この愛、売ります

この愛、売ります
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×23
  • 萌8
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
11
得点
37
評価数
12件
平均
3.2 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
海王社
シリーズ
ガッシュ文庫(小説・海王社)
発売日
価格
¥562(税抜)  ¥607(税込)
ISBN
9784877249052

あらすじ

哉都の前に札束を積んで「俺がおまえを買う」と言う男―今では大企業の副社長を務める汐崎は、哉都が学生時代に淡い恋心を抱いた相手。
「俺は優良物件だろう。家族もないから頻繁に通える」朴念仁のくせに傲慢な態度の汐崎に、契約愛人としてプライドを刺激された哉都は、揶揄うつもりで汐崎と愛人契約を結んだ。
けれど、まるで新婚のような汐崎との生活も、予想外に情熱的で優しい汐崎の愛撫も、哉都には落ち着かない。
愛を売ることに慣れた心と身体が溶かされる…契約ロマンス。

表題作この愛、売ります

在学中に起業した汐崎エンタープライズ副社長・汐崎秀
ある誤解から攻様の愛人となるジゴロ・相葉哉都

その他の収録作品

  • afterwards
  • 温泉の効能

評価・レビューする

レビュー投稿数11

誤解×3

ただのすれ違いならいいのですが、こちらはひとつの誤解が更なる誤解を招くタイプの話です。
なんかもう攻めの汐崎がいやなタイプで前半は彼にイライラさせられていました。冒頭の哉斗の話も聞かないで「そうだろう」「こうだろう」と決めつけて一方的に責め立てるシーンは正直かなろイラッとしました。
それが二人だけの問題ならまだしも、兄夫婦も巻き込んだ話なのだから呆れます。
見たまま決めつけるんじゃなくてもう少し考えたら?と思いました。これ誤解のキレる相手だったらヤバかったですよ。
でも兄夫婦も同じような誤解をしててなんかもういいやという気分に。

嫌いじゃありませんが、こういうふうに誤解が終盤まで解けないようなストーリーは少しストレスが・・・。

0

来る場所と帰る場所

愛人契約──自分を売りものにしてきた哉都。
そんな突然現れた男はかつての同級生で、多大な誤解をしながら哉都を責め、そしてなぜか自分と契約しろとせまってきたのだが──。

誤解、誤解、誤解のオンパレード。
ひとつ歯車が狂えば、こんなにこんがらがってしまうものなのでしょうか。
哉都も汐崎も素直じゃないし恋愛初心者だし鈍いし…で、もう読んでいるこっちはじれったくて仕方ありません。
二人とも自分のことでいっぱいいっぱいで相手のことまで見る余裕がないから余計こじれていくんですけど。
第三者からしたら、『もう勝手にやって…』状態。

突っ張って意地を張りながらもかいがいしくお世話をする哉都がかわいい。
仮初の言葉ならポンポンと吐き出せる哉都が、汐崎に『愛してる』といわれて照れるところも。

一方汐崎は朴念仁です。でもエッチは強い。
朴念仁はエッチが強いってもうテンプレなのかしら?笑
でも汐崎は自分の気持ちを自覚してからはかなり素直なので、そこらへん哉都は戸惑って照れてばかり。

自分は『来る場所』であって『帰る場所』ではない。
その言葉が、いかに哉都がぬくもりを欲続きしているかが伝わって、切なくなりました。
これで哉都は、帰る場所に…なったかな?

0

再会ものですが

表題作と、その直ぐ後を書いた「after wards」、甘い後日談の「温泉の効能」が収録されています。

大学時代の同級生ではあるのですが、二人は互いに意識しながらも声をかけることもなく別れます。そして、哉都(受け)は、兄との関係を誤解した汐崎(攻め)と再会します。誤解から汐崎と愛人契約を結ぶことになり、最終的には恋人同士になります。

哉都と汐崎、両方の目線で語られるので、互いの気持ちが分かりやすいです。互いに、大学時代で親しくなれなかったことを後悔しつつ思い出すのですが…面白いのは二人とも、それ以外の大学時代のことや、子供時代、卒業してから今までの過去を語りません。哉都は「帰ってこない親を待つ」「十五から身体を売り物にした」とはありますが詳細な事情はありませんし、哉都が怪しんだ汐崎の過去の経験とか一切でてきません。気になります!

二人の再会した「今」の恋愛模様のお話でした。
誤解した人の話を聞いて、更に誤解して、それからまた…と誤解の連鎖で生じた物語は良かったのです。コミカル度合いがもう少し高かったらもっと面白かった気がしますが、そうすると嘘くさく感じてしまったかも続き…加微妙な加減だったと思います。週末汐崎が来なくて泣く哉都が可愛かったです。

続編として「この愛、買います」が発売されており、あらすじに哉都の元オーナーが登場するとありましたので、そちらに二人の過去なんかが出てくるのではと期待しています。

0

誤解のオンパレード、面白かったです

題名と色気のあるイラストに萌えを感じて購入。

朴念仁、傲慢•俺様攻の汐崎×契約愛人=ジゴロ、男前ツンデレなんだけど、健気な所もある受の哉都。
大学の同級生だったけれど、言葉は交わした事はない、でもお互いに気になる存在で、それが社会人になって、ある事がきっかけで最悪な再会をしてしまうお話しです。

汐崎の兄夫婦や兄嫁の弟千昭×部下(年上)の達川という人達が登場するんですけど、それぞれが誤解×誤解のオンパレードですれ違っているお話です。そこまで拗れさせなくてもと思うんですけど、誤解•すれ違いはBL王道展開(笑)私は好きなので、楽しく萌えながら読ませて頂きました。

結構情熱的で優しく、甘え甘えエロ汐崎と、いつもはツンツンだけど、汐崎の体を心配して、栄養のバランスを考えた料理を毎日作り帰宅を待つ、意外に健気な哉都。なんとか両思いになっても、痴話喧嘩ばかりな二人なんですけど、新婚さんみたいなラブラブぶりは読んでて微笑ましかったです。
汐崎が「愛してる」と言葉にすると、真っ赤になって照れる哉都や、最後の温泉話では、お互いに「愛してる」と伝え合いラブラブな二人が読めたので萌えポイ続きントUPでした。

続編も出ているみたいなので、ぜひ続きも読みたいと思います。私は、今回の誤解を生み出した元凶は、千昭×達川のお騒がせカップルだったと感じているので、続編で、この二人のその後が読めたらいいな〜と思ってます。このカップルも大変そうですけどね‥。

大人の不器用な恋愛ものを読みたい方、誤解•すれ違いで、グルグルBL王道展開が好きな方にオススメです。最後はハッピーエンドなので安心して読めます。

0

こじれにこじれて。

 哉都の前に突然現れたのは、かつての大学の同級生・汐崎。
 彼は、哉都と彼の兄が愛人関係にあると思い、「関係を解消してくれ」と言いに来たのだった。

 確かに哉都は、「ジゴロ」を仕事にしていて、愛と身体を売ってはいたけれど、彼の兄とは関係を持ったことなど一切なく、完全に汐崎の勘違いであった。
 けれど、はなから哉都の言い分など聞く耳を持たず、手切れ金まで差し出して自分の思い込みだけで話を進める彼に、哉都は「所詮その程度にしか思われてないのか」と意地になった哉都は売り言葉に買い言葉で、ついつい関係を認めるような発言をしてしまう。
 すると、あろうことか汐崎は「俺がお前を買う」と言い出す。
 それこそ、冗談じゃないと思った哉都だったけれど、汐崎の言い草に、契約愛人(プロ)としてのプライドを刺激され、その条件を飲んでしまう。
 それきり、哉都の住んでいるマンションを「愛人に買ってもらったものだろう」と決め付けられ、連れ出されてしまった哉都は、汐崎が用意するマンションで生活することになる。

 いきなり無体な行為をしかけられたため、「したくない」と言えば汐崎は手を出さず、哉都続きの作った料理をおいしそうに食べて帰っていく。
 哉都が望めばもちろん、身体の関係も持つけれど、基本的に汐崎の哉都に対する扱いはとても丁寧であった。

 そんなまるで新婚のような生活に慣れない哉都は落ち着かない――という話でした。
 そんな折、友人である汐崎の義理の弟と会っていたことを、他の愛人と会っていたと勘違いされてしまい――

 という話でした。

 実は哉都は、大学時代に汐崎のことを「いいな」と思っていて、けれど自分とはまったく違う世界に生きている人間だと思っていたので、話しかけることもなく、たまたま重なった空き時間をいつも決まった席に座っている汐崎を見つめるだけで終わっていて。
 また、汐崎もそんな自分を見ている哉都を、気にしていて。

 卒業して数年が経った再会の暇でも忘れていなかった……というピュアっぷり。
 どっちもどっちなんですが、はっきり一言「好きだ」って言ってしまえばいいのだけれど、どっちも素直じゃないからその一言が認められなくて。
 結局、こじれにこじれてしまった――という。

 なんというか哉都の意地の張り方がとってもかわいくて。
 おまけに、愛を売り物にしてしまったがゆえに、売らない愛のささやき方がわからなくて。
 そいう不器用なところもかわいいなーと思わせてくれる作品でした。

0

ジゴロって...

死語だと思ってたんですが、まだ生きてますか!?
ジゴロの意味を知らないちるちるメンバーさんは過半数を超えるのでは?

さて、本編ですが、とにかくツボ・ツボ・ツボでしたww
生意気で口の悪い受、受にベタボレな攻、そしてベタベタのラブラブ。
天の邪鬼で、仮初の愛のために愛人契約をしてきた哉都は、
汐崎との契約も割り切って考えていたはずなのに、
汐崎が垣間見せる契約関係だけからくるものではない
感情のこもった態度やセリフに徐々に心を開いていき、
本当の恋を初めて経験することになるんですね。

でも、仕事は出来ても恋には疎い汐崎は、哉都を思うあまり
余計なカン違いをして2人の中はギクシャク。
「俺はおまえを誰かと共有する気はないぞ」ってセリフが何回か
出てきましたが、もう独占欲丸出しでキュン★
キスマークならぬ噛みマークまで残しちゃう汐崎もかわいいしww
哉都も素直になってたらこんなもつれなかったのになぁ~

彼ら2人以外に千智と達川もなかなかおいしいカップルです♪
哉都の待ち人が汐崎ってことにナゼ気付いたのかはいまだにナゾですが...
こちらもカン違い続きした達川が哉都に向かっていった時に、
達川の巨体を吹っ飛ばす程殴って、怒りモードの俺様口調。
男だよ、男!!
いくら美しい受でも男なんだから、肝心な時には男になってくれる受が
理想ですね。
攻を引っ張れる受はなんとも魅力的ですww

「after wards」
もうラブラブすぎ!
朴念仁のわりに、激甘なセリフを平気で言うんだから~
哉都の手のひらですっかり転がされてる気がしないでもないけど、
惚れた弱味で何でも言うこと聞いちゃう、素直でおバカな汐崎です。

「温泉の効能」
意地っ張りな哉都のおかげで、せっかくの旅行は重い雰囲気でスタート。
でも、これも結局お互いのことを思って揉めただけって言う
甘々なお話でした。
ラストの露天風呂エチはさぞかし燃えたでしょうよ。
仲居さんの気配を襖2枚隔てた向こうに感じながらなんだもんwww

0

妻!?


ナオトがとにかく可愛い!
ジゴロっていう職業に誇りを持っててキッパリさっぱりした性格で.

顔は超絶キレイだけど女っぽいわけではなく、男性のお客さん相手でもネコはやったことなくて.

対する汐崎は人の話は聞かない頑固者で…
でも分かりやすくて意外に可愛いかも?笑

真面目なだけにケモノ化するとこはドキドキしましたhLhLĂn[g

でもナオトの方だって負けてません.身体売るのを仕事にしてやってきたわけだし、エッチの時も翻弄されるだけじゃなく、しっかり自分も挑発しちゃうのが何か良かったです炫!

にしてもナオト…
仕事人間の汐崎のために、栄養満点の料理作って待ってるって…奥さんか!!
可愛すぎる~(*^^*)/

温泉に行く番外編もラブラブで良かったです!

ごちそうさまって感じですね(笑)

1

朴念仁が二人出てくる、勘違い兄弟のお話です。

朴念仁が二人出てくるお話です。(笑い)あと、勘違い兄弟のお話ですね~。
哉都の前に学生時代、話した事がないけれど、お互いがお互いの知らない所で、淡い恋ごろろ抱いていた二人が再会するんですが・・・その、再会の仕方が最悪ですね~♪

哉都は自称「ジゴロ」と呼んでいる・・愛人契約をして15歳の時から自分の心と身体とを売って生活してきています。それとは対照的な汐崎。学生の頃から事業を立ち上げ、成功させて、それを友人に譲り自分は親の会社に入社そして、めきめきと頭角を現している・・やり手な男・・
そんな汐崎が、哉都の所に乗り込んで来て、「兄と別れろ」と・・・

哉都としては兄と愛人契約をしている訳でもないので、誤解を解こうとと試みるが聞く耳持たずで、「所詮、身体を売って生活している人間のいう事は聞いてもらえない」的な自虐的な考えとは裏腹に、売り言葉に買い言葉で、受けて立つ姿勢で・・突っかかって行き・・何故か?最後には汐崎と愛人契約を結ぶはめに・・・それが後々哉都にとって辛いことに?

すべてはこの汐崎兄弟・夫妻の誤解から始まってしまったお話が哉都を振り回して・・って感じで続きすね~
哉都は汐崎の事を好きになってしまってこの仕事が辛くなります・・事汐崎にしても、哉都の事となると普段の冷静さがなくなって・・って感じですね・・どっちも冷静じゃないから、お互いの言葉が相手に届いてないんでしょうね~。
普通に考えれば、ヤキモチってだけなのに・・二人の間には「契約」という文字があるだけに、お互いの言葉が胸に届かないもどかしさが・・良かったです♪

キーパーソンは「千早」です。すべてが彼から始まり彼で終わるといった感じですね~・・
哉都は友人の千早の当て馬役をしていただけ・・というオチなんですが・・もしかしたら、一番千早が強いのかも♪

書き下ろしは甘々?の二人です。なんかどっちも始めての恋みたいで、とっても可愛い♪
素直に言葉に出来ない哉都と、愛人契約として尽くしている?と思っている汐崎との微妙なすれ違いが面白かったです。

結構、この作品は妃川さん作品の中でも好きな方なんですよね~♪なので続編だったら嬉しいし・・
スピンオフなら・・誰だろ?やっぱり千早ともう一人の朴念仁でウスラトンカチの達川のお話かな?
それにしても2年以上経っていて、出版って事は、全然違うお話かもしれませんね~。
どれにしても、楽しみです♪

1

大人になってからの本気の恋

勘違いから始まる愛人契約っていいですね!
ちょっとひねった感じが○
契約モノはBLの王道パターンですが、だからこそハズしてほしくない部分やキメてほしいところってあると思いますが、その辺妃川さんは安心して読めます。
真面目な汐崎や哉都の勝気で男前なキャラは好きですし、よくある二人の関係に悩む図は、これぞ愛人契約モノの醍醐味です。
しかもバリタチの哉都がこれまた勘違いでネコやってると思われて、組み敷かれてからがやっぱり楽しいストーリー展開。
思いっきり期待してましたwそういうの
また二人はほとんど接点はなかったけど同級生という設定がまたいい味出してます。Hもいいけど話も良い。テンポ良くはじめから喧嘩腰の二人ですが、意外と糖分高めです。
食べ物で例えたらスパイスの効いたチャイティーとか唐辛子入りチョコとか・・・甘いんだけど、、みたいな関係の二人です。

1

みんなグルグル

妃川さんのお話にしては、ちょっと珍しいんじゃないでしょうか、同級生ものって。
大学時代、お互い「好きだ」と自覚のないまま卒業し、その後再会。誤解からカラダを重ねることになりますが、やっとの事で気が付く恋心。遅いってば。

哉都はネコ系美人。懐きにくいっていう人種です。15歳で両親を亡くし、それ以降身だけでなく、心も愛も売ってお金に換えて生きてきた哉都だから、親しくなるのに時間がかかるのはわかりますが。
愛人として生きている哉都ですが、自分なりにルールは持っているんですね。愛人というものにプライドを持って。自分で稼いだお金で、高校も大学も通って。
だからこそ、いきなり訪ねてきた汐崎の言葉や態度に怒っちゃうのも頷けます。だって、弁解しようにも、話は聞かない、金で何とかしようとする。足りなければ小切手を切るだの、まずは話を聞けよって感じで。
汐崎の勝手な誤解から始まったんですね、この二人の愛人契約は。

とにかく、始まりが勘違いと誤解からだったわけですが、ここにまた勘違いと誤解がプラスされます。
兄嫁の弟・千智が、汐崎兄弟の会社に重役として働いているわけですが、哉都とも友人続きでプライベートで会ってたりするわけです。千智は真性ゲイらしく、その手のバーで。まずはその二人を見た汐崎兄が勘違いをし、話をしようと哉都をホテルへ呼び出したところを嫁が目撃。勘違い&誤解がグレードアップ。

端から見ていると、冷静に話し合いをすれば簡単に解決するのになぁ……状態です。
BLの王道な勘違い&誤解から生まれるすれ違い。今回もそれを堪能させていただきました。
汐崎の方は仕事が出来るだけに、不器用だったり真っ直ぐだったりって言うギャップがよかったし、哉都も愛人とはいえちゃんと自分というものを持っているし、引き際も心得ていて。そのへんは、ちょっと切ないところでもありますが。
とりあえず、登場人物たちが思い思いにいろんな勘違い&誤解をして、都合のいいようにグルグルしているのが面白かったですね。
メインの二人がグルグル……というのはよく見かけますが、登場人物の多くがグルグル……というのは笑えます。

2

札束で頬を叩いてみたいものです

攻・汐崎エンタープライズ副社長 汐崎秀之
受・愛人業 相葉哉都
大学時代の同級生ですが、当時は互いの名前を知っている程度。
20代後半。

突然の訪問。
イキナリの暴言。
汐崎との再会は誤解を下地に平行線の会話から始まります。

兄が哉都を愛人として囲っていると思い込んで乗り込んできた汐崎は、「兄とは別れろ」の一点張りです。
哉都が「違う」と言っても聞き入れない。
実は大学時代から惚れていたという事実もあって、思い込んでしまったんでしょうね~。
終いには「だったら俺が契約する」とまで言い出してしまいます。

売り言葉に買い言葉で契約してしまうのですが、ソコにも誤解が(笑)。

哉都は男性とのセックスはタチしかしたことが無くて、汐崎も当然それを分かった上で愛人契約を結ぶ気なのだと思ってました。
しかし…汐崎は当然哉都を押し倒す。
男前同士の攻防、好きです(笑)。

汐崎は兄に嫉妬し(哉都が自分と契約した後も兄と切れていないと思ったから)、
哉都は兄の妻に嫉妬し(汐崎が美人と一緒にいる場面を見てしまったことで)。
誤解の原因を作った哉都の友人で汐続き崎の義理の弟と、その部下とのゴタゴタが解決すると同時に、全ての誤解が解けます。
やっと気持ちを伝え合って、出来上がり~。

ふたりとも意地っ張りなので読んでるほうはイライラもしましだが、出来上がってからのラブラブな2人は楽しいです。
温泉…温泉エロはいいです。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ