仮面の花嫁 -弄花伝-

仮面の花嫁 -弄花伝-
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
学習研究社
シリーズ
もえぎ文庫(小説・学習研究社)
発売日
価格
¥533(税抜)  ¥576(税込)
ISBN
9784059040507

あらすじ

輝くばかりの美貌を銀の仮面に隠し、ひっそりと暮らす堅王朝最後の男子・蓮季。
暗殺を警戒し、“姫”として育てられたが、秘密を知らない宦官の猛宣は、政略結婚で私欲を満たそうとする。
そして各国の貴公子を集め“婿選び”を開催。
そこには子供の頃、仮面を外した姫に偶然出会い、一目惚れをした楊国の太子・義真の姿もあった。
男であることを隠そうと必死の蓮季だったが、義真は略奪してでも花嫁にする、と、強引に蓮季の体を開き…。

表題作仮面の花嫁 -弄花伝-

義真/楊国の太子 「虎王太子」と呼ばれる程の猛将
蓮季/堅王朝の公主 訳あって姫として育てられる

評価・レビューする

レビュー投稿数1

苦手ジャンルかと思っていましたが…

義真(楊国の太子 猛将であることから「虎王太子」と呼ばれる)×蓮季(堅王朝の公主 ある理由から姫として育てられ顔を隠すため仮面を被って生活している)

※この作品は「弄花伝」シリーズの1作目です。

あとがきによるとこの作品の雰囲気は“春秋戦国時代の末期”くらいだそうで、架空の時代・国を舞台にした古代中国モノになっています。正直“春秋戦国時代”と言われても全くピンと来ませんし、そもそもBLに限らず中国を舞台にしているものは、漢字が苦手(国名や名前、階級などが覚えられない)なのでほとんど読む事はありませんでした。そのため中華モノの初心者としてこの作品を読んだのですが、意外に抵抗感なく読むことができました。それでもやはり時々漢字の読み方を忘れてしまったり、現代を舞台にした話と比較すると多少取っつき難さというか、スラスラ~とはいかない感じはありましたが、それを差し引いても充分楽しめました。

身を守るために本来の性別を隠し姫として育てられ、類まれなる美貌を仮面で隠して生活している蓮季ですが、子供の頃に偶然出会い、1年に1度だけ会うという関係を続ける義真から結婚を申し込まれ戸惑いま続きす。結局蓮季を強引に手に入れようとする義真に秘密を知られ、姫ではないことが分かり激怒されますが、自分のものになれという思いを変わらずぶつけられそのまま抱かれてしまいます。

義真と蓮季の関係は初めこそ強引な凌辱行為でしたが、もともとお互いに惹かれあっていたということもありすぐに受け入れるようになります。でも二人の立場はそれぞれの国を背負って立つようなものなので、すんなりくっつく訳にはいかないというもどかしい状況が描かれ読んでいてとても切ない気分を味わいました。でも何事も流されるままだった蓮季が、義真に言われた事で自分から状況を変える努力をし、自分の意思で義真とともに生きていきたいと決断するラストは感動しました。

個人的には、国同士の勢力争い的な部分がもうちょっとあっても良かったかなと思いましたが、逆にそうなるとかえって苦手~となってしまったかもしれないので、このくらいがちょうどいいバランスなのかもしれませんね。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ