ずっと一緒にいたいと思ってた。でも欲しがっちゃいけないと思った。

恋の眠る夜

恋の眠る夜
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
2
得点
9
評価数
4件
平均
2.5 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
笠倉出版社
シリーズ
クロスノベルス(小説・笠倉出版社)
発売日
価格
¥857(税抜)  ¥926(税込)
ISBN
9784773006001

あらすじ

ベストセラー作家として成功をおさめていた北園貴文は、十数年前に手酷い裏切りを経験した。狂おしい恋心を封じ、新しい土地での生活にようやく慣れてきた頃、彼の前に出版社の社長として現れたのは、かつての恋人・松平紅也だった。思いがけない再会に戸惑い動揺する北園に、松平は「話をしたい」と告げる。忘れたい過去に触れられることを頑なに拒んだ北園は、激情に駆られた松平によって強引に組み伏せられてしまい――!?
出版社より

表題作恋の眠る夜

受様の元の恋人で出版社社長・松平紅
攻様の元恋人でベストセラー作家・北園貴文

評価・レビューする

レビュー投稿数2

過程を楽しむ

丸ごと1冊表題作です。出版社社長×作家の再会ものです。北園の目線で進んでいきます。

北園貴文(受け)は小説家。新しい出版社から来たのは、松平紅也(攻め)で、5年前に別れた元恋人であった。その後、北園は友人の小説家を通じて、松平の兄・厚也と知り合う。厚也から聞かされた松平の話とは…。

ポイントは、いつ、どんな風に、誤解が解消されるか、です。結構序盤でオチは分かってしまいます。北園も松平も伝聞で動かされたので、伝えた者が犯人ということだと。

ただ、作者様もあとがきで書かれていましたが「過程を楽しむ」ものだと思います。二人のすれ違いがなかなか解消されない状態を、私は「ほほう、こうきたか」と感心しながら読んでました(笑)

過去の回想が途中で挟まれているので登場が多く感じますが、北園が松平に再会してから解決までに会ったのは3回。初対面、襲われる、解決&刺される、です。その襲われる場面でのセリフとか、そらすのが上手だなぁと思いました。

ミステリ要素はあるようでないので、期待はできません。私はそれなりに楽しめましたが、確信に近づきながら合わない歯車にイラついてしまう人に続きは向いていないと思います。私は面白かったです。本好きな北園にとても共感できました。松平との過去のやりとりも可愛らしかったです。

余談ですが。
作者様はあとがきで、松平兄に切ない恋をさせたいと書かれていましたが、私は松平の秘書・里中にこそ切ない恋をさせて欲しいです。里中は妹のこともありますし、想い人が松平兄と関係のある人物だったとしたら、なおドラマチックな展開になりそうだと思いました。恋をしてイケメンになることを願っています!

3

お願いだから、落ち着いて話しあって

誤解やすれ違いから別れた二人が、出版社と作家として再会してという話なんですが、もう傷つきたくないという思いからか、とにかく受けの北園が話を聞かない。
状況証拠のように周囲の話を聞いて、また悩んで……。
話をしようとしてもいい所で邪魔が入るし、北園は逃げるしで、逃げるにも程があるなと思いました。
きちんと落ち着いて話し合いさえすれば、すぐに解決する話なのでは?と、こんなに思った話はなかったです。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ