花嫁はマリッジブルー

hanayome wa marriage blue

花嫁はマリッジブルー
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神17
  • 萌×29
  • 萌17
  • 中立6
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
10
得点
178
評価数
52件
平均
3.6 / 5
神率
32.7%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
白泉社
シリーズ
花丸文庫(小説・白泉社)
発売日
価格
¥543(税抜)  ¥586(税込)
ISBN
9784592875352

あらすじ

大学生の麻生拓海には、双子と間違えられるほどそっくりの姉、美花がいた。
顔とスタイルのよさだけが取り柄の美花は、旧華族で名門ホテルグループの御曹司、朝倉正嗣と玉の輿婚することに。
麻生家は皆大喜びだが、拓海だけは朝倉が姉に愛情を抱いていないのを知って激しく憤る。
だがその冷酷さが複雑な家庭環境のせいだとわかり、姉の婚約者にもかかわらず拓海は朝倉に惹かれてしまい…。

表題作花嫁はマリッジブルー

朝倉正嗣・御曹司で姉の婚約者(28歳)
麻生拓海・大学生(20歳)

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数10

ライトな花嫁ものだが、凪良さんの魅力はすでに光る作品

凪良さんのデビュー作とのこと。
最近の作風を考えると、こんなライトでいかにもBLという作品は
ちょっとビックリだったが、
文章は読みやすく、時々素敵な表現もあり
現在の凪良作品につながる魅力も垣間見得る。


主人公は大学生の平凡な、でも美形の拓海。
姉の美花は、8年つきあったうだつの上がらない男を振り
玉の輿にのるべくセレブお見合いパーティで
御曹司をつかまえて婚約にこぎつけるが、
この男釣書は立派なれど鉄仮面みたいな奴で……


展開はテンプレだが、キャラも立っており
時々きゅんとするセリフもあったりして、
細かい突っ込みどころはコメディと許してしまえば
気持ちよくスイスイ読める一冊だった。

超合金合体ロボの朝倉が、実はなかなかおかしい奴で
それが拓海と一緒にいるうちに溶け出して人間らしくなり、
拓海も彼が大好きになって葛藤する様子は可愛かった。

最後は楽しくハッピーエンド……じゃーん!
王道のプロポーズ、花嫁姿も、こうくるか!という感じでニヤニヤ……
なんだけれど、この本当に後はどうなっちゃうの〜?と
思っていたら続編がある続きとのこと。
読んできまーす。

4

う~ん…

凪良さんはすごく好きな作家さまなのですが、これはいまいちツボに入りませんでした…。評価下げてごめんなさい。内容は書いてくださっているので感想を。

「花嫁モノ」は別に嫌いじゃないんですよ。ただね、表紙の拓海が女の子にしか見えない。まずそこで躓いた。いや、BLでごつい花嫁さんじゃ需要はないのかもしれないですが、読みたいのは「BL」なのでねえ…。
いやしかし、それはまあいい。可愛い男子はOKなのです。ただ出てくるキャラに全然共感できなかった。

拓海のお姉ちゃん。あれはない…。同じ女性としてドン引きしました。玉の輿に乗りたい、というのは良いんですよ。でもさ、ならそれを最後まで貫き通すべきじゃない?っていうね。自己中すぎて何とも呆れました。

弟の拓海も。何だろう、彼の可愛さが全く分からなかった。あの年で、大企業に勤める(というか御曹司)の年上の男の苦労とか心情とか、全く理解できないものだろうか。正義感があると言えばあるのでしょうが、正論すぎて何とも子供っぽく思えて仕方なかった。自分の考えがすべて正しい!みたいな感じがどうしても受け付けられなかった。

対して攻めの朝倉さん続き。結婚に愛情は必要ない、と言っていた彼の気持ちの変化についていけなかった。というか拓海の可愛さが分からないからなんだと思うんだけれど。

凪良さんのドタバタコメディーは嫌いじゃないし、作家買いする作家さんでもあります。皆様からの評価も高いし、良い作品なんでしょう。けれど、ごめんなさい、こういう評価もあるってことで。

2

途中で読むのをやめられない!

花嫁モノが苦手!という方にこそ
読んで頂きたい、絶対のオススメです。
途中で読むのをやめられなくなることを
保証いたします(笑)

姉の婚約者の朝倉のことが
気になってしまう拓海側の心境から
物語がスタートし、
中盤以降はそんな拓海に
心を奪われてしまった朝倉の
ちょっとズレた言動が展開されます。

キャラが良いです!
美人なのに、お金への執着心が強く、
弾けた性格の姉は、実は一途に
元カレのエディを想っている乙女です。

エディは弱気で甲斐性なしですが
姉を想う気持ちは誰にも負けず
最後は期待通り、
バシっと男らしく決めてくれます。

拓海は可愛らしい外見とうらはら
とっても常識人で思慮深く、
周りに迷惑をかけないことや
姉が幸せになることを一番に考えています。

強引で強気、頭のキレる御曹司・朝倉の、
攻めとしてのスペックは非常に高いのですが
ボンボン育ちの天然さを兼ね備えているので
肝心な部分でハズしたり、
嫉妬心を隠しもしなかったり、
拓海の反感を買うこともしばしば。
その、お互いを想い合いながらの
すれ違い感続きがすっごく良いんです!

巧いなと思ったところは
一見、権力も金もある朝倉の思い通りに
コトが運ぶと見せかけて
主導権は拓海が握っている点です。

後半は、拓海に振り回されまくる朝倉。
そして「君のせいでこんなに苦しい!」
と、手の内を全て見せてしまうような台詞を
口に出して言っちゃう(ボンボンだから)
それがすごく嬉しかった(*^_^*)
(↑拓海が乗り移ってます)

そして登場人物全員が、
落ち着くところに落ち着く、
とても綺麗なエンディングです。
ピターっと帳尻が合うこの感じ、
とっても読後感が良かったです。

花嫁モノを毛嫌いして、
この作品を見落とさなくて本当に良かった!
自信を持って「神」評価をつけます。

3

じっくり読ませてくれる花嫁もの

花嫁ものは地雷だと思っていたのですが、これは、楽しかった!ヒューマンドラマ(コメディ?)として楽しめる作品だと思います。

拓海から感情を持たない「超合金合体ロボ」と評されていた朝倉が、真っ直ぐな拓海と触れ合ううちに、人間らしい表情を見せるようになる過程と二人が気持ちを通わせて行く過程が併せてじっくり描かれていて、どんどんお話に引き込まれていきます。

拓海は、凄く性格のいい子です。顔は女の子みたいで可愛らしいんですが、中身はとても男前で度量が広い。そして、先入観に囚われない柔軟さと庶民感覚に基づいたな真っ当な基準を持っている。(まあその柔軟さや真っ当さゆえに、常識はずれな人間達に引きずり回される損な役回りをするハメになるんですけどw)なので、年下受という感じがしないんですね。朝倉に普通の人生の楽しみを教えてあげたり、どこか拓海が朝倉を育てていくという感じさえする。

物語が進むにつれて、朝倉がどんどん可愛くなっていっちゃいます。なんだかんだいっても朝倉ってそれほどスレてないし、根っこは素直なんじゃないかな。どちらかというと、子どものまま大人になった人という感じがします。本続き当は、心の奥では色々な感情が渦巻いているんだけれど、それらを自覚して表現することができないというか、ある感情があっても、それが何であるのか分からないというか。それは、朝倉が育った家庭環境によるところが大きいんですけど。子どもの感情を育むには程遠い環境ですからね。そんな朝倉ですが、拓海と触れ合ううちに色々な感情が引き出され、やがて拓海に強く魅かれていきます。

作者様のユーモアとテンポ感が秀逸でした。朝倉のトンデモお貴族様ぶりも、個人的には、鼻につくというより、むしろ笑いを誘う要素になっていたように思います。朝倉家当主の正妻と愛人がバチバチやりながら同じ敷地に住んでいるという朝倉家のぶっ飛んだ事情も、華麗なる一族か!とか突っ込みながら笑わせていただきました。 

姉、美花のキャラも素敵です。凶暴で計算高いだけかと思いきや、ひたむきさや情の深さもある、味のある女性でした。BLに出てくる女性って、どうでもいいキャラor好感の持てないキャラが多いんですが(笑)、彼女には感情移入できました。なんだかんだ言いながら、やっぱり愛着のある男の方を選んじゃうよね。美花の彼氏、エディ(日本人ですよw)は、徹底したヘタレキャラですが、土壇場で根性を見せて、ストーリーの転換に貢献し、ヘタレなくせに、ある意味キーパーソンとなりました。彼が美花をさらっていく場面では、ちょっとウルッときてしまいましたね。BLでまさか男女のカップルに萌えるとは思わなかった(笑)

姉の婚約者ということで、もちろん拓海の中には、朝倉と気持ちが近づいていくことに対する背徳感もあるんですが、センスある軽妙なユーモアのお陰で、作品全体がに重くなることはありません。笑いを誘う地の文(時々シニカルですけど)がところどころにバランスよく配置されていて、作者様の文章センスの素晴らしさが伺えます。重くなりすぎないんだけど、でも例えば、二人が結ばれる場面では、「一度限り」という想いから来る感情の高ぶりがじっくりと描き込まれ、切なくなりました。笑いと切なさが絶妙に同居している、という感じですね。

拓海がウェディングドレスに着替える部分は、緊急のドタバタとしてコメディタッチで描かれていたせいか、意外とOKでした。個人的には「男がウェディングドレスを着る」という事態が、さも普通のことのように描かれるとダメなんですよね~。が、本書のように、普通じゃないんだけど、話の流れ上必然的に着なきゃいけないことになりました、みたいな感じだとすんなり受け入れられてよかったです。

3

確かに、「花嫁」で見過ごしたらもったいない

このタイトルに、この表紙、カバーに書いたあらすじも、ごくごくテンプレなハーレクインな花嫁身代わりもの、っぽい。
でも、他の皆さんもレビューしているように、この作品「花嫁」の言葉に惑わされちゃイケナイ。
身分違いというか、生活水準や生い立ちの全く違う二人が、「姉の結婚相手」「結婚相手の弟」という出会いかたをしたからこそ、「結婚とは」「愛しあうとは」何なのかを考えながら付きあっていき、本当に最後の結末が「身代わり花嫁としての結婚式」。
この、出会いから、結婚式に至るまでの過程を、丁寧に描いた物語だからおもしろい。

最初は単に傲慢なイヤな奴にしか見えなかった姉の婚約者が、普通に愛されて育った拓海によって、素直に人間的に成長していく所といい、拓海の姉や家族、エディ、朝倉家の家族等の脇役といい、文句なくおもしろい。

凪良さんの作品の主人公の魅力は、心映えの良さ、真っ当なバランス感覚。
この作品もその魅力全開の、読んでいて心地良い本でした。

1

過去最高の身代わり花嫁モノです

みなさん書いてますが、身代わり花嫁モノと侮るなかれ。
苦手な方にこそオススメです。間違いなく苦手意識がふっとぶと思う。
私も以前は身代わり花嫁モノは苦手だったんですが(実際テンプレ通りのつまんない作品が多いです)、何作品か面白い身代わり花嫁モノに遭遇したおかげで、苦手意識はなくなりました。その中でもこの作品は過去最高に面白かった。
さすが凪良ゆうさん。

何がいいって、「過程」がいい。
エキセントリックで傲岸に見えた攻めが、どんどん可愛くなっていくんですよ。
「根性曲がり」と言われたことにやたら拘ってたことから可愛さの片鱗が見えはじめ、ストーリーが進むにつれて攻めが愛しくて仕方がなくなる。
これけして攻めの性格が変わっていったわけじゃないんですよ。ほんの少しずつ角度を変えながら攻めを描いてくれてて、そこから見える可愛さなのだ。
凪良ゆうさんの上手さだなーと思います。
受けも攻めも、会うたびにどんどん互いを好きになっていく。その過程に胸がキュンキュンしました。
一目惚れよりよりも好き。

あとこのお姉ちゃんいいね~w
結局エディを選んじゃうあたり、計算高い女にはなりきれてないわけで、ハチ続きャメチャなのに憎めない。
ハチャメチャだけど、二人が出会えたのはこのお姉ちゃんのおかげなわけだしw

2

「嫁」に惑わされちゃいけない

何気にストライクゾーンの狭い私がこれまで避けてきた「嫁」やら「姫」やら。
けど凪良さんは大好きなんです!早く次のお話が読みたいんです!けど最近出たばかりなんでまだ出ないんです!
けども凪良さんが読みたくて、恐る恐る手に取った『初恋姫』が土下座する勢いで面白かったので、勢いで「嫁」にも手を出してみました。

ホント、「嫁」って言葉ひとつに惑わされて今まで読んでなかった自分を呪いたいです。
文句なく面白かった!

男前で優しくて思いやりがあって、頭も心も柔軟性のある、すごくカッコイイ受けがとにかく良い。
攻めも、嫌な奴に見えて実は、ぶっ飛んだ枠の中で培った不器用さ全開なだけで、悪意があるわけじゃない。
こういう攻めって、書く人や文章によっては「こんな変な家ねえよ」になりそうですが、そこを「不器用で可愛い」と思わせるのが本当に凪良さんの筆力だなぁ…と思います。

それにしても…おねえちゃんカップルはスゴイ…。
姉の「お前のものはオレのもの」的なジャイアン思想と、それに諾々と従うしかない「のび太」な受け。
理不尽だと思う余地すらない姉弟の力関係が妙にリアルで面白かった続きです。
けど、こののび太は気が優しくて男前(笑)

主役の二人がどう仕様も無くラブラブなのが、すごく可愛かったですww
個人的には、男がウェディングドレス着て結婚式とかはやっぱり若干引いちゃうんですが、この作品は攻めの趣味で着せられたわけでもないし、着なきゃならない理由がちゃんとあったので、ギリでOKでした。
ホントにギリギリですが;

3

どうせイロモノだと思って舐めててゴメンナサイ!!

↑と、作者様にスライディングで土下座な気持ちです。面白かった~、というかもう楽しかった。
萌萌萌。(MAX:萌萌萌:神に近い)
姉の婚約者で御曹子・朝倉×THE庶民の大学生・拓海…の異文化コミニケーションラブ。

花嫁モノという色眼鏡で構えていたら、あれ、新境地。
テンポ良し、キャラ良し、のってるね!っていう感じの楽しい文章にぐいぐい引っ張られました。
花嫁ってタイトルに10メートルくらい引いてしまう方にむしろお勧めしちゃいたい本かも。うっかりどうですか?

外見だけは自慢できる、そんな姉が連れてきた婚約者の朝倉は顔、家柄、才能揃った完璧な男。でも愛情面に問題アリ。愛はない、結婚は取引きだとはっきり言い切り、聞いた拓海は激怒。
そんな最悪の印象からスタートの二人が織り成す可愛い恋物語は、笑いが滲みます。

セレブと庶民、感情欠落と直球素直、ほとんど対極の彼らがちょっとずつ距離を縮めていく様子がこそばゆくなるほどかわゆい…!
朝倉がどんどん拓海に懐いていく姿に、にこにこ頬が緩みます。
そして、主役二人は言わずもがな、脇を囲むキャラも味がある御仁ばかり。
玉の輿続きにむけ詐欺並に猫かぶりまくりの姉や、そんな姉を今でも愛しまくっているヘタレの塊の元彼エディ(生粋の日本人です)、和めるけどどこか間の抜けた両親、昼ドラも真っ青の朝倉家の強烈な女衆、とまあこんな感じの彼らがいて面白くないわけない!

とっても楽しい読書時間をごちそうさまでした。楽しかったので甘めにMAX萌。
でもこの年でコレを書店で買うのは、エロい本を買うよりある意味苦行でした。
続編タイトルは「花嫁は今夜もブルー」。
……またしても!買うけど!

4

姉の旦那とLOVELOVE

凪良 ゆう / 花嫁はマリッジブルー (白泉社花丸文庫)
純愛:☆☆
H度:☆
オススメ:☆☆☆
登場人物 受:拓海(姉の婚約者?) 攻:朝倉(御曹司)
花嫁ものです。
今回は姉の婚約者を弟が奪う?という形で男+男の結婚系の話になりました。
花嫁ものに登場する受はみんな女性よりもカワイイ人ばかり登場です。
今回もはずしはしてませんが、日本も合法になれば、このようなカップルがいてもいいと思うのですが・・。
但し、美少年が前提です・・。(個人妄想ですが。)

2

幸せの形=結婚

BLや同人の世界でも愛が進行しすぎると、幸せの形=結婚、となるみたいです。昨今の流行りのひとつは花嫁らしいし。好んで読んだことなかったのですが、たまにはこーゆー手にとるのが恥ずかしくなるものを読みたいと。おバカな話かな~と思ったら(失礼!)おもしろかった。
玉の輿目当ての姉の婚約者は、結婚を契約としか考えていない男。見下した態度に腹を立てたが、それがきっかけで親しくなる。攻がもっと傲慢でイヤな男かと思ったら素直だし、受もおとなしいタイプではなく思いやりがあってかわいかった。セレブ×学生は本来好みではなかったけど、対等っぽかったのがよかったのかな。だんだんとお互いにベタ惚れになっていくのもかわいいし。
最終的に花嫁なのは弟のほうだけど、マリッジブルーなのは姉なので、タイトルに違和感が。
続きの番外編が雑誌掲載されてるそうです。新婚バカップルなのかな。やっぱ跡継ぎはどうなるのだろうと気になる。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ