独占欲はスキャンダル

独占欲はスキャンダル
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
コスミック出版
シリーズ
セシル文庫(小説・コスミック出版)
発売日
価格
¥552(税抜)  ¥596(税込)
ISBN
9784774721910

あらすじ

生徒会長に近づき、スキャンダル情報をにぎってこい。
小野寺裕は伯父に脅されて名門校に通わせられ、生徒会に潜入しなくてはいけなくなった。なんとか近づけたものの、生徒会長の久我は、優雅で庶民とはかけ離れた存在で、裕は気おくれを感じてしまう。王子の余裕でにっこり久我に微笑まれてしまうと、何もかもいいなりになりそうだ。見とれていると、いつのまにか裕は押し倒されていてーー!?
出版社より

表題作独占欲はスキャンダル

久我芳彦・財閥の御曹司で生徒会長・高校3年生
小野寺裕・一般生徒・高校1年生

その他の収録作品

  • 夏休みも独占欲

評価・レビューする

レビュー投稿数1

独占欲が強過ぎる

やっぱり水島さんの独占欲丸出しな攻めはツボ。
ご都合主義な展開だと思いますし、実は突っ込み所も少なくない。
でも何故か水島さんの作品だと、まあいいかと思えてしまう不思議(笑)

最初は叔父に命じられるがままに久我に近づいた裕ですが、流されるままに身体の関係を持ってしまう。それがきっかけで裕は久我に惹かれ始め、久我も日に日に愛情表現が激しくなります。でも弟の洋の為に久我を陥れなければならない。
好きな相手に恨まれる事を覚悟で裏切る事を決意した裕の心情が切ないです。

ただ、その決意も虚しくいともあっさりと久我にばれてしまいます。
久我は裕に騙されていたと知り落胆すると同時に怒りを露わにし、裕を自分の家に連れ帰り乱暴に犯します。そして、スパイだと知ってもなお裕を手放したくない久我はそのまま彼を監禁することに。
この辺は久我の独占欲丸出しなシーン満載ですごく萌えました。

ラストは当然ハッピーエンドです。まあこの手の作品ではこうなるのはあたりまえかな。まさに久我が金持ちだからこそですね。

短編は、独占欲が強過ぎる久我らしいお話でした。裕のバイトの先輩にまで嫉妬して続き、なんとか辞めさせようと裕を説得する姿がウザ可愛い。
裕は大学に入ったとしても飲み会とか行かせてもらえなそう。もしくは必ず久我が同伴するんでしょうね(笑)





0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ