愛の深さは膝くらい

ai no fukasa wa hiza kurai

爱的深度仅即膝

愛の深さは膝くらい
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神14
  • 萌×24
  • 萌12
  • 中立3
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
21
得点
125
評価数
33件
平均
3.9 / 5
神率
42.4%
著者
 
媒体
コミック
出版社
芳文社
シリーズ
花音コミックス(コミック・芳文社)
発売日
価格
¥562(税抜)  ¥607(税込)
ISBN
9784832285149

あらすじ

代用教員として教師になった神主の息子・石倉先生は、書道部1年の坂下昴(さかしたすばる)から覚えの無い怒りを買っていた。どうやら石倉先生のテキトーな女性(&男性)遍歴を知っていて許せないでいるらしい。「デレデレすんな!エロくなんな!」なんて突っかかってくるけど、ある意味純粋な昴が可愛く見えてきて…!? 教師×小悪魔高校生のツンデレ★ラブストーリー!
出版社より

表題作愛の深さは膝くらい

石倉正規・高校の臨時教師
坂下昴・意地っ張りでウブな高校生

評価・レビューする

レビュー投稿数21

いつ告白した??

この作家さんの作風は私にはちょっと合わないのですが、ドラマCDの声優さんを聞きたいがために原作の方も読んでみました。
そしたらやっぱり…ストーリー自体は私にはいま一つでした(汗)。
教師と生徒の年の差モノで、この教師が神主の息子なのですが、若い頃は結構女遊びをしていたというクセ者。
父親の口利きで臨時教師として赴任した学校でも、心の中では教師としてはあってはならぬ思いを隠し持っています。
その教師が自分に冷たい態度を取る生徒が気になり始めて…というストーリー。
この生徒のツンデレ度が中々高くて、それが可愛く見える読者の人もいるとは思うのですが…私には余り可愛く見えなくて、とても分かりずらいだけでした(汗)。
とても奥手の生徒に対してどちらかと言うと教師の方が押しているのですが、いつの間にか生徒が教師を好きという流れになっていて、「う~ん、いつ告白したんだろう?」と思ってしまいました。

1

パンツにこだわるお年頃

代用教員と高校生の、可愛いラブストーリーです。
高校生の昴が、意識してないのに小悪魔のように先生を振り回してるのが、可愛いの一言に尽きます。

先生を好きなのがバレバレなのに、強がってる姿にも萌えます。好きなのに意地悪するとか、子供か!?と突っ込みたくなります(笑)

特に好きだったのは、先生とホテルに行ったのに、パンツが気に入らなくて裸になれなかった場面です。そうか、ブリーフじゃ恥ずかしいお年頃なのか…(笑)

一方の先生は、昔はチャラチャラしていた遊び人で、今でも女の子を見るとサービスしちゃうような性格です。誰にでも好かれるようなタイプなのに、昴だけには嫌われてるようで…。そこから昴が気になるようになるので、ある意味、昴の作戦勝ちかなと思います(笑)

そして、何度かいい雰囲気になるんだけど、なかなかくっ付かない二人にじれったくなって、『愛くらいちゃんと』に続きます。

3

2人の掛け合いが見モノ!

先生と生徒のお話。

この生徒、昴くんは最初とっても腹黒・・というか策略家というか・・・ですw
色々な問題で頭を働かせ先生をやり込めようとする。
でもそれよりも先生がまたうわて。
そしてその先生よりもまた更に上を行こうとするw
この駆け引きが面白い~。

お互いに意識しだしてからの昴くんはもう
かわいくてかわいくてw
先生の行動に一喜一憂してます。
やっぱりそういうところ、先生はオトナなんですねぇ。

かわいい昴くんと、それから2人の掛け合いが
見どころな作品でした~^^

2

久々のピュアキターーー(>_<)!!

教師×生徒ものだけど、先生は若いし臨時職員だしなによりたらし!
いままでこんなのなかったw
そして昴のピュアな反応と中学生かってくらいのガキっぽさ、そんな昴に翻弄されてジワジワと自分のものにーーーっと頑張ってる先生がツボでした

bl要素以外のシーンでも女の子の恋もようとか高校生にしてはピュアだなーと思ったり、書道部のみんなが少しずつうち解けていく姿が青春~とか、と言うかこんなに盛り上がっている書道部あるのかとか
この1つ1つの日常に普通にある恋っていうのを描いているのがこの作品の魅力でした!

先生よく我慢できました!な巻w

3

この焦らし具合に萌える~!!

今さら依田さん初読みです。
は~かわいかった~!!
こんなピュアなストーリー久しぶりに見ました~ビバ、寸止め!!
物足りないなくて「ウォ~ン」と叫びたいけど、この焦らし具合が
いいんですよねぇ~♪
焦らし方がかわいくて、イライラする焦らされ方じゃないんです★

先生にだけツンデレってホントわかりやすいなぁ~
小学生が好きな子をイジメるみたいな感じですよね。
先生も遊び人の過去を連想させないような昴に一途な男になってるし。
書道部の女子生徒やトキに嫉妬してムキになったり、
ゴムを使わせまいと全部金で買収しようとしたり、
鈍感で純粋な昴にイライラしたり焦ってる先生がかわいいんだなぁ~♪
イイ雰囲気になりかけたら邪魔が入って笑いにもっていかれ、
読者も焦らされっぱなしっすよ...
「ホテル行こっか?」って先生が言った時にキタ―――www
ってなったんですが、くぅ~そーゆーオチなんですね...
いえ、わかってましたとも!
それでこそ昴らしいし、先生もカッコイイんだよ。
でも、「愛くらいちゃんと」ではもうちょっと期待してもいいみたいですね~

あと、若か続きりし頃の先生と八田部の話がちょっと気になります。
茶髪の先生もカッコイイですよね~
描きおろしのツンデレのかけらもない昴もなかなかかわいいです★

3

これはよい年の差

ちゃらっとしたイケメンの非常勤教師と真面目で初心な高校生という鉄板なカプで、そういうラブコメが楽しめる人にはたまらないと思います。とにかく可愛い。年の差ならではのジレジレ感を楽しみました!

3

少女マンガ的なジレジレ感。

神に近い萌評価。
少女マンガに掲載可能なくらいな話です。
もう一山ガーンと来るシーンが欲しかったかも、、。
ちょっと奥手な昴くんが可愛くもありましたが、ちょっと憎たらしくも!!こんにゃろめ!!
痛い目見ろや~!!ま、見てるんだけどさ。
 
この位の年の思考回路が思い出されて、、キスが取引材料になると思ってたりとか、、なんか自分もこうだったかも、、なんて思い出したり。
あぁ~、もうっ、かゆいかゆい!
依田さんは、よくもまあ、、こんな気持ちを覚えていたのだなぁ、、と感心しちゃいました。
キス止まりのなんとも可愛らしい話です。

3

もやもや

教師と生徒。
生徒の昴君、小悪魔というかツンデレというかほんと子供だなって感じの子で可愛いなあと思いましたw
先生はそんな子供っぽい昴に意地悪心が芽生えたりw

おもしろかったんですが、恋愛面にあまり進展がなかったかなあと(^ω^;)
昴のピュアさからエチがないのはいいと思ったのですが、もっとはっきりしたものが欲しかったかなあと。
途中からじれったくなって、でも最後も曖昧なまま終わってしまってちょっともやもやしてしまいました。
昴が早く大人になって、先生を押し倒すくらいな気持ちで先生に迫ってほしいですねw

1

早くオトナになぁれ!

生意気な高校生を相手に、奮闘する代用教員・石倉。
オトナが本気になれば、本当は怖いんだけど…。
隠したエロと牙は最後の最後まで見せない先生。
そんなオトナの胸の内を知らない昴は、生意気で身勝手で小ずるい。
だけど昴の強気な態度すら可愛い。

石倉先生がマジで落とそうとしたら、昴なんか滅茶苦茶にされちゃうんだろうなぁ。
でも決して野獣にならずに、昴の成長に合わせて性的欲求を押さえるところが紳士的ですよね。
いや忍耐力がすごいのかな、エッチしたいのを我慢できるのも「愛」なんでしょうね。
昴が石倉のそういう部分をわかっているとは、とうてい思えないのですが…。
一歩も二歩も引いて昴を見ている石倉は幸せそう。
きっと成長するのを待ってるんだなぁ…と感じました。
ほのぼのとした見守り型愛情の石倉先生の抑制力に天晴れ!

3

やればいいってものじゃない

先生と生徒物だけど、この、「小悪魔高校生」がリアルに高1っていうか、15,6の子どもっぽくて可愛い。
昴の子供の論理と、ウブな子供の昴を、好きになってもいいのか迷う、一通り遊び尽くした大人の石倉先生のすれ違い。
高校1年生は、やっぱりこの位、コドモでいいし、
大人はやっぱり、このくらい振り回されているといい、

大人になるのなんて、ゆうっくりでいいのさ。

2

新感覚BL。

不思議な雰囲気の作品ですねー…。
受けが好きで好きでしょうがない大人の攻めと、ツンデレな子供の受けの話?
攻めは「早くくっつきあいたいなーw」と思うけれど、受けはまだまだそれを解ってくれない。いざそういう雰囲気になったら浴室に立てこもるって…乙女かっ!と思ったら、あぁあ…子供……。大人なBLラブロマンスな展開にはてんでなりません、この作品。
期待やら王道展開をサラッとぶった切られ続けるので、呆然と笑いがこみ上げ…。
いけない…あたしこんなに汚れ……(涙)と何かグサッと刺さり…。
先生とリンクしてしまいます。最後は爆笑してしまいました。
凄いなー…新感覚。
普段のBLは受けがウブだろうがピュアだろうが、獣な攻めが自分のペースに巻き込む話が多い気がしましたが、これは受けのペースに攻めが始終巻き込まれるって事か。
面白い!
攻めの軽薄さを表し、受けの鈍感さを表すこの題名。素晴らしいな~。
攻めの「いや、こいつはまだ「くるぶし」ぐらいがせいぜいだろ」ってのが一番納得。

7

大人はエロいのです

このサイトでも評価の高かったこの作品。いつかは読んでみたい!!
読んだ感想としては、想像してたより可愛らしくて面白かった。
発展途上の高校生。
意識的にツンデレ。
大人ぶりたいお年頃。
それが可愛くてしかたない大人。
なんかツボ(^~^)
BLといえばぬればですが、今回それがないのも逆によかった。
変態オジサンに手こきされたのがマックスっていうのも(笑)

ホテルでのあの挙動不審っぷりの理由がパンツだったり、2年生の新学期むだにキラキラしてたり。
すれてないって素晴らしい。
依田先生の他の作品も読んでみたくなりました

4

萌え!とまではいかないけど

うーん…
確かに昴は可愛いんだけど、私はそこまで萌えない…かな。
といいつつちゃっかり続編を本誌で読んでますが。
昴は大人ぶってるけどほんとは子供ですっごく可愛いし、(もう高校生だよ、のところはほんと可愛くて笑えた)
石倉先生も同じように可愛いなーって思ってるのはわかるんですけど、どのへんから
可愛い→好き→くっつきあいたい
と心変わり?したのかがよくわかんなかった。
まぁそういうのって自然な流れかもしれないけど、いつどんな風に「ホテルいこっか」になったのか、あのあたりで「?」というかんじでした。
そして私としては石倉先生萌え(笑)
もちろん昴も可愛いけど、あの女タラシでしかも男経験もアリな軽~い石倉先生が、
昴に泣かれてオドオドしたり、ヘコんだり、そーゆー姿を見るとキュンとしちゃいます。
年下に振り回される大人の男って素敵ですよねvv

続編ではいきなり進展してるしまだまだ続きそうなんで、2巻も楽しみにしてます!

3

メロメロです

みなさん仰る通り、受けの昂くんが可愛いこと可愛いこと!
また石倉先生も優しいところとか包容力あるところとか大人な感じがたまりません!

※以下特に萌えたシーン。ネタバレかもです
・壊れた水道の水で濡れちゃった昂くん、
ズボンはいてない姿を見て石倉先生がハッってなるところ。
昂くん、シャツからパンツの裾が見えなくていきなり足ってところがまた妙にエロイ。
なんか、男の人の、彼女が自分のTシャツ着てる姿を見てイイと思うのが分る気がします。

・八田部さんの車に乗せられた昂くんが、石倉先生に怒られるところ。
まず昂くんは八田部さんに、自分が握らせられたモノが何なのかいまいち気づいてないなんて!
すごい。そのウブさが良い。
しかも石倉先生にうがいするように言われた理由もいまいち分ってないなんて。
そして、昂が水道の蛇口でビューって水を飛ばす、小さな反抗がたまらない。

まだまだある……。というか、作品全体に萌えが散りばめられたような一冊ですね。
この作品のおかげで、先生×生徒もの、ツンデレがかなり好きになったかもです。

3

意地っ張りで初心な青春16歳

先生x生徒ものです。たぶん…(笑)

なにこれ、もうむちゃくちゃ可愛すぎる。意地っ張りで見栄っ張りな高校生昴くんがあまりに可愛くて悶死するかと思っちゃったYO!(笑)

どうやら石倉先生は昴と出会うまでは、男も女もどっちも来いのタラシだったみたい、でも昴くんがまだ高校生で全然すれてなくて、これだけ可愛かったやっぱり大切にしようと思うよね、だって先生大人だし、昴くん見栄っ張りだけどほんとは超初心だし、そんな設定だから全然エロくもなんとも無いんだけど。やっぱり依田さんは良いです。好き好き大好き愛してる~

「いろいろ経験しておいた方がいいから」なんて女の子と付き合うことまで勧めちゃって余裕かましてるけど、実際そうなったら心中穏やかじゃいられないでしょうね。でもそんな言葉や態度の端々に石倉先生がどれだけ昴を大切に思っているかがわかって、なんだがジーンと来ちゃった。

これってまだ続いているんですよね、この先、この二人の関係がどういう風に変貌を遂げるのかものすごく楽しみです。

6

型通りの「ツンデレ」ではないので注意が必要。むしろ年の差に基づく価値観の差をとことん楽しむ物語。

すでにたくさんのレビューがあがっているのであまりくどくどと説明するつもりはないのだが、一点だけ強調しておく。
コミックスの裏表紙のあらすじや帯では、この物語の主人公の片割れである書道部1年生の坂下昴を「小悪魔高校生」とか「ツンデレ」と評している。
しかし、型通りの「ツンデレ」を求めてこのコミックスを読むと、肩透かしを食らうかもしれない。
昴の相手が同じ高校生であったならば、彼の言動はもっと「小悪魔・ツンデレ」に感じられたかもしれないが、読めば自明の通り、昴は単に子供なだけなのである。
それはもう一人の主人公である石倉の、大人のまなざしによる物語展開で裏付けられる。
したがって、むしろこの話の面白さは年の差モノ、つまり埋まらない価値観の差をとことん見せ付けられるところにある。
表面上は高校生を主人公とした可愛らしい話であるが、そこここに大人側の視点が入ることでなんともいえない味わいが増す、実は大人向けの物語ではないかと思うのである。

6

萌え死にしそう

評価の高さに釣られて購入しました。
萌え死ぬかと思った!
絵はかわいいし、キャラもいいし、ストーリー展開もいいし、最高でした。
とにかく昴くんが可愛い。子供だよあんた。そこがいい。
そんな昴くんを無理やり押し倒してやっちゃわない石倉先生も可愛い。
ふたりのラブシーンは見たいんですが、見たくない気もします。そういうのは他の漫画家さんに任せていい気がする。
あー、エロの百倍萌えた!

2

ツンデレLOVE!

先生×生徒です。
生徒の昴ちゃんがめっちゃ可愛いの!!
ツンデレで意地っ張りで、口が悪くて
・・・でも実はピュワピュワちゃんなの。
なんて私のツボをついてくる子なの。たまらん。

あとね~、私が依田さん上手いなぁ・って思うのは、脇キャラ。

書道部の先輩達がイイ。特になおちゃん先輩の絡ませかたうめぇ~。
そうそう思春期の頃って、ちょっとしたきっかけで嫌いになったり、転じて好きになったりね。
う~ん、青春だねぇ。
それをいやみなく表現できる依田さんが凄い。

昴ちゃんの高校生っぷりもとっても自然で可愛く感じました。
暴走しまくりで仰天な行動も起こすけど、私が一番かわいいなぁ、と思ったのは昴が母親としていたパンツの会話でした。
そうかそうか、パンツが駄目だったのか。(笑)
そんなスマートにいけない若さがとっても可愛らしい。

もう可愛いしか出てきません。
まあ、「ツンデレで意地っ張りで、口が悪くて」を可愛いと感じるかは好みの問題だけど、お年頃な感じがよく出ていてとっても可愛く思うわけですよ。
(まぁ、お年頃じゃなくても「ツンデレ・意地っ張り、口が悪い続き」には弱いですが)

意外と素直なところのある昴ちゃんが先生にどう迫っていくのか
(きっと先生は振り回されるぞ~♪)とっても楽しみです。
可愛い昴ちゃんに完敗・・・じゃない乾杯。
ごちそうさま。ありがとう。

4

微妙なさわやかさが

恋の駆け引きというのかな、わざとやってるんじゃなくて、成立しているところがいいです!
昴くんは悪意があるつもりはないのに、先生をぐるぐる振り回す。
そして、先生も昴くんのピュアな心を隙をついて混乱させる。
気持ち的に、2人それぞれが優位に立ったり、もてあそばれたり。
本当に行ったりきたり、で、もう一歩のところで祈願成就かと思いきや、また振り出しとか、すごい。
でも中学とか、高校の頃の恋心ってこんな感じですよね。
同級生が窓から落ちそうになったり、水道を壊しちゃったり、高校時代の瑞々しい雰囲気がうまく描かれている漫画。
読後の微妙なさわやかさが癖になる漫画ですね。
私も神評価で!

2

BLのイメージが変わった

僕がBLをイメージするに、もっと濃厚な絡みのシーンがあるものだと思っていました。
が、この作品は違います。
ほとんどそんなシーンはありません。
物語の展開を楽しむものであります。

僕はBLを濃厚な性愛というイメージを描いていたので、この作品を読んでそれが誤解だと気づかされました。
肉体的な愛ではなく、もっとプラトニックな愛なんですね。

性愛の作品を好む方は物足りなさを感じてしまうかもしれませんが、僕は満足しています。

BLのイメージが変わりました。

5

攻めも受けもステキ!

この話は、プレイシーンこそないもののしっかりBL。だけど、BLはちょっと…という人でもすんなり読めるお話で、多くのBL本にあるような展開の不自然さとか絵のおかしな感じとかは一切ありませんでした。しかも、ただちゃんとしているだけの漫画とかいうだけではなくて、可愛いー!とかカッコイイとかドキドキするシーンも満載です!
設定そのものは少女漫画の超定番、先生と生徒。それっていかにもありえない話になりそうなものなのに、最後までイライラすることなく本当に楽しめました。
大まかなストーリーの流れは、
神社の神主の息子である石倉は父親のコネで代理の高校教師となる。女子生徒にも同僚にも高感度大、学校にもなじんで先生って案外いいなと思い始めていた石倉先生だけど、なぜか生徒の中で坂下昇だけは反抗的。それはなぜかというと……って感じで……。

自分の頭の中を整理するためにもあらすじを書いてみて、あらためて思ったけど、その漫画が面白い作品になるか、つまらない作品になるかは案外小さな部分に左右されるのかも?依田沙江美先生のこの作品もどこか2、3、4、5、…箇所くらい間違っていたら、他のつまらないBL本と続き同じくだらないものになっていたかもしれないななんて。だって話自体は普通にそれ絶対ないでしょ!って部分もあるし。でもそれを不自然じゃなく見せるのがそれぞれの作家さんの腕の見せ所なんじゃないかなぁ……。

まぁとにかくこの作品は面白かったってことなんですが、私はBLに限らず結論をしっかり出さない作品のほうが好みだったりします。例えば主人公は死んだともとれるし生きてるともとれるというような。だから、今後本当のカップルになるの?ならないの?と、どっちづかずなこの話のラストもとっても良かったなぁ~。面白かったから次も見たいと思うけど、やっぱりこのまま続きは無ければいい!

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ