御界 下巻

御界 下巻
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
9
評価数
4件
平均
2.8 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
日本文芸社
シリーズ
Karen文庫(花恋文庫 小説・日本文芸社)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784537141160

あらすじ

うれし・はずかし・たのしばかりの体感ゲーム「御界」…のはずだったが、はたして誰が何のために作ったのか?二十四才、童貞、フリーター、冴えない僕・春野圭太の冒険の翼は、遂に仮想空間から飛び出して、現実の世界へと広がってゆく。
そしてそこに見いだしたのは、三十年も前に交通事故を起こし、植物人間となった大学生と、彼に異常な執着心を抱く、青年実業家との奇妙な愛の形。
ただひとりの男との想いを成就するために、全生涯をかけて「楽園」を作り上げた、男の妄執だった―。

表題作御界 下巻

1.西島さん  2.西島さん
1.春野くん  2.瓜生さん

評価・レビューする

レビュー投稿数2

謎が明かされていく

上巻でどっちつかずだった感じの春斗くんが、行動を起こすのですが、あいかわらずのフワフワ感。周りの男性陣が個性的な分グイグイと引っ張ってくれてますが。後半急展開して様々な謎が解明されていくのは、気持ちいいです。
データベースを入力していて思いましたが、ホントのところ全編通して間違いなくカップルだったのは西島×瓜生だけっていうことでした。主人公の春野圭太(本多春斗)くんの恋はこれからですね。
左馬の正体がなかなかいい設定だと思いました。
こんな体感ゲームが開発されたら、私も御界へアクセスしちゃうかも。

3

現実は悲しい

謎が明らかになります。
御界を作ったのは誰か、何のために作ったのか?
仁竜の正体は、左馬は…?

一人の男を自分の起こした事故のせいで、植物人間にしてしまった仁竜を生かす為に作った世界。
それがこの御界。
リアル世界で望めない幸せを、バーチャル世界に求めた一人の狂人が作り上げた楽園だった。
すべてを理解したうえで、仁竜の代わりに御界の管理を引き受けることにした春斗は、現実界でも少し頑張れる人間になりました。
左馬も、自分勝手に相手を傷付けていたことを反省し、少し優しくなってきます。
そして、現実世界で二人は再会する…といういい所で終ってます。
仁竜と春斗の別れは、ちょっと切ないです。
BLッぽくない話でしたが、内容は充実していてとても面白かったです。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ