コルセーア 1

コルセーア 1
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神4
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立2
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
2
得点
22
評価数
7件
平均
3.6 / 5
神率
57.1%
原作
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
バーズコミックス・リンクスコレクション(コミック・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥590(税抜)  ¥637(税込)
ISBN
9784344812666

あらすじ

海賊・プレヴェーサの若き司令官・アヤースと盲目の参謀・カナーレの激しい愛の行方は…!? 人気シリーズ待望のコミックス化!
出版社より

表題作コルセーア 1

プレヴェーサの艦隊指令官 アヤース
参謀 盲目で美貌のカナーレ

その他の収録作品

  • 原作者コメント
  • 著者コメント
  • ハロルドくん日記(カバー裏)

評価・レビューする

レビュー投稿数2

原作、ドラマCD、コミックと比較検証

小説のコミック化の難しさを見た。
この「コルセーア」、世界観が壮大なだけに色々と難しい。

御園先生の挿絵あっての作品であることは疑いようがありません。
(同人誌で挿絵なしのコルセーアを読んでハゲシク実感)
しかしながら、文章なり音声なりがないコミックもまたこれムズい。

結果的にバランスいいのがドラマCDだったなー、というのが正直な感想ですが
それだって「月を抱く海」に入ってからはずいぶんと苦戦ぎみです。

で、コミック化されたコルセーア1、原作の「上」に対応していますが
よくよく見てみるとですね、カナーレってそうナイスバディでもないんだなと(爆)
原作およびドラマCDではありえないぐらいセクシーなカナーレさんですが、
コミック版では微妙です。
思えば、挿絵でも超セクシーなカナーレってあんまりなかったような?
むしろ外伝のジルさんのほうが相当エロかったw
原作の挿絵でなにが主体になってるかといえば、
アヤースとカナーレのアマアマバカップルな関係性で、ビジュアルなエロさではない。

とはいえ、ACT.4の扉絵、半身裸の上に無造作に上着をひっかけたア続きヤースは
うぉ!??と一瞬、目を奪われましたよw
意外なアヤースを見たというか。

どうでもいいことですが、序盤、媚薬(イマームの指)を入れられたカナーレに
アヤースが水持ってきて媚薬を洗い流すくだりは正直、噴いた。
これ、ドラマCDでは「アヤースが井戸へ行って水汲んで、桶にうつして」洗う
原作ではどっからか桶に水持ってきて洗う
コミックではアヤースがドンブリ?茶碗?なんかそんぐらいのに水入れてきて洗う

おいーーーーーー!茶碗は無理でしょ茶碗はw

1

御園さんの絵はうまい。キラキラしてファンタジーにはうってつけだ。しかし漫画にしてどうだったんだろうか?
原作は、壮大な異国のファンタジーで、重厚かつ浪漫的な物語。
それを表現しきれていたのかは、各人の判断ということでしょう。
挿絵で非連続で見る場合と、コマとコマが連続的になっていく漫画とは、やはり別の才能が必要ということがわかります。
漫画家は、別に絵が下手でもいいんですね。
必要なのは、一個だけでは成り立たない、意味のないコマをつなげていって、いかに説得力を持たせるか、納得させるか、っていう才能ですね。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ