その純情を暴け

sono junjou wo abake

その純情を暴け
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×24
  • 萌7
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
5
得点
47
評価数
13件
平均
3.6 / 5
神率
15.4%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
幻冬舎ルチル文庫(小説・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥571(税抜)  ¥617(税込)
ISBN
9784344811577

あらすじ

大好きな兄・渡木阪鋭が緋賀組若頭・緋賀颯洵と恋人同士になって納得のいかない鈴原亮は、現在若頭預かりの身。
下っ端として嫌がらせされながら働く毎日も、仕事帰りに鋭の店で鋭の料理を食べれば機嫌が直る。
しかし店には必ず颯洵が。
食ってかかる亮を兄たちと親しげな医師・藍川圭吾は優しく見つめる。
ある日、病院を訪ねた亮は藍川と身体を繋ぐが…。

表題作その純情を暴け

医師・藍川圭吾 35歳
若頭預かりの身・鈴原亮 20歳

その他の収録作品

  • 純情と欲情の関係
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数5

どストライク!

藍川のキャラが好きすぎました!イラストでさらにうふふ。
あのSっぽいのがヤバイですねー。
あと、亮君が可愛い……。

兄ちゃんの「パンツ裏返して履け」発言は笑ったwww

0

亮君みたいな弟がほしい!!

この本は『この愛を喰らえ』に続くシリーズものの、第2弾です!
ワタシは個人的にお兄ちゃんには萌を感じなかったんですが、
ずっと、弟可愛いなぁ(*´∇`*)と思いながら読んでましたww
『馬鹿な子ほど可愛い』な本です!

ぜひ読んでみてください(*´ェ`*)ポッ

0

馬鹿な子ほど可愛い^^;

こちらの主人公は前作で騒動を起こしてくれた、
「兄ちゃん大好き!反抗期」の弟くん亮になっておりました。
事件以来、颯洵のお預かりの身分になっている亮と、ヤクザと仲良し医師藍川との恋物語。
簡単に言うと「目指せ脱ブラコン!(笑)」「馬鹿な子ほど可愛い^^;」というお話です。
私は受けの考えなしなところに多少イライラしてしまいましたが、そういのがお好きな方には堪らないかもです。
(現に攻めにはそういうところが魅力だったようで・・・w)
前作ほどインパクトはなかったですが楽しく読ませていただけました。

1

がんばれ亮☆

「この愛を喰らえ」シリーズのスピンオフです。前回緋賀組若頭・颯洵を刺してしまった亮。颯洵の恋人であり、自分の兄である鋭から叱られた後、緋賀組に入り部屋住み(下っぱ)になっていました。

亮の魅力はそのガキっぽさです。チームの頭を張るくらいの器量はあるのですが、考え無しな所が多々あります。それでも何故か憎めない。なんか可愛い。

亮は相変わらずお兄ちゃんの鋭が大好き(笑)しかしお兄ちゃんには颯洵がいる。自分のことは誰も必要ないのかとやさぐれる亮の前に現れたのが、医者の藍川でした。

藍川は一見優しく優秀な医師に見えるのですが、内面はホント最悪です(笑)手術の後は緊張を解くためだとか言って、いつも空き部屋に看護婦を連れ込んで愛の無いセックスを。時には男が相手の時も。

亮は藍川に一つ借りがあったため、手術後の藍川に抱かれてしまいます。ここではまだ藍川の気持ちはわかりません。亮のことをバカで可愛い子供だとは思ってるけれども、それが愛なのかどうなのか…単に身体目当てなのか?

そんな藍川にも消えない過去が。自分の存在価値が分からなくなっていた時、高校生だった鋭の言葉に救われ続きたそうです。それからは医師としてがむしゃらに働いてきた藍川。しかしやはり人は光を求めるもので、藍川の前に現れた光は亮でした。

子供で考え無しで無鉄砲な亮。だけど時々ほろっと優しくて。自分の大事な人間のためなら一生懸命になる亮は、藍川の目には眩しく映ったようです。

それからはなんだかんだ事件もあり、ようやく二人はくっつきました。よかったよかった(・v・)
くっついた後の藍川の豹変ぶりが良い☆本性を表した藍川は亮をベタベタに甘やかしてる感じが。お兄ちゃんの鋭にまで嫉妬はするし、セックスは相変わらずイジワルだし。でも結局は亮にメロメロです(笑)

これから亮がどんな風に育っていくのかが楽しみな作品でした。なんだかんだいって亮は器量のある子だと思います。もう少し年齢を重ねれば、きっといい男になるでしょう。兄の鋭と同じく、男をたぶらかすDNAは受け継いでいるようですから(笑)

がんばれ亮☆未来の組長!

1

馬鹿な弟が可愛いです。

●シリーズ物1作目の弟の話になります。
おばかな主人公で、かなりハラハラさせられます。おばかと言っても「電波系」とか「無知」ではなく、「少し考えなし系」です。
兎に角、兄が大好きであわよくば恋人の座を狙っていると、コミカルな面もあります。
おばかではありますが、利発な主人公で、ちょっとした駆け引きも魅力的でした。

●後半主人公がかわいそうな感じになりますが、むしろそこが私は面白かったです。主人公がかわいそうな話が好きな人はきっと、楽しめると思います。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ