夢は廃墟をかけめぐる

yume wa haikyo wo kakemeguru

夢は廃墟をかけめぐる
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
7
評価数
3件
平均
2.7 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
新書館
シリーズ
ディアプラス文庫(小説・新書館)
発売日
価格
¥560(税抜)  ¥605(税込)
ISBN
9784403521713

あらすじ

撮影に訪れた廃墟の島で、カメラマンの伊原木は一人の男と出会う。
周囲の景色に無理なく馴染む様子に、伊原木は理想の“廃墟の精”を見出した。
その彼と町中で再会する。
妖精の正体は三島要、妻に離婚され会社からも不当解雇され、人生を捨てかけている元エリートサラリーマンだった。
行き場のない三島を伊木原が連れ帰り共に暮らすうち、自由な伊原木に影響を受け三島も変わり始める―。
年下攻ストレンジ・ラブ。

表題作夢は廃墟をかけめぐる

廃墟オタクのカメラマン・伊原木
元エリートサラリーマン・三島要(35歳)

その他の収録作品

  • 夢は廃墟に運ばれて☆
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数1

廃墟の精は……

若きカメラマン・伊原木が撮影に訪れた廃墟の島で、
理想の「廃墟の精」に出会って恋に落ちる話なのですが。
この廃墟の妖精さんは、バツイチの35歳です。

「廃墟の精」こと三島要。
彼は妻に離婚され会社も不当解雇されと、
踏んだりけったりで絶賛自暴自棄中。
やさぐれる三島を放っておけず、自宅へ連れ帰る伊原木。
伊原木と三島の奇妙な同居生活がスタートします。

仕事は出来るが、人の心の機微に鈍感な三島が。
自分とは全く正反対の価値観を持ち、
自由に生きている伊原木と生活していくことにより、
生きる楽しさを知っていく過程が、ほのぼと描かれていて。
ほっこりします。

仕事しか興味のなかった三島が家事や兎の飼育に目覚め、
夢中になっていく様子が天然で可愛いのです!!
35歳だけど!!

そしてマニアが集う『純喫茶・伴茶夢』の描写が楽しい!(伊原木は廃墟オタク)
可憐な35歳妖精と、ヘタレな年下廃墟オタクのハッピーなラブストーリーでした。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ