Light・Shadow―白衣の花嫁

light shadow

Light・Shadow―白衣の花嫁
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
笠倉出版社
シリーズ
クロスノベルス(小説・笠倉出版社)
発売日
価格
¥857(税抜)  ¥926(税込)
ISBN
9784773003857

あらすじ

「これまでに見てきたどんな花嫁より綺麗だ」一度は余命三カ月と宣告されるも、九死に一生を得た優麗なる若社長・白石は、現在五年生存率25%という癌の再発防止治療の日々を送っている。
不安にかられる白石を心身共に支えていたのは、二十年来の親友であり主治医でもある天才外科医・黒河。
積み重ねた友情の上に実った愛は熱く甘く激しくて、すべてが光り輝いていた。
が、そんな矢先に白石は、見知らぬ男に拉致監禁されてしまい―。

表題作Light・Shadow―白衣の花嫁

黒河療治(東都医大外科医)
白石朱音(NASCITA社長)

その他の収録作品

  • あとがき(日向唯稀)
  • あとがき(水貴はすの)

評価・レビューする

レビュー投稿数1

ベタ甘ウェディング

『Dr』シリーズ5作目です。

2作目『Bitter・Sweet-白衣の禁令-』の黒河×白石CP編。タイトル通り『花嫁』です。

ただ、こちらではメインになるってだけで、この2人(特に黒河)は脇キャラクターとしてならほぼレギュラーですけどね~。

前作で同居(黒河が入り婿?)に踏み切った2人ですが、こちらではタイトル通り指輪に旅行にウェディングドレスと『花嫁(ウェディング)』ネタを総ざらえって感じです。

しかし、このまま『あまあま』だけでは終わりません。
旅行先のホテルから白石が拉致され、人質に取った犯人の要求で黒河が犯人の子どもの臓器移植手術を・・・

『お仕事もの』色が終盤に固まっているので、比率として仕事描写が少な目で、シリーズでも安心して読めました(ただし、仕事少ない分凝縮されてて濃いので、より鬱陶しいんだけど)。

まあ、もともとこのCP好きなのでよかったです。


しかし、せめてこれくらい『まずラブ、それから仕事』のバランスにして欲しいよ、このシリーズ。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ