愛こそ明日の絶対

aikoso asuta no zettai

愛こそ明日の絶対
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×25
  • 萌4
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
6
得点
42
評価数
11件
平均
3.8 / 5
神率
18.2%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
幻冬舎ルチル文庫(小説・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥514(税抜)  
ISBN
9784344812093

あらすじ

白バイ隊員から刑事になって約四ヵ月―諏訪内真二は、恋人と過ごす新年を心待ちに、年の瀬の事件を追っていた。
諏訪内の恋人・高城幹弥はエリート検事。
ふたりは多忙極まる合間を縫って互いに夢中であることを確かめ合う。
そんな中ひき逃げ事件が発生し、諏訪内の妹・美夏が事件を目撃。
証言のために訪れた刑事課で美夏が高城に一目惚れしてしまい―。

表題作愛こそ明日の絶対

諏訪内真二 元白バイ隊員の刑事(25歳)
高城幹弥 検事(29歳)

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数6

人間布団

絶対シリーズ本編の完結編です。
番外編より後に出ていましたが、時期的には番外編より前のお話しでした。

これまでも事件の内容自体はそれほどシリアスでは
なかったのですが、今回は前の2作に比べれば少し緊張感がありました。
ほんの少しですが(笑)

2作目では高城の双子の弟が登場しましたが、
今回は真二の妹さんが登場します。そして事件に巻き込まれます。
高城に一目惚れするあたりはやはり兄妹ですね。

この作品は本当にラブラブで巻を重ねるごとに
バカップル度が増している気がします。
人間布団のくだりは笑ってしまいました。
でも好きな作品だったので終わってしまうのは残念です。

1

ちょっと物足りなかったかも

ザ・年下ワンコ攻め。
シリーズ3作目(+1番外編)の最終巻。

絶対シリーズ最終巻ということですが、いつも通り事件が起きて解決で特に珍しいことは起きません。
真二(攻め)の妹が少し出てくる程度でした。BLって必ずしも家族の理解が必要な訳でもないと思うんですけど、ちょい出しするくらいなら全部スッキリさせようよ!という気がしないでもないです。
番外編で高城弟中心に高城(受け)の家族の話もチラッと見えていたので……できることなら、『恋する絶対の法則』よりあとの時系列の話も読みたかった。
あとは駅伝。仕事で行けないのは、いかにもこの二人らしいけど、何年後かでもいいので、小田原で駅伝をみる二人も見たかったな、なんて……。

シリーズ全体を通して、事件はさらっと解決するので、もっといちゃラブ成分が多くても良かったと思います。
年下ワンコ攻めの王道で特に不満はありませんが、少しもの足りなく感じました。
同人誌出されてるようなのでそっちも頑張って見てみようか考え中。

1

微笑ましいバカップル。

『絶対』シリーズ(本編)3作目・完結編です。

このシリーズ、すごく好きなんですよ。キャラクターがとてもいい。

本来、私は『年下攻』は苦手な方なんですが、真二(攻)があまりにも一途で純情な大型ワンコなので(年下攻の中でもワンコは好みなんです)、そんなのどうでもよくなってしまった。というより、これが年下攻のよさか!と開眼しそうになりました。

高城(受)も、ラブについては意外と甘いというか、真二にベタ惚れ(イヤ、もっと上から溺愛って感じ?)で、もうあまあまラブラブです。

既に出来上がったCPですしこの2人はとにかくラブに関しては揺らがないので、ストーリーを動かすのは主に事件や家族になっていて(もちろんラブもHもしっかり入ってますけどね)、こちらでは事件に関わって真二の妹が出て来ています。

シリーズ中ではいちばん『事件もの』の雰囲気です。

ただ、やっぱり『事件もの』として読むには物足りないかな。
私は『事件(お仕事)もの』は苦手なので、むしろこれくらいあっさりの方が読みやすくていいんですけどね。

そして、箱根駅伝ですよ。
シリーズ1作目から続きずっと真二に関わるモチーフとして出て来ていましたが、ラストで(2人の予定とは違った形ではありますが)揃って箱根駅伝を見ることができたんですね。


失礼ながら、私はいおかさん作品はほとんど合いません。←もちろん個人的な好みの問題ですよ。質に問題があるとは思っていません。

ただ、このシリーズだけは好きなんです。

正直なところ、設定やキャラクターは苦手要素の方が多いんですが、それでも面白いと思えるんです。

関西弁や年下ワンコに抵抗がなければオススメです。

実は私も関西弁キャラクターは苦手な方なんですが(関西人だからかな?なんかむず痒いんですよ・・・)、とにかく関西人の私もまったく違和感を覚えない見事な関西弁ですので『ヘンな関西弁は興醒め』という方でも大丈夫だと思います。

ホントに好きで、同人誌まで買った(で、読んだ)んですが、今回レビューしようとしたらどうしても見つからない!発掘したらまた書きます。

1

もっと読みたかったかな

年下ワンコ攻ばかりではなく、デキる年上の受もかっこいいところが魅力でしょうか。もっと違う絵だったら誰にでも勧められるんだけど、とても残念。でも三冊そろって、とてもおもしろかった。

1

シリーズ最終巻

とうとうシリーズもこれで完結。
諏訪内と高城に会えなくなるのは寂しいですね。

今回は諏訪内の妹が登場。
なんと妹が高城に一目惚れしてしまい、どーする諏訪内!なお話。
実の妹に嫉妬メラメラ~、高城に触れられただけでハートがドキドキ!な、
諏訪内の高城へのベタ惚れっぷりが、たまりません!

刑事×検事というハードボイルドタッチなカップルでしたが。
シリーズ全体の雰囲気は「ほのぼの・あまあま」。
なので物語の中で発生する事件は、
二人の愛や絆を深めるきっかけにしか過ぎないので。
ご都合主義であっさり解決しがちです。
でも、それでいいと(私は)思います。
とにかくメインは諏訪内と高城のラブ!なんですから。

特にこの最終巻はあまあまラブ度が高い!
お砂糖たっぷりな甘さなので。
疲れている時に読むと、とても癒されます。

2

「絶対シリーズ」完結編

「二人に箱根駅伝を見させること」と「ひたすらラブラブすること」が命題だったそうで、そのとおり、二人の間に波風が立つこともなく、ただただお熱い二人でした。
真二(攻)の妹・美夏(みか)が高城(受)に一目ぼれというハプニングもありますが、それでどうなるわけでもなく、結果的に妹にも認めてもらって、二人の絆はますます強固に。
以前、高城の弟に関係がバレて、ちょっとした悶着がありましたが、今回はそれもありません。

二人とも真っ直ぐにお互いへの愛情を示しあい、疑心暗鬼や誤解の入る隙間もないですし、一応関係を隠してはいるものの、外へ漏れるような危機があれば、それもまたコソコソせずに真っ直ぐに対峙していくので、聴かされた方はもうあまりの二人の潔さに、受け入れてしまうようです。
周りが理解ある人ばかりなので、良いですよねぇ(笑)

今回は、強盗殺人事件とひき逃げ事件を追いつつ・・・という展開ですが、事件が本分の筋立てでもないので、そのへんはわりとご都合的に解決に繋がっていきます。
マスコミが、未解決事件の目撃者の素性が特定できるような取り上げ方をTVで大々的にするかどうか、いくらなんで続きもちょっと疑問ではあるのですが・・・。

完結話としての盛り上がりとしてはどうだったか・・・というのはありますが、いつでも真っ直ぐな忠犬ぶりの真二と、色気と包容力ある高城のカップルが大好きな私としては、久しぶりに二人を読めて満足でした。
Hシーンの会話だけを取っても、好きなんですよね。そのやりとりが。

商業誌ではこれが最後ということですが、個人的にはちょこちょこ書いていく・・・ということなので、そっちの方も追いかけたいカップルです。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ