夜しか、泳げない。プリーズ・ミスター・ポリスマン!EX

夜しか、泳げない。プリーズ・ミスター・ポリスマン!EX
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
9
評価数
2件
平均
4.5 / 5
神率
50%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
竹書房
シリーズ
竹書房文庫(小説・竹書房)
発売日
価格
¥571(税抜)  ¥617(税込)
ISBN
9784812423523

あらすじ

不動産屋の所長・黒坂乙彦の招待は実はヤクザ。
左翼ゲリラだった学生時代に暴力団組長の息子・成湫に拾われ、以後は彼のためだけに生きてきた。
だが、そんな乙彦の人生にひとりの男が現れる。
元成湫の家庭教師で、今は弁護士として活躍する苅谷啓介だ。
乙彦の持ち込む非合法な依頼を引き受け、闇にしか生きることのできぬ乙彦に眩しいほどの想いをぶつけてくる男…。
棲む世界が違うと知りつつも、乙彦は溺れていく自分をとめられない。
本心を悟られぬよう冷たい態度をとりながら、乙彦は開けぬ心の代わりのように身体だけを開くのだが…。
ミスポリでお馴染み、先生と大家さんの馴れ初め編。

表題作夜しか、泳げない。プリーズ・ミスター・ポリスマン!EX

弁護士・苅谷啓介
左翼・黒坂乙彦

評価・レビューする

レビュー投稿数1

可愛いふたり

弁護士の啓介は乙彦が依頼するヤクザのトラブルの弁護を断ることができない。
それは、脅されてるわけでもなく、依頼にくる乙彦が好きで好きでたまらないから(笑)
そしてそんな乙彦への甘い思いを恥ずかしげもなく乙彦にぶつけます。
でも乙彦は憎まれ口をたたくそっけない態度ばかり。

でも実は乙彦も負けじと啓介に魅了されているのです。
それをどこまで分かっているのかいないのか、啓介はいつもそっけない乙彦の態度にむきになって、今日こそは自分が言い負かせてやろうと必至になって、とにかく可愛い男(笑)

自分は夜(裏)の世界でしか生きられない人間だから、光の下で生きる啓介に溺れてはいけないといつも自分に言い聞かせてながら接している乙彦も啓介に負けじと可愛いいですけどね!

啓介には、悪に手を染める時の乙彦の素性に気付かないまま、ひたすらに乙彦を追いかけ続けてほしい。
とにかく大好きな二人です(^o^)

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ