桃色男子 モモ&蜜柑パパ編

momoiro danshi

桃色男子 モモ&蜜柑パパ編
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×23
  • 萌4
  • 中立1
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
10
得点
35
評価数
13件
平均
3 / 5
神率
15.4%
著者
 
媒体
コミック
出版社
マガジン・マガジン(ジュネット~JUNET~)
シリーズ
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784896441598

あらすじ

蜜柑の持つ特異体質は試合相手の戦意を喪失させる。卑怯な事をしていると分かりながらも、川島との約束を果たそうという一心で柔道を続けてきた。しかし、約束を覚えていない川島の言葉に心が折れてしまい…。
モモ編はとにかくあま~いフレッシュなラブコメ。愛の交歓を極めるにはチン・戯・体が必須!!(※チン○・前戯・体位)愛しの津森に言われた一言が、モモを駆り立てる!!目指せ☆脱マグロ!!
高木親子の甘酸っぱい青春をギュギュと1冊に絞りこみました。

表題作桃色男子 モモ&蜜柑パパ編

津森和也,モモのクラスメイト,高校1年生
高木モモ,桃の香りのフェロモンの持ち主,高校1年生

同時収録作品桃色男子 蜜柑パパ編

村岡総一郎,蜜柑の柔道の師匠 他複数
高木蜜柑,蜜柑の香りのフェロモンの持ち主

その他の収録作品

  • ひとりえっち♥ふたりえっち
  • あとがき。

評価・レビューする

レビュー投稿数10

う~ん

桃色男子シリーズの2作目です。
1作目で主人公だった林檎の従兄弟モモとモモの父親蜜柑のお話が収録されています。
精通を迎えるといい匂いのフェロモンが匂いだすという設定は同じで、かなりH度の高い作品です。
前巻の「林檎編」に収録されていた番外編で出てきたエピソードがこの作品で登場するので、その辺りが理解できたのは良かったです。
モモと父親どちらが好みかと言うとモモの方でした。
蜜柑はちょっと淫乱すぎて私の好みから外れてしまい、おそらく切ない展開の部分もあったのでしょうが、それ程切なくは感じられなかったです。

同時収録の「ひとりえっち♥ふたりえっち」は企画小冊子「裏もも。」からの再録だそうで、津森君がモモにひとりえっちの仕方を教えるというお話でした。

0

エロさを感じます

とにかくエロい!うんエロい!
パパさん編は複雑でした。
モモちゃん編はスパーンと流れてました。

0

つゆだく、エロだく、専売特許!(笑)

とんでもタイトル失礼しました。

やーエッチシーンが売りな作家さんはたくさんいらっしゃいますが、
中でも藤井あや先生は、
本当に色気を感じるエロシーンを描かれる先生のお一人かと思われます。

賛否両論分かれると思いますが、私はりんご編よりむしろこのパパ編(とくに!)が
より、萌えました(*´∀`*) 『おっさん攻め×誘い受け』萌えー(*´д`*)
盛りのついた犬以上にやりまくってるこの親子ですが、
童貞なのにパパを求めずにはいられない、心はいつまでもピュアピュアな師匠攻めが
たまりませんでしたww

なので、エロいのがそんなに抵抗ない方は、
これはまだモザイクも酷くない時期のですので、一読されてみてはどうでしょう。
ただ、ほんとうにやりまくってるだけってのは否めないですが(;´∀`)

1

うーん。

好きな方には申し訳ない……。 (ノ><)ノ
林檎編と同じく絡みは、多い。しかし、こちらは退屈でした。
どちらも、好き嫌いは、分かれると思うが、
個人的には、林檎編が終始、楽しめたので残念におもう。

桃編もパパ編も、恋愛の心理描写が多くなっているのですが、
絡みに対しては、不十分すぎて、軽さは、チープになり、
テンポの良さもなくなり、キャラクター同士のやりとりも
盛り上がらなく感じました。笑いもない、
ただ、ただ非日常的の絡みばかりでした。

1

一本調子に感じた。

両方のストーリーの特徴は
香りが出るという特異体質が相手の性欲を亢進し、めろめろにさせる。
そして射精するとその香りが取れる。

・・・その設定に完全に寄りかかった上で、それ以上なかったような。
香りが出てしまうのならそりゃぁ前提も何もなくエロ展開になるでしょう。
その裏に一応「そんなもんなくてもお前が好きだ」というストーリーがあるけど、どうだか・・・。

なんというか自分「特殊体質」物ってあまり受け付けないみたいです。

1

父の方が息子より淫乱な件について。

絵がすっごく可愛い+綺麗です。これ、女じゃ…げふ。
果物の匂いが男を狂わせるという、迷惑極まりない特異体質な家系、のお話。

津森×モモより、村岡師匠×蜜柑パパの方がエロかったです。
パパ可愛い…
でもさー、これ、すっごいやだ…だって、父が淫乱って…!!自分の父がそうだったとか考えるとすっごいやだ。笑
it's just a story.
て考えれば問題ないんですけどね。お話だけどね。

携帯だと見れないトコが多すぎて欲求不満なので、漫画本購入される事を強くお勧めいたします♪

1

蜜柑パパ、魔性☆

桃色男子・モモ&蜜柑編です。二人は親子で、男を惹き付けるフェロモンを持ってます。

津森×モモの方は楽しいエロです。なんかほのぼの?高校生同士の恋愛で、若さのままに暴走しちゃってます。津森はなんか好き。青臭いけど、モモのこと守ってる感じがGood!

そして村岡師匠×蜜柑パパは意外に切なくてちょっとビックリ。っていうか、蜜柑パパの予想外のビッチさにビックリ。若い頃はそんなだったのね…。

若い頃の蜜柑パパ、まぁ色んな男を喰いまくってます。っていうか他の男が好きだったんかい!あれ…?村岡師匠は?っていうか村岡師匠、童貞だったんですか!?

…と、驚きの連続。林檎編を先に読んだからかな?でもエロは相変わらず素晴らしい。蜜柑パパ、魔性☆

あ~これ本当に続きが出てほしい…檸檬編が読みたい…(´Д`)
気長に待ってます!

2

ピンクなそーゆー本のご紹介パート2

萌。(MAX:萌萌萌:めちゃオススメ)
男を野獣化させてしまう高木家の桃男シリーズ第2段、前作での主人公の伯父の蜜柑(32)とその息子の桃(16)という2カップルのお話です。表紙のホクロさんがパパの蜜柑さんで、頭にお花咲いてる方が桃ちゃんになります。

頭の中にもお花が咲いてる子なので、桃編は読者も頭にお花を咲かせて読んで下さい。(アドバイス)
襲われては駆け付けるナイト津森と桃ちゃんは、電光石火の勢いで両想いになってひとつになってらっしゃいますので、とにかくバカップルぶりを愛でてあげてるのが、正しい服用方法かと。

パパの蜜柑編は、純なおヒゲ師範の村岡さんがお相手です。チャームポイントは童貞♪
カップルの恋愛メインというよりも、「パパの性春~村岡師範に辿り着くまで~」といったかんじでしょうか。笑
桃が生まれる前まで時は遡り、パパのビッチぶりが発揮されています。
ほんのり青春シリアス風味ですが、ま、エロ本ですから。
村岡さんの脱童貞に、祝福と萌評価を贈っときました。

前作は楽しく読めたよ♪という方には問題なくオススメしまーす。
BL初心者にはまだ早いよ!と止続きめたいところですが、みちよさんのレビュー見て考えを改めました。新しい扉が開けるかもしれません☆

~独り言~
カバーをめくると、自分の真実の姿を知ることになるかもしれません。(意味深な 笑)
ちなみに私は、津森と一緒に反省道場行きです♪

2

初・BL作品

この作品からBLに開眼してしまいました。
設定的には、男を引き寄せるフェロモンむんむん少年…と突っ込みどころ満載な感じ。
ひたすらエロい、エロい、エロい!!という《THE やおい》!
転生の誘い受けの主人公な受けも、攻めも慣れてない様子がかわいいので
エロ描写満載が苦手ではないという方にはオススメです♪

1

なにわともあれ

ドエロいです(´∀`*)ポッ

特異フェロモンを持った一族。
男子に対してエロくしてしまうフェロモンをプンプンさせているわけで。
ひきつけてしまうわけで。
所かまわず猿になる男達に襲われるわけで。

今回は、モモフェロモン。の高校生。
同級生とのカップリングですね。
これまたエロくていい。
アングル・顔・汁のタレ具合。何をとっても天下一品です。
個人的に、初めてでも感じまくって求めまくる受は好みじゃなかったりするんですが、この作品は別格。
初めてで感じまくろうと。
お尻やわらかすぎようと。
どのページ捲っても肉棒荒れ狂うすさまじい光景が広がっていようと。
なんでも許せてしまうというかねww

父ちゃんに「フェラって・・・」でご教授を頂くのはどうかとおもいますけどね。流石に( ^∀^)ゲラゲラ


パパ編も面白いです。
パパさんの過去。
これがまた良いよ。髭先生との関係も明らかになりましたね。
感じる顔がスバラシイです。
オトコだったら私も絶対夢中になるとおもう。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ