ほら……俺の恋人になるって言えよ

君に捧ぐ恋の証

君に捧ぐ恋の証
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神9
  • 萌×24
  • 萌8
  • 中立4
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
10
得点
89
評価数
28件
平均
3.4 / 5
神率
32.1%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
二見書房
シリーズ
シャレード文庫(小説・二見書房)
発売日
価格
¥571(税抜)  ¥617(税込)
ISBN
9784576080901

あらすじ

高校三年の高橋秀は、同性にしか興味を持てない嗜好をひた隠しにしていた。
しかしふとしたことから『遊んでいる』同級生・東洋平に知られてしまう。思い詰める秀へ、東はあろうことか本当にゲイなのか証明してみせろと挑発し、さらには「つきあおうぜ」とまで迫ってくる。そんな東をどうしても信用できない秀は、まずはセックスフレンドからという東の要求を呑むことに。
躯だけの関係を続け、初めての快感に溺れる秀だったが、幼なじみの山岡大輔に知られてしまい――
出版社より

表題作君に捧ぐ恋の証

受様の性癖に気づく遊び人のクラスメート・東洋平
友人を好きな事をひた隠しにしている優等生・高橋秀

その他の収録作品

  • 恋人の資格
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数10

まさに『ボーイズラブ』って単語がぴったりの良作

この話は高校3年生同士の男の子が、お互いの身体も心も好きだって気持ちに向き合う様子を等身大で感じ取る事ができる良作だった。

制服を着ていた十代の頃って外の世界をかじっているような経験値があるんじゃないかって雰囲気の同級生が妙に大人びて見えたものだった。
多分、主人公・秀(受け)の目から見た同級生・東(攻め)の第一印象ってそんな感じだったんじゃないかな、って思えてくる。

そんな遊び人に見える東に、秀自身の内心は同性が好きって本心を見透かされてしまい、身体の相性から見極めてみようって事になっていく。

秀はいざ付き合ってみて初めて気づく東の優しさ、一途さにたちまち惹かれていく。
学業よりも身体で覚えたての気持ち良さや、恋心で一杯になってしまったりする感覚も十代ならでは。
秀が信頼していた友人にレイプされたって経緯も、心に傷が残るものなんだって書かれ方ではっとさせられる。
その友人の秘めていた葛藤に流されずにキッパリと否定した上で改めて東の気持ちも受け止めていき、二人が恋人として成長していく過程がまさに『ボーイズラブ』って単語通りだった。

実を言うとこの楠田さん続きのデビュー作、発売日に買っておいたまま、長年積読本状態にしてしまっていたのだった。
そのおかげで、今更になって後悔する羽目になった一冊がまた出てきた。
もっと早く読んでいればその後の二人の同人誌も入手できたのに…と、せっかくの旬を逃すリスクも改めて実感した…。

1

証明シリーズ

高校生のラブっていいな~と思える作品でした。いわゆる「カラダから始まる…」タイプのお話ですが、二人とも高校生らしく悩んだり強がったり反省したりするので、クドい印象はほとんどなくて面白かったです。クールな秀才でもある秀が初めての快楽に花開いていく様子がまさに萌え!でした。こういう、素直に応援したくなるカップルは読んでいて楽しいです。

秀と山岡との顛末は今まであまり読んだことのない感じで新鮮でした。特に、決着の仕方がちゃんと男らしくて、引き摺ることもなく、私は好きでした。

こちらの情報ページで関連作品が沢山あることを知って作者さんのサイトを覗いてみたところ、「証明シリーズ」としてまとめて公開されており、その後のお話が色々と読めるようになっています。また、あとがきでも触れられていますが、文庫化に当たって秀のセリフの一人称が「ぼく」から「おれ」に変更されています。公開されているものをナナメ読みした限り、秀は元々はもっと天然っぽさが強く、隙が多くて可愛い(だけの)キャラクターだったのかな、と。個人的には文庫化された方のキャラクターが好きなので、こちらを読めて良かったです。

1

まったく入り込めなかった・・・

初読み作家さんです。

『体から始まる関係』は確かに好みではないんですが、一様にダメなわけではありません(『無理矢理』からでさえなければ)。
でも、なぜかまったくストーリーに入り込むことができませんでした。

とにかく、キャラクターに好感を持てなかったんです。2人の心情の変化も唐突で、すべてが噛み合わないままなんとか読了。読み進めるのが苦痛でした。

もともとサイト掲載のシリーズをまとめたものだそうですが、せめて1編目の内容でまるまる1冊書いてくれたらまた違ったかもしれません。2編目は、ただの付け足しかと思うくらいどうでもいいと感じましたから。

高校生同士は、描き方にもよるものの個人的な好き要素ではあるんですが、なんというかこれは私には『高校生もの』のよさが感じられませんでした。
シリアスなエピソードも組み込んだわりにあっさりしすぎ。山岡を完全に『悪役』として切って捨てたのがなんとも安易だと感じました。別に山岡に思い入れはないんですが。

それと、たぶん『萌どころ』なんでしょうが、私は秀(受)の酔った時の舌足らず口調にテンション下がりました。たぶん続き、ほんの一言二言ならまだよかったかも。

唯一、東の『ラブレター』は単体ではいいと思ったんですが、あまりにも唐突でこれを出すんならそこまでに東のキャラクター描写をもうちょっと何とかできなかったのか、と残念でした。

結論として、どうもこの作家さんとは合わなさそうだな~という感じです。少なくとも、他の作品を読みたいという気にはなりませんでした。

3

悶々と

 高校三年生の高橋秀は、成績優秀でテニス部のエースでもある高校三年生。
 そんな彼の目下の悩みは、どうやら同性にしか性的興奮を覚えないらしいこと――。
 何人もの異性に告白されるも心を揺さぶられることなく、それどころか、たまたま同級生が持ってきた男同士の絡みが乗っているエロ本をついつい食い入るように見つめてしまう。
 そんな秀の行動をあろうことか、『遊んでいる』同級生・東洋平に気づかれてしまう。
 思いつめ、学校を休んでしまった秀の下を東は訪ねてくると、あろうことか「本当にゲイなのか証明してみせろ」と秀を挑発する。
 これまで悩んでいたことを鼻で笑われたことに怒りを覚えた秀はその挑発に乗ってしまうが、東のものに触れ、東に触れられると身体から湧き上がる快感に溺れてしまう。
 その後、東からは「つきあおうぜ」と告白されるが、今までの東の女性遍歴を知る秀は、東をどうしても信用できず、「セックスフレンドから」という東の要求を呑むことにする。
 身体だけの関係を続け、初めての快感に溺れる秀だったが、幼馴染みの山岡大輔にその関係を知られてしまい――。

 という感じの話でした。
続き

 結局、秀は山岡に無理やり犯されちゃって、そのことでようやく自分の気持ちを自覚する――とう話でした。

 なんというか、高校生であるという秀の気持ちがとてもよくわかる話で。
 秀は、真面目なごくごく普通の高校生なので、なかなか自分が男しか愛せないんだってことを認めるられるわけじゃなく、ましてやそんな相手なんてそうそういない、と思い込んで悶々とする日々を送っている。
 よく、自分はそうなんだ、とわかった瞬間からぐれちゃったりぶっとんじゃったりして、人生経験が華々しくなってしまう「受け」の子がいるんですが、そうじゃないところがリアルだなー……と思いました。
 個人的に、どっちかという真面目側の人間だったので、秀のいう「一人でふらふらそういう街に出ていってどうやって遊べばいいのか、さっぱりわからない」という気持ちはすっごくよくわかるのです。
 そんなもの遊びなれているやつが行くから、そこそこちゃんと形になるわけであって、遊びなれてない人間はしり込みしてとてもじゃないけど、飛び込んでいけないものなんですよね。

 そういう意味では、とってもリアルな話だなと思って、すごく共感できました。

 最後はもちろん、「遊んでいる」ように見えて(実際遊んでいるのだけれども)実はものすごく優しい東と秀がきちんとくっついてハッピーエンド。
 おまけとして、秀と東が大学に行ったその後の話もきちんと書いてあります。
 こういう穏やかな話っていいですよね。

 ちょっと内にこもるような焦燥感をあおるような話が好きな方にはオススメです。

1

青春ですね!

なんかキュンとなる学生らしいというか「青春ですね!」みたいな感じでした。

秀は自分がゲイであることに気付きながらも、どうしたらいいかもわからずただ黙って過ごしていた。
性的なことにも興味がないわけじゃないけどネットやなんかもコワイし。
そんな時、仲間で見ていたエロ雑誌の男同士のページに釘付けになってしまい。
それを見ていた東に声を掛けられ、後日触りっこまでしてしまって…。

自分の気持ちが恋かどうかもわからないまま。
それでも、ただ気持ち良くて。
身体の衝動に熱を重ねて。
何度でも付き合おうと好きだと告げてくる東に、それでも答えを出せずに。
関係だけが続いて。
自分の気持ちと向き合うことになるのは事件が起きた時。
初めて東以外に触れられて初めて感じる嫌悪。
「東は違う」と感じる想い。
でも、すっかりヤられてしまうのがなんとも言えず。
その後にそんな状態なのに東の元へと向かってしまう秀を、会いに来てくれただけで喜んでしまう東が好きです。
何が起こったのかもまるわかりなのに、しっかり介抱してくれる東が好きです。
この「事件」のことは2人の胸の内に残る傷続きになったと思う。
秀はそのことを負い目に感じていくようになるけれども、それを吐き出す機会が得られたんだから解放されたような気もして。
東の方が実はショックを受けてたんじゃないかなとも思う部分が強くて。
自分がきっかけだったともいえる事件だから。
もちろん、秀は東のせいではないって言ってくれたけど。
2人がその事件のことも乗り越えて絆を深められて良かったです。

個人的には東の手紙がなんかとてもかわいくてツボ。
秀の酔っ払った口調はかわいすぎてびっくりした。
BLで酔っ払ってるシーンてそれなりにある気がするけど、ここまで口調がかわいくなってるのも珍しいような。

1

攻めに惚れずには居られない!

カッコイイ攻めにメロメロにされ、可愛い受けにクラクラさせられ、貧血でぶっ倒れそう!

いや、ホント、もう、なんと言いようもなく可愛かった!

攻めは恋愛経験値が高くて、実際経験豊富な奴ならではのアプローチをするんですが、大事なところで馬鹿というか軽はずみというか、堪え性がないというか……。
せっかく受けの気持ちがグラグラしてるのに、待ちきれなくて「セフレで良い」とか、そのタイミングで言っちゃダメだからっ!(笑)

そして!
自覚のきっかけだったレイプがめっちゃくちゃ衝撃で、ショックでした!!!
はっ、初めては好きな男とじゃないの!!!!!
これは苦しい……。
犯されながらようやく自覚する受けも辛いだろうし、それをあとで知る攻めも辛いだろうし、私もどうしようもなく辛かったです。
それはないよ……。

攻めがとにかく潔かったです。
こんなにカッコよくて包容力がある男、ホントに素敵ww
不器用で素直で真っ直ぐなラブレターに、なんだかホロリときました。
このタイミングで。
どんだけ受けの心に沁みただろう。
親友をぶん殴ってひとまずの気持ちの清算をする受けも続き、男前で惚れました。


付き合ってからの攻めは、男前度がよりいっそう増しましたね~。
言う事も態度も、いちいちが正しくて真っ直ぐで、なのに押し付けがましくはなくて、カッコイイ。
みんながみんな強いわけじゃないから同じように考えられないかもしれないけど、そういうエネルギーを持っている攻めと一緒に居れば怖いものなんてなにもないって気がします。

攻めが受けにあげる言葉は全部があったかくて、本当に沢山素敵なセリフがあったんですが、私は何故か「自己評価が低いのがはやりかよ」って言葉に無性にキュンとしました。
全然萌えセリフじゃないはずなんだけどなぁ……。
どのあたりにキュンとしたの?と問われても上手く説明できないんですが、なんかこのセリフに攻めの考え方や姿勢が全部凝縮されてるような気がしました。
気持ちも自分のものだし、人と向き合うのも自分だもんね。

このお話は、とにかく全部がきゅんきゅんで全部がカッコイイし、読めば読むほど攻めにドンドン惚れてしまうので、言葉で言うよりちょっとでも沢山の人に読んで欲しいです。

南月さんの挿絵に引かれて手に取った初読みの作家さんでしたが、これが初文庫なんですね。
他の作品も読んでみたいと思います。

3

萌え萌えしたv

自分はゲイなんじゃないかと悩む主人公・秀
そんな秀を遊び人でヤンキーの東が
言葉巧みに快楽で翻弄していくんです。
セックスフレンドと、いうには
お互いの気持ちがスレてなくてドキドキする恋の駆け引きでした。

物語全体は、甘いのですが
センシティブな青さもそこかしこに匂っていて
萌えましたねぇ~v

優等生・秀
親友・山岡
ヤンキー・東
と、3人の登場人物がいて
恋という感情の出し方がそれぞれ違うんですよね。
まさに成長段階といった感じで
どの子の気持ちも、わかるなぁと思ってしまいました。

とくに悪役になってしまう親友の山岡は
読んでいてかわいそうになったな。
臆病でギリギリまで感情をためこんでしまった山岡
秀の身体がほしくて東がしたこと、山岡がしたこと
気持ち的には同じ種類のものなのに
山岡には、いろいろ足りなかったんだよね。
このあたりは東の恋愛経験値の高さの差なんじゃないかと。
山岡は最後まで報われず、友情すら失ってしまうのですが
すっぱり切ってやることが正解だったのかどうか・・・

とりあえず東は、かっこよかった。
大人続きっぽさとかわいらしさを兼ね備えたアプローチv
同い年なのに恋愛経験値が上の東が
余裕ぶっこいてみせているようで
けっこういっぱいいっぱいなとことか
甘えるようなセリフとかすごくツボでした。萌え萌えしたv

同時収録のその後のお話『恋人の資格』にまでレイプをひきづる
秀・・・普通に考えればそれくらいのトラウマになるよね。
とは思うんだけど、ちょっと女々しいなって思ってしまったw


《書き下ろしペーパー》
物語がはじまるちょっと前
夜のクラブで東がクスリと称してサプリメントを売りつけていた頃の話でした。
秀への気持ちを募らせる東の一面が垣間見れるペーパーでした。


※もともとはネットで公開されていたシリーズを
文庫サイズにまとめた作品らしいのですが
まだ番外編などが読めるのでぜひーっ。

1

ほれてまうやろー!!!

東が大好きです!!
あんな包容力のある男はまずいねぇ!!
チャラく見えて堅いってマジやべぇ!!
見事に好みのタイプでした。
(口汚く申し訳ありません)

物語の全体的な流れは物珍しい感じではないのです。身体から関係が始まったり秀がレイプされてしまったりしましたが。
でも、秀がレイプされてから初めて登校すると下足箱になんとラブレターが入ってるんです!!その内容が可愛いんですねぇ。その場面だけでやられちゃいました。

私の性格上絶対ラブレターなんて書けないので…憧れというかなんというか…。
純粋に素敵だと思いましたので高評価にさせていただきました。

1

キャワイイ☆

2人のラブラブさがほんわかしていてめっちゃ可愛いんです。

「つきあって」「だめ」という会話を甘々な感じでやってるんですが、かなり萌え!!いやこれは萌え萌えだあああ!!!笑

とにかく、東がめちゃくちゃかっこいいんですよ!!『遊んでいる』よう装っているので最初は微妙と思われるかもしれませんが、秀に対する思いやりや優しさなどなど、純情すぎて本当ヤバかったw

まあ、最初あまりにも軽く誘ったりするので、なかなか気持ちを信じてもらえないのですがねw苦笑


続編は大学生編で、秀の酔っぱらって口が回らない姿は、本当にかわいくてかわいくて//
また、ひとりで悶々とする姿もか わ い い!!

しかも私の大好きな、南月ゆう先生の挿し絵なので萌えずにはいられないw

確かに体から始まる恋なんですが、わたしは面白かったです(。・∀・。)

2

体から始まる関係

ふとしたことからゲイであることがクラスメートである攻にばれてしまった受。そこから、受の受難が始まる(笑)
厭、逆か。純情で何も知らない受をまずさきに体から落としたせいで苦労する攻の話(笑)
攻が今まで来るもの構わずの態度でいろんな女性とつきあってきたから、脅すように体の関係から始まったつきあいが受にはどうしても受け入れられない。少しかたくなと思えるほど、攻の言葉を信じないのはもう攻を好きになっている証拠のようで読んでいて楽しかった。
ただ、とても好きな設定なのにエロ描写が生々しくてロマンチックさを感じられなかった。「ぼくの初体験物語」を地でいくようなくわしい描写は個人的に萌なかったが、攻のかわいい告白はたまらないほど萌えを感じた(笑)
攻は遊び人を装っているのにもしかしたら受以上に純情なのかもしれない!

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ