魔法使いとラブレッスン

魔法使いとラブレッスン
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
2件
平均
2 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
学習研究社
シリーズ
もえぎ文庫ピュアリー(小説・学習研究社)
発売日
価格
¥524(税抜)  ¥566(税込)
ISBN
9784059040491

あらすじ

高校生の桐山大稀はある日の帰宅途中、ネットで噂されていた異形の怪物が人間を襲っている場面に遭遇。
怪物はその牙を大稀に向け、絶体絶命のピンチに追い込まれる。
しかし、そこへ謎の美青年・辰巳一哉が現れ「助けてほしいなら、専属ナイトの契約をしろ」と大稀に迫ってきて…!?銀髪の美形魔法使いとフツーの高校生の、恋と魔法のレッスン開幕。

表題作魔法使いとラブレッスン

美形魔法使い・辰巳一哉
高校生・桐山大稀

評価・レビューする

レビュー投稿数1

なんてライトなんだ・・・ッ

私が記憶する限り、サマミヤアカザさんがイラストデビューしたての頃で、完全に絵師様買いした記憶のある小説。
内容は、ある日主人公の桐山大稀(受)が奇妙な男・辰巳一哉(攻)と出逢い、そして自分が魔法が使える異世界の姫ぎみの生まれ変わりで、辰巳はナイトであり恋人だったと聞かされるというお話。
全体的にライト過ぎる。魔法のことに関しても、原理がよく分かりません。謎過ぎる。
それに主人公が何故攻めを好きになるのかも謎。ゆえに辰巳が大稀に姫君を重ねると嫉妬するという、そういった展開の全てが上滑りしてしまうというか。
ライト過ぎて、BLとは言え、いいのかこれ・・・と思ったほど。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ