狼の柔らかな心臓

狼の柔らかな心臓
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
9
評価数
3件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
徳間書店
シリーズ
キャラ文庫(小説・徳間書店)
発売日
価格
¥533(税抜)  ¥576(税込)
ISBN
9784199004735

あらすじ

難航する湾岸開発計画の交渉相手は厄介なヤクザ!?国土交通省の若きエリート・郁が折衝に臨んだのは、ヤクザの若頭・椿本―郁の大学弓道部の先輩で、密かに憧れていた男だった。
ストイックで清冽だった椿本は、今や眼光鋭く威圧感漂う男に豹変!!「お前が俺という男を知らなかっただけだ」と、驚く郁を平然と組み敷いて…!?ヤクザの若頭×エリート官僚のハードLOVE。

表題作狼の柔らかな心臓

若頭・椿本威一郎
国土交通省の若きエリート・是永郁

評価・レビューする

レビュー投稿数2

楽しく読めましたが気になったことが一つ

裏社会モノで再会モノです。
ストーリーとしては王道モノかな。

ただ気になったというか、よく理解できなかったことが一つ。
それは、攻めのライバルのヤクザ(鬼塚)が出てくるんですが、その彼が何を目的にしていたのかがイマイチよく分かりませんでした。
攻めを苦しめたい、というのは分かるんですが、そのためだけに強固な決め手を入手することもなく、ライバルの組の若頭を拉致して抗争を起こすようなことをするのかな?と。
そこがなんとなく素人っぽい感じがしました。

ま、そこを除けば、恋愛のものとしては楽しく読めました。

0

普通っぽいお話

いろんな意味で、普通の話だなと思いました。
キャラとかストーリーが、王道ぽい。
ヤクザになった攻めと、キャリア官僚になった受けが、数年ぶりに再会する。
攻めに脅迫されるような形で肉体関係を持つ受けなんだけど、じつは受けは昔から攻めのことが好きだった。
心のない肉体関係に苦しさを覚えつつも、惹かれる心を偽ることのできない受け。

読者の喜ぶ展開を色々と模索しながら書かれてるなと思うことがたまにあるんですが、この作品からもそういう部分を感じました。
攻めは俺様です。もっとわがままで身勝手な俺様でもいいのになー、と思ってしまいましたw 初期の榊花月作品の俺様攻めに比べると、ぬるくなってきている気がする。

でも、なんだかんだいっても、榊花月さんの語り口は好きで、読んでて心地がよくて、最後まで楽しく読むことができました。

0
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ