その孤独な魂を癒す事が出来るのだろうか?

見えない月

見えない月
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
2件
平均
2 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
フロンティアワークス
シリーズ
ダリア文庫(小説・フロンティアワークス)
発売日
価格
¥533(税抜)  ¥576(税込)
ISBN
9784861342578

あらすじ

大手出版社の新人編集・高橋昌人は、未だヒット作がなく、自分も好きな人気ミステリー作家・津積黄道への依頼を決心する。 だが、津積は実弟が社長の出版社からしか本を出さないため、昌人は二週間掛けて社長の志垣広道に頼み込み紹介して貰う。 しかしおっとりした広道と違い、津積は世慣れた雰囲気で、昌人に小説の為に住み込みでの世話をしろと命じ、更に肉体関係まで要求してきて――。

表題作見えない月

津積((弘道)黄道(ミステリー作家)29歳
高橋昌人(新人編集者)23歳

評価・レビューする

レビュー投稿数1

予想外

気難しい攻めの家に住み込み身の回りのお世話をする受け。BLでは結構あるシチュエーションだよな~と思いながら軽い気持ちで読み始めたら…後半の重さにびっくり。
津積の辛さがひしひし伝わってきて胸が痛くなります。

昌人が久々にあった広道に会って違和感を感じ始める様子には、すごくハラハラしました。その後の展開は更に予想外でした。それはもう、良い意味でも悪い意味でも(笑)
確かに展開としては面白いんですが、読んでいて辛くなってしまって。
それでもラストはハッピーエンドです。昌人のおかげだと思います。
昌人が本当に好感が持てる受けなんですよ。押しつけがましくなく、でも簡単に諦めることもせず。ポストカードの写真だけを頼りに津積を探しに行く行動力が素晴らしい!

昌人が津積に初めて抱かれた翌日。津積のいない家で昌人は広道と電話で話すのですが、全部知った後にここを読むとすごく萌えですよ~。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ