茨木さんと京橋君 1

ibarakisan to kyoubashikun

茨木さんと京橋君 1
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×24
  • 萌10
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
12
得点
62
評価数
18件
平均
3.5 / 5
神率
16.7%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
二見書房
シリーズ
シャレード文庫(小説・二見書房)
発売日
価格
¥533(税抜)  ¥576(税込)
ISBN
9784576080284

あらすじ

医科大学附属病院の耳鼻咽喉科医・京橋は、病院の売店で働く茨木と親しくなる。誰にも話したことのない自分の生い立ちや医者になった理由、プライベートを初めて話した夜、茨木は優しく頭を撫でてくれた。
いつしか茨木の笑顔に癒され、彼の手の感触を思い出し、会いたいと思う自分に戸惑うが…。消灯時間も過ぎた病院でひどく落ち込んでいる様子の茨木に、このまま泣かせて欲しいと抱きしめられて――。

表題作茨木さんと京橋君 1

茨木畔,病院売店店長代理,31歳
京橋珪一郎,K医大附属病院耳鼻咽喉科医

同時収録作品茨木さんと京橋君 1

間坂万次郎,定食屋まんぷく亭アルバイト 
楢崎千里,K医大付属病院消化器専門内科医

その他の収録作品

  • いつか似たもの同士…?
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数12

いまひとつ「萌」が足りない。

「メス花」未読です。
「茨木さんと京橋君」
タイトル通り、二人の出会いから、思いが通じ合うまで。
「いつか似たもの同士‥?」
楢崎先生にお見合い話があるらしいと、間坂君に相談され‥。

うーん。
話はおもしろかったんだけど、イマイチ「萌」れんかった。
何が、足りなかったのか。

茨木は両想いになる前も、なってからも、
京橋くんに距離を置いてる気がして。
敬語攻めだって苦手じゃないし、なんだろ。
都合(?)の悪いことは話さないんだけど、
やるこたやるみたいな。
「ちるちる」さんのキャラ説明に「腹黒」ってあったけど、
それだけで、表現できないような。
もやもや。2巻読んだら気が晴れるかしら?

0

可愛いお話でした。

これ、続き物で①って書いてあるんですけど…買ったときは全く気付きませんでした(^-^;

草間さかえ先生のイラストだから読んでみよ。てな、具合です。
え、続き物?①ってなってる!と知り慌てて②を買いに行きました。

そしたら、スピンオフもあるって言うじゃないですか(^ω^;ゞ
まんじくん好きなんです。
私の中のマイブームその①、料理男子ですからね(笑)

チロって呼ばれる京橋くんが可愛いです。最初は楢崎先輩とくっつくのかと思ってたんですけど違いました。
楢崎先輩に弄られる京橋くんがめっちゃ好きなんですけどね!

茨木さんのお父さんの話は切ないです( •́દ•̩̥̀ )
そして、茨木さんが年上だと言うのには納得です。
京橋くん、大学生くらいと見てたんですが…その落ち着いた物腰は読んでいて年上の気がしてなりませんでした。

ちょっとずつ距離を深めていくゆっくりまったりなお話です。

0

『いばきょ―』1作目。

受一人称が個人的にものすごく苦手ですので、その点が非常に苦しかったです。

2CP(茨木×京橋&まんじ×楢崎)4人が出てきますが、正直どのキャラクターも好みのタイプとは言い難いですし、実際『誰が好きか』と訊かれてもちょっと答えられないくらいです。

でも、作品としては悪くないんですよ。4人とも個性的で、あんまり共感(感情移入)はできなかったんですが、ストーリーには上手く合っていて、楽しめました。

それと、茨城が『隠れS系』とあったので、(S攻ダイッキライなので)ビクビクしてたんですが、これくらいなら別に気にならないですね(Sに関しては)。なんというか、4人の中で茨木がいちばん思い入れがなかったんですよ。丁寧語攻もあんまり好きじゃないし、掴みどころがなさ過ぎてどうにも困りました。だから『S』入ってるかどうかなんて大した問題じゃなかったんです。

私は楢崎のちょうどいいツンデレ具合がよかったですね。『ツンツンし過ぎの受』はどうもダメなんですよ。読んでてイライラするんです。
その点楢崎は、確かに属性は『ツンデレ』『クール』なのかもしれませんが(そうですよね?)、続き『デレ』成分がハッキリしていていいんですよね。

しかし楢崎、『メス花』でのお前は一体何だったんだ!と突っ込まずにはいられません。でも、こちらのなんとも残念な楢崎の方が、私は魅力的ですが。

たぶん、タイトルどおりに茨木×京橋CPのみだったら、私は今ひとつ入りきれないままに終わったんじゃないかと思います。2CPだったからよかったな~と思いましたね。

続編も、まんじ×楢崎のスピンオフ(?)も出てますね。

0

良い作品ですよね

何故かこの作品より前に楢崎先生とまんじ君を読んでしまって
先の作品が個人的にかなりツボに入りまくったので
神評価まではいかなかったけどこの作品もいい味だしてますよね。
この作者の右手に~にはそれ程惹かれなかったので
何気に避けていた感があったのですけど・・・
ああ~もったいない事しちゃったって思うほど後悔。
もっと早く読んでればなんて思うほど良いお話ですね。
茨木さんのさり気にSちっくな感じもツボです(笑)   

0

私的にツボ

もはや個人的にツボとしか言いようのない作品。
どうも私、何でもない日常を描いたようなホームドラマ系の雰囲気の作品が好きみたいです^^
しかも茨木さんがひそかにSっけあるんですねー。うへへ。
京橋先生もなんか可愛いし^^

でも自分的には若干展開が早く感じる部分もあったかな・・・?
最近じらし展開に耐性ができたからでしょうかねw

0

時々メガネ×メガネ

イラストに釣られて購入(草間さんが大好きなんです!!)だったけど、椹野さんも好きなので無問題です。
草間さんと言えばメガネ、メガネといえば草間さん。
普段メガネな茨木さんと、時々メガネな京橋くんのおかげで、挿絵がよくメガネ×メガネ。
作者GJと叫たい。

一生懸命だけど、ちょっと不器用な京橋くんと、物腰柔らかで少しずれてて、だけどたまに策士の本性が除く(あらすじ曰く隠れS_笑)の茨木さんの恋はほのぼのしていてすごくかわいいんだ。
なんだお前ら!!
色々とハードな作品のあふれているBL界でこのほのぼの成分は貴重だ。

しかしメイン二人よりも可愛らしいのは京橋くんの先輩、楢崎先生です。
同じ作者のメス花シリーズにも出てきた楢崎先生ですが、あちらのシリーズを読んだのがはるか昔すぎてうろおぼえだけど、こんな人ではなかったような。
デレ全開のツンデレというか、墓穴系クールというか。隠してるつもりでも先生色々なものがだだもれです。
そんな先生を甘やかしまくってる超天然なまんじくんもかわいい。
この二人のスピンアウトも出ているみたいなのでまたチェックしなければ。


0

この病院へ行ってみたい

『メス花』カップルが働く病院に、別カップルが誕生!
で、読み進めると、まだ別カップルがいて。
ちょっとこの病院、のぞきに行きたいんですけどっ!

1年間のアメリカ留学から帰ってきた京橋。ふらりと寄った売店で知り合った店長・茨木。
こんなふたりがどんどんと距離を詰め、戸惑いながら、ゆっくりと自分の気持ちを確かめながら、ほのぼのとした恋愛をしていく様子が丁寧に書いてあります。
茨木、親しくなっていっても常に敬語だし、結局ヘタレなのか? と思っていたら、結構押しが強い。
そういうギャップのあるキャラ、萌えるんですけど!
京橋が結局、翻弄されちゃってるんですよねぇ。

で、もうひとつの間坂と楢崎カップル。
こっちはすでに出来上がっていて、茨木と京橋のいい相談相手になっています。あ、主に京橋です。
まんじが、めちゃめちゃヘタレ年下ワンコという、ストライクど真ん中のキャラなので、こっちが気になって仕方がありません。

0

初読みの作家さんでした

 草間さかえさんのイラストが素敵で買いました。
 イラストとキャラ、ピッタリだった気がします。

 お話は、ドラマチックな展開とかないのですが、不思議と最後までサクサク読めました。ドキドキすることもほとんどないほのぼのっぷりですが、2巻も買おうかなと思いました。

 疲れてぼんやりしたい時とか、激しく揺さぶられるのはいいや……という時に、オススメかもしれません。逆のものを求めている時にはオススメしませんが……。

0

草食系

ワケありで病院の売店の店長代理をしている、長身・痩身・眼鏡の茨木さんと、留学先のアメリカから帰ってきたばかりの天涯孤独な耳鼻咽喉科の医師・京橋君のお話です。

留学前から売店の常連さんだった京橋は、帰国後も足繁く売店通いをし、茨木の優しくていねいな態度に癒しを感じます。
私的な会話も交わすようになり、お互いの背景を知った頃にはかけがえのない存在になっていくのでした。

優しくて温かくて控えめで、そのくせ妙に押しが強くて少しいじめっ子な茨木と、ポヤーンとしているようで結構な努力家・負けず嫌いな京橋君といういままであまりお会いしたことの無いようなカップルです。
どちらもいまひとつつかみどころがわからない感じなのです。
押しが強かったり負けず嫌いだったりするのに草食系な感じ。

お話しそのものも、大きな事件や激しい心の揺れがあるわけではなく、医療色も薄く、どちらかというと恋愛相談もの的な組み立て。
ゆっくり育まれ、あわてることがないので、ドキドキ度は少ないですが、なんだかあったかいのです。

そしてもう一カップル、定食屋の店員・まんじくんと消化器内科のドクター・楢崎。続き
こちらは既に出来上がっているカップルで、大型ワンコと年上の眼鏡美人という組み合わせ。
実は楢崎は「メス花」のサブキャラということですが、CDを聴いちゃったら満足しちゃって原作は積読中。どんなクールビューティなのか知らないんです。
でもここでは、クールビューティというより、面倒見がよくて頼りになるおばさんといった感じ。(失礼)
書き下ろしではそんな彼に見合い話が・・・バカップル2組でございました。

1

敬称呼びに萌え

主人公はK医科大学付属病院の耳鼻咽喉科の医師・京橋珪一郎。
一年のアメリカ留学から帰ってきたばかりのお医者さんです。
ハチミツ梅のど飴が好物で、あわてると何もないところでつまずくという特技があります。

対するは病院内の売店の代理店長・茨木さん。名前がなかなかわからないのには訳があるので、ここでは内緒です。皆さんどうぞ見つけてくださいね。

売店で当たり前に出会った二人ですが、それはものすごい偶然があったからでした。
京橋先生は帰国、茨木さんは転職がなければ出会わなかったんです。

明るくて、ちょっとドジで、でも一生懸命な京橋先生に、茨木さんは好きだと告白します。
それに対する京橋先生のお返事が「俺もだよ、バカヤロー」的で、思わず笑ってしまいました。
お互いに尊敬しあって、相思相愛になっても「先生」「さん」をつけて呼び合う姿がとてもほのぼのとしていて、暖かくなります。

でも、あるとき京橋先生は、茨木さんが脳外科の病棟で目撃されているということを知ってしまって激しく動揺します。
頭が痛いと日ごろから言っている茨木さんは、本当は悪い病気ではないか…。

続きしてある夜、消灯が済んだ病院の片隅でひどくうなだれている茨木さんを、京橋先生は見つけてしまい…。

病院を舞台にした、とってもほのぼのしたラブストーリーです。
京橋先生のアメリカ留学時代の先輩・楢崎が、すごくいい味出しています。
噂のクールビューティーとは、また違った一面が見られて楽しい作品にもなっています。

3

めがね×めがねアーンドわんこ。

作者さんに対しては思うところあるものの、作品はとても面白しかったです。はい。
いろんなものを抱えながら生きる二人が出会い、互いに思いやりながら恋人になっていく様子が丁寧に描かれてあり、とても心温まるお話でした。
まだ初々しさが漂う感じは微笑ましくも照れくさく、そこがまたこの作品の好感度を上げていると思われ。
最近Hシーンの多いものに辟易気味だったので、このくらいゆっくりとした作品はホッとしますな。うむ。

そしてなんといっても攻が良い。
これを読んで、温和で敬語で少々Sな攻がツボだということに気づいた。
受攻とも眼鏡なので、眼鏡スキーさんにはムフフです。

受の雰囲気プラス愛称、そして攻のファーストネームがアレなもんで、いろんな意味でわんこ好きにも堪らん感じになっています。
「メス花」にもでてくる楢崎先生にも意外なお相手がいてびっくり。
ああ、ワンコがここにも~。

続くようなので、今後も楽しみです。


2

わんこ本

耳鼻科行く日に読むのもどうかなーと思いつつ読んでみたら、思ったよりもお医者さん業してる描写はありませんでした。医療モノ好きなのでちょっと拍子抜け。でも面白かったです。
院内唯一の売店の店長代理×耳鼻科医
なので、売店でのやり取りが中心です。
同時収録の「いつか似たもの同士……?」は一言で言うとスーツ話。

ところでタイトル、茨木さんはともかく「京橋君」とは呼ばれていないような……?

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ