恋のはなし

koi no hanashi

恋のはなし
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神18
  • 萌×226
  • 萌25
  • 中立7
  • しゅみじゃない4

--

レビュー数
25
得点
276
評価数
80件
平均
3.6 / 5
神率
22.5%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
新書館
シリーズ
ディアプラス文庫(小説・新書館)
発売日
価格
¥560(税抜)  
ISBN
9784403521812

あらすじ

ホテルマンの多和田はゲイである己に罪悪感を抱き、29歳になるこの年まで恋愛経験がなかった。
ある日、親友の石野から男性を紹介されることになる。
待ち合わせ場所に現れた男に多和田は一目で惹かれるが、実はそれは別人。
来られなくなった相手の代わりに伝言を頼まれた石野の従兄弟・新山が、美貌なのに初心な多和田に興味を覚え、ゲイのふりで話を合わせていたのだ…。
偽りから始まるトゥルーラブストーリー。

表題作恋のはなし

新山,ゲイじゃない脚本家
多和田 ,29歳,ゲイのホテルマン

その他の収録作品

  • 愛のはなし

評価・レビューする

レビュー投稿数25

自己中で傲慢な脚本家(ノンケ) × 恋に臆病なホテルバンケットマネージャ(ゲイ)

脚本家の新山(攻め)がやなヤツなんですよ。
恋人にも友人にもしたくないタイプ。
人の気持ちを思いやるとか人の心の痛みなどに考えたこともない自分大好き人間。
自分の快楽や都合ために他人を利用したり傷つけても平気な傲慢な男です。

受けの多和田はその全く逆のタイプ。
優しくて傷つきやすい繊細な人。
そしてそのため他者の気持ちを思いやり過ぎて、臆病で引いてしまうことで深い付き合いができない。
それは自分がゲイでそれを押し隠していることや子供の頃の嫌な経験からで、何に対しても積極的になれず『彼氏いない歴=年齢』 で、きてしまったわけです。

そんな、人との関わり方が未熟でいい恋愛ができない二人が偶然のアクシデントで知り合い不器用に恋を育んでいく『恋のはなし』です。

身勝手で子供の精神構造で絡んでいく新山が、徐々に多和田に傾倒していき無自覚にはまってしまったときにジタバタともがく姿が面白かった。
この俺が本気の恋なんてとか、それも男になんか!と。
新山の精神年齢は多和田の中高生程度だと思うので、これからも苦労するんだろうなと思ったら、その後日談的なエピソードでの揉め続き事でああやっぱりなと微笑ましく思いました。

2

性格悪い攻めザマァ。大好きな作品

性格悪い攻めが好きな私にとってほんとに大好きな1冊です!

受けの多和田はで健気で初心なうえにとっても美人で読んでてかわいくてかわいくて。
攻めはあんまり人の気持ちを考えない正直どうしようもない男。今回も多和田の気持ちを逆手にとってゲイと偽って仕事のために思わせぶりな態度をとります。
騙されてる多和田が不憫で不憫で。自分のプライドのために、わざと多和田が傷つくようなことを言ったりするし、多和田のことを思うと胸がしめつけられます。

でも、そんな攻め様が多和田に本気になったときに嘘がバレて距離を置かれてショックを受けてる時はザマァってすっきりしました!
個人的にこういう攻め様好きなので憎めないのですが(イケメンだし)、もっと苦しめてもよかったのではないかと思いましたw

多和田のことを思うと切なくて泣きそうになりましたが、その多和田が幸せになれてよかったです。ほんとにステキな作品で大好き。

1

嘘が転じて

まず最初に思ったこと。
それは、こんのクソヤロウ!でした。
新山の性格は嫌いな人にとっちゃもう読むのも嫌!となってしまいそう。
それぐらい、最初の新山はどうしようもない男です。

でもね、そんな男がいつのまにか本気でハマっちゃう、というのがなんとも可愛らしいんですよ。笑

多和田は自分のセクシャリティを恥じとまではいかないけれど、『いけないこと』のように感じており、自分を律し常に『真面目』であろうと努力し、そのストイックさがまたいじらしく…しょーもない男にひっかっかて…と口では嘆きながらも続きをニマニマしながら読みました。

なので新山が自分のしたことをもっと深く反省するエピソードがあってもいいんじゃないかと思いましたが…相手が多和田だから。
優しすぎるんですよ。

まぁでもこれから新山は多和田の天然というか真面目すぎるからというか、真っ直ぐ~な部分に大いに振り回されればいい!と思います。

4

確かにH増量…

あらすじが面白そうだったから購入しました。
好みの問題かもしれませんが、何と言うか他の場面よりラブシーンに力を注いで描かれているような印象を受けました。
設定はいいのに、予測以上に新山の性格が悪いので二人を応援しにくいところが読みづらかったです。多和田が年齢や職業に比べて恋愛に不慣れだからか、バレてもあっさり許されてしまったけれど、ラブシーンよりその辺りもう少し揉めて貰えた方が、帯の“どんなに恋がしたかったか”がよりが伝わって萌えたんじゃないかなって思いました。

1

恋にめぐりあって

恋に憧れながらも、生まれて29年間、ゲイであることに罪悪感を感じ
一度も恋をしたことがなかった背筋の伸びたホテルマン・多和田。
彼があるきっかけで放送作家の新山に出会い、恋に落ちて幸せを掴むまで。

ストーリーに目新しさはないが、丁寧な心理描写、素敵な挿絵、
気持ちよく物語に入り込んで読む事ができる。
恋に慣れない多和田が、おずおずと恋に踏み出していくさまは
切なく愛おしい。

嘘から始まった関係。
お相手の同じ年の新山は、奔放に遊んできた傲慢で我が儘な男だが、
嘘がバレて関係が壊れかけた時に、彼もまたやっと本当の恋に出会う……。
こういう男イヤな方もいそうだけれど、個人的には動揺する新山も、また愛おし。

飛び抜けて好きとか、面白いとか、心揺さぶられるとかじゃないけれど
気持ちよく抑制のきいた甘さと切なくさ、
かっこいい大人の二人の、実はピュアな恋を味わう話。
高久さんの挿絵も◯。


3

俺様が苦手な方にはオススメできないかな

砂原さんの作品は短期間にかなりの冊数読んでいるのですが、こちらは人気作ですよね。
ただ、個人的には攻めが俺様なため、評価は低めにしてしまいました。


受けの多和田はホテルマンでゲイ。
ただ、ゲイであることを吹っ切ることが出来ず、恋愛経験のないまま29歳まできてしまいました。

攻めの新山は遊び人の脚本家。
多和田の親友である石野の従兄弟で、ノンケです。


多和田は石野から男性を紹介されることとなり、待ち合わせを。
それが急遽中止となってしまい、石野がそのことを新山へ伝言させることから始まったお話です。

そのさいにゲイというものへの興味で、新山が待ち合わせ相手の振りをするという最低男っぷりを発揮。
脚本に役立てようと新山は多和田とつきあうのですが、その辺りがしょっぱなから嫌なやつ全開で、なんだか潔さまで感じてしまう始末ですよ(苦笑

そして、つきあううちに新山もだんだんと気持ちが傾いていくのですが……

「えー、もう、なんでそんな男と!」と、多和田に説教したくなりました。
砂原さんの作品ですから面白いですし話の持っていき方もうまいのですが、ど続きうにもこうにも新山が好きになれず次巻はまだ読めていません。

反面、親友の石野はすごい良い人で、多和田が惚れていたのも頷けます。
新山と血の繋がりがあるとはとても思えません、生命の神秘ですか?これは。

3

嘘から始まる

ゲイの受け・多和田は今まで誰とも付き合った事がなかった。
親友が男を紹介してくれる事になって待ち合わせで待っていると現れたのが脚本家の攻め・新山。
紹介相手の男が事故で来られなくなってしまい、石野の変わりにそれを伝えに来たのだが、新山は紹介相手のフリをした。
人形みたいな綺麗な顔を持つ多和田に興味を引かれ、その場だけの嘘のつもりだったのに次に会う約束を取り付ける新山。
ドラマの脚本で多和田をモデルにしてゲイの役を登場させる事にして、参考にするために多和田に根掘り葉掘り聞いたり。

新山視点も挟み込まれるので新山が何を考えているかも分かるのですが、利用するためなのが切ない。
でも恋愛慣れしてない多和田は新山と付き合ってるつもりなんです。
嘘が全部ばれて会わなくなる多和田もずっと騙してたのに悪びれない新山もなんだかもどかしい。
この2人は言葉が足りないので定期的に話合った方がいいですね…
でも酷い男の新山が多和田を騙しながらも離せなかったり、石野に嫉妬するのは微笑ましいです。

0

心の変化

読んでいて、軽薄な感じがする攻ですが、
徐々に心が動かされてしまい、
みっともなくワガママになる様子が、面白いですね。
終始、攻は身勝手な感じがあるのですが、良いカプのように感じます。

ゲイの多和田は、友人の石野に男性を紹介してもらうことになった。
待ち合わせにやってきたのは、新山という多和田よりも年下の男でした。
実は、新山は、石野が紹介したかった男ではなく、
その男が来れないことを伝えるように伝言役を頼まれた
石野の従兄弟でした。
新山は、自分が伝言役であることを言わず、
脚本家としてのネタになるかな?という軽い気持ちで会うようになります。

私は、誠実さを感じられない攻は苦手なのですが、本作では、
ダダをこねるような姿がかわいくなってしまうんですよね。
きっと多和田が年上だからかもしれませんね。

楽しく読める1冊だと思います。

0

はじめてずくしの

面白かった。
なんだかんだ言って、ワガママで自分思考の考え方であっても
攻視点で描かれていたのがこの作品のポイントだったかなと思うわけです。
ありがちな話、最初はまったく気がなかった攻が、ずるずると落ちていき
案外坩堝にはまって自らのほうが夢中になってしまう。
そんな瞬間をここぞとばかりに突き落とすというな。
このパターンがなんだかんだでドツボだったり致します(*´∀`*)ははは

今回は、根っからのゲイな受。
自分の性癖に強いコンプレックスがあり、今まで恋愛経験ゼロ。
そんなときに、自分の性癖を知っている唯一の親友から男を紹介してもらえることに~から始まるお話なのであります。
結局のところ、本当はムキムキの男がきたんだろうか(笑

まぁ、結局のところ、いけませんを伝えに来た男が
嘘をついたところからなお話なわけですが
ミイラ取りがまさにミイラ状態な落ちっぷりが可愛かった。
無類の女好きだったはず、抱くつもりなんてなかったのに
夢中になってしまい、溺れるからだ。

「・・俺のことはもういらないの?」

そんな言葉にキュぅんでした。
自分が蒔い続きた種。それなのに~な子供っぽさもよい。
後半のラブイベント。
〝反応をみて楽しむ”の言葉の意味の誤解が可愛かった。
いやいやいやいやwwwうん。ね!流石砂原さん。な作品でした。
続編も手元にあります。近いうちに読む予定

1

最初は嘘でも・・・

脚本家の新山は仕事の参考とちょっとした興味から、いとこの友人であるゲイの多和田をだます形で付き合うことになるが、嘘がバレて・・・。
という、ヒドいけどモテる攻が、遊びで手を出したはずの受にいつしかメロメロになってしまうというある意味王道のお話。
そして受の多和田はちょっと地味めでウブなのに、ベッドの上ではすごいんです系wそして年上敬語受!
定番ですが、好きです!!
砂原さんの文章は安定して読みやすく、今回も好きな設定のお話ということもありますが、がっつり萌えました!
攻はたしかにヒドいといえばヒドいのですが、人間味があるし、ワイルドなかっこよさというか、あんまりイラっとこないタイプのヒドい男な印象です。

終盤の『愛してるになる予定』にちょっと「ん?」と思いましたが、2作目への伏線と思うことで納得していますw
そして2作目の「恋の続き」では、多和田にメロメロになった新山の嫉妬っぷりを楽しめます。今作に萌えた方は、2作目もおすすめします♪

1

これほどにも

お話とイラストがドンピシャだったのは久しぶり。

もともと砂原さんは読みにくい作家さんの一人でした。
でも高久センセのイラストに惹かれてしまいちょっと読んでみようかな、と。
後、けっこう評価がきっつかったのも気になって。

いや~、面白かったっす。
受の線の細さが美しかったし、攻のワイルドな雰囲気も美味しゅう御座いました。

ホテルマンと脚本家さんのお話。

攻はひょんな事で受と出会って創作意欲を刺激されちゃうんですけど。
いいっすねぇ、見てみたいですよ『クリスタル・ラブ』。
受をモデルにしたって言うお話で、そのキャラでスピンオフで映画に…なんて企画が出ちゃうくらい良かったんでしょ?
ぜひ見てみたいもんだ。

受はとっても素直で初めてのお付き合いに舞い上がってるし、妙にかわいいし。
なんか興味本位で会ってる攻に振り回されてるきらいもあって。

なんちゅーか、よくノンケが男性とHできたもんだなぁと感心しました。
しかも途中から夢中になってわけわからん。

んで、攻の職業から目的までばれちゃって受はグールグル。
好きだから怒るに怒れない。でも、続き顔は見られないって状態。
もっと怒ってもいいのにね。
こんときのイラストが絶品で。鏡プレイのイラストなんですが、いやぁそそるそそる。

受が泣くのはよく見ますが、攻が泣くシーンは珍しかったな。

「愛」のほうではしょっぱなっからエロいです。
いやー、恋人同士になるとここまでエロエロになっちゃいますか…ってくらいエロかった。美味しいイラストの連続で大満足。
女性の絵もありましたが、納得です。

嘘つかれて、信じちゃって…ですが、う~んなんかそこまで怒る事?って気がしないでもない。本人にしてみりゃガーンなんでしょうが。
だって攻の性格わかってるはずでは?意地悪で嘘つきだって、最初の出会いで知ってるでしょ?
とにかく一回「それほんと?」って疑ってみるのも。大人なんだから。

ラストの甘甘Hは濃いです。

もう、続きがめっちゃ楽しみです。

1

嘘から始まる恋

しっかしこの新山[攻]は酷いっていうこか小狡い男です、ゲイの恋人を紹介されるとの約束がキャンセルになった事を伝える為に、新山は初対面の多和田に会いに行くのですがそこで何を思ったかキャンセルの事は言わずに自分がその紹介されるゲイの男として多和田と出会い話して一緒に映画に行ったり食事をしたりと続けます。
新山は全くのノンケでゲイに興味は無し、ただひょんな事から多和田と出会い脚本家の新山は次のドラマにゲイを登場させたらどうかというネタを思い付くんですね。
しかし多和田をモデルにするとしても同じホテルマンとしてドラマ内で出してるしもう少しひねれよ!!って訳の分からないとこで呆れてみたり。
新山はある意味無神経で、多和田の初心な反応を面白がっているんだけれど邪気はなくて罪悪感もない。
小狡い無神経な男なんだけどどこか憎めない。
そして多和田の言葉がきっかけでセックスに進むんですがその時も最初の内は結構冷静に観察してるけれどいざ本番となると興奮して何発もやっちゃう辺り、多分そういう所が憎めないんだと思う。

ミイラ取りがミイラになったという例えはこの場合おかしいですね、好奇心から恋に続き落ちた男って感じでしょうか。
多和田の初心さは可愛かった。
新山は小狡いけど憎めないそんな男。自分的には読んでいて駄目男っぷりが可愛くなってきた位ですよ。
かなり楽しめました~。

2

攻めもひどいヤツかもだけど、私に言わせりゃ受けもなんかね~

本の後半で、受けがある人気女優に会うんです。
受けは、その女優さんから、ドラマの原作本をもらい、そして、受け自ら「サインしてください」と言って、その本にサインしてもらうんですね。

受けは、次の日に会った自分の友達が、その女優さんのすごいファンだということを知って、昨日もらったサイン入り本を「貰ってくれないか?」と言って、簡単ににあげちゃうのです。
自分より、ファンにもらってもらった方が、その女優も喜ぶだろう・・・って、自分なりのの解釈でもって。

いや、あげちゃだめだろ簡単にソレ☆
大体、受け、自分から「サインください」言ったのに。
しかも、あげるにしても「貰ってくれないか?」だぞ?
それはなんか、まるで粗品を上げるような言い方ではないかいな。
初めから、その友達の為とかサインも、本人に直接もらったのでないなら、まぁいいとして・・・

しかも、受け、多分自分がものすげー失礼な事してるの気付いてないんだよな・・・・・そこがなんかまたイヤって言うか・・・・・これ受けでなく、攻めがやったとかならまだ納得できるんですが。
真面目で常識人タイプの受けがやったらダメだろ続き、それ。
事情とか知ってて、貰う方も貰う方だし・・・

人からもらったものは、お中元とかでないんだから、他の人にあげるのは良くないです。

前半部分の、仮にも一度は心も体も許した相手に、理由を告げずに「仕事が忙しいから」とウソつき続けて避ける・・・ってのは、これも、サインほどでないけど、私的にはどうも気に食わないです。
男らしくないんだよな、要するに。。。。まぁ元々ホモの受けだからいーのかも知れませんが。(言い方なんですけどさっっ私的にはそー言いたいワケよ☆)

そりゃ、避けられる攻めは、それなりのことしてるワケですが、せめてここ、受けは、攻めに自分がなんで怒ってるか伝えてから、三行半でもなんでもつきつければよいと思うのです。

まぁ・・・でも、この前半の部分だけだったら、一応まだ妥協出来るってカンジなんですが。
後半のサイン部分が私的に許せないんですよね~なんか。

狭量とでも言ってくれていいですよ。
私はこの受け嫌いです。(▼e▼) 凸
人間的にどーかと思うのよ。
つか、なんかこの受けに、何故攻めが惚れるかイマイチナゾだしな。

他部分面白い・・・設定とかもすごく良かったのに、人物描写でソンしてるってカンジがします。

1

私の好みが盛りだくさんw

とにかく萌えました!
まず私好みのストーリー。ひどい攻に受の片想い。(片想いって言うのかな?)
そして、ノンケ×ゲイ。素晴らしいですね!!!←

読み手としては既に攻・新山が「脚本に生かせるかも」と興味本位でゲイである受・多和田を騙して付き合ってるってわかっているのでずっと切なかった。ずっと恋愛をして来なくてやっと幸せになれるかもしれないと、新山のことを一生懸命想っている多和田の気持ちを無碍にするなんて許せない。

でも、紆余曲折を辿って結ばれる話は大好きすぎます。

嘘をついてしまったことを後悔するほど最後は新山の方がメロメロになっちゃうんですがね。最後に垣間見えてガキっぽい新山も愛おしかったです。
最後の最後までキュンキュンでした。凄く好きな1冊になりました。

1

嘘から誠!

初めはだますつもりはなかった、新山。
好きな人に似たタイプの新山に、惚れてしまった智生。
 
自分の仕事の、脚本の参考にしようと、恋人のふりをするうち、
本気で好きになってしまった、新山。

紹介して貰った人信じて、好きになっていいんだと、自分に勇気をもてる
用になった、智生。

結局は嘘がばれるが、気持ちが通じ合い、ハッピーエンドに、
そうなると、今度は嫉妬という、厄介な物で、今度は新山の方が
やきもきするという、なかなか難しい恋のはなしでした。

でも、私は好きです、イラストの高久尚子先生の、スーツ姿の
二人の挿絵う~ん!!、カッコイイです。
まず、イラストで選ぶ私の好きなイラストレーターの中の一人です。

1

受も攻も苦手

どことなく、もどかしい話でイライラしてしまって楽しめませんでした。本当に残念。こういった切り口の話は好きなはずなんですが、主人公にイライラ、彼をだます攻にもイライラ、ストレスがたまりました。

1

悪い男なんですが

新山、殴ってやろうかって言う勢いの意地の悪い男。
女癖が悪くだらしないヤツで、そんな男が、たまたま知り合った多和田が綺麗だったのと、ゲイだったことに興味を持ち、正体を明かさずに好きなことやり放題ってどういうこと!

初めての恋愛と、本当の恋愛を知った男たちというのかなぁ?
新山があまりに酷い男ではありましたが、純粋な多和田にメロメロになっていく姿は、可愛らしいものがありました。
きっかけは、BLとしては結構珍しい設定ですが、展開は王道で、ラストもラブラブで。
あんな酷い男が、振られて泣くとは思いませんでした。

新山の表面的な言葉だけ受け取って、その奥にある真実に目を向けなかった多和田がいたのもたしかで。
純情な多和田にわかれ! というのが難しい面だったのもありました。
それでも、しっかり恋に向き合っているから、お互いいなくちゃならない存在になっていっているようです。

1

嘘はいつかバレるもの

ノンケ×ゲイ。
ずっと恋をしたことがない多和田は友人の石野に男を紹介すると言われ会うことに。
そこに現れたのは新山。
多和田は新山を石野の紹介相手=ゲイだと思い話をします。
しかし新山は伝言役として来た石野の従兄弟でノンケ。
新山は脚本家で今度やる作品にゲイを登場させるため興味本位で多和田と会うようになります。

多和田がすごく真面目でした。
年下の新山に敬語使っちゃうし、恋をしたことがなければ、30近くなのに経験がなくてどうすればいいかわからないといった感じ。
でもいざエチになると感じまくってて可愛かったですw対面座位が多かった気が。
新山に恋人ができたら自慰はしないもの、という言葉を信じちゃってるのには笑いましたw
新山はノンケでしかも女癖が悪いと有名。多和田を騙しているのはダメじゃん!って思ったんですが、彼が多和田を本気で好きになる気持ちが伝わってきました。
まあ嘘はいつかバレますよね。

『愛のはなし』ではすれ違い勃発。
多和田は健気というかネガティブですね~
まあ新山ならあまり信頼できないという気持ちもわかりますがw
新山に「愛してる」って言続きわれて「愛してるなんて出会って半年ぐらいで使う言葉じゃないです」って言う多和田。その台詞に真面目な彼の人柄がでてるな~と。
いつか多和田が「愛してる」って言う日がくればいいなあと思います*

1

三木眞効果

私もCD先に聞いてから読んだんですが、まず
「あれっ?こんな話、、、だよね。大筋は確かにこれ?だったよね…」
な印象が
小説をCD化するときは、どうしてもエピソードの取捨選択があるから、多少印象が変わることもあるけれど、それにしても、、、
やっぱり、問題は新山?
CDだと三木眞効果で、何となく甘い声で言いくるめられちゃうけど、字面だけで読むと、新山、結構ひどいやつじゃないですか?
多和田も、いくら好みのタイプが、三木眞の甘い声で優しくしてくれるからって、コロッとだまされすぎ。

これは、先にCDを聞いて正解だったのか不正解だったのか?
とりあえず、三木眞の甘い声でなら、喜んで騙されてあげちゃうってことで。

1

どっちも、はじめての本気の恋

29歳まで男も女も経験なしのオクテ美人ホテルマン受け 多和田
28歳で軽薄嘘つき人気テレビドラマ脚本家攻め 新山

1歳差の年下攻め。

ゲイの受けは、まったくの手付かず状態のまま29歳
親友の紹介で男とお見合いするんですが
これが、人違いw

攻めは、ゲイでもないくせに受けの人違いに乗っかって
大嘘をつきはじめる。
とっても遊びなれた軽薄な男です。

29歳まで、身持ちが堅い受けがプラトニックを卒業し
生身の恋愛に踏み出す。

28歳まで、いい加減に恋愛してきた攻めが
嘘から本気の恋にハマる。

ふたりとも、どこか不安定で満たされないまま生きてきて
ぴったりと心の隙間を埋める相手に出会い
ギクシャクしながら恋をする。

恋が愛に変ると、また嘘癖がでる攻めは
ほんっとどーしょーもないなぁとは思うのですが
そこは年下攻め。ご愛嬌w

CDを先に聴いていたのですがCDのほうが
三木眞効果で、良かったかなぁ。

2

すみません...

えぇっと、内容は前の方やあらすじを見て貰えればいいと思うんですけど。

正直、この作品の主人公達をあまり好きになれませんでした。何でだろうな…多和田がうぶ過ぎたからかもしれないし、新山の方は最初多和田を利用しようとしていたからかもしれない…いつもなら性格悪い攻め嫌いじゃないんだけどなぁ。。。

結局ふたりは両思いになれたけど多和田が新山を好きになった理由がイマイチ私には伝わってこなかったんですよね。最初出会う所に新山じゃない人が来ていても多和田はその人を好きになったのでは…と。新山も性格は悪いけど甘えたで可愛いとこもあると解ってるのですが…うーん……内容が浅いなぁと思ってしまいましたごめんなさいorz..

砂原糖子さんの作品は初めて読んだのですが、今度は『言ノ葉ノ花』が人気みたいなのでめげずに読んで見ようと思います♪

辛口レビュー失礼しましたm(._.)m

1

悪い攻め最高

読みながら違和感が…いや小説世界にはひたりきって泣きながら読んでたんですが、読み終えてその違和感の正体に気づきました。
攻めの性格が悪い!
そう、攻めの性格が悪いんです。享楽的な生き方、下半身はゆるい。付き合うきっかけはホモを観察して脚本のネタにするため。平気な顔で嘘をつけるタイプ。こういうタイプの攻め、砂原糖子さんの小説では、はじめて読んだような気がする。木原音瀬さんの小説にはよく出てくるタイプの攻めなんですがw
そしてつくづく私は、性格の悪い攻めが好きなんだと思いました。

「そのとき」をワクテカしながら待ちました。
そのとき=いつのまにか受けに惚れてしまった攻めが、受けに嘘がバレ、拒絶されてしまう瞬間、です。自分の生き方を激しく後悔し、失ったものの大きさに気づく瞬間。
ワクテカはワクテカなんですが、そのときがきても「やったー!」とはなりません。
攻めがショックのあまり歩きながら知らず知らずのうちにポロポロ泣いてるシーンで、私も一緒に切なくなって号泣してました。望んでたシーンで悲しくなる、私はきっと頭のおかしいサドに違いない。まるでパラノイア。

続編の『愛のはなし』はイマイチ好き続きじゃなかったです。

1

嘘から始まった恋

真面目で不器用すぎるゲイと、遊びなれたノンケ男の恋。
自分の脚本のネタの為にゲイの振りをして、
恋愛初心者で初心な多田を騙し、
付き合っていく新山は結構、酷い男だと思います。
最低な男なのですが。困ったことになんとなく、魅力があるんですよ。

そんな新山に、どんどん惹かれて行く多田。
いままでゲイであるという事に後ろめたさを感じ、
恋愛をしないように自分をセーブしてきた多田は、
新山と出会って「人に愛し、愛されたい」という本当の自分を晒していきます。
初心な多田が新山と触れ合うたびに感じる戸惑いやときめき、恥じらいが胸キュン。

嘘から始まった恋がいつしか本気に……というのは定番ですが。
砂原さんはその定番を最後まで、どきどきハラハラで描いて行きます!
擦れ違いのじれったさ、甘さを楽しめた作品でした。

2

不器用というか天然というか

かなりじれったくも丁寧に「恋をするということ」について書いてあった気がします。
それは奥手な多和田だけじゃなくて、遊び人の新山にも言える事…ってのがよかったですね。

ホテルマンの多和田は、幼い頃から自分の男しか愛せない性癖を自覚しながら、どうせ叶わぬことと諦め、29歳になる現在でも恋愛経験ゼロ。
そんなある日、親友の石野(高校時代の片思いの相手)から、ゲイの知り合いを紹介すると言われた。
しぶしぶながら向かった待ち合わせ場所にやってきたのは、どこか石野に似た新山という男。
快活かと思えばクール、つかみどころのない男と、とりあえず何度か会うようになっていく…というところから話が始まります。

新山の正体は、結構早い時期に読者にはタネ明かしされます。
文体が第三者視点で、多和田サイドと新山サイド、両方からの視点で語られるので、そういう意味ではストレスが少なかったです。
これがずっと多和田視点だったら色々イラっときたかも知れませんね・・・
まぁその分新山の考えてる少し残酷な事もわかってしまい、何だか多和田がかわいそうにもなるんですが。

だけど、意外な事に恋愛経験続きゼロの多和田の方がまっすぐひたむきにすぐ恋を自覚したのに対して、、恋愛に慣れてるはず(女性限定だけど)の新山の方が自分の気持ちをつかみきれません。
まぁ、恋愛対象に入ってなかった男との恋愛をそう簡単に受け入れるのは難しいから無理もないとは思うんですけどね、それにしても遅い!

私は何だかこの二人の恋愛がもどかしかったんですが、そのもどかしい感じもじっくり恋してるんだなぁと感じさせられてよかったです。
何より印象的だったのは多和田の「好きになってもいいんだ。この男を、好きになってしまっても許される。」という一文。
今までは誰にも話せない、打ち明けられない相手への思いを殺して殺して生きてきたからこその、この思いがとても切なかった。そんな当たり前の事も我慢していたのかと思うと気の毒にすらなりました。

そんな二人の思いは、時々全然噛み合わないし、しばらくは半分新山がだましてたようなものなので、上手くいきませんが、だんだんとお互いの事をわかり合って歩みあってやっていく姿がちょっとほほえましかったです。

1

だから、話し合えばいいのにィ

恋愛経験のない生真面目すぎるゲイ(29歳)とたまたまお見合い状態になってしまった、奔放に生きてきた脚本家の話なのですが、全体を通してもどかしい。いちいち疑心暗鬼になるんだもん。原因はお互いの過去であったり、脚本のモデル騒ぎだったり、石野くん【多和田の親友・見合い話の言いだしっぺ・多和田の初恋の人・妻子持ち・新山の従兄と、このお話のキーマンです】のことだったり。でも、その時その時が違う悩みなので、「また?」と思わないで読めました。

書き下ろしの「愛のはなし」で、最終的にはっきりと言葉にして分かり合えたわけですが、いやぁ、それまでが女々しいったらありゃしない。女の方がよっぽど逞しいワイっていうかんじ。その割には、要所要所の泣きを誘う場面では、おばさんしっかり泣いておりました。

で、ディアプラスエロ担当とのことですが、いやー先生「まだまだだね」ですよ。多和田くんの「やってみたら、エロかった」のはかわいかったですが。(実際、29年間どれだけためていたんだい?って思っちゃうくらい、多和田くんのスイッチが入ったときはエロイです)

ギクシャクした関係になって「一人は嫌だ。一人は、怖続きい」って思っても、正直になれない男(多和田くん)と「一人でいい。一人は、怖くなどない」って言って強がる男(新山くん)。どっちもどっちなんですよ

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ