ハレムでひとり(新装版)

一个人的后宫

ハレムでひとり(新装版)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神6
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立3
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
8
得点
40
評価数
11件
平均
3.9 / 5
神率
54.5%
著者
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイコミックス~BE×BOYCOMICS~(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥571(税抜)  ¥617(税込)
ISBN
9784862633057

あらすじ

小さな小さな王国の、若き王さまの夜伽に呼ばれた花菱。優しい王さまに愛され、幸福に満ちていたのに、王さまは花菱のためにもっといろいろなものを手に入れたいと願い──。表題作ほか5本収録のピュアラブ作品集 いちずな恋が泣かせます!

(出版社より)

表題作ハレムでひとり(新装版)

王様
ハレムの中の一人

評価・レビューする

レビュー投稿数8

心癒されるファンタジー

星野リリィさんの作品で2番目に好きです(一番は、『花嫁くん』です)

「受けのコが可愛すぎて女の子みたいで苦手」という意見もあるようだけど、私は可愛い受けのコが大好きなので、問題ありません。

表題作のお話は、受け以外に複数の相手と関係を持つ攻めが好きではなくて、ダメでした。

気に入ったのは、『夜のサーカス』です。ブランコ乗りのひばなは、落ちるのではないかと不安でいっぱいな夜。サーカスの他の仲間には「弱虫」とか「落ちたのね」と責められます。そんな中で唯一励ましてくれたのは、トラのキカでした。短編なのに心がホッと優しくなれる、そんなお話でした。

表題作以外は、どれも童話のように優しくて可愛いお話で、楽しめました。どのカップルも、相手に一途でキュンとなりました。

2

小箱

「小箱」という言葉がすごくぴったりな短編集です。
思い出の小箱といおうか、物語の小箱といおうか……。
一作を除いてファンタジーです。その一作もあまりリアルさのない学園もの。あとがきを読んでも、本当にファンタジーがお好きな先生なんだなぁと思いました。

表題作は昔話ふうな語りでまとめられています。小学生時代は本といえばほとんどファンタジーしか読まず、世界観のぬるいファンタジーを見ると萎えがちな私なのですが、そういう世界観の隙はないです(一コマだけ作画が若干俗っぽい(?)と感じるところがあるのですが、若干です)。模様のついた角砂糖、おめかけさんたちの無国籍というか多国籍な衣装、ひとつひとつが綺麗です。

受はほとんど小さく細く可愛らしいです。一番すきな受は蝶か蛾かの眷族にされた子です。またそのお話で蝶か蛾かのお姉さんたちが受の感覚を味わっているシーンもおもしろかった。なぜ女の子は恋の話が好きなんでしょうか。

お話の進行も巧みなのでファンタジー好き嫌いかかわらずおすすめしたい作品です。

1

かわいいお話

ファンタジーでとても可愛いお話。
ボーイズラブというよりは昔の少年愛といった印象です。
特別これがすごく面白い!というものではありませんが、クセがない分何度でも読み返したくなる作品です。
今のボーイズラブの感覚で読むと物足りないと思います。
長野まゆみさん辺りの小説をイメージすれば可愛くて引き込まれる作品です。

1

しょうがないっちゃーしょうがないんですが

実は星野リリィさんのBLについては受けが女性過ぎ(女性に見えるとかじゃなく性格を含め全般の空気が)てBLっぽさに欠けると常に思ってたり・・・
今から思えば男女恋愛ものの女の子部分を掲載可能な雑誌の都合で
強引に男の子にしてストーリー作ってたのかなぁ。と。

この本の売りであるファンタジーストーリーにしても
「男の子の受けじゃなくて女の子だったらもっと素直に読めたのになぁ」
と思わせるものが大半でした、カナリアとかも。
内容が悪いわけじゃない、時代が悪かった。

2

表題作が秀逸。

私は同人誌で買いました。
これもBLではなくJUNE的でお伽話的ファンタジー。
しかも受けが和装風の女装。
この方の女装キャラは中性的だけど嫌いではないです。

欲望に目が眩み変わってしまった王様のやさしさを忘れずひた向きに愛し、いただいた角砂糖を握りしめて待ち続ける姿が切ないです。
最後はその角砂糖が王様に心を取り戻してくれます。
泣いた。

2

表紙のまんま…

BLじゃ無い……と思う。
ファンタジーとして面白さはあると思うけど、ボーイズラブはない。
収録されてる中に1つだけ学生の話があるけど、それ以外は男か女かわかんないくらいの受け。ってゆうか、まず男である意味がわからない。女の子だって云われた方がしっくりくる。
 
なんて酷評?してしまいましたが、お話としては面白いと思います。
お伽噺みたいなファンタジー。
出てくる受けは皆、女の子みたいな容姿で真っ白ピュアみたいな。
ひた向きに攻めを愛する姿が切ない。
実は残酷な内容だったりするけど、どれも素敵に締めくくられてます。

2

童話のような世界

童話絵本をめくっているような気持ちになれるマンガです。
書き込み方も細かく、コマの隅々まで楽しめ、ワクワクしてしまいます。
読むたびに好きな作品が変わってしまう不思議な1冊です。
ファンタジーはあまり読みませんでしたが、好き嫌いを問わず引き込んでしまうほど世界観が強く、すぐに溶け込めます。

受けのキャラが、女性のようにかわいらしいので苦手な方もいらっしゃるかもしれません。

1

BLにしてはかなり珍しいファンタジー要素の強い作品。
独特の世界観で描かれており、BL漫画ではなくなんだか童話絵本を読んでいるような気分になる。
全体的にせつないお話が多いがどれも最後はハッピーエンド。
読んだあとの読了感が心地いい。
受けは男というよりはどちらかというと中性的なタイプが多い。
この漫画は星野リリィの個性がとてもよく出てる漫画。
ファンタジーという一言では表せないぐらい素敵でかわいらしい漫画。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ