのほうもかなり丹精しているみたいですし…ね?)
最後に、このお話、ちょっと急展開だったので、続きがあるといいなぁ☆



0

クリオネTシャツ着たイケメン

殆どの方が挿絵かゲームの原画でしか、お目にかかったことがないであろうタカツキノボルの初コミックス。
たいてい挿絵中心の方が漫画を・・・という場合、イマイチなことも少なくないので、この作品にしてもドキドキだった。
タカツキさんの絵は緻密で美しく、個人的に結構お気に入りだったので、それが漫画でどう化けるか。
そういった意味でとても興味深く読めた。

結論から言うと「大当たり」。
もちろん個々で温度差はあるだろうが、挿絵の時には張り付いて見えた表情が、こうもコミカルに動いてくれるとは。
意外と言うと失礼なのだが、本当に意外と面白く仕上がっているので、これは多くの人に読んで欲しいと思った。

表題作は同じ職場のデザイナー同士で上司×部下のカップル。
攻めである上司の本城は仕事のセンスは抜群にあるものの、自分自身に対するセンスは皆無という、見るからにオタクな風貌の男だ。
一方、受けの秦野は常に女性が途切れないモテ男。
ストーリーは「女の子にモテたい」という本城の改造計画に秦野が一役買うというところから始まる。

お察しのとおり、本城はキチンと身綺麗にすれば相当いい男な続きのである(笑)
しかしいくら見た目を良くしたところで、所詮中身は天然で鈍感で童貞なダサ男。
そのギャップというか、本城の世間との感覚のズレ具合が無性に面白かった。
そして秦野の方も知らない間にそのペースにハマってしまい、いつの間にか本城が気になる存在に・・・という超王道。
とにかく本城は直球だ。
女よりも秦野を抱き締めている方がドキドキすると、ひな鳥の刷り込みのように、初めのキスから秦野の虜になっているようだった。
そのまっすぐ具合が読んでいて心地いい。
中盤に入りライバル登場の展開となるが、慌てるのは秦野だけであり、本城にとってはそんな第3者の存在など問題ではではなく、秦野の本当の気持ちだけが最重要事項。
そのマイペースっぷりと情熱的なところが、ありがちなんだけどもうっかりハマってしまっていた。

その他短編も多少展開が唐突だったりするものの、タカツキさんの描く動きのあるエロが読めるのだから、まあいいじゃないかといったところだ。
ただ登場人物の顔が、どのお話を読んでいても同じに見える。
その部分だけが少々気になったが、後は概ね合格レベルと言えるだろう。

ちなみにダリア誌上では、別の作品だが引き続き連載されているようなので、実はかなり嬉しかったりする。
挿絵や原画だけと言わず、どんどんと活躍の場を広げていってほしい作家である。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ