キミログ

kimi log

キミログ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神32
  • 萌×27
  • 萌12
  • 中立5
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
32
得点
229
評価数
56件
平均
4.2 / 5
神率
57.1%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
白泉社
シリーズ
花丸文庫(小説・白泉社)
発売日
価格
¥533(税抜)  ¥576(税込)
ISBN
9784592875413

あらすじ

どこにでもいそうな中学二年生の高垣睦は、寝る前にインターネットに繋ぐことが日課になっていた。
ある日、睦は同じクラスで近寄りがたい優等生の曽原淳が開設しているブログを偶然発見する。
が、そこに書かれている文体は、普段の曽原とは全然ちがう弾けた文体で、秘かに好きな人がいるなんてことも告白していた。
が、その「好きな人」の符号がなんだか睦と合致するような気がして!?第58回花丸新人賞受賞作に書下ろしを追加した、純愛電波恋物語。

表題作キミログ

優等生・曽原 淳
どこにでもいるお勉強の苦手な子・高垣 睦

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数32

可愛さにキュン死(〃д〃)

読んでいる間中とっても楽しかったです。
ニコニコ、ニヤニヤ、時にクスッと笑みがこぼれ…癒されました。
初恋のときめきやワクワク感、ほろ苦さなどを思い出しながら読みました。
また主人公の二人がとても可愛くて。
だって!中学生ですよ!!男同士で同級生!!!あぁ…っ!
胸をキュンキュンさせたり、「良いわぁ、こんな頃に戻りたい」なんて思ったり。
シニカルなそしてエロティカルなお話も大好物な私ですが、こんなコミカルで甘酸っぱいお話も大好きです。
ただただコミカルで可笑しいだけじゃなく、時にしんみりしたりほっこりしたり。
それにソファラくんのブログでの文章がまた良いです。
普段はポーカーフェースでカッコイイ曽原くん、その彼がソファラくん(自分)のブログでは実に弾けています。
思わず突っ込みを入れたくなる場面もあり、ですがその前にもっと的確な突っ込みをしてしまう睦くんがいます。
クライマックスというか、最後の方の告白のシーンにやられました。
ドキュン、ズキュン、すごい、素晴らしい展開です。
ある意味、睦くんは内緒でソファラくんの日記を読んでいたようなものです。
まぁブログ続きなので、当の本人に読まれる危険性も覚悟の上で書いている様なものですが。
そういう意味では罪でも何でもありませんが、二人の間にこのブログを巡って何やら一悶着があるかもと恐れていたので、「そうきたか!」とホッとしました。
ラストも未来を感じさせる素敵な終わり方です♪
その後のお話がサイトに載っているとのことで…これから探しに参ります。

***************************************************

番外編、読みましたー♪いろいろなエピソードが満載でとても楽しかったです。
驚きだったのは一人称で登場する曽原くんの義理のお父さん。
義理とはいえお父さんなのに、ちっとも威厳がありません。息子に恋人がいると知り、なんとプレゼントにコンドーさんを贈ってしまう、実に愉快なお父さん。しかもその使い方まで懇切丁寧に教えてくれようとします。驚きを通り越して笑っちゃいました。その上で二人の恋の手助けもちゃんとしてくれます。相手が同級生の男の子と知った後も。ユニークなだけじゃなく本当に人の良いお父さん。
そう、全体を通してこの小説には悪い人は一人も出てきません。ほのぼのとしていて幸せになれる、そんな物語が満載です。
ですが二人が喧嘩をしてしまい、売り言葉に買い言葉で暴言を吐くエピソードがあり、それにはハラハラさせられましたし、ちょっぴり悲しい気持ちにもなりました。
「彼氏面すんじゃねぇよ!!」とは睦のセリフ。喧嘩のときって、普通だったらあり得ない暴言が口からドンドン吐き出されてしまうもの。言った瞬間に「しまった…!」と思っても、もうその言葉を引っ込めることが出来ません。私自身も家族と喧嘩して、何度も自己嫌悪に陥った経験があります。だからその時の睦の気持ちは痛いほどわかります。
そして言われた側にしてみればそんなこと思っていたのかと、きっと辛い気持ちになりますよね。口は禍の元です。どんな時でも何を言われても、言ってはならない言葉ってあります。自分自身、気を付けねばと思いました。
最後の方は未来のお話し、2017年って言ったら、今が2016年なので来年のお話し。
本当にいついつまでも幸せな二人がとてもまぶしく、素晴らしいお話しでした。ソファラくんのブログがもう拝めないなんて悲しい限りです。韻を踏んでいて弾けていて、読んでいるものを幸せにしてくれます。ソファラくんも高将にぐん先生も天才だわ、と思いました。
今後、先生の他作品もおいおい読んでいくつもりでおります。幸せ気分を味わわせてくれて有難うございました。

3

二重人格ぶりが面白かった

曽原のブログ限定の二重人格ぶりが面白かったといえば面白かったですが、ラノベどころか小中学生向けの児童文学を読んだような印象でした。またイラストが輪をかけて子供テイストで(むにむに柔らかそう)、まー中学生なので微笑ましくはあるのですが。

表記は曽原×高垣ですが、二人の性格と成長の見込みを考慮するとそのうち逆転するのかも?と感じました。

1

笑える純愛

2007年発行なんですね。この作家さんの他のお話を最近いくつか読んで面白かったのでこちらも読んでみました。まあ、笑った。普段の曽原とハイテンションなブログのギャップに腹を抱えて笑いました。軽妙な語り口、一途さ、時事ネタも当時の気分で。こんなブログにもし出会えたらきっと毎日チェックしてしまう。ソファラ君を応援したくなります。
個人的にはクラスメイトの女の子、芳野さんが好きでした。とても一生懸命で頑張り屋さんで友達思いの良い子です。
睦も曽原も芳野さんも、クラスメイトの子達も、時に可愛く時に大人びて、それぞれに悩んでいる姿が中学生らしくて、素敵な純愛物語でした。

3

PURE PURE LIPS 気持ちはYES♪

読んだのが今よりも約6年前ですので、今思い返すと若々しいセレクトの本です。
今の自分が「中学生」×「中学生」を選ぶかと言ったら微妙です。
内容によりけりとは思いますが、やっぱりBLならギリギリ高校生くらいからで読みたいな。
爆笑ものや爽やか系、過剰な性描写のないものでしたら全く問題ないですが、
がっつり性描写ありな内容だったらもう無理です;;;
とは言っても未だ読むもの選ばずなセレクトをし続けていますが(笑)

しかしこの作品はギャグ要素が強く、二人のピュアな部分に焦点を当てているので年齢的なものはあまり気になりません。
ただ、時事流行を感じるネタがけっこう入っているので、今読むと時代を感じますね(笑)

この作品は普段の様子とブログでの口調が、ギャップが激しい曽原君という子が笑えるお話です。
そして曽原君が自分のことを好きだ好きだと書きまくっているブログを見て、ドキドキしている主人公の高垣。

高垣は最初から曽原君の気持ちを知っているという筋書きです。
そこからのスタートなので、本の内容としては高垣と曽原君が果たしてどうやってそういう仲になるのか、そこが見続きものです。
あと、ブログを通じて曽原君のことを知るということが、相手の気持ちをのぞき見しているような気分になってしまうところもこの作品の良さです。
最初は恋心なんてなかった主人公が好きだ好きだと言われているうちに、徐々に気持ちに変化が表れていく。
そんな主人公の内面の変化も面白いです。
まぁいろいろツッコミどころはあるにせよ、楽しく読める作品として私は好きでした。

高垣もブログを書いている曽原も可愛い。
すくすくと育って行って欲しいと暖かいまなざしを贈りつつ読み終えました。

その後のお話がサイトのほうに載っていますが、そちらも素敵です。
こちらは社会人になるまでの番外編があります。

心が浄化されるようなお話でした。

2

超最高!

読み終わってちょっとしか経っていませんが、未だにこの作品を思い出す度にどきどきしてしまいます!
ポーカーフェイス曽原くんのブログでのはっちゃけた姿、ソファラくん。
睦くんへの片思いを、読んでいる方があまりに恥ずかしくなるほどに痛々しい文章がツボです。

「こんな、あの子の事を好きだ好きだ書き連ねてるブログ、本人に見られたりしたら僕は日本海を見に一人旅に出ますよ!」
↑これまだ序の口。
中学生とは思えないオヤジギャグから痛々しいちょっと前の時事ネタ、死語のオンパレード。
「教えて」、って書くとこで「教えてgoo」って書いちゃうw
この爆笑ブログが物語をどんどん引っ張っていってくれます。
とは言っても、曽原くんの恋自体はなーんにも進んでないんですけど。

この小説の斬新なところって、ブログに着目したことはもちろんですが、最初から相手が自分を好きなことが明確な証拠としてバレバレのとこなんですよね。
語り手の睦くんはもちろん、相手が優等生で、自分のことを好きになる心当たりもなく、相手が男の子ってことで、もちろん受け入れがたいわけですが。
シチュエーション的に、相手の心続きの声が全部聞こえる超能力の映画(なんか、そういうのありましたよね?)みたいな感じですよね。
睦くんは可愛いけど結構男前で、曽原くんと積極的に関わっていくわけですが、それらのことは全てブログで筒抜け。
読んでてキュンキュン爆笑しましたw

前半はとにかく、ギャグ満載で(いやそれは最後まで続くんだけど~w)、一言で言うなら「萌え笑い」ってやつのオンパレードです(笑)。
だけど、後半に行くに従って、どきどきが大変なことになります。
曽原くんにはどうしても告白する勇気はないし、睦くんだって「お前のオレへのラブラブブログ、実は読んでる」なんて、絶対言えないし。
どんどん仲は深まっていくのに、曽原くんがあきらめきってるのがブログにまた筒抜けなんですよね。
こういう過程で、ただ睦くんのジタバタを描いてるだけでもなく、曽原くんだけでなく睦くんの魅力が分かるエピソードが実は豊富に盛り込まれてるんです。

クールな優等生が実はブログ上で本音を痛々しくぶちまけてるっていうギャップと、可愛らしい睦くんの男前さのギャップ。
どっちも萌え萌えでした~。
ラストは、睦くんが一番男前に見えました。
男前の睦くん、やっぱかわいいよね!
中学生の恋愛らしく純粋!って思いますけど、私は中学生にしかできない純愛とは感じませんでした。
設定として一番おいしいのは中学生だけど、うーん、こんな純愛、高校生以上にもしてほしい!w
ムードメーカーのにゃーっす睦くん(笑)を高校生で描くのは至難のわざかもですがw

この小説を読み終えて、私が気付いたことがあります。
どんなにハッピーエンドでも、BLには切なさが漂うんだってこと。
男同士で大変だからとか、分析すればもちろんそういう理由も思いつくけど、しっくり来ない。
これが、BLの魅力なんだって、思いました。
読み終わって感動、幸せ、だけどもやもやして。
その後作者さんのサイトで続きの番外編を一気に読んじゃいました。
高校生編大学生編から、社会人編まであって。
私、基本的にBLは高校生が主人公のやつばかり読むんですけど。
キャラが強烈だからか、社会人編まで、本編を読んだ時と同じわくわく感で読み終えることができました。

だけど、それでもやっぱり、切なかったです。
なんでだろ、この気持ち。
BLってこういうものなんですね。

2

面白過ぎて腹筋が飛んだ ☆ミ

レビューを読んで面白そう♪と、ようやく本を手に入れました!しかし、なんてこった。こんなに面白いとは・・・常に口を閉じていないと、ニヤニヤしちゃって、MAJIで気持ち悪い人の称号を一瞬で手に入れられそうです。ソファラくん、ありがとう。日常生活に支障をきたします(笑)

--(以下ネタバレを含みます)--
攻めの中学生の曽原くんが、面白過ぎます。
学校ではクールで格好良く、頭が良い、その上運動も出来るとか天は二物を与え過ぎます。
中学生といえば馬鹿やったり、自意識過剰で本気で異世界行けると信じてたとか、振り返るとあれ?黒歴史ってやつじゃない?あのこれデリート出来ますか?出来ませんか・・・そうですか・・・みたいな感じだと思うんですけど、(私だけかもしれない)
そんな年頃の子と比べると、女の子にも親切で、とても落ち着いる優等生の彼。

しかし、ネットのブログでは、「え・・・?同じ人なの?」と思える程のハイ・テン・ション!満開!ソファラという名義で、日々の出来事を書くのですが、これが面白過ぎます。

――春です。春休みです。呪います。(←ソファラ君による、とある1日の書き出し続き

物騒っ!!冬が終わって穏やかな日に一体何が!?と思えば、「学校が休みで好きな子に会えないから」って、可愛いじゃないか・・・!あの大人っぽい感じからは想像がつかない程の、年相応の可愛らしい一面を見て、萌えました(^////^)

そのブログを見つけた受けの高垣は、段々と曽原くんが気になりはじめて・・・?同じクラスのパン屋の女の子が出てきたり、彼女がまた可愛かったです。誰が気に入らないとか全く無かったです。

高垣は自分の気持ちが分からなくて迷ったり、女の子は気持ちを伝えたいと思ったり、曽原くんは気持ちは伝えられないって思ってたり、それぞれの相手の行動に一喜一憂している姿は可愛くて、一生懸命で、みんな頑張れー!って応援したくなりました。

とくにソファラくんはテンションの上がり下がりが半端無くて、血圧とか、だ・・・大丈夫!?と心配になりましたけど・・・(笑)
落ち込んで、三途の川でテイクオフ。喜んで、ガンダルフが白くなった!(・・・指輪物語?序盤グレーのおじいちゃんだったもんね・・・2部位で神様みたいに白くなったよね。)とか、名言に爆笑しつつ、ネタに同意しつつ、本当に面白かったです。

ソファラくんのブログとそれを読んでツッコミを入れる高垣がツボだったんですが、それだけではなく、なんとなく懐かしいような、キラキラと純粋な部分がとても素敵で、読めて幸せな気分で床にダイブしました。

気分が沈んだ時に読んだら、元気出そうです。ソファラくんのブログと、このお話が、いかに面白いのかをアピールしたかったのですが、気持ち悪くうざったく感想は書けても、ソファラくんの様に面白く書けません。どこでその装備は売ってるんですか?ソファラくん!答え:元々シンプル設計 曽原くんのオプションです。ガッテム・・・

最後に「にゃーすっ」って高垣の挨拶はマジでナノちっちゃくて、メガ可愛いです!

3

ぴゅあっぴゅあ極まりない!

前回読んだ別作品が面白かったので、評価の高かったこちらを購入。
設定は中学生同士。
直感的に致す絡みは無さげに思いつつ、裏表紙のあらすじを読み、本編へ突入。

これは……「純愛電波恋物語」と銘打つだけのことはある!

低身長がコンプレックスだがドコにでもいそうな中学2年生の睦(むつみ)と、クラスメイトで生徒会役員の品行方正デキた男・曽原(そはら)のお話。
寝る前の日課となっていたネットサーフィンで、とあるブログを見つける。
内容を読むと、どう考えてもクラスメイトの曽原としか思えない。
しかしそのブログ、同い年で有りながら大人の雰囲気満点な曽原には到底結びつかない位、ブッ飛んだ内容ばかり。
しかもしかも彼の秘密の片思いの相手は、考えれば考える程「自分」なのだと確信して――と進んでいきます。

この曽原が開設しているブログ『ドレミソファラ』が何とも最高。
よくもまぁ思いつきますわなと思う位の言葉の羅列。
吐き出す場所がブログしかないものだから、ここぞとばかりに大噴出しています。
そしてそれをコッソリ眺める睦の気持ちの変化が、自然で無理なく読めました。
曽原の続き書く内容は睦に寄せる恋心だったりするんですが、睦は曽原が自分に思いを寄せてる事を分かっている訳ですから、例えば今日はこんな事があった、だから曽原はそれについてブログを更新するだろう。
じゃぁ、どんな言葉で綴るのかな、なんて、無意識に楽しみになっていたりもするのです。

どんな言葉で合っても、ブログの文面からは、彼の優しく激しい隠された情熱が溢れんばかりに伝わってくるので、リアルのクラスメイトの曽原の事も意識してしまう。
最初は、表向きは優等生の曽原。裏(ネットの世界)では馬鹿丸出しな彼、という認識だった。
でも、
「こんな涼しい顔して、本当は腹ではブログみたいな事ばかり考えてるんだろう?」
という考えが、二面性としてではなく、曽原という一人の人間としてしっかり見据える事になっていくのです。


学生ならでは、な、修学旅行のシーンがあったり。
クラスメイトの可愛い女子とのやり取りがあったり。
こちらの気持ちも、同じ位ぎゅんぎゅん学生時代に戻れた感じがしました。

もうもう兎に角ピュア極まりない。
何にも考えずにライトに読める、けれどほっこり最後はうっとりときめいちゃえます♪

「ナノちっちゃくてメガ可愛い」なんて、最高の褒め言葉じゃないか!
あまりのキラキラ純粋加減に、私の心もぎゅんぎゅん鳴り響いてしまいました。
この小説と出会わせてくれて有難う神様なぜあなたはそんなに優しいのですか(答え:ジェントルメンだから)。(←ソファラ風)


又、作者さんが入られてるサークルのHPにて、こちらの番外編が読めます。
それが又可愛くて…
出会った時は中学2年生、そして高校生、大学生と進み、就職してからのお話まで。
気付けば12年経っていた、という2人の歩みは、きっとこれからも変わらないのかな、とこちらまで幸せ気分が味わえました♪

3

ピュアな恋愛に癒されます

ネットで偶然見つけた同級生の曽原のブログ。
そこには、曽原が好きな「あの子」の事が書かれているが、
その「あの子」は、どうやら自分の事らしい・・・と気付いた高垣。
曽原は、眉目秀麗・成績優秀・スポーツ万能な優等生。
そして、高垣と同じく、男、である。
どうしてそんな曽原が自分を好きなのか!?
気になって、高垣は毎日曽原のブログをチェックする様になります。

この曽原のブログが面白い!
曽原節?な文章もですが、内容もストレートでカワイイ(笑)
ほんの些細な高垣との日常が、曽原にはこう感じるんだ・・・
と、読んでいて本当に微笑ましいです。

そして曽原の熱い想い(?)を毎日読んでいた高垣は、
いつのまにか自分も曽原を好きになってしまいます。
そりゃそうでしょうね、あれだけ毎日好きだの可愛いだの書かれてりゃ、
絆されるのも当然でしょう(笑)

最後は本当に爽やかでした。
両想いになると同時に遠距離恋愛になって、ちょっと切なかったですが・・・
「紐無しバンジージャンプ」には爆笑しました。
曽原って本当に面白い(笑)

ところで、この本を読んで一番想続きったのが、
「曽原、どうやって時間のやりくりしてるんだろう」ということ。
学校に通って、成績は常に上位。
それなのに、毎日ブログを書いてレスにもちゃんとコメント返して、
働く母親の代わりに夕飯作って、読書もしている。
ほんと、スーパーマンです!
時間の使い方、教えてください(笑)

1

こっそりブログ

ブログ・・・それは誰が見ているのかわからない。
もしかしたら 気になるあの子が見ているかもよ!!
ブログ更新が楽しみになって・・・・・。
中学生です。
かわいいなあ。
感想は それだけ。
この本はBL初心者お勧め本です。
必ず気に入ってくれる事 まちがいありません。
なんてったってHが無い。
お笑いもたくさん入っているし すごく読みやすいです。
あっという間にさらっと読めます。
中学生・高校生は身もだえしてくれそうだ。
(18歳以下読んじゃダメよっ!!)

3

曽原節可愛すぎ

発売当初読んだとき、普段クールで優等生な曽原くんのブログのハイテンションぶりに強い抵抗感を感じ二度と読まないだろうと思い処分してしまいましたが、何となく高将先生のhpを覗いたらキミログの本編が読めました。
当時、あまりにも曽原節が痛くて読み切れていませんでしたが、受けの睦くんの飽きさせない独創的な可愛さや一途な曽原くんの片思いさに身悶えしそうになりました。
そう、よく考えると中学生という設定ならありなピュアさです。
どこからつっこめばいいのか分からないハイテンションな曽原くんの惚気に、睦くんがいちいちつっこむのですが声に出して思わず吹き出してしまえるほど楽しめました。

しかもhpの番外編のSSが40弱掲載されており、作者様に愛されていることをつくづく感じました。曽原くんの感動の瞬間のブログも見られます。曽原節のツイートもみられます。非常に凝ってます。
SSは当時から2人の成長をつぶさに描かれており、最新では20年後の2人の設定ってww

お腹いっぱいです。

2

これはカワイイ!

なんというか、こちらが恥ずかしくなるくらい、
ピュアでほのぼの、きゅん!ときました。

それにしても、ブログの内容がなんというか・・・
曽原、ひょっとしてクラスメイトや本人が読むんじゃないか、とか
読んだ人がソファラ=曽原だと気付いちゃうんじゃないだろうか、とか
不安に思った事はないんでしょうか(笑)

しかし、こんなカワイイ事書かれてそれが自分の事だと気付いたら
睦じゃ無くてもうれしハズカシで恋しちゃうんでしょうね!
毎日ブログをチェックしてしまう睦の気持が分かります。

おもしろかったです。

3

特に曽原が可愛くて良すぎ

ものすごく面白かったです。
ほのぼのして笑えてキュンキュンする、疲れた時に読みたい本だと思いました。とにかく登場人物がみんな色々と可愛いです。
特に曽原のキャラが良すぎでした。眼鏡だし、というか眼鏡でなかったとしても良いキャラです。
ソファラのブログは「お前本当に中学生かっ!」とツッコミを入れたくなる上に、ラストを見る限りあれが地の性格のようで見ていて楽しいです。
睦の事をブログで可愛い可愛いと連呼していますが、「お前の方が可愛いよ!」と思って読んでいました。
「BL小説での自分の一番好きな攻めキャラ」があっさりと更新されていまいました。
睦視点で話が進むものの、ブログのおかげで曽原の気持ちがだだ漏れの為か、読んでいるうちに曽原の応援をしていました。

個人的に攻めを狙う女キャラは存在そのものが苦手なのですが、芳野さんは例外中の例外で、可愛くていい子なので好きです。
女子にモテようが告白されようが、曽原に全くブレが無いのが良いです。
これで曽原の心が1ミリでも動いたなら評価は多分違ったでしょう。

作者さんのサイトで番外編が無料で見られるのも良いです。
番外編続きの睦がいい男すぎます。本編でもラストは男前っぽかったですが、睦に関しては番外編を読んでとても好きになりました。
勿論本編だけでも神評価なのは間違いないんですが。

話が面白く性描写はキス止まりなので、BL初心者の方にはうってつけだと思いますし、BLに慣れた方はある意味新鮮に感じるかな?と思います。

自分がBLに嵌まりたての頃(実はBL小説に関してはまだ一年経っていません…)はBLにはほのぼのした癒しを求めていたのですが、まさにそれにピッタリの話でした。
もっと早く読んでおけば良かったと後悔したレベルで気に入りました。

エッチ無しの中学生同士の話がOKな方に手放しでオススメします!

4

かんわいいい~♪───O(≧∇≦)O────♪

ずーっと読みたいと思ってたおはなしで、読み終えて満足ですo(^▽^)o
ネットって匿名性が高いけど、もしナイショでやってるクラスメートのブログを見つけちゃったら⁈
もぅ最初からワクワクでよみました♪
なんか、攻めさま受けちゃんてくくりじゃないんですよね。
もちろんソファラくんが攻めなんだろうけど。でも違うんです、もじもじしちゃうくらいピュアでかわいい二人だから!
ブログでさらされる自分へのなんの隠しだてもない文章で、好き好き好き!って。
あんなに書かれたら気になっちゃうし、好きになっちゃうと思う!
でもあんなハイテンションのブログ、好きな人に読まれたら合わせる顔ないです(笑)
とにかくかわいくて、終始にやにやが止まりませんでした!
にぐんさんのサイトに続きあるんですね⁈
絶対チェックしちゃおうっと♪

2

転げまわってしまった~!

いや、面白可愛かったです。
ツイッターやブログ人口が増えてるネット社会の今、ありそうな話ではあるんですよ。

睦〔受〕はネットサーフィンをしていて偶然に同級生・曽原〔攻〕のブログを見つけちゃいます。
好奇心からそのブログを読んでいる内に、曽原に好きな相手が居て、それがどうやら自分である事に読んでいる内に気付いてしまうのですね。
もうその曽原ことソファラの書くブログがもう可愛いっていうかテンション高過ぎて笑える位にテンションが高くておもろい。
しかも優等生で真面目な曽原とブログの文体のギャップの激しさがこの作品の面白さのツボでもあると思う。

しっかし読んでてうひゃああああって転げまわりたくなったのは、こんなブログ書いててそれを好きな相手に読まれていたらそりゃなんつーかたまらん気分になるでしょうなー。
もっそい恥ずかしいと思う!もう叫んで転がりまわりたくなると思うのです。

恋する曽原のブログ内容が凄く可愛くて、面白くて、読んでいる内にイチ読者として彼の恋を応援したくなりました。
それと共に、おいおい読まれてるぞーー君のブログが本人に!!とツッコミつつ読むのもまた続き楽しかったです。

いやーー面白かった、そして可愛かった!
曽原のブログ内容がともかくおもろいのでこれはおススメ。

4

面白かったっ!

お話自体は特にひねりがあるわけでもなく、ありがちなネタなんですが、とにかく愉快爽快です。

勉強ができてマジメでとっつきにくい優等生のブログを偶然見つけてしまうところからお話が始まります。
内容がどうにもぶっ飛んでいて、「これ書いてんのホントにあいつ?」ってくらい教室での姿とかけ離れているんですが、そんな優等生がどうやら自分のことを好きらしい。

こんだけならホント、ありがちだなぁで終わりそうなんですが、このお話はもう、「ネタはありがちだろうが、誰もこんなブログはマネできないだろう!」と言わんばかりの内容。
本当に本当に本当に…×100!!! 優等生のブログの内容が面白いんですっ!
マジで、あれほど衝撃的なブログに私はこれまで出会ったことがないです!
これはもう、面白さは読まなきゃわからない。
言葉だけでも充分ぶっ飛んでて面白いけど、これは普段のソファラ君のクールっぷりとのギャップが可笑しさを増幅させるんですよ。

腹筋鍛えて読まねば、このお話は1冊読み終わる頃にはお腹が筋肉痛になること間違いなしです!
日頃ポーカーフェイスの方は、ほっぺたの筋肉も鍛えておいた方続きがイイ!
淡々と、黙々と、読むのは絶対無理です。
あ、電車の中で読むのも絶対危険! 
思わず笑っちゃえばバカって思われるし、根性で笑いを我慢してもニヤニヤを隠しきれず変態と間違われますよ。

正直言って、設定、文章、共に好みではなかったんです。
ブログってツールを持ち出した時点でこれ以外の展開はないし、先を楽しみに出来ないもの。
文章にしても、個人的には「~で。」(「~が心配で。」みたいなの)とか「~て。」(「~が嬉しくて。」みたいなの)で終わる文章はイマイチ好きになれません。
時々なら余韻やアクセントになって良いんだけど、多用されるとブツブツ途切れる感じにイライラします。

だけどこの作品に関しては「つべこべ言わずに笑っとけ!」って感じでノックアウトでした(笑)

3

やられました

腐りまくっている私が読んでもいいのかと敷居の高かった作品でしたが、恐る恐る読み始めたらやめられないとまらない。

主人公はちっちゃくて元気いっぱいな中学2年の睦(むつみ)君。
その睦がネットサーフィン中に偶然見つけたクラスメイト曽原のブログ。そこには片想いの「あの子」の話が綴られているんだけど、読めば読むほど「あの子」って俺?
というお話です。
生徒会役員で背も高く素敵眼鏡男子な曽原はスポーツも得意。モテないわけがないだろ!な優等生です。
これまで自分とは縁がない存在だったのに、あまりにもギャップのあるテンション高いブログに面喰いながらも、ついつい毎日読んでしまう睦。
なぜカッコイイ曽原が、チビで女の子にモテたためしのない自分をこれほど好きだと思ってくれるのか。単純な疑問と優越感と好奇心。

日常での実際にあったできごとと、そのことを綴るブログを、読み手は両方知ることができるってのも楽しかったです。
自分の気持ちを知られていることに気づいていない曽原の、クールな装いとは裏腹な、ハイテンションな文体。
おかしくて笑えるけども、はっきり言ってものすごく恥ずかしいです。続きその恥ずかしさは、学校での優等生曽原君の姿も知ってるからこそ。
私もこのブログを知人にこっそり読まれたりしたら…穴掘って7年潜ってセミになる。
睦はロムってることを、いつ曽原にバラすのか、はたまたバレてしまうのか?と楽しみでたまらなかったけど、不覚にもそのシーンで号泣してしまいました。
可愛くて恥ずかしくって、汚れた大人が読むべき純愛電波物語。
心洗われた!

2

笑った!!!

実際に逢ってる時とは大違いのブログ内でのテンションの高さに
笑いすぎてたびたび読む手が止まってしまいましたwww
ギャップがありすぎてwww

これはどちらかというとBL初心者向きですね。
中学生らしくエロはまったくなしでキス止まりです。青春!!!
なので初めて読む方とかには読みやすいと思います

エロだけがBLではないんだなと改めて実感させられた作品でした。
もうにやにやしながら読んでました。
かわいいんだよ。こいつら。

もう一度言いますが本当に腹筋が崩壊するくらい笑いましたww
ソファラ節がすごいです!!!

高将にぐんさんのサイトで続きが読めるのですがこれはお勧め!
大きくなったあの2人は描写はないですがエロイことも
したようで、もうそれだけでニヤニヤします
個人的には曽原のお父さんがいいキャラです!

たくさんあるBL作品の中でも結構変わった(いい意味で)作品だと
思いますので読んで損はない!むしろ読むべきだ!!!
とても良い作品でした!!!!

3

ソファラ

たしか、昨年かなり評価高く~でなんかありましたよね??
それで気になって持ってはいたんです。
ようやく読むことが出来たわけですが、これはイイよ(*゚∀゚*)
エロとかないのにこの充実感やいかに!

どこにでもいそうな中2の睦。
ネットサーフィン中に思わずみつけたクラスメイトのブログ。
そこに書かれたのは片思いの自分をつづったものなのだが、あれ?この相手って・・・・もしかして俺!?
そんなところから始まるお話。
相手のまっすぐな気持ちがダダ漏れな挙句、学校にいけば顔を合わせるわけで、自分がその相手へ向けた言動が、どう捉えられたのかがブログを見るとまるわかりになってしまう。
しかも、いつもクールで冷静なアイツが、こんなハイテンションで・・・
と、いう妙なバランスがこれまた面白い
思わず笑ってしまう。
そして思わずかわいいとおもい、切ない一面にはシュンとしてしまう。
読んでいて久しぶりに「楽しい」作品でした。

ラストに向けて。
最初はなんとも思ってなかった相手の気持ちを知り
気になり、気になって、好きになる
最後までブログで~な展開が面白かったです。
続き
たびたび睦が言う「馬鹿ソファラ」がなにより私的にツボ

5

初めて読んだBL小説。

これを読むきっかけを作ったのは友人の1人に寝ても覚めてもBL大好きという者がいて、『何でも読むというならこの分類も読むべきだ!』と言って手渡された本の中の一冊です。友人も考えてくれていたようで、BL初心者の私にショックを与えないように、かなりソフトなものを選んでくれたようで、特にこの本はかなり軽いもので、チョメチョメの描写はありませんでした(それが何であるかはご想像に任せます)。
中学の同級生どうしの恋がはじまるまでのお話で、コミカルに綴られていました。
優等生の曽原くんの睦への思いのたけを綴っているブログを読んでいて思わずクスっと笑え、人を好きになるってことはたとえ相手が同性でも同じなんだな~と思いながら最後まで読めました。

2

甘酸っぱい「恋」の話。

 個人的な持論で申し訳ないのですが、私はあまりBLにエロを求めていません。
 エロ=過剰なセックス描写、プレイなんですが。
 商業BLにおいて、そうではない作品を捜すこと、当たる事が難しくなっているなと思う昨今です。

 このお話は、そんな私に打ってつけな(笑)
 転げ回るくらい恥ずかしい、「好き」という気持ちだけが溢れた、可愛い男の子同士のお話です。
 まさに、ボーイズラブ。

 クラスであまり係わり合いのなかった二人が、偶然見つけた「ブログ」を通じて近づくストーリー。
 キャラ違うだろおまえ!というくらい、ハイテンションな内容のブログを書き綴る、「ソファラ」
 彼が想いを寄せている相手が、自分だと気付いた主人公の困惑ぶりと、反比例な相手のエスカレートぶり(笑)

 装飾過多にも程があるだろ、と言いたくなるぐらいの文章は、読者も恥ずかしくなります。
 そのぐらい、彼の心の中で根付いてる存在感。
 誰かに好きだと想われる、こそばゆさ。
 心地よさ。

 ブログという、ある意味他人の日記を覗き見してしまった状態から始まる二人の関係は、オンでもオフでもじれったい程ゆっくり絡んで行きます。
続き 駆け足じゃない、積み重ねる想い。

 思い余って、ソファラが修学旅行中に行った、寝込み襲ってのキス。
 ここに叫びそうなほど、萌えて燃えました!
 冒頭の話に戻りますが、触れ合いそうで触れ合えない…そんな関係こそが「萌え」じゃないかと私は思ってます(笑)

 一服の清涼剤のように、清々しく爽やかで可愛いくも恥ずかしい一冊です。

3

まっすぐな恋に胸キュン

こちらでの評価が高かったので、気になってHPで読んでみた所、もー胸キュンが止まらなくてこれは文庫でも読まなければ!と思い即購入しました。

知り合いや友達のブログを思わず発見してしまう、って事よくありますよね。
今回は、どこにでもいそうな少年がクラスメイトである優等生のブログを思わず発見してしまい、通っているうちに彼の自分に対する恋心に気づくお話です。

学校ではとても優等生な攻めが、普段絶対に口にはしないであろう電波な発言を日記に綴っているのですが、これが本当に面白くって!すごいギャップです。
けれど、受けの子に対する思いは真っ直ぐでかつ健気。
そんな姿に受けの子も惚れたのでしょう!

攻めの子の落ち込んだと思ったら、受けの子とのちょっとしたことでテンションがあがったりと、とっても微笑ましいです。なんだか昔を思い出します。
もちろん、テンションが激しくあがったりさがったりはネット上でなんですけれどもね。
受けの子も、ただの興味本位で近づいてみるのですが(この辺がとても普通の少年らしい)、接しているうつにどんどん攻めが気になり出して…。
最後に、勇気を出して頑張続きる受けの子がとても可愛い!
中学生同士の恋だからなのか、エッチはありません。
このお話にエッチなシーンは不要!とさえ思えます。
なのでBLデビューや初心者さんにとてもおすすめ。少女漫画のような胸キュンをぜひ味わって欲しいです。
もちろんBLプロ!な方も~。寧ろ、まだ読んでないの!?と言う感じです。

気になる方はぜひ、にぐんさんのHPに行ってみることをおすすめします。
番外編もあって、読み応え抜群!番外編も書籍化して欲しいくらい大好きなお話です。

3

ビタミン剤のような1冊

優等生なのにブログ上では電波な曽原×ちっちゃいのが悩みの元気な中学生・睦の、初恋物語。
笑って、笑って、少しの切なさと、最後はやっぱり笑顔になれる。
そんな、まるでビタミン剤のような大好きな1冊。

元々はネット小説だったので、その当時ネット上で少なくとも3回、そして書籍になって購入後2回。そして今回レビュー前に1回と、通算6回は読んでいることになる。
これだけアホみたいに読んでる自分に驚きだけど、不思議な中毒作用に誘われてふとした時についつい手に取って読み返してみたくなるんです。
何に惹き付けられるんだろう?

ソファラ節は最高だしもちろん話の面白さも折り紙付きだけど、号泣するような心揺さぶられる話とかでは全くないし、攻めのキャラがちょい電波だってこと以外は至ってフツーの中学生の恋のお話でしかない。
でもなんて言ったらいいんだろう。
すごく「まっすぐ」な感じがする、というのが近いかもしれない。

友人と家族と好きな人。
そんな狭い世界に住む10代の子たちが持つ、素朴な「まっすぐ」さがさり気なくでも大切に描かれていて、大人の自分にはとても貴重で大事なものに感じ続きるんだと思う。
だから何度も読み返したくなるのかもしれない。

エロい話も好きだけど、エロ無しで読める話もすごく好き。
そんな本がもっと増えるといいな、と(エロ好きだけどエロが氾濫しすぎてて)思う今日この頃。

5

エロがないから中学生でもよしっ☆

私のいつもの習慣で、BL買う時は、まず最初にパラパラパラって挿絵だけまずどうなってるか見るんですよ。
今回中学生同士だし、エロシーンの絵とかあったら、いくら絵がかわいかろうと、眼鏡がタイプだろうと買わなかったのですが。(つまり攻め眼鏡のビジュアルがツボってたしい)
なかったのでホッとして買いました。(笑)

インターネットのブログって設定がすごく中学生っていう年齢に合ってる気がしてかわいかったです。攻めのブログでの文章もすっごくノリが良くて面白かった。カナリ独特なカンジですねー♪
そして、それだけアップテンポな文章書いておきながら、学校ではカナリ地味な優等生、ってギャップも、なんだか実際ありそうでリアリティもありました。
女の子の途中からませ具合もいいし、すっごくすっごくかわいかったです。

他の人が「神」評価なのもまぁ納得かな?ってカンジです。
ただし、私は「萌え」にします。

最後のね、後味がちょっともの足りない。最後で「そこってどーなのっっ?!」って、私的にはすごく気になってたまらなかったのですよ。だから、途中せっかくすっごく萌えていたのに、なんかそれが全部続き「どーなの」に置き換わってしまったような・・・・・・

最後、二人が出来上がってから、ほんの少しでよかったのです。
アレだけ爆発的なことがネットであったんだし、大体、あったけれど、それはブログの長いコメント群の一番下。
そのコメをブログに来た人みんな見ているなら話は早いけれど、人のブログの、そんな自分あてでない人のコメントレスまで、普通の人はそんな見ているはずないじゃないですからねぇ~

一体、あの後、攻めはそのブログで次の記事とかどうしたんだろうか、そして一連の事件に対する、ブログ読者の反応は??
そこが気になってたまらなかったんですよ、私としては。
だって、ちょっと想像しただけでも、カナリ大変だったんじゃないかと思うんですよ。
「良かったね」って声もあれば、「自作自演」とか言う人もいるでしょうしねぇ~
そこのヘンまたちょっと・・・・・番外編ででもいいから書けば、よりネットらしくなる気もしますし。
「惜しいっっ☆」って感じでした。
そこだけっっなんとかなっていたら、私も「神」かなぁ~?
でも逆を言えば、ささいなところではあるし、だからそこさえ気にしない人であるならば、この作品はカナリオススメです。

3

なんて可愛い恋の話!

こちらで紹介されてなければ手に取ることもなかったかもな作品でしたが、買ってよかった!
ブログで好きなあの子への思いのたけをハイテンションで書きまくりなソファラ君。
もう、そのブログが中学生の無駄なエネルギーやら恥ずかしい感じやらお馬鹿な感じやら、、爆笑ものです。
声に出して笑ったよ。ああもう堪らん。
おかーさーーん、お赤飯ーーー!とかね。
中学生ってこんな感じだよね。高校生じゃあ出せないんだよねこの可笑しさは!
さんざん笑いながらも時にはホロリ。
こんな、ただただ純粋な子供の恋に、誰もが淡い恋心を思い出すのでしょう。
君と目が遇っただけで、たわいも無い言葉で、宇宙一幸せになれる。
何度も読み返してはウルッときてしまいました。
ソファラ君の言葉一つ一つが愛おしい、もっと読みたかったなぁ。
BLでこのようなキスどまりな話ってなかなか無いですよね?
むしろHが無かったから良かったと思います。話が良ければ萌えられるんです。
腐ってるお嬢さんも、そうじゃないお嬢さんも是非是非読んで欲しい。
とても暖かい気持ちになれました。
にぐんさんのホームページのサプライズも良か続きったです!

ソファラ君おめでとう!!

6

ソファラ節、感染ります

中学生のヒミツの恋。好きで好きで大好きで、その気持ちをブログで萌え叫ぶ。片思いで、告白したら相手が迷惑だからずっと見てるだけ。でも相手を好きになることで自分のことさえ好きになれる、そんな前向きさがヒシヒシ伝わってきます。目があっただけでブラヴォー、誕生日を祝ってもらったらナイアガラ、な感じですよ。
視点はそのブログを偶然見つけた片思いされてる側のほうで、クールな優等生であるはずクラスメイトのブログでの電波っぷりにツッコミを入れつつ、気になって毎日見てしまう。知らなかったら普通の友人として仲良くなれたのに、かえって意識する。相手が自分のことを好きだから好きになるわけじゃないけれど、ネットを通して友人になれるように、いつのまにか元気で幸せな気持ちをいっぱいもらってたんじゃないかな。
とにかくかわいいお話でした。中学生なのでちゅー止まりですが(世の中には爛れている中学生もいますが)、好きな気持ちはアンドロメダ大星雲まで行っちゃうくらい負けてない。大好きが溢れてる。ブログの中だけでなく、オフでも時々壊れたソファラくんもっと見たかったなあ。おもしろかったです。

作者ご本人のサイトに番外続き編があるとのことで、読んできました。ネットならではの演出。ソファラ節に声を立てて笑いました。両思いになってよかったね、と言いたい! ほんとにおめでとう!

6

ひよこ

>むつこさん

こうやってコメント返せばいいんですね!
初心者なもので…。

HPにある番外編、たくさんあって、本当に得した気分ですね。
ソファラくんもやっぱりオトコノコなんだなあ、と妙な感心をしまいました。

レビューは1年くらい前に書いたものを転載したのですが、私も読み返したくなってしまいました!

むつこ

ひよこさん、こんばんは。
私もこの作品、大好きです。ソファラ大好き。
作者さんのHPにある番外編、めちゃくちゃイイですねー!レベルの高い番外編の数々が惜しげもなくHP上に掲載されてて、すごく得した気分になりました。
文庫のなかには収録されてなかった初エッチの話も、数年後の話も、ぜんぶぜんぶ面白かったなァ。
ひよこさんのレビュー読んでまた文庫を読み返したくなって、段ボールひっかきまわして探してしまいました…w

完熟寸前の愛しさ

性描写無しで恋の暴走を描き出す事は
何処まで可能なんでしょう?
ここまで暴走しているのに純情で清らかな
関係描写には中々お目にかかれるものでは
ないでしょうね。

ネットを知っていれば判る描写を織り込んだ
小説は存在するでしょう。
でもその描写を古びたものと感じさせず活き活きと
恋の描写に使えると言う事もまた滅多には
無いでしょう。

で、その暴走に挿絵でトドメをさすのですから、
極悪の一作であるとしか申し上げ様がありません。
挿絵と文章の相乗効果は、実に恐ろしいものですね。

因みに。
この作品はネット上で連載していたものだったとの事で、
そのログは現在も閲覧可能です。
そこに室木さんの絵とはまた別に色々掲載されているの
ですが…描いた皆様も本当によく判っていらっしゃる。
そちらもかなり美味しいです。
→http://ponkotu.chocot.net/log/log.htm

9

ピュアな気持ちになりたい方にvv

『人を好きになる』という単純かつ純粋な切ない、ツライ想いが明るく描かれてる作品です。

好きになった人のことをブログで書き綴ってた攻めのブログを、たまたま見つけてしまった受け。
日常のなにげない、ささいな事を気に病んだり、悩んだり。。。
ささいな事も好きな人に関しては、世界の終わりの様に重も~く感じてしまうので攻めがグルグル悩んでます。
そんな攻めに対して、受けの優しさが胸に響きます。
テンポが良く、グイグイどんどん読み進められます。
そしてラストにうれしさで目に涙があふれてしまいますvv

『初恋』ってみんなこんな感じじゃないかなぁ。
読み終えてココロが暖かくなります。

エロエロで疲労されてる方には回復のためにvv
BL熟読者さまにはピュアな気持ちを想い起こさせてくれるvv
BL初心者さまにはお勧めvvな作品です。

3

悶絶

声出して笑いながら本を読んだのって何年ぶりだろう。
こっそりつけてるブログを好きな人に見られてるという設定に恥ずかしくて悶絶しつつ、最後のページまで、レモンサイダー味の恋を楽しませてもらいました。
そのあと自分のブログに日記を書いてたんですが、ソファラ節に影響されて、へんてこな文体の日記になってしまった。
いいなぁこの二人。
笑ってキュンとなって癒されて、残りページが少なくなったとき、読み終えるのが悲しくて、思わずまた最初から読んでしまったほど。

8

腐ってなくても楽しめそう

こちらで高評価だったので、読みました!
これは買ってよかった!読んでいる間、ずっと腹筋崩壊状態www
でも、ただおもしろいだけのお話ではなく、切なくてきゅんとするシーンがあり、最後にはすごく温かい気持ちになりました。
曾原も睦も、そして芳野ちゃんも、それぞれがその瞬間に一生懸命で、良い意味で中学生らしくて好感が持てました。

すごくおもしろくてちょっぴりほろりとくる、こんな良作は題材がBLというだけで読まずに一生を終えるなんてもったいない!
腐ってないけど、別にBLに抵抗はないという人は、ぜひとも読んでほしいです。私もそういう友達に勧めてみようと思います^^

お話には関係ないんですが、これを某サイトで注文しようとしたら、18禁って出た(笑)。
全然そんなシーンはないって聞いてたし、実際読んでみて全く年齢制限物じゃなかったのに。
逆にキミログがだめならこれは完全に年齢制限物だろうっていうマンガは全くスルーだった(笑)。

3

優しさ漂う

こちらで好評だったので読んでみました。

甘酸っぱーい中学生の恋のお話。
たまたまのぞいたブログの開設者が同級生の曽原で、彼が思いを寄せているのは自分のようだということに気付く高垣。近寄りがたい雰囲気だった優等生・曽原のことをだんだん意識しだし、恋心は無いもののブログの更新が気になって仕方がない。
いつもは真面目でポーカーフェイスなのに、高垣のちょっとした出来事も大感動しながらダジャレ交じりのブログを書く曽原。

何がいいって、曽原の純粋に高垣を思う気持ちと、何があっても前向きにとらえられる価値観。高垣の肯定的なものの見方。それぞれが自分のことだけではなく相手のことや他の子(特に、曽原を好きな女子・芳野)のことにまで気を配ることができる優しさに感動しました。芳野ちゃんもとってもいい子なんです。

中学生らしい明るさと元気さとせつなさと、色気のなさ・・・なのに、じんわりと涙がにじむ優しさを感じる作品でした。

7

ビバ! ハイテンション!

どこにでもいそうな中学生・高垣睦は、ネットサーフィンの途中で、自分のクラスで起こった出来事が綴られているブログを見つけます。HNからブログ主は、近寄りがたい優等生・曽原淳だと気が付きます。
文章のテンションの高さなど、普段の曽原からは想像も付かないことに驚く睦ですが、実は曽原の好きな相手というのが自分だったことには、もっと驚くんですが。
それからは、曽原のことが気になって。

最初は登場人物が中学生と知らなくて、読み始めて「どうしよう」と思ったのですが、テンポやノリの良さにぐいぐい引き込まれ、気が付いたら読み終わってました。
それくらい楽しいお話でした。

曽原の書くブログは、とてもとてもハイテンションでHNをもじり“ソファラ節”と呼ばれるほど。訪問者からも、曽原の恋に対して「頑張って~」と応援されるほどなんですね。
学校行事や些細な出来事を通じ、だんだんと曽原のことを好きになる睦。
でも、曽原本人は自分の気持ちを知られているとは思ってもいなくて、ラブと呼べるようになるには、なかなか時間がかかります。
なので、チュー止まり。でも中学生だし、ちょうどいい感じ。だからこ続きその中学生のお話だったのかなぁ? って思ったり。
あまりの甘酸っぱさに、中学生じゃないと出来ない恋だわと思ったり。

曽原のブログ内のテンションの高さや、おバカなノリ、些細な失敗やつまずきに、ついつい応援したくなっちゃいます。

11

かわいい、とにかくかわいい!

今ならフツーにあるかもしれない?と思えるシチュでの二人の気持ちのやり取りが、なんだかこう切なくてもどかしくてとにかく好きな作品です。

睦はどこをどう取ってもとくに特徴のないフツーの中学二年生。顔も普通だし、背もちっちゃい。
ある日、偶然にもクラスメイトの曽原のブログを見つけてしまう。
数日覗いてたら、曽原の「好きな子」が自分らしいとわかり…ってところから話が始まります。

何というか、なんか全てがThe・中学生!って感じです。言動も考え方も。まぁ曽原は母子家庭で少し考え方も大人っぽいんですが、その曽原の書く文章のハイテンションさにギャップがあるだけに笑ってしまう。
睦は特に子供っぽくてフツーの中学生って感じなんですけど、曽原のブログを読んで、自分に対する曽原の気持ちを盗み見る格好になって、曽原を好きになる辺りから色々と成長していったと思います。
こういうお互いが上がっていく感覚は、お綺麗と言われればそれまでなんだけど私はやっぱり好きですね。
そして、気持ちだけを丁寧に追って、これだけ萌えさせてくれるのはすごいなと思います。

実は私はWeb小説の時にリアルに追っ続きて読んでたんですけど、ラストのラストの演出には本当に驚きました。
ああ、これぞWeb小説の新しい形だな!ってなくらいにびっくり感激。
ストーリー知ってるのに、それでも買ってしまったのはやっぱりこのお話が好きだからなんだろうな。
たまにはこういう気持ちだけであったかくなれるのもいいんじゃないでしょうか?

7

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ