華鎖 栄辱の褥

hanagusari eijoku no shitone

華鎖 栄辱の褥
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
10
評価数
3件
平均
3.3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
リンクスロマンス(小説・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥855(税抜)  ¥923(税込)
ISBN
9784344812468

あらすじ

唯一の肉親である祖父が病に倒れ、多額の治療費を必要としていた高校生の華山院朝陽。
様々な策を講ずるも全てがうまくいかず、結果的に知己の経済やくざである青竜寺を頼ることになってしまう。
悲壮な想いで自分の身を売り、青竜寺の所有する日本家屋で囲われた朝陽だったが、思いのほか大切に扱われ、優しく接する青竜寺に心を奪われていく。
だが、金で買われた自分を青竜寺が好きになるはずもなく―。

表題作華鎖 栄辱の褥

青竜寺勝隆 金融ヤクザ
華山院朝陽 高校生

評価・レビューする

レビュー投稿数1

PFI事業について、勉強になりました。

古本で購入しました。

リンクスロマンスの『獄中 寵辱の褥』もヤクザもので
タイトルも似ているので、日向先生のことだから、
もしかしたらリンク作品かもしれないと思い、購入しましたが、
『獄中』だけでなく極シリーズや他のシリーズにも、
一切どこにもリンクしていませんでした。

日向先生といえば、
どこかで何かの作品とリンクしている部分がある、
という固定観念が出来上がってしまっているだけに、
とても珍しく思いました。

『獄中』を先にレビューはしましたが、
極シリーズではない日向先生の極道モノを読むのは初めてでした。
極シリーズと似たような極道の雰囲気でしたが、
読んでいても極シリーズが思い浮かぶことはなかったです。


朝陽くんは可憐で健気な子でした。
青竜寺さんと初対面で名刺をもらった後、
汚れないようにパウチして保管している様子が
可愛らしかったです。
どこか少しピントがズレているところもあって、
それもまた可愛らしい部分でもあります。
また、物怖じせず、芯がしっかりしていて、
勉強熱心なところにも好感が持てました。

青竜寺続きさんは外見でなく中身もカッコ良かったです。
ヤクザに対する考え方や姿勢も理想的でした。
仕事の合間に朝陽くんの手助けやアドバイスをしたり、
兄弟の問題を抱えていたりしていました。
それら難題を乗り越えていく姿に好感を持ちました。

朝陽くんの お祖父さんは、朝陽くんと青竜寺さんとの
関係をなかなか認められず、最後の最後まで猛反対
していましたが、最終的には朝陽くんの成長ぶりに
認め始めました。
お祖父さんとしては跡継ぎ問題もあるし、
二人の関係には非常に悩んだと思います。

残りページも少ない最後になって、色んな問題が急展開したので、
もしかしたら続編へと続くのかな?と思ったりしましたが、
3年の時を経て最後の最後に良い終わり方をしていたので
安心しました。
逞しくなった朝陽くんの今後の活躍が楽しみです。

この物語では、華山院家が所有する「花公園」をめぐって
資産家と市で対立しますが、その中で青竜寺さんが提案した
「PFI」事業が出てきます。
PFIによるメリットやデメリットなども上手く盛り込んで
書かれているので、今まで漠然と知っていたことが
とても分かりやすく理解できて勉強になりました。


今回の評価は、「萌×2」と「萌」で少し迷いました。
読み終わった後は「萌」だったのですが、
レビューを書くにあたって何度か確認しながら読んでいるうちに、
ただ読んで終わるだけでなく、為になることも書かれていたので、
「萌」ではなく「萌×2」にすべきだと思い、
最終的に「萌×2」にしました。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ