それでもまた朝が来て恋をする

soredemomata asa gakite koi wo suru

それでもまた朝が来て恋をする
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×21
  • 萌3
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
6
得点
19
評価数
6件
平均
3.3 / 5
神率
16.7%
著者
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
スーパービーボーイコミックス(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥590(税抜)  ¥637(税込)
ISBN
9784862633460

あらすじ

上司の夏目の明るい笑顔にほのかな片思いを抱く高橋。同性に恋をして、恋の痛みだけを何度も味わって、それでもどうしようもなく、あなたに惹かれてしまう――。
大人だから、純愛だけじゃもの足りない。エロかわのファーストコミックスとは一転の、切ないリーマンラブv

表題作それでもまた朝が来て恋をする

夏目(サラリーマン・企画部チーフ)40歳
高橋(サラリーマン・企画部)26歳

同時収録作品初めての男 / 続・初めての男

土屋 転校生
伊部葵 高校生

同時収録作品王様の言うことは絶対ですから

織田 リーマン・後輩
米崎(28) リーマン・先輩

同時収録作品うちのコ。 / うちのコ。2

東四郎 大学生
コタ 人間になった犬

その他の収録作品

  • そして昼も夜も君を想う
  • それは当たり前のようにそこにあるもの
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数6

可愛らしかったー!

表題作『それでもまた朝が来て恋をする』&『うちのコ。』が個人的には好きです。

だがしかし!
夏目さん…実は密かにご苦労されているのか…年齢の割に老けていらっしゃいます!
え…40歳?
(ヾノ・∀・`)イヤイヤ…40歳よりももっと年上にみえますよー!!
でもなんか妙に初々しくて萌えました。
おじさん、壁|ョ・ω・`o)ガンバッテッ♪

うちのコ。…可愛い!
人間化してももとが子犬だからなんかもう言動が可愛くて可愛くてたまらんのです!

0

なんだか可愛かった

桜木あやんさんは雑誌での掲載作品をいくつか読んだことがあるだけで、単行本としては初めて読みました。
なんとなくH重視の作家さんだというイメージだったのですが、ちょっと大人っぽい表紙につられ読んでみることに・・・リーマンものが読みたかったんです。

表題作のシリーズのオヤジが可愛かった。40代の設定なんですが、男が初めてということに高校生みたいに浮かれている所とか、恋人になれなれしくする部下に腹を立ててるところとか、年が受けより随分上なんですが、恋愛して思うことは若い子と変わりないな~と思いました。

表題作の外にもリーマンものがあと1作。こちらは会社の先輩・後輩という関係で若めのカップル。

「うちのコ。」は擬人化物なんですが、かわいい作品でした。とても可愛いのでキス止まりでもよかったかな~と思いました。

0

セクハラ発言しても愛されるオヤジキャラが好きなんです!

↑このようなオヤジさんが表紙にいたので購入。笑
当たりでした~~www超好みのオッサンだった…!!!一言でオヤジ萌えっていっても、いろいろあると思うんですが、個人的にモタクサしたオヤジや、可愛いと言われるようなオヤジにはまったく萌えません…。
それよりは、仕事一辺倒とかヘビースモーカーとか、オヤジギャグやセクハラ発言を平気でしちゃうオッサンが好きです。そして、そんなオヤジが柄にもなく恋愛頑張っちゃう話が好きです。年下攻めのオヤジ受けが需要あるのかもしれないですが、断然オヤジ攻め派!!(笑)オッサンくさいオッサンが好きなんですねー。
今回はそんな私の嗜好にぴったりの作品だったということです。

■それでもまた朝が来て恋をする
表題作。リーマンものらしい仕事関係のエピソードがちゃんとあるので楽しかった。
女子社員への軽口(セクハラ発言)や部下の尻を平気で揉む遊び心など、いい感じにオヤジ化したオヤジでございました。笑
オヤジキャラ見たさに買ったので、キャラとしては申し分なかったです。
ただ、欲を言えばストーリーがじゃっかんあっさりし過ぎてたかな…と。一応ノンケのオッサンなの続きで、もう少し自分の恋心を持て余してほしかったような…。でも、短編のうちの1作なので長さ的に難しかったのかもしれませんね。告白シーンがあっさり過ぎたところ以外は問題なく楽しめました。

■そして昼も夜も君を想う
表題作の二人の続き。1話目で心は繋げたんで今度は身体を!という話。男相手に無理させてると遠慮する部下が可愛くて仕方ないオヤジw適度に性欲もあってよろし!恥じらう部下と恥らいのないオッサンの会話が楽しい。(●´ω`●)・*.。

■それは当たり前のようにそこにあるもの
上に同じく。オッサンの誕生日の話。いつまでも謙虚な部下が可愛くて仕方ない。笑

■初めての男/続・初めての男
一匹狼系問題児×ふしだらちゃんの高校生カップル。エロエロテイストだけど、意外と純情入ってくるので、「続」の方で遠距離恋愛するふたりが好きだでした。ありあり、こういうカップル!(・∀・)ノ

■王様の言うことは絶対ですから
会社の部下×上司。ノンケの上司に片思いしてる部下が、合コンの王様ゲームにかこつけてキスしちゃう…という話。短いけど、ちゃんとリーマンものを感じさせるストーリーです。嫌いじゃない。

■うちのコ。/うちのコ。2
大学生×人間になった子犬。ショタが描きたかったのかな~?と思わせる作品。見た目人間になっても性質は子犬なので、すごく大変そうだった。

既刊の『いいコでいさせて。』を読んだことあるのですが、それより断然面白くなってました!リーマン好き、攻めるオヤジ好きには美味しい作品かと。こういうオヤジが頑張る作品がもっとでないかな~(=ω=*)♪

《個人的 好感度》
★★★★・ :ストーリー
★★★★・ :エロス
★★★★・ :キャラ
★★★・・ :設定/シチュ
★★★・・ :構成

0

バ、バター犬…?

表題作はもちろんですが、その他の作品も好きでした。ビッチな高校生の話と人間になった犬の話が好みです。バター犬とか久しぶりに聞きました(笑)。それにショタっぽくて面白かった!

表題作はリーマンもの。上司×部下。二人のぎこちないけれども相手を思いやる恋愛が凄くよかったです。受けの高橋が健気すぎる…。あんなこと言われたらキュンキュンしちゃいます。

攻めの夏目はもう40代だけど「もう一度だけ身もだえるくらいの恋がしたい」と言うのにはくらっときました。なんてロマンチスト。高橋とのセックスのために色々勉強してるのがなんかよかったです。


喧嘩っ早い高校生・土屋×ビッチな高校生・伊部も好きでした。伊部はどんな男とでも寝る淫乱。土屋もいきなりアレをくわえられて乗っかられて搾りとられました。何度も身体を重ねる二人。

しかしある日土屋は他の男の上で腰を振っている伊部を見てしまいます。相手はクラスメイトの田中。土屋に見られた伊部は田中に「抜けよ」と言い放ち「お前はもう帰っていい。土屋のがいいもん」と悪魔の笑顔で平然と言ってのけました。…ビッチすぎる…(´Д`)

ラストはまぁ…続きこれはこれでハッピーエンドなのでしょう。伊部も徐々に常識を取り戻してくれるといいな。しかし土屋はイイ男だった。がんばれ土屋。4コマ(?)ではちょっとは報われてたかな?

最後の作品は人間になった犬の話。魔法使いに人間にしてもらったそうです。運命のご主人様に出会い、一緒に生活することに。しかし元は犬なもんですから問題も起こします。
その一方、交尾のお手伝いもしてくれます。前の変態飼い主にバター犬にされてたとか。噛みついてやったらしいですが…。犬の舌使いはエロいそうですよ。顔射されちゃってます。ショタっぽくてナイスです!最後はハッピーエンドかな。

桜木あやんさんの作品はアダルトテイストのもショタのも読み応えがあって大好きです。続々新刊が出てくれるといいな~☆

1

親父もいいかも

表題作は上司×部下のリーマンもの。
受けはゲイで、攻めは上司でノンケ。
受けは昔から好きになった相手にはいつも想いを伝えられず胸の内に秘めたまま。
なので今回も上司への想いはいつか胸の奥へ蓄積されるのだと思っていました。
少し切なかったです。冒頭では受けの片思いの相手は結婚してしまうし(;0;)
攻めがお見合いをしたと聞いてヤケになり見知らぬ男に抱かれようとしたり。
攻めに抱きついて泣いたり。そのときの攻めが「大丈夫」って言っててこちらまでうるっときてしまいました。優しすぎる…!
無事2人の想いが通じ合い、カップルになったあと、男同士のエチについて調べたり、ジムに行こうかななんて考えてる攻めに萌えましたw

表題作以外には『うちのコ。』が好きですw
飼ってる犬が人間になってしまう話なんですが、その子が可愛くてw
主人のだぼだぼのシャツ着て「ご主人様~v」と言ってきたり、散歩のときは「♪おっさんぽ」って歌ったりww
ショタっ子すぎないのもいいと思いました!

他にも学園ものもあったり。
表題作は切ないリーマンものなので、そういうのが好きな人にはおすすめです☆

1

前作とは一転

上司×部下の王道リーマンものです。
前回の単行本と違いエロメインではなくストーリーがあるちょっとせつない感じの漫画です。
表題作以外には後輩×先輩のリーマンもの。飼い主×犬の擬人化漫画が収録されてます。擬人化漫画はエロはちょっとだけですが、とてもかわいらしくて好きです。
前作のようなエロが好きな方にはちょっと期待はずれかも?

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ