お金がないっ 7

okane ga nai

没有钱

お金がないっ 7
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神4
  • 萌×22
  • 萌3
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
5
得点
39
評価数
11件
平均
3.7 / 5
神率
36.4%
原作
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
バーズコミックス・リンクスコレクション(コミック・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥590(税抜)  ¥637(税込)
ISBN
9784344811942

あらすじ

金融業を経営する強面の社長・狩納をようやく意識し始めた綾瀬。
そんな折、亡き狩納の父の旧友・鷹嘴の息子が、二人の元へ訪れる。
大和というその少年は、自分の居場所がないために家出をしてきたと綾瀬にだけそっと打ち明けるのだったが、どうやら別の思惑がありそうで……!?

表題作お金がないっ 7

狩納北/金融会社社長
綾瀬雪弥/大学生

その他の収録作品

  • お金がないっ 番外編
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数5

少しだけ、距離の縮まった二人

借金のために買われた大学生と金融業者社長との、ラブストーリーの7巻です。今回は、狩納の知り合いの息子に、引っ掻き回される二人です。

でも、知り合いの息子がいようが、狩納がぶれずに綾瀬とエッチするところはさすがです。確かに、声を我慢してる綾瀬は、狩納の言うとおり、色っぽいです。

だけど、小学生(後々判明します。最初は小学生に見えません)に聞かせるのは教育上大丈夫かと心配になります。
この小学生の大和君、過去に父親の一言で傷ついたことから、お父さんに認めてもらおうと必死です。本当は大事にされてる一人息子なんだけど。そのことが、事件を引き起こします。

ただ、大和のことがキッカケで、初めて綾瀬の気持ちが狩納に伝わります。その時の、嬉しそうな狩納が可愛くてキュンとなります。
これでちょっとは狩納の想いも報われたかな?と喜んでると、まさかの大和のライバル宣言で、まだまだ前途多難な2人です。

2

綾瀬の舌が超可愛いんだけど!完璧な奥さん振り><
というか本当に厄介な恋人、毎回毎回碌な事がなく、狩納さんの一途な思いも健気に思うほどすれ違っていた二人がこんなに長い間(まあ、実際は読者が長い間)を経て、やっと思いが通じて、ドキドキと萌えと幸福な涙が止まらなかった
この二人の儚げに見えて強い絆がたまらない
狩納さんも幸せを味わいながら苦しんでいるのがわかる
いくら読み返しても最高にドキドキしてしまう一冊!

2

まさに殺し文句?

「これがぬか喜びだったら殺すぞ てめぇ・・・!」
綾瀬に告白された 加納の反応です
言ってることは物騒ですが 加納の反応がかわいすぎる
お前どこまで綾瀬に惚れてんじゃw

今回も綾瀬が暴走して加納が助けに行くっていう 毎度のパターンです
大和が小学生なのは原作を読んで知っていましたが ありえねーw
「BLはファンタジー」を地で突っ走ってる作品だなぁ。。。と

シリーズ全巻を代表してこのカプが出来上がったと思われる7巻に評価をつけました
身長3m(加納)だろうと性別受け(綾瀬)だろうとおいらを腐の世界に引き戻した神作品なのです

3

巻が新しくなるほどに

エロさが減っていく気がする。なぜだろう。
というわけで、今回は、加納が好きなのだという少年がやってきて・・?!
な、お話。小学生てorz
おまっ・・・綾瀬完全に舐められてる。・゚・(ノ∀`)・゚・。
しかしながらいまどきの小学生はあなどれませんからね。いろんな意味で
そして衝撃展開。
山口ぃぃいいいいいいいいいいいいいいい!!!!!
おまっwwえ!?か・・・ちょっとカッコイイとか思ってしまった。
なんにせよ、ようやく綾瀬と加納の恋も動き始めた模様。
背景ダークなのになぜか笑いが収まらない。神作品だな~とつくづく思いましたとさ。
早く新刊出してケロリ。お願い先生w

3

このエロガキが…

狩納のところに押しかけてきた少年・大和。
なかなかヤンチャな男の子でして、綾瀬は振り回されてます。
さすが狩納の知り合い、裏の顔はかなーり悪です。
でもほんとはただの甘えん坊!だって、小学生なんですものね。これはびっくりでしたよ。
そしてまた彼も綾瀬に惚れる!
これもパターン化してきたなぁ…しかたないか、綾瀬は美人だし。

だいぶエロいシーンはなくなりました、うーん残念。
そして、綾瀬はかなり狩納に意識が向いてます!
事件ばっかり起こって、綾瀬の気持ちがなかなか定まらないのに、ちょっと苛立つ!
でも、そういう苛立ちも含めて、かなり面白いと思えるシリーズです。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ