好きになってはいけません

sukninatte wa ikemasen

好きになってはいけません
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌6
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
7
得点
23
評価数
9件
平均
2.8 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
新書館
シリーズ
ディアプラス文庫(小説・新書館)
発売日
価格
¥560(税抜)  ¥605(税込)
ISBN
9784403521782

あらすじ

恋愛運が異常に悪く、誰かと付き合うたびに手酷い目に遭ってばかりの雅貴。
札幌のイタリア料理店に勤めていたものの、やはり修羅場を見た挙げ句、仕事をやめる羽目になった。
だから決めた。
もう恋はしない。
なのに実家に戻って定食屋を手伝っていると、姪の担任の桂沢から猛アプローチ!もちろん付き合うつもりはない。
とはいえ桂沢があまりに好みのタイプすぎて、雅貴は困ってしまい…?オール書き下ろし。

表題作好きになってはいけません

姪の小学校教師 桂沢宗介
元イタリア料理店勤務 高井雅貴(25歳)

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数7

もう恋なんてしないなんて~

思わずマッキーの歌を思い出しました。
もう恋はしないと思うのに、絆されて、その度に後悔して…を繰り返す主人公・雅貴。桂沢に惹かれていく様子は可愛らしかったと思いますが、ちょっと流されすぎやしませんか?言葉と行動が伴っていないぞ。
桂沢は、強引さや不器用さもありつつとても良いヤツだし、雅貴を取り巻く人々もみーんな良い人です。その分、ストーリーに起伏が少ない点は否めませんが、読後感としては幸せな気分になれる作品だと思います。

0

イラスト担当が好きな作家さん!

完全にイラスト担当、夏目イサクさんだから買いましたw
話の内容は悪くなかったです。
主人公の雅貴が可愛かったし、桂沢はカッコ良かった!

好きになるもんか、と頑張る雅貴。
もう、早くくっ付けよ!としか後半思ってなかったw
三好さん。妻がいるのに雅貴と付き合いたいだなんて、恐ろしい人だw
妻と相談して妻OKする何て…それでいいのか!?マジで!?
雅貴のお母さん雅貴がゲイだってすんなり?受け止めてるしw
桂沢と付き合うこともすんなり受け止めてるよ
お母さんの器の広さに一番驚かされました。

1

イサクさんのイラストだから。

完全なイラスト買いです。

恋愛運が悪い設定は嫌いです。
運じゃないと思います。
何かのせいにして
自分の過去を擁護したり
自分を守ったり。

非常に嫌なのですが、
この作品はそれまで不快感なく読めました


イサクさんのイラストじゃなければ
私の中ではだめだったかもしれません。

手に職もってるのは強いなと。

お互い好きだけど、でも。の感じが
決して重すぎなかったため
面白かったの感想に落ち着きました。

恋愛と仕事を絡めちゃ興味がそれちゃうのですが
職場恋愛が現実でも多くあるだろうし
それはそれと感じ分けるようにならないとなと

自分に言い聞かせました

0

すきだけど!

案外早い段階で、二人の気持ちは向かい合っているのだけれど・・・というのが今回。
素直に「好きです」「僕もです」と言えばあっという間に
終わってるんだよなぁ(*´∀`*)と思うわけで。
ある意味、強固な意思で「好きにならないように頑張る」受が可愛いといえば可愛いと言えなくもないのかなと思える一作でありました。
ほのぼのな日常の一コマを切り出したようなこの作品。
サラっとざくっと読むのには悪くないお話でした。
最初から好みのタイプで、何事もなければすんなりお付き合い。
相手も自分もゲイで両想いから始まるお話なので
刺激を求めるひとには物足りないのかもしれません。

ことごとく、家族や周囲には恵まれているが
恋愛ごととなると、トコトン恵まれない受の奮闘記。
妻も好き、愛人も好き。な三好さん。。。
攻も元々は遊び人。。。。そこをわりとスルーされてるのがどーなのよという気はしますが、終わりよければかな。雰囲気小説

1

薄味

ヘビーだったり、濃くないのが魅力とはいえど、これはちょっと薄味すぎる。
別に出来が悪いわけでもないが、イマイチ。
主人公の受は流されやすいし、攻も強引というよりも、ちょっと横暴。受の元カレにも呆れた。

0

好きにはならないと宣言するけど身体は繋げちゃうw 完全なプラトニックラブで焦れ焦れするんじゃなくって 身体は繋げるけど、気持ちが繋がるまでを読ませるシナリオに 萌えまくったーっ!!!

物心ついたときからのゲイの雅貴。
綺麗な雅貴は、何度も手痛い恋をし
故郷の田舎町で家業の洋食屋を手伝っているんです。

そして、そこに現れたのは姪の担任の先生である桂沢。
自分のモロ好みである桂沢からアプローチをされるんだけども
何度も何度も酷い恋をしている雅貴は、恋に臆病になってるんですっ!

何がいいって、受けも攻めもウブじゃないとこ!
好きにはならないと宣言するけど身体は繋げちゃうw
完全なプラトニックラブで焦れ焦れするんじゃなくって
身体は繋げるけど、気持ちが繋がるまでを読ませるシナリオに
萌えまくったーっ!!!

最後は、ちょっとキザかなぁとも思ったけど
夢のある恋のお話。
何度、失恋をしてもこんな風に新しい恋がはじまるっていいねーv

桜木さんのお話ってエロ描写がぬるい傾向にあると思うんですけど
これはぬるくても萌えましたねぇ。
いやぁ~どっきどきしちゃったv

2

菊乃

ぷ。ミドリさんも同じことを感じていたのねw
しかし、実際の所何文字までオッケーなんだろうかw

桜木さんのぬるさが結構好きなんですが
これって出版社によってもエロ度に差があるのかな、と思ったり。。。
夏目イサクさんの絵も好きだし、かなり気になります^^

ミドリ

もう、このレビュータイトルの長さ見たらかにゃこさんだろうなってわかってきましたよww
タイトルで萌えを叫びすぎwww

恋愛だけじゃない、家族愛と郷土愛

男運の無さから、「二度と恋愛はしない」とヤケになっている主人公・雅貴。
不倫の果ての修羅場で、お洒落なイタリア料理店を辞めて実家の定食屋へと帰ってきます。
そこへお客として現れた桂沢に告白され、熱烈な攻撃を受ける。
何度もデートに誘われるが、雅貴は絶対にOKしない。
それにもめげず猛攻撃の桂沢に少しずつ情が移り出し、時々は誘いにも乗るようになっていく。
しかし、それこそ桂沢の手中であり、あの手この手で巧みに雅貴を堕としてゆく。
雅貴も桂沢が好みのタイプなので、毅然と断れない。

好きにはならない、と決めたものの流されている自分をよく把握していて、いつも対処法を考える雅貴。
最初は「過去にひどい男達と付き合っていたから」、という理由だけで恋愛しない事を決めていたけど、その理由がだんだんと変わってきます。
桂沢の公務員という立場に傷がついてはいけない…と、彼を守る方向へと理由が変わってくるのです。
一生懸命に「好きじゃない」という芝居を続ける雅貴が、気の毒になってきます。
その一方、雅貴がなびかないので、半ば強引な方法で繋がろうとする桂沢の知的な発想と行動はお見事で続きす。
断れない様、言葉も巧み、計画も周到…、なのにワンコでニコニコしてて、決してずる賢い嫌な奴に見えない!
この二人のやりとりがとても楽しいです。

田舎ののんびりとした風土が、雅貴がゲイだという事に対して偏見無く、おおらかな付き合いができて、家族や町のみんなの繋がりが暖かくほっこりします。
郷土愛、家族愛など、たくさん練りこまれたほのぼのストーリーでした。

6

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ