カシミアのダンディ 上

カシミアのダンディ 上
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
1
得点
6
評価数
3件
平均
2.3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
日本文芸社
シリーズ
Karen文庫(花恋文庫 小説・日本文芸社)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784537141115

あらすじ

施設育ちの孤児智彦は、東京にこそ、自分の夢を叶えてくれる何かがあるのではないかと胸ふくらませ、上京する。
しかし、智彦を待っていたのは、テレビで流れる華麗なる東京ではなく、日雇いの惨めな生活であり、都会の裏通りのすえた匂いであった。
スリ、ナンパ、クラブ通い…、お定まりのように身を持ち崩してゆく智彦の前に、ある日、美貌の紳士が通りすぎる。
彼の名は、徳永公彰。
金持ちの女たちを狂わせる、超一流のホストだった―。

表題作カシミアのダンディ 上

徳永公彰・ホスト・吸血鬼
間山智彦・孤児・15歳

評価・レビューする

レビュー投稿数1

思い出ください

15年前のJUNEの香りがあふれた作品です。
少し表現が古かったりする点もあるのですが、王道のようなストーリー展開に逆に新鮮味を感じます。

主人公智彦は孤児、人生を変えたくて夢あふれる東京に出てくるものの、現実は変わらない。
盗みやホームレス生活をしながらしのいでいる時、憧れが歩いているような男性公彰に出会います。
ある晩怪我をした公彰を助けたことから、彼がホストのアキトであることと、100年も生きている吸血鬼であることを知ります。
愛情が欲しい智彦が、騙されて黒人達にマワされたり、売られそうになったり悲惨な目にあったりするのですが、公彰に助けられます。
まだ若いのに絶望して死にたがる智彦、
死ねることがうらやましいという、死ねない公彰。
公彰の働く秘密クラブのオーナー須磨子があらわれ、智彦もそのクラブで働くことになる・・・

智彦も公彰もさみしいのですね。
この上巻では二人はエッチしておりません。
色々と秘密が明かされる下巻での展開にお楽しみであります。
智彦の生きる世界は現実なのですが、公彰の世界は夢の世界。
現実離れした夢の世界へトリップするのもま続きた楽し☆
文庫版にあたってえすとえむさんがイラストを描いていますが、雰囲気にあって素敵です。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ