気絶するまで、してほしい

傲慢な龍の遺言

gouman na ryu no yuigon

傲慢な龍の遺言
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
7
評価数
3件
平均
2.7 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
イースト・プレス
シリーズ
アズ・ノベルズ(小説・イーストプレス)
発売日
価格
¥850(税抜)  ¥918(税込)
ISBN
9784872579161

あらすじ

大学生・三枝の恋人は、精悍な美貌をもつチャイナマフィア、王――喧嘩しつつもスイートな関係を続ける二人に突然、降ってきた王の結婚話。一族の長老がバツイチの愛娘を押しつけようという魂胆で…。思わず荒んだ気持ちになる王を灼熱のエッチで癒す三枝。同じ頃、王の側近の小野や楊が次々と命を狙われだして、三枝の身にも危険が…。王の身辺にいったい何が…!? 年の差カップル☆暴走リスキーラブ★書き下ろし
出版社より

表題作傲慢な龍の遺言

王 光耀,精悍な美貌を持つチャイナマフィア
三枝敦,無鉄砲だけど、立ち直りの早い大学生

評価・レビューする

レビュー投稿数1

王の触られたくない場所

 ある日、喫茶店でバイトする三枝の元に、チャイニーズマフィアで三枝の恋人の王が、酔ってふらふらになって訪ねてきて、三枝にくっついたまま眠ってしまう……。
 普段、三枝の前で、そんな風に酔っぱらったことのない王のそんな様子を不思議に思う。
 どうやら王は、好きでもない一族の長老にその愛娘を嫁に貰うように言われたらしいのだ。そのことから、酒に逃げずにいられなくなった王を三枝は、優しく身体で慰めるが……
 その翌日から、王の側近である小野や楊が次々と命を狙われ始める。
 どうやら、それは王の書いた遺言状と関係があるらしくて、王たちは調べはじめるが、その間、「危険だから」と王の屋敷に閉じ込められるようになった三枝には、不満がいっぱい。
 そして、ついに自らを囮に使って、敵を捕まえることにする。
 楊と協力して、見事、三枝に襲いかかってきたやつらは、全員捕まえることはできたが、勝手な行動を取った、三枝と楊に、王は怒り心頭。自分のとった行動の結果を見せるために、実際に楊がとらえた男たちを拷問する様を三枝に見せつけた。
 そのことから、今まで知らなかった王のもう一つの顔を知ることになり続き、三枝は王に恐怖を覚えるようになる……。

 結局、三枝は「気にしないことにした」と、あっさり言い切り、王と恋人同士でいることを選ぶんですが……いいのか!? お前、それで……。
 もう少し、自分の好きな人が誰かを傷つけているかもしれない……という事実は、気にした方がいいと思うぞ。人間、二人だけで生きられないわけだし。
 やっぱり、人を傷つけるのはよくないことだと思うんだ……と、ちょっと思ったんですが。
 途中で、そう思いながらも、本人同士が納得して、「傷つかもしれない」という前提でその世界に居て、傷つけ合うのなら、別にかまわないのかな……と、ちょっと思ったりもしました。
 だって、それは動物のルールに人間がケチをつけるようなものなのかな……って。

 けど、結局、それでも人間なんだから傷つけるのは、よくない……と、思うわけです。
 まぁ、押し付けと強制はよくないと思うので、あんまり言いませんが。

 けど、物語としては「気にしない」で、いいのかな、と思います。
 その事実を「気にしない」と言い切れちゃう三枝は、この物語の救いで、王にとってはそんなところがきっと、たまらなく愛おしいんでしょうから。
 最後は、仲直りでハッピーエンド!

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ