真夜中に揺れる向日葵

真夜中に揺れる向日葵
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×24
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
24
評価数
6件
平均
4 / 5
神率
16.7%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
イースト・プレス
シリーズ
アズ・ノベルズ(小説・イーストプレス)
発売日
価格
¥850(税抜)  ¥918(税込)
ISBN
9784872578522

あらすじ

ひき逃げ事故疑惑をめぐる厄介な依頼を受けた新米弁護士の津田は、調査のため辣腕と噂される一人の刑事に会ったのだが…。
その男、深町は偶然にも数日前、津田が行きずりに抱かれた相手だった。
混乱する津田に、深町は協力の条件として肉体を要求する。
期間限定、交換条件の欲望…。
次第に露わになっていく事件の真相と深町の過去。
駆引きと愛しさと…津田の胸に芽生えるものは…。
スパイラルLOVE、書き下ろし。

表題作真夜中に揺れる向日葵

深町潤毅 交通部刑事
津田真澄 新米弁護士

評価・レビューする

レビュー投稿数3

大人のお仕事BL

お仕事BL。
ストーリーもしっかりしていて、エロもそれなりにあって面白かったです。登場人物の過去も上手くストーリーに絡められていて、無理なく読めました。恋愛の描写は薄めなので、BL的なハラハラは少ないですが、キュンキュンする要素はたくさんあります。

登場人物の二人が、普通に大人で無駄にキャラ立ちしてなくて、でも二人とも魅力的で良かったです。特に、攻の深町がカッコ良いです。最後の告白するシーンで初めて深町の気持ちが分かるのですが、それを知った上で再読すると、さらにキュンキュンします。

他の方も書かれてますが、メインの事件以外の事件も幾つか出てくるので、そこは別の話で読みたかったなと思いました。

auブックパスの読み放題プランにて読んだ中で、一番好きな本です。

0

事件モノとしても面白かったです

警察官×弁護士です。
裁判ものや事件ものだと敵対関係になるお話もありますが、この作品は協力して一つの事件を解決に導く、という、事件ものとしてのストーリーそのものもドキドキして面白くて、単純に読み物として面白いなあという感じでした。でも恋愛部分はストーリーそのものより少し薄めかも知れません。

出会いが、津田が失恋した日にバーで深町にナンパされる、という軽いものだったのに加え、事件を通じて再会した二人ですが、事件の再調査に協力してほしいと言う津田に対して警察の深町が出した条件は「オレと付き合って」というものだったので、なんとも軽いなあというか…。
被害者遺族はとても困ってるだろうに、私情を捜査に持ち込むのはどうなのか、と最初は深町に対して呆れるというか^^;

しかし、深町はとても真摯に事件解決に協力してくれて、熱意もあります。なのでどんどん好感度が上がって来ました。
津田は「ヤリマン」など酷いセリフをはかれて前の彼氏に振られていて、自分でもちょっとやけになっているのですが、そのやけに乗らないで、「やりたいだけで付き合ってと言ったんじゃない」という深町のスタンスがとても格好続きよく見えました。
仕事では正義感があり、プライベートでもきちんと誠実に相手に向き合ってくれる、いい男だなあ、と。

お話はメインとなる事件以外にも、津田が扱う細々した事件のお話もちょくちょく入ってくるため、お仕事部分はそんなにいらない、という恋愛がメインで読みたい方にはちょっとごちゃっとしていると感じるかも知れません。
こういう加害者とか被害者とかが出てくるお話はちょっと苦々しくて苦手な時もあるのですが、最後まで読むと本当の悪人はいなかったな・・・という意味でもほっとしました。そして何より捜査内容にスキがないので、サスペンスものとして読んでも楽しめると思います。

最初は身体ありきの関係だった2人ですが、身体と顔だけが取り柄、ヤリマンと言われて振られた津田の心の傷を深町が癒す展開になっていくのが良かったです。
ただ、津田も誠実な努力家なのですが、主人公にしては可もなく不可もなく…みたいな、ごくごく普通だなあと感じたのがマイナスというほどではないですが、少し物足りない感じでした。

1

刑事×弁護士のサスペンスもの

新米弁護士、津田真澄は訪ねていった遠距離中の恋人からひどい言葉を投げつけられ、ショックのあまり浴びるように酒を飲み、泥酔したところで、行きずりの男と関係を持ってしまいます。が、一晩だけの相手だったはずが、その後、思わぬ形で男と再会することとなって…。 

恋人の言葉が深い傷となり、津田は心を閉ざしてしまいます。自分を肯定することができなくなり、セックスでも快楽に素直に従えなくなってしまうんです。恋人の暴言はあんまりですね。もはや人格否定だと思います。津田にとっては、まさにこの暴言が心を抉る刃となり、後々まで尾を引くことになります。このお話は、心に傷を負った津田が、そこから立ち直り、自分を取り戻して行く過程を描いているわけですが、恋愛だけでなく、かなりお仕事やサスペンスに比重が置かれていたような気がしますね。むしろお仕事やサスペンスの合間にラブが描かれると言った方がいいかな。津田が弁護士としての意識に目覚めていき、地道な案件にもやりがいを見出していく過程が丁寧に描かれていたあたり、読みごたえがありました。また、犯人の心情にしっかり触れられていた点もよかったです。人間って、正しく生きた続きいと思っていても、いつ、どんなきっかけで罪を犯してしまうか分からないから怖いなあと思ってしまいました。

さてさて、相手の男、深町は刑事でした。弁護士と刑事という微妙に利害が対立する関係にある二人。深町が津田の事件調査に協力する形で行動を共にすることとなるのですが、なかなかじれったい関係が続きます。

深町は、当初、調査協力の見返りに津田の体を要求したこともあって、俺様攻めかと思いきや(顔も強面だし)、なんのなんの、気配りが出来て、とっても真っ直ぐで優しい男でした。津田の失恋話やキャリアに関する悩みを聞いたとき、津田が一番欲しかっただろう言葉を自然にかけてあげたところなんか、心の機微が分かるいい男だな~としみじみ思いました。

ですが、彼が出した上記の交換条件がすれ違いを生んでしまうんですよね~。本当のところ、深町は津田に一目ぼれだったんですが…。好きなら好き、と一言言えば、津田も悩みを深めずにすんだかもしれないのに。多分、深町にとって津田はクールビューティーの高嶺の花で、好きだと言えなかったんだろうな。交換条件は彼なりの苦肉の策だったんでしょうね。ま、この不器用さも深町の味なんですけどね。

味といえば、深町が作った無骨な「シャケ缶鍋」(なんちゅうネーミング)に萌えました。いいですね~男の料理。この場面のイラストも秀逸。得意げな顔の深町と微妙な表情の津田のコントラストが笑えました。

散々すれ違った二人ですが、最終的にはしっかりバカップルに落ち着きます。明るい未来を予感させる終わり方で、読後感もスッキリでした。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ