王様と犬のご趣向

ousama to inu no goshukou

王様と犬のご趣向
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
8
評価数
3件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
芳文社
シリーズ
花音コミックス(コミック・芳文社)
発売日
価格
¥562(税抜)  ¥607(税込)
ISBN
9784832285002

あらすじ

ツンデレお坊ちゃま・泉谷は、同じクラスの水落を日々の雑用から性欲処理までヤらせちゃう“忠犬”として虐げていた。
そんなある日、2人の主従関係が逆転し、プライドも体も汚されてゆく泉谷だったが・・・・・・!?
表題作のほか、看守×罪人、ネコ耳王子様などなど、萌えまくりな過激H満載のラブキュン★BL初コミックス!!
各作品のその後のお話大量描き下ろし付。
(表紙裏より)

表題作王様と犬のご趣向

水落・忠犬
泉谷・ツンデレお坊ちゃま

同時収録作品谷ヶ屋くんと蔵内くん

谷ヶ屋次朗 高2
蔵内水樹 高2

同時収録作品せんせいの誕生日

三浦 教師
西成 生徒

同時収録作品愛させて下さい。

藤堂 高校生
武蔵野陸 ヤクザの息子

同時収録作品しっぽのお城のご子息様

アスター 執事
レナード 城主の一人息子

その他の収録作品

  • 青空とビワ畑
  • 双子のキモチ
  • 桜下の檻
  • ねずみの押しかけ女房
  • 30年前のしっぽのお城のご当主様
  • ねずみの押しかけ女房リターンズ
  • 檻の外

評価・レビューする

レビュー投稿数2

う~ん;;

初読み作家さん。
絵柄も話もあまり好みじゃなかったのが残念。
特に猫耳系はイマイチでした。モフモフは好物なんだけど…。

でも、「桜下の檻」「檻の外」は、好きでした。
罪人の更生プログラムのバーチャルソフトの世界で【看守×罪人】の2人が
現実世界では
看守→警備員(サンプル提供者)
罪人→開発研究員
として存在し、顔見知り程度なんだけど、お互いにちょっと気になってる感じ。
今後この2人がどうなっていくのか…。
世界観もおもしろいし、続編が読みたいな~と思いました。


0

王様と犬のご趣向レビュー。

短編集です。表題作は7作目に入っています。
絵はちょっとクセがあってロリ系。この絵柄で汁満載のエロ作風。普段だったらなかなか読まないタイプの本なのですが、本誌でチラッと見た時にトーンワークが素敵で惹かれました。

表題作は、ツンデレお坊ちゃま・泉谷は、同じクラスの水落を日々の雑用から性欲処理までヤらせちゃう「忠犬」として虐げていた。
そんなある日、2人の主従関係が逆転する!
プライドも体も汚されてゆく泉谷だったが、何故か意地悪されると感じてしまい…。

下克上モノといえば良いのか、坊ちゃまが急に貧乏になって環境が変わってしまったという話。
忠犬に躾けた男に、体を好き勝手される。
ツンデレ好きさんならツボる設定かもしれない。坊ちゃんだからって人を犬扱いしちゃう様な小悪魔好きさんにオススメかな?

個人的には『谷ヶ屋くんと蔵内くん』のヘタレ×襲い受話が面白かったです。へタレ攻に弱いので…。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ