世界一初恋 ~吉野千秋の場合~

世界一初恋 ~吉野千秋の場合~
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神21
  • 萌×25
  • 萌7
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
10
得点
148
評価数
35件
平均
4.3 / 5
神率
60%
著者
 
イラスト
 
原作
 
媒体
小説
出版社
角川書店
シリーズ
ルビー文庫(小説・角川書店)
発売日
価格
¥520(税抜)  ¥561(税込)
ISBN
9784044455330

あらすじ

大人気少女漫画家・吉野千秋の担当編集は幼馴染みの羽鳥。ある日アシスタントチーフで友人の柳瀬と羽鳥のキスシーンを黙劇した吉野は…!? 中村春菊描き下ろし漫画26P収録で登場★話題の大人気コラボ!
(出版社より)

表題作世界一初恋 ~吉野千秋の場合~

担当編集 羽鳥 芳雪
超売れっ子漫画家 吉野千秋

評価・レビューする

レビュー投稿数10

初心者にもおススメ!!

 もとはキャストが豪華なところに惹かれ、それまで二次創作にしか手を出していなかった商業BL初心者の私が安易に手に取った小説であるこの作品ですが。
 正直、読んで一瞬でここまで惹かれる作品があるとは、ととても驚いています!!
 たぶんBLの中では王道と言われるのであろう「幼馴染」設定ですが、私の中ではあまりクセなく読めたのが好印象でした。
 
 担当編集×売れっ子少女漫画家である登場人物の二人ですが、ふたりの既に熟年夫婦のような会話・生活感に、違和感なく馴染めました。
 攻め…羽鳥芳雪が自身の胸の内を告白する場面には、こちらにも緊迫感、というか緊張感みたいなものが伝わってきて、わー、いいなー、千秋愛されてるなぁー……!!ステキ!!!、と一人悶えていました…w

 少しずつ、だが確実に自分の気持ちを出してくる羽鳥の一途さに戸惑う千秋くんには、思わず応援したくなる健気さ、素直さ…みたいなものが私には感じられたかな、と思います! でもきちんと「千秋は男」というラインは守っている、変に女々しくなっていないところもいいなぁと思います。

 さて、この物語にはこの二人のほかに、もう続き一人重要人物が登場します。最初出てきたあたりから何となく「三角関係かなぁ」と思っていたのが的中しましたね……。でも彼が動き出すのはもう少し後です。先が楽しみになる展開です。

 巻末には原作の中村春菊先生が書かれた漫画も掲載されています。文字だけではなく、絵でも彼らが動くのを見ることができるので、『BL小説を読む』一番最初の物語としてもかなり良いのではないかなぁと思います。

今のところ「~吉野千秋の場合~」は全四巻発売しているので、
1巻買ってみるもよし、もっと読みたい!と思えば2巻目、3巻目と買うもよしと、比較的自由が聞くと思います。


総合すると、この物語は、

・商業BL初心者におすすめ
・王道BLを読みたい人におすすめ
・BL小説初心者におすすめ

…なものですので、ぜひ、1巻読んでみてはいかがでしょうか?
このレビューが少しでも本を選ぶ時の参考になれば、嬉しいです。

1

今更ですが…

先ほど読了しましたヽ(´▽`)/
世界一初恋は、~小野寺律の場合~を漫画で読んだ程度で、後はアニメの知識でした。
アニメでも一番好きだったのはトリチアでなので買って良かったなと思います。

内容ですが、
幼馴染み、三角関係やすれ違いなど、ありがちな設定もありますが
何より、千秋の素直さに読者側も微笑ましく思うお話でした。

羽鳥の一途さにも感動しました。

是非読んでみてください。

1

起きるまで起こすな


編集者×人気(BL)漫画家というちょっと王道感がありますが
羽鳥が吉野にいい感じに振り回されているので、
先に惚れた羽鳥吉野の言動にひたすら振り回されているのが
とても、いいと思います。

話は変わりますが、吉野も羽鳥や柳瀬の気持ちに戸惑いを感じながら
無自覚に振り回しているのが私的にツボりました。

小説の後半には漫画が入っており、それを読むのも
とても、楽しいです。

1

アニメを見て。

二人が気になったため購入しました。やはり原作は細かなところまで書かれていて、アニメとはまた違った楽しみ方ができますね。
初エッチが強姦……というのは基本的に苦手なのですが、羽鳥(攻め)は何年も千秋(受け)に片思いし続けている、もの凄く一途なキャラクターなので嫌いになれませんでした。むしろ普段クールな彼が荒っぽい行動に出たことにとても萌えました。

千秋は無防備で鈍い子なので、よく相手の地雷を踏んでしまいます。鈍感過ぎる子はイラッとしたりするんですけど、悪気がないから憎めない……。
あと二十八歳で体毛が薄い上に髭は産毛くらいしか生えない設定に萌えました。

幼なじみだから恋人らしくなるのには時間がかかるかもしれないけど、結構似たようなことで悩んでいる二人なので、きっとうまくいくと思ってます。

0

自分の気持ちが一番やっかい

 すでにアニメ化されている作品と言うこともあり、アニメと小説ではどう違うのか興味を持ちました。
 少女漫画家ペンネームを吉川千春と名乗る、吉野千秋は、雑誌編集者の羽鳥とは幼なじみです。羽鳥は千秋のことが好きなのですが、本人が一向に気がつきません。
 花火大会の夜に羽鳥から告白されるものの、好きという事が友人、幼なじみとして好きなのか、それ以上の好きなのかで彼は思い悩みます。さらに、漫画アシスタントの柳瀬優も千秋に思いを寄せる一人で、羽鳥と彼を取り合うのですが、一向に本人が自分の気持ちに整理をつけられてないのです。

 アニメでは、羽鳥と柳瀬のラブバトルだったり、柳瀬の駆け引きが目立ちましたが、小説では、吉野と羽鳥のCPが主に描いております。三角関係ストーリーがないだけに、心残りもありますが、これから千秋がどういう道を選ぶのか楽しみです。 

1

気付く吉野と酷い羽鳥

今更わたくしめの説明なんざ必要ないですわね。むふふ。
漫画→アニメ→小説と読ませて頂きました。
特別吉野が好きと言う訳ではありません、トリの声が好きだから読んじゃったんです(笑)

でもこの第1弾の羽鳥は好きじゃない。
強引にヤッチャウ?どうなのそれ。
しかも入っちゃう?どうなのそれ。
とか思って、あんまり萌えられませんでした。

幼馴染を好きになるって厄介ですよね。
それが同性と来たもんだ。自分に安心しきってる人間をだ。
いや、今回の羽鳥は好きじゃなかった。
けど。
羽鳥、ずーーーっと我慢してたんだなーとか思うとちょっと切なくなった。

ムリヤリは駄目だけど、それがあったからこそ吉野の気持ちが動きを見せますね。
(いや、体だけじゃないけど、でも繋がらない事には何も始まらない、何事も)

前途多難だけど一歩は確実に踏み出した。

1

BL人生の第2期はここから始まったんですよね・・・

全巻通しての評価です。
アニメをみてこの小説を手にした方って結構いたのではないでしょうか?
私もその1人ではありますが今更全巻読了しました。
10年以上もBLから離れていましたが中村春菊先生の『世界一初恋』のアニメを
見てまたどっぷりはまりました。
やっぱりBLはいい!
こちらの文庫を読んだらまたアニメがみたくなりました。羽鳥も我慢できなくて
吉野を襲っちゃった位なのに付き合いだしてからうじうじと乙女なんだから・・・
そういえばこのカプを見ると榎田先生のルコちゃんと東海林を思い出します。
4巻で羽鳥への気持ちを自覚したあとのもうちょっと甘甘な2人も見てみたいです。
漫画の方とかででてこないかな。
「柳瀬は伊集院先生と幸せになるんだ」っていうレビューを読んだことがあるのですが
凄く興味あります。タチだと言っていた柳瀬が伊集院先生のためにネコに?
はたまた伊集院先生が実はネコでwww
なんかそっちの妄想が楽しいです。

1

編集者×人気漫画家☆

うう…(T_T)羽鳥の長年秘めてきた想いが切なくて愛しいです。
幼馴染みってすごく近い存在だけど、結局は他人なんだって思うとすごく切ない…(T_T)

千秋は無防備で無意識な行動でずっと羽鳥を苦しめてきたんですね。ホント「無意識」は罪です。それでも羽鳥を繋ぎ止める千秋はずるいと思いました。

羽鳥が堪えきれずに千秋を抱いてしまったのも仕方無いのではないかなと。ありきたりなBLならば、千秋も相手の気持ちを受け入れてハッピーエンドなのでしょうが、そうはいかない中村春菊先生の原作(笑)

羽鳥のことは好きだけど、セックス込みとなったら…。それでも羽鳥を失いたくないと思う千秋の気持ちも分かるから、なんとも面白い作品です(o・v・o)

羽鳥だけでなく、おそらく柳瀬も千秋を想っているはずですから今後がすごく楽しみです。
実を言うと私は「小野寺律の場合」よりこっちの方が好きです。無防備で無神経で無意識な千秋が時々イラッとするけどそこがいい☆

焦れったいようで少しずつ進んでいく二人の恋に幸あれ(´Д`)

1

羽鳥もいいけど柳瀬も…。

羽鳥も魅力的で大好きなキャラなのですが、個人的に柳瀬の方が好きなので…。
これから柳瀬対羽鳥の白熱した対決が見られるのかな?と楽しみにしています。(まだ一巻しか手元にないのに偉そうなことを言っています。すみません。

吉野に対して最初は言動や行動に少し苛つきを覚えていたのですが、段々その違和感みたいのも消えて楽しく読めました。
無自覚天然受と振り回される攻が好きな方ならより一層楽しめるのかな?と思います。

小説にしてはたっぷり26ページも春菊先生の漫画も載っていますので、こちらもオススメです。

2

家族

思ったのは、二人は恋人より家族ってイメージが強いです。
で、千秋が兄で羽鳥が弟って感じですかね。

どうでもいい話はいいとして
羽鳥マジでかっこよすぎます。
羽鳥ならどんなセリフでも合いそうですね。

千秋が羨ましい・・・

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ