ロリポップ・ドラグーン

lollipop dragoon

ロリポップ・ドラグーン
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×21
  • 萌4
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
9
得点
27
評価数
9件
平均
3.2 / 5
神率
22.2%
著者
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイコミックス~BE×BOYCOMICS~(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥571(税抜)  ¥617(税込)
ISBN
9784862632944

あらすじ

マジ恋愛を夢見るヲタ学生・渉の前に、ありえねーヘンタイ美男達が押し寄せた!! 中でも寡黙なくせに天然で口説いてくる色男・ユンと、Hしまくりv→謎の'出産'命令!? セマる男達と戦え!…スキって気付いても体だけの関係なんだから。初H描き下ろし付v

表題作ロリポップ・ドラグーン

ユン・シンチー 龍を開放する為中国からやって来た
池口渉 龍を内に秘めた高校生

その他の収録作品

  • 甘える子供。(書き下ろし)

評価・レビューする

レビュー投稿数9

奇作に見えない奇作。

中国の道術と西洋の吸血鬼に過剰淫乱にヤンデレ。
破格メニューのオンパレードですが、書きたい欲望はハッキリしてて、その意欲が最初から最後まで貫かれてるんで読みやすかったです。

結局なんじゃいといえばたんに体重ねるだけなのにいつのまにか愛情が生まれるという、普通のBLなんですが、
とくに仕掛けた側が戸惑いまくるのと、逆に愛情に気づいちゃった受け側が攻めの喘ぎ声を可愛いと思っちゃって縛っちゃうのは意外なくらいないですね。受け攻め交代か!?と思った位。
実体を現すまでは禍々しい存在のようだった金龍が出てきちゃったら愛情なんて嫌いだぁわぁん的な大人気ないちびっこだったりする、
一冊の本だけで随分いろんな感情をこちらに持たせるよなおい、ってな感じの本です。

ちなみにネクラートホリックは既読ですが、どこが繋がってるのかイマイチわかりませんでした。これだけでもいいかな。

1

1冊にまとめるには…

この話、壮大なんだよね。多分。
それを1冊にまとめようとしちゃだめだよね。
こうなっちゃうよね…的印象でした。
先生自身、巻末で「BL少年まんが風味に無謀にもトライしたハイテンション色物まんが」と記している位です。
もともと先生が得意とする世界観でBLにしちゃった感が満載なのですが、作画鑑賞目的ならよろしいかと思います。先生の世界観を大切にするのであればも少しじっくり話を進めた方が良い味が出ただろうなぁ…と残念に思いました。手近で済ませた感満載でした(._.)
絵が木下さくら先生に似てるなぁ…と思ったら、別PN(東山和子先生)で合作したりしてるんですね。それは似ているはずですよねぇ(。-人-。)納得☆
勉強不足で恐縮です。

0

ものすごくついて行けなかった


最初の1ページを読んだ時点で何だかぶっ飛んでいてついて行けるか
不安だったんですけど、個人的には読めば読むほどよく分からない話
だったと思います。ストーリーも設定も凝っているといえば凝って
いるのかもしれませんが、その説明や世界観を消化出来ないままに
過ぎていったような気がします。新しい設定だからこそ、そこらへんは
もっとちゃんと書いて欲しかったな…。

そして個人的にはキャラもあまり好みではありませんでした。特に
受けに関しては、気が強い系かと思いきや急に包容力を出してきたり
天使っぽく笑ってみたりと、一定感がないように感じてしまいました。
抱いている感情にもついていけなかったです。

主人公が好みじゃないから美味しいはずの逆ハーでも萌えないという
悪循環で残念だと思いつつ、私的にはキャラもストーリにも正直
惹かれるものがなかったので、この評価にさせて頂きます…。

0

表紙がいい!

表紙を見て4Pかしら♪と期待してしまった当時の私。
いや、もちろん分かっていましたよ?分かっていましたけどね。
妄想が止まらない良い表紙です。

そしてまたドラゴン出てくるとか、
本当に山葵さんの作品は方向的には私個人にマストです(笑)
前作より、こっちの方が私の好みには合ってたようです。

本作は主人公が金龍のせいで「オナニー」をしたくなったり、ネコ耳になったり、ユンという中国人の房中術うんぬんなど、美味しいシーンが色々あります。
更に「弟」→「兄」という弟の黒い愛情が美味しい展開もあります。

ドラゴンが最後に実態化して出てくるんですが、
意外に可愛いヤツでした。

渉はユン・弟・ヘルシング、皆に愛されるキャラなんですけど、
その総受け的なところも良かったです。
最後、三人にキスされている渉のコマにもキュンっとしました。

そして描き下ろしのユンと渉の渉×ユンからのユン×渉が良い感じでした♪

1

神作品。大好きです!

 大好きです。BLコミックの中では一番好きといっても過言ではない作品です。
 まず、絵が上手い、綺麗。ストーリーがおもしろい。キャラクターが良い。
 それに、萌えがいっぱいでキュンキュンしっ放しでした。

 受けの渉がそばかすかわいい。自分をしっかりと持ってて、頑張る子は大好きです。
 ここまで主人公に感情移入できる漫画はないです。
 あと、攻めのユンがもうもう、いろいろな意味でかっこいいです!
 普段クールなのに、慌てたりするところとか、渉を見る視線がめちゃくちゃ萌えるんですよぉ!!
 あと、弟・太優のちょっと危険な感じも良かったです。

 あと、キスに重きを置いているところがわたし好みでもありました。
 Hに重きを置いてキスが軽んじられる作品が結構ありますが、キスほど愛のあるものはないとわたしは思うんですよ(キリッ
 
 ただのラブストーリーではなく、かといって重い話でもなく、とにかく萌える!!
 これはオススメです。是非読んでみてください。

2

ロリポップ・ドラグーンレビュー。

エログロ系が御得意の山葵マグロさんにしては「可愛い」って部類の作品。「鎖にキス」みたいな痛い流血セックスは無いけど、結構濃厚なHしてます。
というか、初っ端から発情してトイレで自慰行為してます。

あえてのそばかすっ子受話です。
主人公の渉(そばかすっ子)は超が付くほどの発情体質、ちょっと肩が触れたとか、そんな軽い刺激が下半身に直撃。いつでもどこでも自慰行為をしてしまう。
そんなへんてこな体質に悩む主人公のもとに突然超美形二人組みが現れる。実は主人公はとあるものに取り憑かれていて、それを祓うには美形の一人ユンとする房中術しかないと言われる。

マグロさん御得意のファンタジーモノ。「ネクラートホリック(吸血鬼)」を読んで、この作品「ロリポップ・ドラグーン」を読んでから「鎖にキス(ダンピール/吸血鬼と人間のハーフ)」を読むとより楽しめると思います。

人外モノ、吸血鬼、そういうのが好きな人には結構クセになる作風だと思います。そして…兄弟可愛い!可愛い!

0

予想外に

これ、想像以上にアタリ作品でした☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ

男の人の肩に触れただけでも性的興奮してしまう。
超淫乱高校生。
オナニーしすぎて死ぬんじゃないかと悩むすがたが可愛い。
そんな彼の前に現れた美しい男たちの目的とは!?

ちょっと特異なイベントを入れるだけで1つの作品ができるんだな~とちょっと関心しました。
何よりも、そばかす高校生がめちゃんこ可愛い。

そもそも、そばかす少年は可愛いものですが。
あんまり見かけませんね。
それが今回あえてのそばかすヒロインww
目元の傷もチャームポイントになって。
すばらしく可愛いです。
もともと上手いな~とは思ってたんですがココに来て絵のレベルがまたぐっと上がった感じがします。
マグロ先生ww

あるいみ、兄弟でヤリまくるとか。
3P・・・・もとい、4Pとかも見たかったな~と思わなくはないですが、最終的に上手く1冊にまとまって大満足です。

あ~それにしても見てるだけで口の中が甘くなる。

4

主人公の渉は超が付くほどの発情体質になってしまい、いつでもどこでも自慰行為をしてしまう主人公のもとに突然超美形二人組みが現れる。実は主人公はとあるものに取り憑かれていて、それを祓うには美形の一人ユンとする房中術しかないと言われ・・・。

無口だけど天然で迫ってくるユンにかなりドキドキします。
ストーリーはファンタジーな感じですが、BL要素はたっぷりです。エロは少しだけですが、濃厚。テンポよく展開していてときおり入るコミカルさも面白いです。
絵柄はポップな感じでちょっと80年代っぽさを感じますが、それがまたストーリとよくマッチしてます。
巻末にはおまけ漫画と各キャラのラフ設定資料が収録されています。

4

ネコみみ~

ネクラートホリックにもでてきたヘルシングがまた脇役?ででてきますっ
ユン×渉の話です。

渉は、性格が男前なのに、健気で、ユンとらぶらぶになるために頑張ってる子です。

そばかすとかすごい可愛いですっ


マグロさんすごい絵が綺麗なんですっ


途中、猫耳+尾という軽く人外みたいなとこがあるんですけど、すっごい可愛いんですっ


そこが一番お気に入りで、読むときには是非注目してみてください。


5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ